2020年1月25日 (土)

「桜を見る会ツアーの主催企画はあくまで旅行会社」(安倍晋三)・・・今度は、旅行会社のせいだとさ、ケッ!!

 「桜を見る会前夜祭」の会場費ダンピングによる政治資金規正法&公職選挙法違反疑惑について、会場となったホテルニューオタニが公開を前提としていないと言うのを理由に、初老の小学生・ペテン総理が領収書・明細書・見積書などの資料公開を拒否する答弁をしたことは昨日のエントリーに書いた。これって、まさに国会答弁の場を利用して、ホテル側に「わかってるな」って圧力かけたようなものなんだね。

 でもって、昨日の参議院代表質問で、共産党議員から「自民党総裁選で地方票を獲得するため『桜を見る会』ツアーを利用した」んじゃないかと追及されて、こんな答弁しやがりました。

「私の事務所によれば、希望する方に旅行会社の紹介等を行っていたが、ツアー自体の主催企画はあくまで旅行会社だった」

 おいおい、今度は旅行会社のせいにするってか。いくらなんだって、ただの観光ツアーじゃあるまいし、旅行会社が勝手にツアー組めるわけはないだろう。政府主催の「桜を見る会」なんだからね。何もかも旅行会社まかせで、「安倍事務所」が詳細を把握していないとしたら、そっちの方がよほど問題だろう。

「桜」ツアー主催は旅行会社 安倍首相、私物化批判に反論―代表質問

 どうひねくりまわしたって詰んでるんだが、こうまで噓八百を並べ立てでも守らなくてはいけないものって何なんだってことだ。ようするに、ホテルや旅行会社から領収書・明細書・見積書などの資料が公開されたら、ペテン総理がお縄になるってことなんだね。

 ペテン総理にとって、週明けからの予算委員会は針の筵になるだろうけど、どんなブチ切れ方をするか見ものですね。

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

「桜はもう散った。マスコミが取り上げるから嬉しがってやっている」(二階自民党幹事長)。歩く「老醜」!!&「明細書公開を希望しないホテル側の意向を尊重すべき」(安倍晋三)。国会答弁でホテルに脅しかけるとは!!

 オリ・パラの公式服装とやらが決定ってんだが、ひと目見て非難ごうごうでストップがかかったボランティアのユニフォームを思い出しちまった。AOKIがデザインしたと聞いてなるほどなあとため息ついちゃいましたよ。

 それにしても、モデルになった選手の着こなしはどうにかならなかったのかねえ。スタイリストをつけてなかったのか。もしついてたとしたら、どれだけセンスのない奴なんだろう。水泳の瀬戸君のパンツの裾なんかダボダボで、あれじゃあ選手が可哀想だ。このセンスのなさが東京オリ・パラのすべてを物語っている。

東京五輪日本選手団AOKI製作の公式服装が披露、オリ・パラ同一デザインは初

 そんなことより、土建政治の自民党幹事長・二階君が「桜を見る会」について国民を舐めくさった発言してくれたってね。曰く、

「桜はもう散った。早くこの問題から次の建設的な議論に移していかないといけない」
「マスコミが取り上げてくれるから嬉しがってやっている。こんな程度でしょう」

 「桜を見る会」に関する疑惑ってのは、へたすると総理大臣による犯罪の可能性があるんだよね。それを追及することは国会議員の責務であり、これほど「建設的」なことはない。

もはや法治国家の崩壊。総裁選前に9千人近く招待も「桜はもう散った」と政権逆ギレ

 そもそも、前夜祭にまつわる初老の小学生・ペテン総理への政治資金規正法違反疑惑なんてのは、たとえば会場となったホテルニューオータニが資料を公開すれば、白か黒か一目瞭然のはずなんだよね。ああ、それなのに、ペテン総理は、昨日の国会でも「どのような形であれ、第三者への公開を希望しないホテル側の意向を尊重すべきだ」ってホテルの責任にしちゃってる。

 総理大臣にこうまで言われちゃ、ホテルにしたって資料公開するわけにはいきません。国会答弁で脅しかけてるようなものだろう。

夕食会の明細書、公開拒否 首相「ホテル側の意向尊重」

 土建政治の二階君が「桜はもう散った」と言いたいなら、ペテン総理に資料公開を進言してみることだ。「建設的」ってのは、そういうことを言うんだよ。

| | コメント (2)

2020年1月23日 (木)

河井案里の公選法違反疑惑は、党ぐるみの買収大作戦の成れの果て!!・・・自民党から1億5000万円の選挙資金!!

 衆議院本会議ってのは与野党共に言いっ放しなんだから、およそ議論なんてものじゃない。初老の小学生・ペテン総理が役人の作文をただ読み上げるだけで、「桜を見る会」疑惑もカジノ汚職についても「ゼロ回答」だったのは、ま、当然といえば当然なことで、予算委員会が始まればそこが修羅場となるってことだ。

「桜」招待客名簿 首相が調査拒否 衆院代表質問、野党追及

 そんなことより、文春砲がまたしても炸裂。公選法違反疑惑の河井カップルの嫁の選挙資金として、1億5000万円が自民党から陣営に渡っていたってね。これって自民党関係者もビックリの「異例中の異例」なことで、上限2000万円が通常の選挙資金なんだとか。実際、同じ選挙区で戦った自民党候補が手にしたのは1500万円だったそうだ。文春によれば、

「安倍首相の強い意向があってこそ。克行氏は安倍首相に近く、長く首相補佐官を務めていました。広島選挙区で安倍首相と距離のあった自民党候補・溝手顕正氏に比べて、明らかに案里候補に肩入れしていました」

 つまり、河井カップルの嫁は自民党お抱えの大名選挙だったわけで、ようするにペテン総理にひいきされてたってわけだ。ペテン総理にすれば、自分の思い通りに動く議員が1人でも多くなれば、いくらでもやりたい放題できますからね。極論すれば、ウグイス嬢への高額報酬はペテン総理が資金を出していたって構図になるんだから、党ぐるみの買収作戦とのそしりは免れない。

買収の原資か 河井前法相夫妻「選挙資金」1億5千万円の「入出金記録」を入手した - 「週刊文春」編集部

 でもって、1500万円の方の自民党候補なんだが、この御仁は昼間の幽霊・岸田君が会長の宏池会だったんだね。つまり、岸田潰しの意味もあったってことで、ここまでコケにされて、それでも「禅譲」を期待してペテン総理に嫌味のひとつも言えないようでは、派閥の中からも不満の声が出てこようというものだ。

 ペテン総理のやりたい放題ってのは、昼間の幽霊・岸田君のようにどんな理不尽なことにも自らの出世と引き換えにダンマリを決め見込む腑抜け野郎がいればこそなのだ。そりゃあ、護憲を公言する宏池会名誉会長の古賀君が昼間の幽霊を苦々しく思うのもむべなるかなってことだ。

 最後に、国民民主のタマキンが代表質問で夫婦別姓について発言した際に、「だったら結婚しなくていいじゃないか」と野次飛ばした犯人は、杉田汚水脈だったってね。野次ってのは人間性が出るもので、思想云々以前に人として終わってます。

夫婦別姓問題発言中 女性議員がヤジ「結婚しなければいい」


| | コメント (2)

2020年1月22日 (水)

廃棄したはずの「桜を見る会」文書・・・「確認せずにないものと考えていた」(酒田元洋内閣府総務課長)。嘘つき!!&「公文書の管理は役所の仕事。細かいことは政治家に分からない。だから処分はしない」(二階自民党幹事長)・・・人事責任放棄の世迷言!!

 「桜を見る会」疑惑で、これまで内閣府が廃棄したと強弁していた文書が、なんとありましたとさ。これは、2011年~13年の会場設営の契約書などに関する文書で、いつもヘラヘラと野党の質問に答えている酒田とかいう総務課長は「確認せずにないものと考えていた」と居直っているってね。

 どう抗弁しようと、ハッキリ言って、嘘ついてたってことなんだよね。「全体の奉仕者」であるべき公務員のこうした虚偽答弁が犯罪として摘発されないんだから、そりゃあ「役人天国」と揶揄されるわけです。

「桜を見る会」保存期間終了し“存在せず”と説明の文書が存在

 でもって、新たに見つかった資料がもうひとつあって、これには過去6年分の招待者数の内訳が記されていたとか。それによれば、直近の5年間で最大約2000人増えた招待客の大半が、初老の小学生・ペテン総理と自民党の推薦者で占められていたんだとさ。つまり、税金使って支援者の接待していたわけで、「桜を見る会」が政治利用されていたことは明白だ。卑しい奴らだこと。考えようによっちゃ、なんともセコイ。

首相・与党枠で膨張 「桜」招待客 内訳新資料 5年で2000人増の大半

 こんなセコイ犯罪の片棒担がされているのが内閣府の役人で、だからこそ「厳重注意」なんて大甘な処分でお茶濁そうとしているんだろうね。たとえば懲戒免職なんてことしてごらんなさい、役人だってそうなれば黙っていないだろうから、事は政治家にだって及んでくる。

 それがわかっているから、土建政治の自民党幹事長・二階君が「公文書の管理は役所の仕事であり、細かいことが政治家に分かるわけがない。分かるわけがないことで処分するというわけにはいかない」って逃げを打ってるんだね。

 でも、役人の監督責任は政治家にあるのは当たり前で、この言い草にはかなり無理がある。それでもゴリ押ししようとしているのは、つまりは「桜を見る会」の名簿に関する疑惑のすべては政治家の指示があればこそって言ってるようなものなのだ。だからと言って誰も処分しないわけにはいかないからの「厳重注意」だったってことだ。

公文書管理で“政務三役の処分不要” 自民 二階幹事長

 元通産官僚の『I am not ABE』の古賀君が「『世間体があるから処分するけど、気にするな』という感じ」(東京新聞より)とコメントしてるけど、それがすべてを物語っているのだろう。

 それにしても、たかがペテン総理ごときにひれ伏して、官僚ってのはどこまで腐れば気がすむのだろう。

| | コメント (3)

2020年1月21日 (火)

「国の形を語るものは憲法。その案を示すのは、国会議員の責任」(安倍晋三)。そもそもの憲法観が歪んでるペテン師に改憲を語る資格はない!!&「捜査中」だからこそ身の潔白を証明するために説明するのが道理というものだ!!

 あまりにも予想通りの中身スカスカの施政方針演説に、もう笑うしかないんだが、それでも最後っ屁のように演説の終わりに改憲について喚いたのは聞き捨てならない。

「国の形を語るものは憲法。未来に向かってどのような国を目指すのか。その案を示すのは国会議員のは責任ではないか」

 これって、もう耳タコではあるんだが、そもそも総理大臣が施政方針演説で改憲を喚き散らすってのが憲法違反だろう。さらに、憲法ってのは権力者を縛るためのものであって、「国のあるべき姿」なんてのは憲法とはおよそ無縁な概念なんだね。

 でも、新聞・TVはここを突っ込まない。唯一、アンポンタン石破君が「自民党総裁として言ったのだろうか。自民党総裁として本会議で意見を述べるのもおかしな話だ」と嫌味言ってるくらいなんだね。公明党の山口メンバーも「改憲は国会が発議するものだ」って何日か前に言ってたようだけど、だったら四の五の言わずに連立解消してみやがれ。

 それはともかく、メディアは、なぜこうしたペテン総理の立憲主義をないがしろにする発言を咎めないのかねえ。それが不思議でならない。ていうか、わざと見て見ぬふりしてるんだろうね。幹部連中がタイミングを見計らってペテン総理と酒食を共にしているのは、ま、そういうことだ。

施政方針演説 「桜」「IR」に触れぬ首相 改憲議論・五輪成功訴え

 ところで、香典疑惑の菅原君が記者の前にお出ましと思ったら、「捜査に支障がある」からって何も説明することなくひたすら汗を拭っていましたとさ。カップル河井も同じように「捜査中」を理由にダンマリを決め込んでいるようだけど、そもそも「捜査に支障がある」なら身柄を拘束してるだろう。こいつらが何言ったって、それで捜査に影響することなんか何もない。つまりは、へたに口滑らせて、捜査当局に言質をとられたくないという保身のなせる業なんだね。ようするに、卑怯者ってことだ。

ヘビースモーカーのジャーナリスト、大谷君が「忘れられて逃げ切ろうというのが向うの狙い。この内閣に対し、『まとめて怒ろう』という機運が国民に芽生えるかが焦点だ」(東京新聞より)なんてコメントしてるけど、そんな他人事のような態度をとるのではなく、ジャーナリズムこそが先頭に立ってペテン政権に「怒り」をぶつけてみやがれ・・・と心でつぶやいてみる火曜の朝であった。


【サンデーモーニング】疑惑には答えず。議員の“説明責任”は…。

 

| | コメント (2)

2020年1月20日 (月)

「睡眠障害が回復したから国会出席」(香典疑惑の菅原一秀)・・・不逮捕特権で逃げ切れると踏んだか!? それにしても、「睡眠障害」とは、甘利と一緒か!!

 さあ、今日から通常国会。半年以上も国会議論から逃げまわっていた初老の小学生・ペテン総理も、ようやくお出ましということで、桜を見る会、カジノ汚職、自衛隊の中東“派兵”、さらには自民党議員の公選法違反と突っ込みどころ満載の国会になることを期待したいのだが・・・。

 でもって、公選法違反疑惑で雲隠れしていた自民党のシェンシェイも国会に顔を出すってんだが、なかでも香典疑惑の元経産相・菅原君に注目だ。この男、通常国会を前にこれまで説明責任をほったらかして雲隠れしていた理由を「睡眠障害」って言ってるんだってね。いやあ、あの布袋頭の甘利君を思い出したのはくろねこだけではないだろう。

 その睡眠障害も回復してきたから国会に出席するそうで、これって国会が開催されれば不逮捕特権で逃げ切れると踏んでるからじゃないのか。そう言えば、同じく公選法違反疑惑の河井カップルのカミさんも適応障害だったはずなのにこのタイミングで姿を見せてたね。

それにしても、睡眠障害だ、適応障害だ、と病気を理由に雲隠れってのは、必死で同じ病と戦っている患者さんへの冒涜でもあるんじゃないのか。そう考えれば、こんな診断書をお気楽に出してしまう医者のモラルってのもどうなってるのかねえ。

 香典疑惑の元経産相・菅原君は今日にも疑惑の説明をするって言ってるようだが、河井カップルと同じようにブラ下がり会見でお茶を濁しやがったら承知しませんぜ。

菅原・前経産相、20日に疑惑を説明へ 「体調回復、通常国会は冒頭から」

 

| | コメント (3)

2020年1月19日 (日)

「『辞職すべきではない』って後援会が言ったから1月18日はカジノ汚職記念日」(下地幹郎)

 カジノ汚職で100万円を懐に入れた沖縄利権王・下地君が、辞職はしないって居直ったってね。なぜなら、「後援会が『辞職すべきではない』って言ってる」からだとさ。おそらく、後援会も利権の構図の中で動いているんだろうから、いま辞められちゃうとおこぼれに預かれませんからね。

下地幹郎氏、辞職せず 無所属で国会活動続行を宣言 

 そもそも、この男は日本維新の会の比例復活組なんだよね。てことは、こやつの議席は党のものであって、党を除名された時点で自動的に失職ってのが筋のはずだ。ああ、それなのに、これまでも比例で当選したくせに、不祥事を理由に無所属に鞍替えして議員を続けている輩が多いんだよね。

 選挙制度そのものに根本的な瑕疵があるんだから、ここをどうにかしないとこの国の議会政治はニッチもサッチも行かなくなるに違いない。自分たちに不利になるような選挙制度に立法府の議員どもが手を付けるわけはないんだから、ここは外部組織を制度化してそこで選挙制度や議員の歳費などを議論するようにしないとダメなんでしょうね。

 そうなれば、有権者による議員のリコール制だって当然、議論できるようになる。ドリル小渕、甘利、下村etcといったまっくろくろすけの議員どもだって、リコール制があればノホホンとしてはいられなくなるんだから、どうにかならんものでしょうかねえ・・・なんて、ないものねだりしてみた日曜の朝であった。

| | コメント (3)

2020年1月18日 (土)

桜名簿改竄の歴代人事課長の白塗り6人集に「厳重注意」の大甘処分!!&広島高裁が伊方原発再稼働認めず!!&逮捕状握り潰し男の警察庁次長人事は「適材適所」(菅官房長官)!

 「桜を見る会」の名簿に手を入れて改竄したとされる歴代の内閣府人事課長6人(現職を含む)に処分が下った。なんとまあ、「厳重注意処分」で夏のボーナス減額でシャンシャンだとさ。こんなの官僚にすれば痛くも痒くもないだろう。

 それよりも、政治家の身代りとして恩を売ったことのほうが大きいに違いない。現職の人事課長なんか、ひょっとすると森友学園疑獄のシュレッダー佐川君のように大出世につながるかもね。ちなみに、この人事課長は吉岡秀弥という名前だそうで、これからは白塗り・吉岡君と呼ぶことにしよう。

歴代人事課長6人を厳重注意 「桜」文書の不適切管理 内閣府

 ところで、伊方原発の再稼働について画期的な判決を広島高裁が出した。なんと、原子力規制委員会や四国出力の地震や火山の被害想定を不十分と切り捨てたってね。さらに、こんなことも判決文で述べている。

「福島原発事故のような事故を絶対に起こさないという理念にのっとった解釈が必要なことは否定できない」

 これってかなり踏み込んだ判決で、「福島原発事故のような事故を絶対に起こさないという理念」こそが原発裁判では基本となるべきなんだね。考えてもみよう。この国はいまだに原子力緊急事態宣言は解除されてないんだよね。原発事故はまだ親交ちゅょうってことなのだ。

 さらに、ほとんどの原発が停止した状況で、原子力村が喧伝する電力不足だって起きてませんからね。ようするに、原発が不要だってことは、9年という時の流れが証明している。

 判決を出した裁判長は定年間近だそうで、だからこそ国や電力会社に忖度する必要がなかったんだろう。でも、独立した司法の存在感を示したことには、万雷の拍手を送りたい。

伊方原発3号機 運転再び認めず 「地震、火山の想定不十分」 広島高裁、仮処分決定

 最後に、「昏睡レイプ魔逮捕状握り潰し」の中村格が警察庁次長に昇進したことについて、顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、「適材適所」ってのたまったってね。これは、「総理やマスコミへの配慮や忖度があったのではないかと国内外の世論の批判があるが、なぜ栄転させたのか」という記者の質問に答えたものなんだが、こういう質問が出るようになった官房長官の定例記者会見を少しは評価したい。ジャーナリストなら当たり前のことが、これまでないがしろにされてきたのがおかしい話なんだからね。

 それにしても、「適材適所」とはねえ。お仲間の不祥事のたびになんとかのひとつ覚えで同じ言葉を吐いてるけど、つまりはポンコツな人材しかいないってことなんだね。言ってろ!!

1_20200118091501
クリックで拡大

| | コメント (3)

2020年1月17日 (金)

「桜を見る会」推薦者名簿の部局名を白塗りした犯人は内閣府の2人の職員・・・「最終的な意思決定は私が責任者」ってほざいてた官房長官の身代り出頭ってやつですか!!

 「桜を見る会」の推薦者名簿に記載されていた部局名を修正ペンで白塗りしたのは、内閣府の人事課長と課長級職員の2人だったとさ。いやあ、ここまで責任を擦り付けられたら、そろそろ役人も怒りの狼煙を上げたらどうかねえ。それとも、生贄差し出しても御身大事ってことなのか。

 いずれにしても、犯人と名指しされた2人の職員は何らかの処分を受けるんだろうから、その結果を是非とも知りたいものだ。いろいろ言い含めて、外郭団体に高給で天下りなんてことがあるかもしれませんからね。

人事課長ら2人加工 「桜」白塗り 内閣府謝罪

 しかしなんですねえ、「桜を見る会」の招待者名簿については、、顔も頭も貧相な官房長官・ガースが「最終的な意思決定は私が責任者だ」ってのたまってたんだよね。てことは、本来なら責任とらなくちゃいけないのは、ガース自身なのだ。言ってみれば、犯人と名指しされた役人は、ヤクザの身代り出頭みたいなものなんだね。

桜を見る会の招待者名簿「私が責任者」 菅官房長官

 こんな扱い受けてもまだペテン政権に「忖度」し続ける役人は、「公僕」という言葉の意味をいま一度噛み締めてみるこった。

| | コメント (2)

2020年1月16日 (木)

「昏睡レイプ魔逮捕状握り潰し」の警察高官が、ペテン総理の覚えめでたく警察庁次長に大出世!!&公選法違反疑惑のトンズラ夫婦が家宅捜索くらった万事休す!!

 元TBSワシントン支局長の山口ノリマキへの逮捕状を執行寸前で握り潰した当時の警視庁刑事部長・中村格が警察庁次長に出世なさいましたとさ。裁判所が発行した逮捕状を逮捕直前にストップするってのは異例中の異例で、当然説明責任があるはずなんだが、やっぱり初老の小学生・ペテン総理の覚えめでたくってことなんだろうね。

 警察庁次長という地位についたということは、次なるステップアップは警察庁長官しかないわけで、「昏睡レイブ魔逮捕状握り潰し」の張本人が警察官のトップなる日が来るかもしれないってんだから、まさに盗人に追い銭ってことか。

警察庁長官に松本次長 警視総監は斉藤副総監

山口敬之逮捕を握り潰した中村格が警察庁ナンバー2に!『報ステ』に圧力、安倍秘書の息子の喧嘩にまで介入した“官邸の忠犬”

 にしても、なんで野党は警察の高官による逮捕状握り潰しの事実を国会で追及しないのかねえ。本人が逮捕状停止したって言ってるんだから、そのまま放置プレイしている意味がわからん。裏にペテン総理の影がチラついてるんだから、ここは攻めどころだと思うけどねえ。ひょっとして、野党は警察に何か弱みを握られているのか・・・なんて妄想もしたくなろうというものだ。

 ところで、公選法違反疑惑の河井夫妻が広島地検から家宅捜索をくらって、万事休すと思ったのか、2ケ月ぶりにその姿を現した。「捜査中」を理由に説明責任は放棄したままなんだが、おそらく雲隠れしていた2ケ月の間は証拠隠滅に腐心してたんじゃないのか。妄想だけど。

河井前法相夫妻、辞職否定 公選法違反疑い説明せず

 この夫婦の逮捕は時間の問題ってことで、菅原一秀の公選法違反も忘れてもらっちゃ困るのよ・・・ということでお後がよろしいようで。

| | コメント (2)

«「桜を見る会」招待者名簿を改竄して国会に提出。もはや官邸と霞ヶ関による“犯罪”だ!!&麻生太郎のチンピラまがいの居直り会見!