2018年6月25日 (月)

日経の調査では内閣支持率50%超だと。世も末だ!&「新聞読まない10~30代は全部自民支持」(麻生太郎)。クズめ!!

 日経新聞の世論操作じゃなかった世論調査によれば、内閣支持率は50%を超えたんだとか。これには質問の仕方にカラクリがあって、「どちらともいえない」って答えたひとには「思いに近い方は」なんて無理矢理にでも答えを誘導するらしい。毎日新聞でも36%の支持率とかで、サッカーもあるし、ドン・ファン殺人事件もあるし、ましてやメディアは森友・加計学園疑獄をロクに報道しないんだから、そりゃあペテン政権の思うように世論が推移するのもさもありなんてことか。

内閣支持10ポイント上昇 52%、不支持と逆転 4カ月ぶり   

 BS朝日の『クロスファイア』で、田原総一朗に「なぜ安倍政権支持率が下がらないのか」と聞かれて、フリージャーナリストの青木理氏がメディアの責任に言及していたけど、TVやラジオでコメンテーターとして登場する記者のお歴々は、どこまでそれを自覚しているのだろう。話聞いてると、まったくの他人事だもんね。おそらく、戦前の翼賛体制もこうやって構築されていったんだろうね。

 ところで、ひょっとこ麻生が「新聞読まない10~30代は全部自民支持」だとさ。ホント、舐められたものだ。「新聞に協力しはない方がいいよ。新聞販売店の人には悪いけど、つくづくそう思った」とも口走ったとかで、マンガしか読んだことない奴に、新聞販売店諸氏も言われたかねえや、ってなもんなんじゃなかろうか。

麻生氏「10~30代、新聞読まない世代は全部自民党」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

「もう二度と過去を未来にしないこと」「戦力という愚かな力を持つことで、得られる平和など、本当は無いことを」(相良倫子さん「平和の詩」より)

 沖縄「慰霊の日」。ペテン総理は「できることはすべて行う。引き続きこの方針の下、沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」と追悼式で挨拶した。お決まりの「先頭に立って国難に立ち向かう」と同じ類の常套句ってわけだ。そのくせ、追悼式後には記者に向かって「辺野古に移ることで(米軍機の)飛行経路が海上に移り、学校、住宅の上空は飛行経路とならず安全上大幅に向上する」と辺野古基地建設に改めて意欲を示したそうだ。

沖縄 慰霊の日 翁長氏「20年以上前合意の辺野古が解決策か」

翁長知事「辺野古に新基地、造らせない」平和宣言全文

慰霊の日「沖縄全戦没者追悼式」

 戦時国策スローガンの中に、「飾る体に 汚れる心」というのがある。「華美な服装」への戒めってことなんだが、この言葉に倣えばペテン総理の追悼式の挨拶ってのは「飾る言葉に 汚れる心」ってなものか。

 そんなペテン総理の卑しさに静かな鉄槌を浴びせてくれたのが中学生の少女であった。まさに命がけともいえる翁長知事の凄み溢れる姿とともに、その言葉の粒のひとつひとつをじっくりと噛み締めていただきたい。


【沖縄の願い】平和の詩 「生きる」慰霊の日 2018

平和の詩「生きる」全文

私は、生きている。
マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、
心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、
草の匂いを鼻孔に感じ、
遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

私は今、生きている。

私の生きるこの島は、
何と美しい島だろう。
青く輝く海、
岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、
山羊の嘶き、
小川のせせらぎ、
畑に続く小道、
萌え出づる山の緑、
優しい三線の響き、
照りつける太陽の光。

私はなんと美しい島に、
生まれ育ったのだろう。

ありったけの私の感覚器で、感受性で、
島を感じる。心がじわりと熱くなる。

私はこの瞬間を、生きている。

この瞬間の素晴らしさが
この瞬間の愛おしさが
今と言う安らぎとなり
私の中に広がりゆく。

たまらなく込み上げるこの気持ちを
どう表現しよう。
大切な今よ
かけがえのない今よ
私の生きる、この今よ。

七十三年前、
私の愛する島が、死の島と化したあの日。
小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。
優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。
草の匂いは死臭で濁り、
光り輝いていた海の水面は、
戦艦で埋め尽くされた。
火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、
燃えつくされた民家、火薬の匂い。
着弾に揺れる大地。血に染まった海。
魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。
阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

みんな、生きていたのだ。
私と何も変わらない、
懸命に生きる命だったのだ。
彼らの人生を、それぞれの未来を。
疑うことなく、思い描いていたんだ。
家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。
仕事があった。生きがいがあった。
日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。
それなのに。
壊されて、奪われた。
生きた時代が違う。ただ、それだけで。
無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。

摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。
悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。
私は手を強く握り、誓う。
奪われた命に想いを馳せて、
心から、誓う。

私が生きている限り、
こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。
もう二度と過去を未来にしないこと。
全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。
生きる事、命を大切にできることを、
誰からも侵されない世界を創ること。
平和を創造する努力を、厭わないことを。

あなたも、感じるだろう。
この島の美しさを。
あなたも、知っているだろう。
この島の悲しみを。
そして、あなたも、
私と同じこの瞬間(とき)を
一緒に生きているのだ。

今を一緒に、生きているのだ。

だから、きっとわかるはずなんだ。
戦争の無意味さを。本当の平和を。
頭じゃなくて、その心で。
戦力という愚かな力を持つことで、
得られる平和など、本当は無いことを。
平和とは、あたり前に生きること。
その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

私は、今を生きている。
みんなと一緒に。
そして、これからも生きていく。
一日一日を大切に。
平和を想って。平和を祈って。
なぜなら、未来は、
この瞬間の延長線上にあるからだ。
つまり、未来は、今なんだ。

大好きな、私の島。
誇り高き、みんなの島。
そして、この島に生きる、すべての命。
私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

これからも、共に生きてゆこう。
この青に囲まれた美しい故郷から。
真の平和を発進しよう。
一人一人が立ち上がって、
みんなで未来を歩んでいこう。

摩文仁の丘の風に吹かれ、
私の命が鳴っている。
過去と現在、未来の共鳴。
鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。
命よ響け。生きゆく未来に。
私は今を、生きていく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

【森友・加計学園疑獄】内閣府のおとぼけ答弁と官邸の検察介入・・・政権支配下の警察・検察とそれを見て見ぬ振りする腐ったメディアがこの国を滅ぼそうとしている!!

 加計学園疑獄に深く関わっていると噂される「政府のご意向」発言の藤原君が、愛媛出張の際に加計学園から車の便宜を図ってもらった問題で、内閣府は「加計学園は利害関係者にあたらない解釈も」なんて見解を示したそうだ。おいおい、「無償で利害関係者から車の送迎を受けてはならない」って国家公務員倫理規程で定められているんだから、明らかにそれに違反しているじゃないのか。

内閣府「加計学園は利害関係者にあたらない解釈も」

1_2

 こういう規範や法律の文言を公務員自らが勝手に解釈して事実を歪曲することは、明らかに国民への裏切りであり、犯罪と言ってもけっして過言ではない。

 財務省による公文書改竄はその最たるもので、なぜこの国ではこうした公務員の犯罪的行為に肝要なのだろう。本来は、それを糾弾するのがメディアのはずなんだよね。

 ああ、それなのに御用コメンテーターや御用政治ジャーナリストは、たとえば森友・加計学園疑獄について嘆いてみせるが、同時に「野党の力不足」をことさらのように付け加える。バランス報道ってやなんだろうが、こうした発言がどれほどペテン総理に有利に働いているかなんて考えたことあるのだろうか。おそらく、わかっててたやってんだろうね。

 で、結局のところ、すべてがウヤムヤになって、モヤモヤしたフラストレーションだけが一般大衆労働者諸君の心に残り、ついには政治に無関心になっていくってわけだ。

 話を加計学園からの車問題に戻せば、なぜ報告書に「官用車利用」と虚偽の記載をしたかってことについて、内閣府は「交通費がかからなかったから」ってシュールな説明してくれちゃってます。これは、社民党のミズホタンの質問への答弁なんだが、ハッキリ言って、舐めてるよなあ。

 さらに、もうひとつメディアがなぜかソッポ向いている案件がある。それは共産党が入手した国土省の内部文書で、そこには「調査報告書をいつ出すかは、刑事処分がいつになるかに依存している。官邸も早くということで、法務省に何度も巻きを入れているが、刑事処分が5/25 夜という話はなくなりそうで、翌週と思われる」と書かれている。

 これについては19日のエントリーでも紹介したんだが、明らかに官邸による検察への介入なんだよね。これってもの凄いことで、時の政権が警察・検察を勢力下に置いているってことで、まさにやりたい放題ができる仕組みになっている。こんなんだもの、準強姦罪のお友だちの逮捕状を取り消すことくらいはわけないってことだ。

・田中龍作ジャーナル
【森友改ざん】 内部文書「官邸が法務省に巻きを入れている」 検察への介入明らかに

 こうした事実を、まったく報道しないメディアってのは、もはや存在価値ないんじゃないのか。政権支配下の警察・検察とそれを見て見ぬ振りする腐敗したメディアがこの国を滅ぼそうとしている・・・なんてことを我が家のドラ猫に囁いてみる土曜の朝であった。

加計氏発言、首相と矛盾 会見でほころび新たに

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

国会で参考人として発言中のがん患者に「いいかげにしろ!」と野次ったクズ議員は、ファミレス「ジョイフル」の創業者長男で代表取締役相談役!!

 受動喫煙対策で国会に参考人として呼ばれたがん患者の発言中に、自民党のクズ議員が「いいかげにしろ!」って野次を飛ばして炎上中です。この男は、ファミレス「ジョイフル」の創業者の息子で、現在は代表取締役相談役。学生時代には幸福の科学の信者で、父親の後を継いで社長になってからは元店長2人から過重労働による損害賠償請求をされているとか。もちろん、日本会議にも所属しています。典型的な二代目のウスノロってわけだ。

自民・穴見議員 がん患者に「いいかげんにしろ」 受動喫煙対策 審議中にやじ

 でもって、「不快な思いを与えたとすれば、心からの反省と共にお詫び申し上げる次第でございます」なんてお詫びをツイートしてるんだが、これって謝罪になんかなってませんね。どこまで思い上がっているんだか。

Photo

 それにしても、ペテンそうりになってからというもの自民党ってのはこんなのばっかの集りで、さながら永田町のゴミ箱。大分の皆さん、こんな男を国会に送り込んではいけませんよ!!

 最後に、こんなツイートを発見。なるほどと頷く週末の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

「変態コレクターは私へのほめ言葉。変わり者と付き合うな、と言われても、バカだと思われても、そこは本当に譲れない」(安倍昭恵)。亭主の顔が見てみたい(爆)&姑息な会見で逃げ切るつもりなら、愛媛県知事は補助金ストップを突きつけるべきだろう。

 「世間を憚る」って言葉はこの夫婦には通用しないことはわかっていたものの、このタイミングで私人の嫁がトークショーでさながら独演会のごとく言いたい放題だったっ話を聞くと、一瞬の殺意が襲うのもむべなるかなってことか。

「私もいろんな事があって、たくさん批判をされて、その批判を糧にしたいなと思っています」
「変態コレクターは私へのほめ言葉。変わり者と付き合うな、と言われても、バカだと思われても、そこは本当に譲れない」

 なんとかにつける薬はない、とは言うものの、この夫婦を見ていると「馬鹿夫婦春画を真似て手をくじき」なんてバレ句が脳裏を掠めるのであった。

安倍昭恵夫人“独演会” 森友「無反省音声」公開!

 そんな夫婦の犯罪のひとつである加計学園疑獄なんだが、愛媛県知事が雲隠れ孝太郎の会見の感想を聞かれて、

「確証がないなら(本当かどうか)どっちにも取る人がずっと存在する。もやもやした感じが残る。(証拠を)探す努力をされるべきでは」
「既に謝罪を受けており、最優先はしっかりと説明責任を果たすこと」

 って突き放したってね。「記憶にも記録にもない」ってんなら、裏付けとなる証拠を示せってことだ。愛媛県文書には面談の事実が書かれているわけだから、それが「嘘」だったというならそれを立証するのは加計学園側にあるのは自明のこと。

 「私学助成金を受け取る立場を踏まえて、しっかりやることが学校のためにもなる」ともコメントしているけど、ここまできたら返答次第では県費も私学助成金もストップするって突きつけるべきだろう。

愛媛知事、加計氏の会見に納得せず「最優先は説明責任」

安倍政権に“96億円カツアゲ”された今治市、地元住民の声【加計学園問題】

 なんったって、加計学園は学校経営を補助金ビジネスとしか思ってませんから。へたすると、加計学園系列の千葉科学大学を誘致したおかげで財政危機に陥っている銚子市の二の舞になることは目に見えてますからね。

【加計学園】銚子市の千葉科学大学、300億円近い負債と判明

 96億円とも言われる補助金をストップされたら加計学園の経営は立ち行かなくなるんだから、そこまで追い詰めてこそ「戦う知事」の面目が立とうと言うというものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

地震のドサクサにまぎれて緊急会見! 「虚偽の発言と言えば虚偽の発言ですが、物事を前に進めるためにやった」(加計孝太郎)。「嘘ついて物事を進める」ことを世間では「詐欺」と言う! 語るに落ちたな!!

 日本の勝利は素直に喜ばしい。でも、一発退場になったコロンビアのハンドは、ちょっと厳しすぎだったんじゃないのかなあ。これで1次リーグ敗退なんてことになったら、ハンドした選手の命が心配だ。

 そんなことより、加計学園疑獄です。大阪北部地震の翌日の午前中に突然の記者会見。どうにか駆けつけた地元以外の記者は、すべて会見場にすら入れないという俺様記者会見という状況に、さすがにTV各局もカチンときたようで、「地震とサツカーのドサクサにまぎれて姑息なことやりやがって」と非難ごうごう。露骨な子供だましが通用すると思っちゃうところが、なんとも下衆なんだね。

疑惑1年、加計氏初会見 首相と面会「記憶も記録もない」

 でもって、記者会見の中味も、なんとも世間を舐めたもので、雲隠れ孝太郎と薄ら笑いの事務局長の減給処分でチャラにしようってんだから、逆に火に油を注いじゃいましたね。

 記者との傲慢なやり取りを見ていると、雲隠れ孝太郎の人となりってのがヒシヒシと伝わってきて、ペテン総理と同類なのがよくわかる。

 「嘘ついた責任は」って質問に、「虚偽の発言と言えば虚偽の発言ですが、物事を前に進めるためにやった」って答えつつ、その言外に「それが何か?」ってニュアンスがチラつく有様だ。

 さすがに、記者からは「前に進めるためなら虚偽でもいいのか」って声が上がったが、ここは重要なポイント。仮に薄ら笑いの事務局長が本当に嘘ついてたとしたら、詐欺罪にだって引っ掛かる可能性があるんだね。

 雲隠れ孝太郎にすれば、おそらくペテン総理とも打ち合わせの上での会見だったんだろうが、奢れる者は久しからずで、このツケはいずれ回ってくるから覚悟しやがれ、ってなもんです。

<疑惑の張本人>加計学園・加計孝太郎理事長 緊急会見 2018-6-19   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

【森友学園疑獄】私人の嫁の関与と官邸による検察への圧力をうかがわせる新たな文書!!

 大阪の地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。また、被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。それにしても、ブロック塀の崩落は人災だろう。なんともやりきれません。

 そんな中、顔も頭も貧相な官房長官・菅君は「枚方」を「まいかた」と誤読して大顰蹙。さらに、緊急対策に没頭しなくてはいけないペテン総理は、余震の恐れもあるってのに夜は昼間の幽霊・岸田君と料亭で高級シャフシャブってんだから地獄に落ちやがれ!

菅官房長官 枚方市を「まいかた」と誤読…同市は「マイカタちゃいます」懸命PR中

首相の一日

 でもって、ペテン総理はこのドサクサに森友・加計学園疑獄の追求をウヤムヤにしようと、「国会延期したら」という野党の声を無視して参議院決算委員会に出席したんだが、見事に返り討ちにあっちゃいました。なんと、共産党の頑張り屋・辰巳君が、「私人の嫁の関与と官邸による検察への圧力をうかがわせる新たな文書」を暴露。

 まずは、私人の嫁の関与についてなんだが、私人の嫁付きの谷君から

「新聞報道であった介護施設に対する賃料引き下げの優遇措置を小学校にも適用できないのか」
「貸付料の減免、土壌汚染対策工事中の免除などはできないのか」

 って財務省本省に問い合わせがあったってね。これって、問い合わせの域を超えて、もはや「総理夫人の要望」だろう。これを受けた財務省にすれば、もう逃げるわけにはいきません。そりゃあ、必死こいてお役に立とうとしただろうことは想像に難くありません。

森友土地「賃料優遇できないか」 昭恵氏付き職員が要望

Photo

 さらに、別の文書には、

「近畿財務局と大阪航空局のやり取りを公表するかどうかは中身にもよる。国交省として出すのが得策かどうか検討を」
「近財と理財局のやり取りについては最高裁まで争う覚悟で非公表とする」

 なんてことが書かれていて、財務省と国交省が「すり合わせ」していることがよくわかる。また、シュレッダー佐川君の刑事処分についても、

「官邸も早くということで、法務省に何度も巻きを入れている」

 ってきたもんだ、明らかに官邸から法務省経由で検察に圧力がかかっているんだね。

森友でまた新文書 共産党議員「非常に生々しい」

【決算委詳報】新文書?「最高裁まで争う覚悟で非公表」

 大阪で地震があったとはいえ、こうした新事実をほとんどのTV局はスルーしちゃって、まったくの無視。森友・加計学園疑獄では「野党の追及不足」なんてことを新聞・TVは垂れ流すけど、とんでもハップンなんだね。元凶は新聞・TVの「報道不足」にある!!

 というわけで、昨日の共産党の追求にしどろもどろのペテン総理とひょっとこ麻生をとくとご覧じろ。


辰巳幸太郎 議員 決算委員会 質疑(2018/6/18)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

新潟県知事が当選したとたんに「原発発再稼働」をほのめかす。福島第二原発廃炉もその一環か!?&環境相が「放射能汚染土で園芸」のすすめ!!

 メキシコがドイツに競り勝つ。こういう番狂わせがワールドカップなんだね。果たして、明日のコロンビア戦で、今大会最弱とも評される日本はどんなミラクルを見せてくれるのか!?

 ところで、スキンヘッド栄君が、一転、レスリング部監督解任だってね。至学館の学長は「反省してない」ことを理由にあげているが、反省すべきなのは自己保身に走る学長・パワハラ谷岡君自身じゃないのか。

 そんなことより、新潟県知事の鼻水君が当選して1週間も経たないってのに、原発再稼働をほのめかしたってね。さもありなんてことで、別に驚きはしないけど、「原発再稼働に慎重」というイメージで投票した有権者はいい面の皮ですね。

新潟県知事選で当選した花角英世が一週間で豹変し「原発再稼働は当然ありうる」! 背後に官邸と経産省の意向

 東電が福島第二原発の廃炉をいまさら決定したのだって、鼻水君が新潟県知事になったことで柏崎刈羽原発再稼動が視野に入ってきたからに他ならない。新聞・TVはそうした視点で東電の廃炉決定を語ろうとはしないけど、そんなことはちょいと考えればシロートにだって容易に想像がつこうというものだ。

 でなけりゃ、なんで自民党が支援なんかするものですか。こういう単純な構造すら、新聞・TVはスルーしたまま、鼻水陣営の「原発再稼働に慎重」というイメージ戦略に乗っかっちゃったんだから、その罪は重い。

 もっとも、ペテン総理批判に終始した野党共闘の応援団もいかがなものかではあるのだが・・・。

 でもって、これはあまり注目を集めてはいないようなのだけど、環境省が「福島第1原発事故に伴う除染で生じた土を、園芸作物などを植える農地の造成にも再利用する方針を決めた」ってね。食用作物の農地には使用しないってんだが、ようするに「放射能汚染の土壌で園芸やれ」ってことだ。

除染土、農地造成に再利用 環境省方針、食用作物除く

 そもそも、汚染土ってのは、一ヶ所に集めて集中管理しなくてはいけない。それをいたずらに全国にバラまいてどうする。万が一の時には誰が責任取るんだ。

 このままだと、日本全国が放射能汚染地域になっちまいますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

「安倍・加計面談」を明らかにした愛媛県文書を裏付ける今治市長の出張記録が発覚!! 拉致問題を政治利用して3選なんて息巻いているのも今のうちだ!

 楽天の梨田監督が「借金20は責任を取るレベル」と辞任を表明。とっくのとうに「責任を取るレベル」にまで疲弊しているくせにいまだ居坐るペテン総理とひょっとこ麻生に、こうした潔さを期待してもそれはないものネダリというものか。

 でもって、案の定、サッカーWカップが始まったら、新聞・TVはロナウドがハットトリックだの、メッシがPKはずしただの、にわかサッカーファンとなって大騒ぎ。おいおい、森友・加計学園疑獄よりも大事なことがあるって喚いていたのはどこのどいつだったっけね。あれはただの総理の犯罪隠しの方便だったのかい。

 とはいっても、森友・加計学園疑獄は現在進行中なんであって、なんと「安倍・加計面談」があっと書かれた愛媛県の文書の信憑性を裏付ける今治市の文書が発覚しちゃいました。この文書は2015年12月に今治市長が文科省を訪れた出張記録で、「17時15分に文科省2階ロビーで愛媛県と待ち合わせ」という記載があるってね。「安倍・加計面談」を明らかにした愛媛県の文書には、

(2)柳瀬首相秘書官への提出資料について
 (市)県・市作成資料(25年12月副知事と市長の文科省訪問時の資料)と学園作成の大学構想資料とを区分して提出願いたい。

 とあり、「25年12月副知事と市長の文科省訪問時」という記載は今治市文書と見事に符合している。つまり、ペテン総理が「伝聞の伝聞」だから信用できないとした愛媛県文書の信憑性がさらに高まったということだ。

・田中龍作ジャーナル
【加計疑惑】 「今治市長・出張記録」が裏付ける愛媛文書の信ぴょう性

 ペテン総理は「拉致解決は私の責任」と臆面もなく拉致問題を政治利用して3選を表明したそうだが、森友・加計学園疑獄が総理の犯罪ってことは北のカリアゲ君だって先刻承知のことだ。へたすると、日朝会談で森友・加計学園疑獄隠しを手伝ってやるから、それなりの落とし前はつけてもらうよ、なんてことになるかもね・・・いつもの妄想だけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

カジノ法案強行採決! 「特定資金貸付業務」でサラ金常設のカジノが誕生・・・借金地獄で自己破産続出か!?&「拉致問題は解決済み」と北から冷や水!!

 森友・加計学園疑獄にかまけていないで重要法案の審議をしろ、てなことを喚いていたくせに、だったら審議しようじゃないかと国会が動き出したとたんに強行採決だと。しかも、世論調査では今の国会で成立させる必要はないという意見が70%を超えているカジノ法案を問答無用で強行採決するとは、国会ってのは何のためにあるんだろうと改めて考えさせられてしまう・・・ていうか、怒りに震える梅雨寒の朝である。

・カジノ法案の採決を強行 与党など、衆院内閣委で

「カジノ(賭博)実施法案」強行採決 内閣委員会(2018.6.15)   

 そもそも、経済発展するために博打を持ち出すってところが下衆なんだが、この法案にはあまり注目を集めていないけどとても危険なカラクリが潜んでいるんだね。それは、事業者が客に金銭の貸付ができるということだ。サラ金が常設されたカジノってわけね。負けて熱くなったシロートのギャンプラーに資金を提供して、さらなる借金地獄に落とし込もうってわけだ。

 このシステムはアメリカでは導入されているんだが、イギリスでは禁止されている。で、ペテン総理はなんとアメリカのカジノ王と会食したりしてるんだね。つまりは、ここにもアメリカのご意向が垣間見える、ってなもんです。

・カジノ法案まで通ったのか、特定資金貸付業務で身を持ち崩す人も増えそうだ

 カジノ法案ではギャンブル依存症が大きな問題になっているけど、新たなサラ金地獄の可能性についてももっと議論しないと、自己破産続出でニッチもサッチも行かなくなりますよ。

安倍首相「カジノ法案」強行の背景にトランプの意向! 日米首脳会談に米カジノ企業トップ3人が同席

 ところで、「拉致問題は解決済み」という決まり文句を米朝首脳会談では口にしなかったから日朝会談も現実味があるんじゃないかという風潮に、一気に冷や水が浴びせかけられた。「日本はすでに解決された拉致問題を引き続き持ち出し、自らの利益を得ようと画策した」って、カリアゲ君に釘刺されちゃいました。

日本人拉致問題「すでに解決」 北朝鮮が報道

 トランプに仲介を頼んだ手前、北の要求を一方的にはねつけるようでは、結果としてトランプの顔にドロ塗ることになりますからね。このままだと、拉致問題は棚上げされたまま、1兆とも2兆とも噂される経済援助を背負わされることになりますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«外務大臣は「国交断絶」と喚き、防衛大臣は「在韓米軍の縮小・撤退反対」を言い募る・・・これで日朝会談とはおこがましい!!