2019年6月18日 (火)

民主党政権の最低保障年金を引き合いにして野党をdisる、落日のテレビ朝日!&福岡地裁が「破局的噴火の可能性は低い」から川内原発にGO!!

 テレビ朝日の劣化が止まらない。昨日の『ニュースJチャンネル』では、「2000万円」問題に触れて、政治部与党キャップの記者が民主党時代の「最低保障年金」がうまくいかなかったことを引き合いに、野党がいまひとつこの問題で政府を攻めきれない理由に上げていた。おいおい、そんな昔の名前で出ています的な民主党時代へのdisりって、初老の小学生・ペテン総理が事あるごとに口にする「悪夢の民主党政権」と同じで、タメにする報道姿勢なんじゃないのか。

 「野党は見せ場を欠いたこの国会」なんて意味のことものたまってくれちゃってたが、だったらなぜ自民党が予算委員会を拒否し続けていることはスルーするんだろうね。この政治部与党キャップの記者って、どんどん人相が悪くなってきてるんだが、ペテン総理の毒まんじゅう食らっちゃうとこんなになっちゃうよって見本なのかもね。個人の感想だけどさ。


麻生大臣に不信任案提出へ 野党“年金問題”で攻勢(19/06/17)

 ところで、久しぶりに原発だ。なんと、火山のリスクの検討が不十分だとして、川内原発1、2号機の設置許可取り消しを求めた裁判で、福岡地裁が原子力規制委員会の審査基準「加山ガイド」は不合理ではないことを理由に取り消しを認めない判決を出した。

 「原子力関連法令は、予知が不可能で、発生の可能性が極めて低い破局的噴火の影響を考慮することまでは求めない」って判決文にあるんだが、よく言うよ。「予知が不可能で、発生の可能性が極めて低い破局的」地震と津波が起きたから、福島第一原発はメルトダウンして、いまに続く緊急事態に陥ったんじゃなかったのか。

 過去に学ばない司法の姿がまた露呈したってわけだが、「科学的見地が確率しない限り規制対象にならないという福岡地裁の判断は、水俣病などの公害を野放しにしてきた理屈と同じだ。教訓が忘れられている」(除本理史大阪市立大学教授)という指摘を何と聞く!!

福岡地裁、川内原発取り消し認めず 火山リスク、住民請求却下

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

「60歳の4人に1人が貯蓄100万円以下」+国民年金なら「老後に必要な資金5000万円超」の衝撃!!

 新聞取りにポストを開けたら、月曜の朝っぱらから共産党をdisするチラシが。それもけっこう費用がかかっていそうな体裁で、資金力が豊富な組織の手によるものだと推察される。チラシを配付した団体の名称をチェックすると、けっこうベタなネーミングで笑えたのであった。選挙が近いからなんだろうが、こういうチラシが出回るってことは、それだけ共産党を脅威に感じているってことの証でもあるんでしょうね。

 そんなことより、「年金崩壊したから老後資金の2000万円は自分でどうにかしろ」問題なんだが、生命保険会社の調査によれば、「60歳の25%が貯蓄100万円未満」という結果が出たそうだ。2000万円どころの話じゃないんだよね、年金問題ってのは。

 この調査では、貯蓄額の平均は2956万円ってなってるんだが、これだって一般大衆労働者諸君の感覚とは相当乖離してるんだね。で、なぜこんなに高額な平均になるかというと、5000万円~1億円以上という層が15%もいるからなんだとか。年金問題の裏には、貧困や格差の問題があるってことだ。

還暦の貯蓄額25%が百万円未満 2千万円に遠く届かず

 たとえば、これまで何度も書いてきた国民年金の悲惨な受給額に目を向ければ、なんと老後に必要な蓄えは5000万円を超えるとさ。「年金崩壊したから老後資金の2000万円は自分でどうにかしろ」問題が浮上してからも、国民年金についてはほったらかしですからね。唯一、税金で救助された辛坊治郎が「誰も指摘していない大問題」として「2000万円」問題にからめて国民年金に言及したくらいなんだから笑っちまう。

辛坊治郎氏、老後2000万問題で「誰も指摘していない大問題」を指摘…「国民年金だけで老後を考える人は5000万、6000万の赤字」

 新聞・TVは、「100年安心」は制度の安定を意味している、って知ったような口きいてるけど、2004年の法改正の時どれだけのメディアがそのことを真摯に報道しただろうか。どこもしてやしませんよ、ったく。それがいまさらのようにですからね。年金問題では、新聞・TVも共謀共同正犯ってことだ!!

| | コメント (2)

2019年6月16日 (日)

官房長官の権力に怖気づき、レコーダーを紙袋に入れて、録音しないことを条件に取材する番記者たち!!

 香港の逃亡犯条例改定はとうとう延期になった。市民や学生の「NON」の声に、中国寄りの香港政府もゴリ押しできなくなったということだ。けっして諦めることなく、声を上げ続けることの大切さを香港から学ぼう。

逃亡犯条例改正を延期 香港政府、撤回はせず

 ところで、このところの「年金崩壊したから老後資金の2000万円は自分でどうにかしろ」問題にかまけて、ちょいと重要な出来事を書きそびれていた。それは、顔も頭も貧相な官房長官・ガースと番記者との奇妙な取り決めのことだ。

 なんと、夜回り取材時に、番記者たちが録音用のICレコーダーと携帯を紙袋に入れて、それをガースに確認させて「絶対に録音しない」から取材させてくれって頭を下げたとか。しかも、その「儀式」は毎回のことと言うから、まるで検閲のようなものだ。

菅官房長官に屈服する「番記者」  取材の際の「ある儀式」が定着 (選択出版)

 権力に怖気づくとは、こいつら馬鹿か!! 番記者にとっては、ジャーナリストとしての矜持や誇りなんてものは、まったく無縁なものなんだろうね。こんなんだもの、東京新聞・望月記者に対するガースの嫌がらせに沈黙するわけです。

 この国のジャーナリズムは、もはや地に落ちたも同然。大政翼賛の悪夢が、また甦ることになりますよ。

| | コメント (2)

2019年6月15日 (土)

「イランとの合意は時期尚早」とトランプにはしご外されたペテン総理の赤っ恥!!&「自分の生活として年金を心配したことはない」(麻生太郎)。よくもまあ、ぬけぬけと!!

 オオタ~ニサンのサイクルヒットはお見事。特に、最も難しいとされる3塁打を2-3のフルカウントからすんなりクリアしてしまうセンスには脱帽です。やっぱり、スポーツに限らず、何事も「センス」ってのが重要なファクターなのだということを改めて教えてくれた。

 翻って、永田町にそんな「センス」を持った政治家がいるんだろうか。たとえば、初老の小学生・ペテン総理だ。日本のタンカーが攻撃されるわ、おかげでアメリカとイランの対立が一触即発の気配を漂わせてくるわわ、結果としてイラン物見遊山は和平の仲介どころか火に油を注いだようなもんなんだから、政治的センスはもちろん、外交的センスもゼロってことが改めて暴露されちゃってるんだね。

 そんなんたから、「安倍総理大臣がイランを訪問し、最高指導者のハメネイ師と会談したことについては評価するが、個人的には何らかの合意をするのは時期尚早だと考える。イラン側もアメリカ側もまだ準備はできていない」ってトランプにはしご外されちゃうという体たらくを晒すちまうってわけだ。

トランプ大統領「首相のイラン訪問感謝も合意は時期尚早」

 もうひとり政治家としてのセンスどころか人間としてのセンスも疑問なのが、ひょっとこ麻生だ。年金にまつわる2000万円問題で、よりいっそうその低脳ぶりに拍車がかかったようで、言い訳が二転三転したあげく、「月5万円の赤字」や「対象世帯の平均貯蓄額2484万円」について「高齢者の平均的な収入と支出の差や、貯蓄額を述べたにすぎない」とさ。

 さすが、「年金をいくら受給できるか知ってるか」という質問に「自分の生活として心配したことはない」とぬけぬけと答弁できる金満家だけのことはある。そもそも、年金の心配なんかしたこともない奴らに、一般大衆労働者諸君のための年金制度をとやかく言われたかありませんよ。

麻生氏「年金不足でない」 老後2000万円 貯蓄で補てん前提

麻生氏、発言ぶれぶれ 内容評価→「不適切」→不安打ち消しに


【報ステ】麻生大臣、年金受給「心配したことない」(19/06/14)

 この問題が起きてからというもの、「100年安心」ってのは制度のことで年金支給額ではない。だから、老後の蓄えなど自助努力も必要・・・てなことを御用コメンテーターがしたり顔でのたまってくれちゃってるんだが、そいつらにしたっておそらく年金の心配なんかしたことないだろうって顔してるんだよね。個人の感想だけど。

 まるで、「100年安心」が制度のことだってのを知らなかった一般大衆労働者諸君が間抜けなのだ、とでも言ってるようで胸糞悪いったらありゃあしない。

 こうなったら、すべてチャラにして、これまでの掛け金すべて返済して、イチから年金制度を議論するくらいのドラスティックな改革が必要なんじゃないのか。それには、まず年金の一元化を真剣に議論することだ。だって、「2000万円」問題ってのは厚生年金が基本になっての話なんだからね。悲惨なほどの国民年金が話題にもならない年金議論なんて、非正規が40%になろうとしている今、まったく無意味だと思う今日この頃なのだ。

| | コメント (2)

2019年6月14日 (金)

トランプの「パシリ」にもならなかったペテン総理のイラン物見遊山。あげくに、その最中にアメリカがイランに追加制裁の赤っ恥!!

 初老の小学生・ペテン総理が物見遊山でイランを訪問しているという絶妙のタイミングで、日本のタンカーが何者かに攻撃された。CIAの陰謀じゃないかなんて噂話も飛び交う中、ペテン総理はイランの最高指導者・ハメネイと会談したんだが、ツーショットを見る限りは完全に呑まれちゃってますね。個人の感想だけど。

Photo_10

 でもって、その会談はと言えば、ペテン総理がトランプのメッセージを伝えようとしたら、即座に「あなたの目的は理解できる。だが、トランプ氏はやりとりを行うに値しない。今後も返事しない」ってストレートが飛んできて、瞬殺されちゃったってね。

 さらに、「緊張の原因は米国による経済戦争(経済制裁)にある」という原則を突きつけられて、ペテン総理はグーの音も出なかったらしい。つまり、今回のイラン物見遊山ってのは、トランプの「パシリ」にもならなかったってわけだ。アメリカからはこんな声も聞こえてくるとか。

「日本は米国、イランと良い関係を持つが、両国の紛争の結果に影響を与える能力はほぼない」
「首相は何を達成しようとししているか明確にしていない。(解決のために)何の『てこ』があるのか」

 これが常識的な見方ってもんなんだろうね。本来なら、日本のメディアからこうした指摘が出てこなくちゃいけないんじゃないのか。

イラン、米との対話拒否 最高指導者 核武装を否定

「米との交渉 圧力受けながらは応じない」  ハメネイ師仲介に動じず 日イラン会談

 それにしても、ペテン総理がイランでいらんことしてるタイミングで、イランに追加制裁するトランプってのも食えない野郎だ。ようするに、トランプにとっては、ペテン総理ってのはその程度の「パシリ」にもならない存在ってことなんだね。赤っ恥かかされて、それでも尾を振る総理大臣って・・・やっぱり「国難」はこいつだな。。ああ、恥ずかしい。

米、イランに新たな制裁を追加 政府関連企業など対象に

| | コメント (2)

2019年6月13日 (木)

「報告書はもうないわけですから。予算委員会にはなじまない」(森山裕国対委員長)。そのうち「報告書はなかった」って閣議決定するんじゃないか!&「貧すれば鈍す」・・・雑誌「ViVi」が広告費目当てに自民党とコラボの愚!!

 香港では市民と学生が立ち上がり、中国に取り込まれた香港政府に抗議のデモが続いている。ああ、それなのに、「美しい国、日本」では、世襲の政治屋どもがやりたい放題しているってのに、なんとも気だるい空気が漂っているんだね。

 そんな空気を見越してか、金融庁の報告書問題で、ひょっとこ麻生の受取拒否に続いて、自民党の国対委員長の森山君がこんな発言して炎上してます。

「この報告書はもうないわけですから。なくなっているわけですから。予算委員会にはなじまないと思います」

 いやいや、報告書はしっかり存在している。ダウンロードだってできるぞ、とネットでは批判の集中砲火が炸裂している。それだけじゃない、土建政治の幹事長・二階君も「有識者、その人らだけが勝手に言ってんじゃないの」とのたまってくれるし、昼間の幽霊・岸田君も「極めてずさんなもの」ときたもんだ。これでは、報告書作成した有識者とやらも、いい面の皮だ。

自民・森山氏、金融庁の報告書「もうないわけですから」発言にSNSで反発広がる

62606864_1191584584349573_21515445696431

 それにしても、「報告書はなくなっているから、予算委員会にはなじまない」ことを理由に、この期に及んでも予算委員会拒否するのって、これこそ職場放棄だろう。審議会の報告書ってのは公文書なんであって、それを政権の都合でなかったものにできるんだったら、審議会なんていらないし、極論すれば数さえあれば国会審議もいらないってことになっちまいますよ。

 新聞・TVは、「足りない2000万円」だけにスポットを当てるんじゃなくて、こうした政治屋どもの言動にもっと神経をとがらせなくてはいけない・・ってないものねだりか。

 ところで、「貧すれば鈍す」とはよく言ったもので、広告費目当てに講談社の雑誌「ViVi」が自民党とコラボして呆れられてます。「わたしたちの時代がやってくる!権利平等、動物保護、文化共生。みんなはどんな世の中にしたい?」というキャッチコピーでキャンペーンを展開しようってんだが、講談社はこんな言い訳してます。

「このたびの自民党との広告企画につきましては、ViViの読者世代のような若い女性が現代の社会的な関心事について自由な意見を表明する場を提供したいと考えました。政治的な背景や意図はまったくございません」

 よくもまあ言ったものだが、ネットでは「これって、一緒にベットには入ったけど浮気はしてない、って言い訳と同じだよね」なんて言い得て妙な声も聞こえてくるのもむべなるかなってことか。「広告批評」の主宰者だった故天野祐吉さんが「国の宣伝・広告が巧みになったら危険」とよく言ってたが、「ViVi」のやってることってまさにこの言葉通りに踊らされてるってことなんでしょうね。

わたしたちの時代がやってくる!権利平等、動物保護、文化共生。みんなはどんな世の中にしたい?

講談社広報室の劣化 「ViVi」自民党タイアップ広告が炎上

人気女性モデルと自民党のコラボ広告で公選法違反か 「ViVi」の政党ロゴ付きTシャツプレゼントが波紋

| | コメント (4)

2019年6月12日 (水)

上から目線のどや顔会見が騒動に火をつけたくせに、いまさらのように「政府の政策スタンスと違う」(麻生太郎)から報告書受取拒否で逃げ切り図るポンコツ野郎!!

 「年金崩壊したから、老後は自分で2000万円用意しろ」という金融庁の報告書を、ひょっとこ麻生は「政府の政策スタンスとも違うので、正式な報告書としては受け取らない」ってさ。この報告書を作成した「市場ワーキンググループ」ってのは、首相と金融担当相の諮問機関で、つまりは初老の小学生・ペテン総理とひょっとこ麻生の意を受けて議論してきたんだよね。それも、1、2回の会議でデッチ上げたものではなく、20人の専門家が12回にわたって、毎回2時間半の議論を続ける中で作成されたものってことを、参加した専門家がコメントしている。それのどこが「政府の政策スタンスとも違う」ってことになるんだ。

「年金だけでは不安」消えず 老後2000万円報告書、実質撤回

・田中龍作ジャーナル
麻生大臣、自分で頼んでおきながら 「2千万貯金」報告書の受取り拒否

 そもそも、年金崩壊なんてことは一般大衆労働者諸君だってとうに察知していることなんだね。それが今回の報告書でなんで大きな問題になったかというと、それはひとえにひょっとこ麻生のどや顔の会見がきっかけなんだよね。

 この会見で、ひょっとこ麻生は、「100まで生きる前提で退職金って計算してみたことあるか? 普通の人はないよ。そういったことを考えて、きちんとしたものを今のうちから考えておかないかんのですよ」とのたまってくれちゃったてるんだが、こういう上から目線の傲慢な態度に一般大衆労働者諸君の怒りが爆発したってことだ。

 だからこそ、「100年安心」は嘘だったのか、って声が上がってってきたんだね。ああ、それなのに、昨日あたりからは、「100年安心」ってのは制度の問題で年金の支給額のことではない、なんてことをいまさらのようにニュースキャスターや御用コメンテーターが口にし始めている。それを引き合いにして、野党をdisったりもしてるんだから、何をかいわんやなのだ。

 本来なら、こうした報告書が上がってきたのなら、どや顔で「2000万円用意しろ」って脅迫するんじゃなくて、まずは予算委員会開いて政府がしっかりと説明責任を果たすべきなんだよね。そして、さあ、どうする、って国会で丁々発止の議論をするのが政治というものだ。

 それを、臭いものに蓋をするように報告書をなきものにしようというのは、まさに「不都合な真実」を隠蔽する犯罪的な行為と言わざるを得ない。

 どうやら、こうの騒動もあって、衆参ダブル選挙は見送られるようなんたが、それと歩調を合わせるように「参院選単独でも与党が勝利できるとの判断」なんて記事が出始めている。こうやってサブリミナル効果を狙って、新聞・TVはなにかにつけて「自民有利」キャンペーンを仕掛けてくるに違いない。昨夜は、日経の政治部長がペテン総理と会食してますからね。「自民単独勝利の判断」を最初に記事にしたのが日経というのもうなずけるってことだ。

| | コメント (2)

2019年6月11日 (火)

久しぶりに国会にお出ましのペテンとひょっとこのポンコツコンビのイカレっぷりが、さらにバージョンアップ。「マクロ経済スライド」を喚くも、フルボッコにされて退場!!

 イージス・アショア配備計画のインチキ、まるで死人に口なしと言うかのようにF35墜落の原因をパイロットになすりつける防衛省etc・・・と話題が尽きない今日この頃なんだが、なんといっても昨日の白眉は参議院決算委員会で決まりだろう。久しぶりに国会にお出ましのポンコツコンビのイカレっぷりのなんとバージョンアップしたことか。初老の小学生・ペテン総理とひょっとこ麻生の間抜けな答弁は、へたな芸人顔負けの抱腹絶倒のコントでありました。

 なかでも、笑っちゃうのが、共産党のとっちゃん坊や・小池君とのバトルだ。コーナーに追い詰められたペテン総理の「お前の母さんデベソ」的な逆襲を軽快なステップで一蹴。痛快です。

安倍「ちなみに民主党政権時代はですね・・・」
小池晃「民主党じゃないですから。私たちは。無意味なことを言わないでください」 .

 こんな具合に、「年金溶けたから、老後は自分で2000万円用意しろ」というやらずぶったくり発言をめぐる攻防は、野党がポンコツコンビをフルボッコにして終了。しかしまあ、TVのニュースなんかはいかにもまともに答弁しているかのように編集した映像流すだけなんだから、これではこやつらの低脳ぶりは一般大衆労働者諸君には届かない。

 というわけで、百聞は一見に如かず。国会中継の映像をとくとご覧じろ。この国がいかにすっとこどっこいな輩に牛耳られているかがよくわかります。お時間のない方は、クラリオン蓮舫君とペテン総理の質疑応答の書き起こしをご一読ください。文章にすると、「マクロ経済スライド」を馬鹿のひとつ覚えで喚き散らすペテン総理のイカレポンチぶりがさらに際立って、その内容の空虚さに愕然としますよ。

右上のマークをクリックすると全文読めます。

| | コメント (4)

2019年6月10日 (月)

農水ファンドが累積赤字92億円! 政府の投資ビジネス(=ギャンブル)のおかげで日本が溶けていく!!

 「100年安心」だったはずの年金が崩壊したのは、株に投資するという「ハイリスク・ハイリターン」のギャンブルに手を突っ込んだからなんだね。投資ってのはその道のプロですら一朝一夕に利益を上げられるものではないんだから、それを役人がやろうってのが、そもそもの間違いってことだ。

 でもって、そんな政府の投資ビジネス(=ギャンブル)は何も年金に限ったことではなくて、政府と民間企業が共同出資して設立した投資組織「官民ファンド」ってのがなかなかに香ばしいとか。これは、「高度な研究開発や地域振興など政府の成長戦略を後押しし、リスクの高い分野に投資することで、民間投資を喚起するのが目的」で、14ある官民ファンドのうち12が第二次ペテン政権以降に設置されたものなんだとさ。

農水省所管のファンドで損失92億円 投資先が破綻

 98億円というベラボーな累積赤字が問題になったクールジャパン機構なんてのがその代表なんだが、なんと今度は農水ファンド「農業漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)」の累積赤字92億円が発覚したってね。ああ、それなのに、6億円もの損失を計上した「食の劇団」というプロジェクトの責任者には、今月末の退職時に慰労金として1400万円が支払われる予定だそうだ。年金もそうだけど、ここでも損失の責任を誰も問われることがない。

 この他にも危険な官民ファンドがいくつかあって、財務省が監視を強化しつつあるってんだが、公文書を改竄してもカエルの面になんとやらの高級官僚の皆さんのことだから、当然お手盛りでシャンシャンってことになるんじゃないのか。そして、どこかの誰かさんの利権だけはしっかりとガードされるってことか。このままだと、年金どころか日本が溶けていくことになりますよ。

農水ファンド 累積赤字 92億円 2019年6月9日 毎日新聞

| | コメント (2)

2019年6月 9日 (日)

吉本の芸人と悪ふざけする暇はあっても、予算委員会で「公文書改竄」「統計不正」「年金崩壊」「日米FTA密約」、さらには「イージス・アショア配備計画のインチキ」etcについて丁寧に説明する時間はないってか!!

 吉本の芸人が振り込め詐欺グループの忘年会で闇営業という美味しいネタをほとんどのワイショーはスルーしてるんだね。そんな中、吉本の芸人が初老の小学生・ペテン総理を表敬訪問して、悪ふざけしたそうだ。そんなんだもの、反社会勢力とお付き合いしたぐらい、吉本の芸人にとってはどうってことないってことだ。そもそも、TV局にとっては、吉本興行は大株主ですからね。そりゃあ、よほどのことがない限りお目こぼししてくれるわけです。しかも、今回は格好のスケープゴートがいましたからね。

吉本芸人“詐欺グループに闇営業”問題でカラテカ入江だけトカゲの尻尾切り! 宮迫らの責任追及しないテレビ局と吉本のズブズブ関係

安倍首相が審議拒否中に芸人と会談「国民を愚弄」と批判の声

 それにしても、予算委員会開催を拒否してるくせに、芸人呼んでヨイショさせる時間はあるってんだから、国会も舐められたものだ。しかも、そうした状況をメディアは一切伝えない。為政者にとってこんなに楽なことはありませんよ、ったく。

なぜ自民党は予算委員会開催を拒否するのか? 熟議拒否が議会制民主主義を壊す

 それもこれも、参議院選挙を意識してるからなんだよね。へたに予算委員会開いちゃったら、スネがキズだらけのペテン総理は集中砲火浴びて炎上しちゃいますから。森友・加計学園疑獄はもとより、公文書改竄、統計不正、年金崩壊、F35爆買い、日米FTA密約、直近の出来事としては秋田県のイージス・アショア配備計画のインチキや辺野古新基地工事における公有水面埋立法違反なんてのもある。どうやら、参議院選挙後に年金支給水準の見直しを発表するそうで、これもまた参議院選挙を意識してのことなんだね。

防衛省、実地調査せずグーグルアース使う 幹部が認める

防衛局が許可なく護岸構造を変更 辺野古新基地工事、公有水面埋立法違反か

年金支給水準 見通し公表は参院選後か 将来の低下確実で

 まさに、この国は無法地帯と言っても過言ではない。そんな政権を選択したのは一般大衆労働者諸君なんだから、自業自得と言ってしまえばそれまでなんだが、だからこそ映画「帰ってきたヒトラー」のセリフが脳裏をよぎる今日この頃なのだ。

「私を選んだのは普通の国民だ。私を怪物と呼ぶならば、選んだ選挙民が悪い」

| | コメント (3)

«自民党が公約発表。改憲4項目の「緊急事態対応(=緊急事態条項)」に要注意!!&選挙直前に共産党に敵意剥き出しの連合会長。とっとと失せろ!!