2017年10月18日 (水)

「たたきつぶせ、立民、共産」(山口那津男公明党代表)。宗教団体を支持母体とする政党の代表が「たたきつぶせ」とは常軌を逸している・・・仏罰が下る日もそう遠くはないな。

 神戸製鋼の品質検査データ改竄は40年前から続いていたってね。てことは、ペテン総理が社員だった頃とも重なってるってことか。まさか一枚噛んでやしないだろうね。

神戸製鋼不正 「40年以上前から」元社員ら証言

 そんなことより、ナンミョー党の白塗り野郎・山口君の野党口撃、とりわけ立憲民主党に対する口撃が異様なことになっている。政策批判というならまだしも、ほとんど罵倒だね。日曜に神戸で行われた街頭演説では、何を思ったか「鉄人28号」の替え歌を披露して、「たたきつぶせ、立民(立憲民主)、共産。敵に渡すな、大事な議席」と放歌高吟したそうだ。

 すげーなあ、「たたきつぶせ」だよ。宗教団体を支持母体とし、本人だって仏教徒として帰依しているってのに、「たたきつぶせ」なんてのは「『万人の幸福』と『世界の平和』の実現」という創価学会の希求する世界観とは相容れないもんじゃないのか。

公明山口代表、神戸で「鉄人28号」の替え歌披露

 でもって、東日本大震災にからめて、「(立憲民主党の)代表は枝野幸男氏、顧問は菅直人氏。2人は東日本大震災でしっかり対応できなかった」って、民主党時代のことまであげつらって罵っている。よく言うよ。東日本大震災という未曾有の災害は、それこそ「国難」だっていうのに、民主党が挙国体制で取り組もうという提案を足蹴にしたのはどこのどいつだ。

 さらに、東日本大震災に伴う福島第一原発事故の責任は、明らかに自公政権にあるんだね。なんてったって、ペテン総理は「全電源喪失は起こらない」って国会で答弁している。まったく根拠のない「安全神話」にすがって、何の対処もとらなかったのが自公政権なのだ。

「菅、枝野氏は震災対応できなかった」 公明・山口代表、東北で立憲民主批判

 それにしても、白塗り野郎・山口君の野党への口撃ってのは、あまりにも常軌を逸してますね。「人の失脚を願ったり、策を講じて貶めたりすることは、結局自分の不利益として返ってくる」とユダヤの教えにある。それに倣えば、白塗り野郎・山口君に仏罰が下る日は案外近いかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

詐欺幇助罪で、ペテン総理を刑事告発&虚偽答弁で佐川国税庁長官を刑事告発&加計学園獣医学部、23日にも認可か!?

 加計学園疑獄を追求し続けている黒川敦彦君が立候補したことで、ペテン総理のお膝元である山口4区が面白いことになっている、って12日のエントリーで書いたんだが、その黒川候補が「加計孝太郎理事長の犯罪行為を知りながら、幇助した」として、山口地検に詐欺幇助罪でペテン総理を刑事告発した。

 選挙の最中に総理大臣が刑事告発されるなんてのは、ホント、恥ずかしいことなんだよね。それもこれも、説明責任をまったく果たしてないことの報いってことだ。さらに言えば、こうした動きが「森友・加計学園疑獄」を風化させないことにつながっていく。

黒川候補らが安倍首相を刑事告発 山口地検

 どうやら、シュレッダー佐川君も、「嘘の答弁をした」として、市民グループによって刑事告発されたようだから、選挙の結果がどうなろうとペテン総理が「森友・加計学園疑獄」から逃げ切ることはそう簡単ではありませんね。

森友学園 売却問題巡り市民団体が佐川・前理財局長ら告発

 でもって、加計学園の獣医学部新設について、選挙が終わった23日にも認可されるという噂が飛び交っている。選挙中は「森友・加計隠し」に奔走し、選挙直後に認可とは、これが事実なら国民舐めるもいい加減にさらせよ、ってなもんです。

 さらに、その日に、ペテン総理の「ばくしんの友」である加計孝太郎君が記者会見するんだそうだ。どの面下げてってのはこのことだ。メディアが突撃取材することなく、ノホホンとほったらかしにしてきたことも、こやつらを付け上がらせたんだろうね。

・田中龍作ジャーナル
【速報】加計学園獣医学部、23日にも認可 同日に孝太郎理事長が記者会見

 黙っていると、ますます舐められますよ! 「森友・加計学園疑獄」を追求するためにも、選挙に行こう!!

Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

野党を罵るばかりで「モリカケ」も「改憲」も語らないペテン総理。安保法制、秘密保護法、共謀罪の詐欺的手法を忘れるな!

 この週末、エダノンの街頭演説会にはもの凄い数の聴衆が集っていたんだが、どのTV局もそうした映像はけっして流さない。そのくせ、ペテン総理やナンミョー党の白塗り男・山口君が野党に向けた罵声は垂れ流すんだからなんともはやなのだ。

 おかげで、政策論争はまったく深まることなく、選挙中も丁寧に説明すると言っていた森友・加計学園疑獄ももはや上の空。特にひどいのは「改憲」についてで、自公はもとより、希望も維新もほとんど触れなくなった。ひとり、日本のこころのオヤジがすっ飛ばしているのはご愛嬌か。

「森友・加計」依然うやむや 語らぬ首相 批判の野党

 それはともかく、公示前の「改憲」ムードってのが、選挙戦突入したらとたんにしぼんじまったのには、おそらくいつものペテン総理の詐欺的手法があるんだろう。安保法制、秘密保護法、共謀罪と、選挙中は爪の先ほども触れることなく、「経済、経済」を連呼して、選挙が終わってみれば公約にもない憲法違反が疑われる法律を強行採決ですからね。今回だって、選挙が終われば、白紙委任されたかのように真っ先に「改憲」に手をつけてくるのは目に見えてます。

 「改憲」から有権者の意識をそらすかのような動きも露骨になっていて、元祖電波芸人の田原総一朗君が突如記者会見を開いて「集団的自衛権の行使を可能にするための憲法改正の必要性について、安倍晋三首相が昨年、『全くなくなった』と語っていたことを明らかにした」ってのもそのひとつだ。

 つまり、「改憲」があたかも政治スケジュールからははずれたってことをアピールすることで、「改憲」を危惧する有権者へのめくらましを仕掛けたってことなのだろう。そうでなければ、このタイミングでわざわざこんなことを口にしたのは解せません。

安倍首相「改憲必要なくなった」=昨年、田原氏に明かす

 連日のように、自公で300議席と煽り立てるメディアの世論操作に惑わされずに、投票前に今一度ペテン政権のやらかしたことを再確認したい今日この頃なのだ。

安倍政権の不祥事一覧

枝野幸男「立憲民主党」代表 街頭演説/10月14日 新宿東南口   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

「消費税上げるな!」の声に「黙っておれ」(二階自民党幹事長)。都議選の時には「落とせるものなら落としてみろ」って凄んでいただけあって、立場もわきまえず相変わらず下品だなあ!!

 神戸製鋼のデータ改竄は、日本の製造業の信頼性を徹底的に失墜させちまったようで、世界中から袋叩きにあうのは当然だろう。そんな会社に腰掛け程度に勤めていたのがペテン総理で、新入社員時代のエピソードとしてかつてこんな話をしていたそうだ。

「神戸製鋼所の新入社員時代、数値の入力ミスで長さの足りないパイプを大量に製造してしまった」

「首になるかと思ったが、事なきを得た。多少の失敗にもめげずに、皆さんにも頑張ってもらいたい」

 ははは、自民党重鎮の安倍晋太郎の息子だもの、こんなことくらいで首にはできません。おかげで、名もない上司がどこかに飛ばされたりしてたんじゃないのか。そんな想像力はないだろうなあ。

安倍首相「神戸製鋼所の新入社員時代、入力ミスで長さの足りないパイプを大量に製造してしまった」

 そんなことより、土建政治の二階君が、街頭演説中の野次にブチ切れて「黙っておれ」って声を荒げたってね。「こっちが演説している時に、いらないことを言うことは許されない」とも言い放ったそうで、これって極論すれば言論封殺も辞さずってことか。

 かつて、カリフォルニア州知事選の最中に生卵をぶつけられたアーノルド・シュワルツェネッガーは、「ベーコンも一緒によこせよな!」とジョークを飛ばして喝采を浴び、これが州知事当選のきっかけともなったと言われている。

 聴衆の過激な挑発をどれだけユトリを持って切り返せるか。それが政治家の器量、度量のバロメーターになるってことだ。

 それに引き替え、この国では、与党の幹事長だけでなく、総理大臣だって野次にいたたまれずに「こんなひとたち」って喚いちゃうんですからね。へたすると、いつの日か「戦争だ!」って叫びかねませんよ。

二階氏、ヤジ続ける聴衆に「黙っておれ」 街頭演説中

 最後に、緑の狸の腰巾着に成り下ったエロ髭・若狭君君が苦戦しているってさ。「政治家としての能力以前に『人相が悪すぎる』という声も多く聞かれる」ってんだが、東京スポーツの記事だから話半分ってことで、お後がよろしいようで。

希望・若狭勝氏が急失速 頼みは同姓候補勢の無効票?

【くろねこの競馬予想】

3歳牝馬3冠の最終戦、秋華賞。デビュー以来、掲示板をはずさない安定度抜群のリスグラシューが連の軸として本命。相手は、ローズステークスを大外一気に駆け抜けたラビットワン。皐月賞に牝馬として果敢に挑戦したファンディーナに注意。
◎リスグラシュー、○ラビットワン、▲モズカッチャン、△ディアドラ、アエロリット、カワキタエンカ、注ファンディーナ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

私人の嫁に危害がくわえられるのが恐いから個人演説会の取材拒否&抗議の徴収に「法律守って」とさ。ルールを守らない奴がルールを守れ、とは片腹痛い!

 地元である山口4区で、ペテン総理はどのくらいの得票なのかというと、これがなんと10万票そこそこなんだってね。以前は14万票ほどあったのが、年々落ちてきてるんだとか。そっか、たかが10万票で当選した世襲のバカボンが総理大臣なのか。安いなあ。

 でもって、私人の嫁が必死こいて選挙区を回ってるんだが、安倍晋三事務所が個人演説会の取材を拒否しているそうだ。どうやら、私人の嫁へのプレッシャーを警戒してのことだそうで、おいおい記者が私人の嫁に危害をくわえるってことか、馬鹿馬鹿しい。なんにしても、個人演説会の取材拒否ってのはどこまで行ってもちいせえやつらだ。

安倍首相の事務所、個人演説会の取材拒否 安全確保理由

 嫁が嫁なら、ペテン総理もやってくれてます。新潟での街頭演説会で「聴衆の女性から憲法9条の改正について抗議され、『選挙は民主主義の原点だから、しっかりと法律を守っていこうじゃありませんか』と呼びかけた」そうだ。

 ルールを無視し続けた野郎がよく言うわ、ってなもんです。国会ではさんざん口汚ない野次を飛ばしまくるくせに、自分に矛先が向けられるととたんに「野次はやめましょう」って言い出すのと同じです。

 「民主主義の原点」と言うなら、臨時国会の要請をほったらかしにして、国会開いたと思ったら冒頭解散なんて汚い手口を仕掛けたことこそが問われなければいけない。

首相、聴衆に「法律守って」 9条改正への抗議、「選挙妨害」の声に呼応

 TBSの党首討論では、「森友・加計学園疑獄」を追求されて、収録中にブチ切れたって噂もある。こやつの人品骨柄の卑しさを、一般大衆労働者諸君はしかと心にとどめて選挙に行こう!!

党首討論の裏で 安倍首相が他党のモリカケ追及にブチ切れ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

内閣支持率37%。なのに自民優勢の奇々怪々&「籠池氏は詐欺を働くようなひとだから妻も騙された」(安倍晋三)。これって黙秘している被疑者に対する人権侵害じゃないのか!

 衆議院選挙序盤の世論調査結果が出たことで、まるでもう選挙は決着がついたかのように新聞・TVは世論操作に余念がない。で、これもいつもの手口なのだけど、最後には決まって「ただし無党派層のうち5割のひとが投票先を決めておらず、今後の情勢は流動的な面がある」ってアリバイ作りをするんだね。

 世論調査の結果を受けてこんなコメントするだけなら、シロートだってできます。ジャーナリストとしての矜持があるなら、そうした結果が出た背景を深く掘り下げ、さらに今回の選挙がどういう意味を持っているのか、有権者はどんなことをチェックすべきなのか・・・そこにしっかりとフォーカスして選挙の情勢分析をするべきだろう。

 解散総選挙のそもそもの発端である「森友・加計学園疑獄隠し」なんて、いまや多くの有権者の頭の中にはないんじゃないのか。「北朝鮮情勢」や「消費税の使途変更」というペテン総理のまやかしに乗っかり、ぼったくりのバーのチーママ・小池君が新党ぶち上げれば、その日から「小池劇場」一色で大騒ぎ。ようするに、新聞・TVがそうした劇場的な報道を通じて選挙の「大義」「争点」をぼかしてるんだね。こうした新聞・TVのあり方が世論調査結果にも影響を与えていることは間違いない。

 もちろん、新聞・TVの報道のあり方だけが世論調査結果に影響を与えているわけではなくて、やっぱり最大の要因は希望の党のヘタレだろうね。保守層を分断してペテン総理の専横政治に風穴あけるかと思ったら、なんのことはない選挙後の連立を匂わせたりして失速。野党共闘にとってはこれほど迷惑なことはないんだね。

 結果、自民対野党の一騎打ちの選挙区ではかなりの接線だってのに、立憲民主・共産・社民の野党連合と希望、維新が乱立した選挙区では自民が漁夫の利という構図になっている。希望が自民から保守層の票を剥がしてるんではなくて、野党連合の票を食ってるってことだ。これじゃあ、自公の思う壺だし、希望の目的ってのはそもそもこれだったのかもしれない。

 とはいえ、そんな状況を嘆き悲しんでいても始まらない。内閣支持率は30%台と下げ止まりしてますからね。世の中はペテン政権にウンザリしているのは間違いないのだ。そのウンザリさ加減にさらなる拍車をかけるためにも、「森友・加計学園疑獄」に改めてスポットを当てた選挙運動が必要なのではないだろうか。

・テレビ・新聞の衆院選情勢調査結果を入手! 自民が270を超える一人勝ち、改憲勢力も8割超えの恐怖

内閣不支持率48% 支持の37%上回る

 昨日のエントリーで紹介した、「詐欺を働く人物の作った学校で妻が名誉校長を引き受けたことはやっぱり問題があった。(籠池氏は)こういう人だから(妻は)騙されてしまったんだろう」という党首討論におけるペテン総理の発言に対して、法律の専門家から「異議あり」の声が上がっている。こうした動きをとにかく拡散していくことだ。外野から野次飛ばしてるだけでなく、ペテン総理を粉砕したかったら、有権者がアクションを起こすことが肝要かと・・・。

「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判

・郷原信郎が斬る
「籠池氏は詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」は、“首相失格の暴言”

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

早くも世論調査という名の世論操作が始まった。自公圧勝だとさ&「安倍晋三に公開討論申し入れ」。山口4区が面白いことになっている!

 沖縄で米軍ヘリが墜落炎上。「この国を守り抜く」ってんなら、北朝鮮のミサイルなんかより、こっちの方をどうにかしやがれ。

集落騒然、あわや大惨事 高江の米軍ヘリ炎上、何度も爆発音 「もう少しで死んでいた」

 ところで、衆議院選挙の公示から2日だというのに、もう世論調査の結果が新聞・TVを賑わせている。それによれば、どの調査でも自公圧勝なんだとさ。へたすりゃ、自民単独で過半数なんてこともある勢いとか。しかしまあ、このタイミングでの世論調査ってのは、いつもそうだけどある種の世論操作だと思うけどねえ。

 この世論調査は各社とも、10日~11日にかけて実施されたそうなんだが、実は我が家にも昨日、共同通信から電話があったのだ。コンピューターで無作為に選ぶRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で当たったようで、しっかりと答えましたです。でもねえ、電話があったのは平日の朝9時半ですよ。こんな時間に家にいるのは、およそリタイヤ組か自宅が仕事場でもあるくろねこのようなフーテンに限られていると考えていいんじゃないの。

 てことは、その調査ってのは年代的に高齢者に偏っているんじゃないかということだ。そうなれば、自公優勢ってのも自ずと想像がつこうというもので、もうこういう調査はよしこさんなんだね。電話、それも固定電話というのもいまの時代、あまりにも能がないんじゃないのかねえ。

自公堅調、希望伸び悩み 投票先未定5割超

 ところで、ペテン総理のお膝元である山口4区が面白いことになっている。ここには、加計学園疑獄を追求し続けている黒川敦彦君が「反安倍」で立候補している。それだけでも話題になっているところへもってきて、黒川陣営がペテン総理との「合同立合い演説会(公開討論会)」開催を申し入れ、しかも申入書をペテン総理に代わってお国入りしていた私人の嫁に直接手渡したっていうからさあ大変。野次から逃げ回るチキン野郎が公開討論を受けて立つなんてことは、天地がひっくり返ってもないだろうけど、こうした「反安倍」の動きがどう選挙結果に影響するか興味津々なのだ。

・田中龍作ジャーナル
【衆院選・山口4区】アベ首相に公開討論会申入れ 顔こわばらす昭惠夫人

 ペテン総理の代わりに選挙運動している私人の嫁は、「このまま主人に仕事を続けさせ、この国のために働かせてほしい」と第一声をあげたそうだが、総理大臣の名代のくせして「主人」なんて言葉を口にするとはどこまで常識はずれなんでしょう。こういう場合は、「安倍に・・・」って言うものだ。我が家のバケベソだって、そのくらいの常識はわきまえとりますよ。

<衆院選公示>昭恵氏が第一声、森友問題に触れず 山口4区

 こんなんだから、何も考えずに籠池君に肩入れして、ドシ踏んじまったんだろうね。そのドジを言い繕うとしてペテン総理は、テレビ朝日「報道ステーション」の党首討論で、「詐欺を働く人物の作った学校で妻が名誉校長を引き受けたことはやっぱり問題があった。(籠池氏は)こういう人だから(妻は)騙されてしまったんだろう」ってぬかしたそうだ。だったら、何をどう騙されたのか、400字以内で説明してみろってんだ。

 こんな理屈にもならないたわ言を平気で口にする総理大臣にこの国をまかせていいのか・・・これを肝に銘じて選挙に行こう!!


もりかけ問題を問う!22日投開票の衆院選、各党党... 投稿者 gomizeromirai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

ペテン総理、福島の田園風景の中でのどかに第一声。森友・加計問題、原発には一切触れず、アベノミクスを自画自賛・・・これこそ「国難」だ!

 衆議院選挙が公示され、ペテン総理の第一声は、なんと福島。それも、福島駅から10kmも離れた田園風景の中で、のどかに選挙運動がスタートだとさ。福島を選挙戦初日の演説場所として選んだからには、当然福島第一原発事故に触れるかと思えば、これがまったく無視。昨日は、福島第一原発事故による損害賠償裁判で、「津波予見できたのに対策怠る」として国と東電に賠償命令の判決が下ったってのに、それにもまったく言及することはなかったとか。

国の責任再び認定 原発被災3800人 福島訴訟

安倍首相、福島の田園で第一声=有権者「責任持ち復興を」【17衆院選】

0171010at33_p_3

 さらに、東日本大震災当時は野党だったのをいいことに、「民主党政権下ではなかなか復興が進まなかった。復興を誰にまかせるか考えてほしい」ってぬかしたってんだから、図々しいにも程がある。震災から6年たったいまも、仮設住宅住まいを余儀なくされている世帯は3万を超えているという事実はどうなる。

 原発で言えば、「アンダーコントロール」はどうなった、「汚染水処理は国が前面に出て、私が責任者として対応していきたい」って言ってたのはどうなった。さらにさらに、「全電源喪失は起こりえない」と国会で答弁して、地震や津波対策をスルーしたのはどこのどいつだ。

・東京新聞社説
<衆院選>公示第一声 原発なぜ語らないのか

 そして、今回の解散のきっかけでもある森友・加計学園疑獄については、「選挙中も説明する」ってぬかしてたくせに、選挙が始まったら「国会で説明する」って言い出す始末だ。

安倍首相が嘘つき全開!森友・加計問題は「選挙で説明する」と言ってたのに、選挙になったら「国会で説明する」

Img_0

 そのくせ、アベノミクスは理由もなく自画自賛ってんだから、嘘つき全開の選挙運動してるってことだ。こんなんだもの、東京のど真ん中で演説なんてできはしません。「お前が国難」の礫が四方八方から飛んできますからね。

 総理大臣が街頭演説の日程を公表できずに、「反安倍」の声から逃げ回っているという現実は、この選挙が「森友・加計学園疑獄隠し」が目的ということを証明しているようなもんなんだね。本当に北朝鮮のミサイルが国難だったら、田園風景の中で第一声なんてのどかなことしている暇はありませんから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

「“国民の上に国家を置く”ことを目指す、国粋主義化という名の国難から国民を守り切れるか」(浜矩子同志社大学教授)・・・これこそが今回の選挙の争点だ!

 衆議院選挙公示日だというのに新聞休刊という、なんとも間抜けな月曜の朝である。

 そんなことより、党首討論や街頭演説で、やたらペテン総理が口にする言葉に、「この国を守り抜く」ってのがある。おいおい、「守り抜く」のは「国」じゃなくて「民」だろう・・・なんて突っ込みするまでもなく、やっぱりこの言葉には違和感あるんだよね。ようするに、こやつの頭の中では、いつだって「国民の上に国家」があるんだね。そうした思いがあればこそ、委員会で野党議員に痛いところを突かれると、口汚ない野次をとばしたりするのだ。議員に唾するということは、そのバックにいる国民に唾することだ・・・なんてことは想像したこともないに違いない。

Photo

Photo_3

 それはともかく、「国民の上に国家」があるという発想は、何もペテン総理に限ったことではなく、ぼったくりバーのチーママ・小池君率いる希望しかり、大阪のチンピラ知事・松井君率いる維新しかりで、だからこそ今回の選挙の結果では、この国のカタチが戦前に回帰する危険性が極めて高くなるってことなのだ。

 たとえば、東京新聞の調査によれば、「北朝鮮への米軍による軍事力行使」を支持するとした割合は、自民党39.6%、希望21.3%、維新にいたっては77.5%とくるんだから、そんなに戦争期待してるのかと思うと頭がクラクラしてくる。「国民を守り抜く」ということに思いを馳せれば、こんなにも米軍の武力行使に前向きになれようはずがない。ちなみに、立憲民主党にも9.3%と少なからず支持者がいることも念頭に置いておいた方がいいだろう。

北朝鮮に米軍事力行使 自民39%が「支持」

 集団的自衛権行使容認を閣議決定してしまった以上、北朝鮮有事の場合は自衛隊が戦闘に参加する可能性があるってことだ。国会の容認というのがあるけど、自民+希望+維新が組めば、そのハードルだって簡単にクリアできてしまうかもしれない。公明党は「どこまでもついていきます下駄の雪」だから、防波堤にはなりません。

 というわけで、今回の選挙の争点は、戦う経済学者、浜矩子女子の指摘するように「国民の上に国家を置く」ことを目指す」という「国粋主義化という名の国難から国民を守り切れるか」ということなのだ。この1点をしっかりと心に刻み込んで、投票に行こう!

安倍首相の土俵に乗ってはいけない 総選挙「本当の争点」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

党首討論で森友・加計学園疑獄を追求され、気色ばんで朝日批判繰り返すペテン総理の狼狽振り。会場から失笑が洩れるのもむべなるかなってことだ。

 日本記者クラブ主催の党首討論会でわかったことは、改憲派ってのは「なぜ改憲が必要なのか」って説明は一切しないで、単に言葉遊びの「改憲ごっこ」してるだけってことだ。ぼったくりバーのチーママ・小池君はTVの討論会で、改憲派が出揃ったことを理由に「解散の大義は改憲だ」ってのたまっていたが、ま、こじつけ以外のなにものでもありません。

 それはともかく、党首討論の白眉は、なんと言っても森友・加計学園疑獄について突っ込まれた時のペテン総理の狼狽振りだ。朝日新聞の記者から、「閉会中審査で、首相が加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは今年1月20日だったとした発言」を質されたのに、質問には答えることなく、「「まず、朝日新聞は八田(達夫・国家戦略特区ワーキンググループ座長)さんの報道もしておられない」と報道批判始めちゃうんだから、相変わらず猿でもできる反省をしてないんだね。

 さらに、「(報道してますよ」って切り返されると、「ほとんどしておられない。しているというのはちょっとですよ。アリバイ作りにしかしておられない。加戸(守行・前愛媛県知事)さんについては、(国会で)証言された次の日には全くしておられない」と気色ばんじゃうんだから、よくよく器が小さいんだね。

 でもって、それにも「してますよ」って反論されて、とうとう「ぜひ国民の皆さんに、新聞をよくファクトチェックしていただきたい」って言い放っちゃいました。稀代の嘘つき野郎に「フェイクニュース」呼ばわりされるありませんよ、ったく。

 それにしても、こういうシーンを、TVのニュースはなぜカットするかねえ。日本記者クラブ主催の党首討論なんだから、特別枠を設けてノーカットで流すのが務めなんじゃないのか。

衆院選 気色ばむ首相、朝日批判 加計問題で応酬

首相「朝日ほとんど報じてない」 紙面、10回以上掲載


1:35過ぎあたりから森友・加計学園関連質問

 こういう総理大臣の無残な姿を見るにつけ、森友・加計学園疑獄ってのが想像以上にペテン総理のアキレス腱になってるってことがわかろうというものだ。とにかく、明日からの選挙戦ではここを徹底的に突きまくることですね。うまくすれば、これまで見たこともない醜態を晒すことになるかもと妄想逞しくなる月曜の朝であった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«「野党をいくら非難しても、森友、加計学園について真摯に説明を果たしていく選挙にしなければいけない」(小泉進次郎)。「森友・加計学園疑獄隠し」が解散のそもそもの原点であることを忘れずに投票に行こう!!