« 国を憂う前に、自らの老残をこそ憂えたまえ。 | トップページ | オオカミおじさんとドロボー歌謡曲 »

2010年4月16日 (金)

アメリカって失礼な国だとつくづく思う。

 いやんなっちゃうほどの寒さにちょっぴり風邪気味。まずいぞ、本格的に風邪ひいたら。貧乏暇なしで、風邪ひいてるユトリはないんだからね。

 ところで、腰ぎんちゃく平野君が、ワシントン・ボストに噛みついたようだが、これは正しい。核保安サミットに出席した鳩山ポッポ君を「最大の敗者」と論評したことに不快感を示したわけだが、このことに関しては日本のメディアもからかい半分に報じている。オバマ君との対談も夕食会の直前にほんの10分という短い時間で、普天間問題も解決の見通しがたたず、なんという体たらくということを言いたいのだろう。

 しかし、夕食会の前にほんの10分の会談なんて、それ自体失礼な話なのだ。米軍の基地の問題で政権そのものが揺らぎかねないという愚かな状況にあって、そんな態度はないだろうってつくづく思う。そもそも、米軍基地に関してアメリカに偉そうに言われる筋合いはないのだ。そんなに文句言うなら出てっていいんだよ、というぐらい強気に出てもいくらいなんだから。日本のメディアからそうした論調の記事がないこと自体おかしな話なのだ。くさしてばかりいてどうするんだ。

 うすら笑いの町村君は、「オバマ米大統領は、鳩山さんと会談するのは本当に嫌だ、顔も見たくないというような表現までしたそうだ」なんてくっちゃべている。立場はどうあれ、これが本当なら、うすら笑い町村君はオバマに対してその非礼を諭さなくちゃいけないんじゃないか。自国の首相に対する無礼な発言をそのまま攻撃の材料にするとは、なんとまあ品性下劣な男なのだろう。

 それはともかく、沖縄の基地問題に関しては、アメリカがくだくだ言うならそろそろ日本も卓袱台ひっくり返したっていいんじゃないか。メディアもアメリカの側にばかりたった論調はもうやめて、基地なんかいらないキャンペーンでも張ってほしいものだ。新聞やTVの報道を読んだり見たりしていると、基地ありきという立ち位置でしかこの問題を論じていないことがよくわかる。そのくせ、徳之島案なかが出てくると、今度は反対運動を煽りたてたり、とにかくなんでもかんでもイチャモンつけるばかり。これじゃ、いつまでたっても沖縄から基地はなくならないね。

 そういえば、政界のフーテン姐ちゃん、小池君が鉢巻締めて徳之島の基地反対運動で演説してたけど、こいつバッカじゃなかろか。普天間問題を13年間ほったらかしておいたのは君たち自民党なんだよ。しかも、こやつは元防衛庁長官だったんだから、責任の一端は大いにある。それにしても、その節操のなさはいかんともしがたい。

 外交は、「武器なき戦争」。ならば、自国の首相がとんでもなく非礼な扱いを受けたりしたら、メディアはそれを揶揄するのではなく、しっかりと抗議の意思表示をすべきなのだ。いわんや政治家をやなのだ。沖縄の基地問題もしかり。アメリカ怒らせたら大変だ、なんて論調をいつまで続けるつもりなんだろうね、この国の政治家もメディアも。

|

« 国を憂う前に、自らの老残をこそ憂えたまえ。 | トップページ | オオカミおじさんとドロボー歌謡曲 »

メディア」カテゴリの記事

沖縄基地問題」カテゴリの記事

町村元官房長官」カテゴリの記事

鳩山邦夫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/34249724

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカって失礼な国だとつくづく思う。:

« 国を憂う前に、自らの老残をこそ憂えたまえ。 | トップページ | オオカミおじさんとドロボー歌謡曲 »