« 献呈署名入りの一冊。その献呈先は・・・? | トップページ | 郵便不正事件の公判が面白くなってきた。 »

2010年5月26日 (水)

どうする社民党!!

 猫の目のようにコロコロ変わる天気に、我が家のドラ猫も目をまわしている。どうも低気圧が近づくと落ち着かないようで、ニャンニャン鳴きながら家中を駆けずり回る姿は、鬼気迫るものがある。ふむ、野生が目覚めるわけね。なかなかワイルドでよろしい。

 社民党の福島君が沖縄を訪問。鳩山ポッポ君が謝罪訪問した後だけに、社民党はなかなか難しい立場になったんじゃないかな。社民党としての理念にこだわれば、ここはやっぱり連立離脱が正しいと思う。辺野古の文字が入った合意なら閣議決定でも閣議了解でも署名しない、とまで言い切っているが、でも逆に考えれば辺野古の文字さえ入らなければ署名してもいいともとれる。こんな逃げ道つくっちゃだめだろ。鳩山ポッポ君の口から辺野古が出た時点で、社民党の理念とは遠くはずれているんだからね。このままだと村山政権時代の二の舞を踏むことになるよ。社民党は健全野党として、閣外協力の道を探ってほしのだが・・・。

 杉並区長の山田君が参議院選に出馬するらしい。元横浜市長の中田君といい、この山田君といい、日本創新党は途中で仕事を投げ出すのがお得意のようだ。思い切った地方分権の実現を目指すといいながら、結局は地方を踏み台にして国政へ乗り出そうなんてセコイ人たちだこと。さすが松下政経塾だけのことはある。

 自民党が「マニフェスト」という言葉を使わないことにしたとか。「政権公約」と呼ぶことにするそうだが、どうぞご勝手に。公明党は「インデックス」、みんなの党は「アジェンダ」を使うことを検討しているらしい。「インデックス」は笑える。その程度のものなんだ、公明党の公約って。「アジェンダ」という言葉は最近気取った政治屋や御用ジャーナリストが使ってるけど、単に「政策課題」ってこと。横文字使うと偉そうに見えるという典型だね。これなら、自民党の「政権公約」が一番わかりやすい。そもそも、「マニフェスト」ってのもよくわか
んないものね。

 でも、こんな言葉いじりしててもあまり意味がない。ようは、「公約」というものを、政党や政治家が、票欲しさの出まかせにしてきたのが問題なんだからね。「公約違反は大したことではない」なんてほざいた総理大臣もいたんだから、つまりは国民がなめられてるということ。民主党がマニフェスト違反と批判されるのは、反面教師としてはいいことなのかもしれない。それが足かせとなって、政権を狙う政党が出まかせを口にしたり、シャーシャーと公約違反することがなくなるかもしれないからね。ま、そんなに甘くはないだろうけど・・・。

 「円生」襲名騒動がどうにも止まらない。鳳楽、円丈に続いて、今度は円窓が名乗りを上げちゃった。最初は、襲名を盛り上げるための洒落だと思ってたのだが、どうも皆さんマジなようで、なんか笑うに笑えない事態になってきた。円丈には、『御乱心 落語協会分裂と、円生とその弟子たち』という傑作があるが、今回の騒動は格好のネタかも。それにしても、今回のお家騒動は滑稽だね。落語で笑わせるのはいいけど、落語家が笑われちゃっっちゃおしまいだよ・・・では、お後がよろしいようで。

|

« 献呈署名入りの一冊。その献呈先は・・・? | トップページ | 郵便不正事件の公判が面白くなってきた。 »

自民党」カテゴリの記事

沖縄基地問題」カテゴリの記事

辺野古」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうする社民党!!:

« 献呈署名入りの一冊。その献呈先は・・・? | トップページ | 郵便不正事件の公判が面白くなってきた。 »