« 子供知事もたまにはいいこと言うね。 | トップページ | DPI利用にゴーサイン・・・って大丈夫か? »

2010年5月29日 (土)

節を曲げなかった福島君に拍手。

 それにしても最悪の決着。とはいえ、これで辺野古移設が実現するわけではない。おそらく反対運動は熾烈になるだろうし、その人波を掻き分けるようにしてブルドーザーで地ならしなんかできないからね。つまり、日米合意はしたけれど、沖縄の戦いはこれからが本番ってこと。

 福島君が最後まで節を曲げなかったことには拍手を送りたい。もっと早くに連立政権として基地問題のすり合わせをしておけばよかったのにと思うが、ここに至ってはさすがに福島君も署名はできない。自分の選挙が控えているから人気とりだなんて揶揄する声もあるけど、署名したらしたで今度は「沖縄を見捨てるのか」って言うに決まってるんだから、気にすることはもない。

 それにしても朝日の朝刊の支離滅裂な記事はなんなんだ。一面では政治エディターとかいうわけのわかんない肩書きの渡辺某が、日米同盟の重要さを声高に叫ぶかと思えば、社会面では那覇総局長が「日米合意を優先し、沖縄との約束を捨て去った首相への不信は深い」と嘆き、社説では「米国に植え付けてしまった対日不信」を憂うといった具合だ。渡辺某はこうも言う。「日米同盟の重要さを首相が本当に理解しない限り、基地は<迷惑施設>のように扱われるばかりだ」。語るに落ちたとはこのことか。現実に迷惑している沖縄の人たちの声は朝日には聞こえてないようだね。だめだ、こりゃ。

 それにしても民主党の閣僚たちって何してたんだろうね。ニヤケ男の前原君って沖縄担当大臣でもあるのに、存在感のカケラもなかったもんね。菅君もこの基地問題では高見の見物を決め込んでいたようだし、フランケン岡田君はハナっから県外は無理って立場だったからね。結局、「最低でも県外」に向けて誰一人努力してなかったんだから、何をかいわんやなのだ。鳩山退陣論の前に、「最低でも県外」という公約を無視し続けた閣僚の皆さんに総退陣してもらうのがいいんじゃないか。もちろん腰ぎんちゃく平野君に真っ先に辞めてもらわなくっちゃね。

 参議院選挙は社民党を応援してしまおう、なんて思う今日この頃なのであった。

|

« 子供知事もたまにはいいこと言うね。 | トップページ | DPI利用にゴーサイン・・・って大丈夫か? »

鳩山首相」カテゴリの記事

鳩山政権」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

沖縄基地問題」カテゴリの記事

辺野古」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節を曲げなかった福島君に拍手。:

« 子供知事もたまにはいいこと言うね。 | トップページ | DPI利用にゴーサイン・・・って大丈夫か? »