« 講演肩代わりして100万円! | トップページ | 梅雨のような雨にウンザリ。 »

2010年5月19日 (水)

口蹄疫が一日も早く沈静化することを祈りたい。

 ようやく喉のいがらっぽさも消えたのはいいのだが、我が家のドラ猫にひっかかれた鼻のキズがなかなか治らない。ふむ、確実に治癒力も劣化しているということか。なんとまあ情けない・・・とほほ。

 なんて嘆いている場合じゃないほど、口蹄疫の感染はパンデミック状態になってきた。なによりも怖いのは、強烈な感染力とか。人間には害がないが、人間が媒介することもあるというのがなんとも手に余る。現地に取材に入ったTVクルーが防疫対策をしていなかったため媒介したのではという噂も流れているほどだから、想像以上に広範な地域に広がっている可能性を想定して対策を考えないと、九州の家畜が全滅なんて最悪の事態に発展するかもしれない。

 非常事態宣言は当然としても、そんな緊急事態のまっただなかにあって、この問題を政局に利用しようとする動きがあるのは情けない。民主党を貶めるためならどんなことでも利用しようって魂胆なんだろうが、その際たるものがおとぼけ大臣の赤松君の外遊批判だ。そもそも、外遊のスケジュールは口蹄疫発覚前に決まっていたことだろうし、国際会議への出席なんだから無理もない。こんなこと報道している側も実はわかってるはずだ。ようするに意地悪してるだけなのね。それでも、「反省することはない」なんておとぼけ大臣の発言は許しがたいけどね。

 いずれにしても、このパンデミックは宮崎のみならず九州、ひいては日本の畜産に今後多大な影響を与えるはずだから、県も政府も畜産農家の保護も含めて、しっかりとしたリーダーシップを発揮してほしい。宮崎県のセールスマン知事も、記者会見でちょっと突っ込まれたぐらいでけんか腰になるのはみっともない。いまこそ地方の底力を見せなくちゃ。

 ただな、メディアがね・・・ここでもた沖縄の基地問題と同じで、どうにかして政局にしたいという魂胆がミエミエの報道の仕方してるからね。そんなことより、口蹄疫の現場で今何が起きているのかをしっかり取材し、そしてそこで必死の努力をしている人々にもっと目を向けること。それこそが、メディアの使命だと思う。

 とにかく一日も早いパンデミックの収束を祈りたい。

|

« 講演肩代わりして100万円! | トップページ | 梅雨のような雨にウンザリ。 »

メディア」カテゴリの記事

口蹄疫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫が一日も早く沈静化することを祈りたい。:

« 講演肩代わりして100万円! | トップページ | 梅雨のような雨にウンザリ。 »