« 今夜は迎え火。 | トップページ | 蟻の一穴。 »

2010年7月15日 (木)

セールスマン知事の三流芸。

 我が家のドラ猫が朝から拗ねている。普段なら仕事部屋に入るとうるさくつきまとい、PCの前にドカッと寝そべるのが常なのだが、今朝は呼んでも返事もしない。うるさいのはかなわないが、こうもすげないとこれはこれで物足りない。ま、飼い主とは勝手なものであります。

 宮崎のセールスマン知事が、農水省ともめている。口蹄疫にからんで民間の種牛の殺処分を撤回してくれってことなのだが、いくらなんでも無理があるんじゃないかな。家畜の殺処分は法令にのっとったもので、宮崎県所有の種牛が隔離することで殺処分を免れたのはあくまでも特例中の特例。「今回認めないのはおかしい」なんて宮崎のセールマンはのたまっているようだが、1回こっきりだから特例なんで、何回も認めてたら特例じゃなくなっちゃうんだよ。

 隔離した種牛だって、感染の可能性は低い、なんて大見得切ったくせに1頭は感染してたんだから、今回だって何が起きるかわからない。疫病の恐さは、誰にも予測不可能ということにある。だからこその殺処分なわけで、これまで多くの畜産農家が涙をのんで法令に従ってきたのも日本の畜産という大局的な見地の上に立ってのことなのだ。そんな畜産農家のことを考えたら、科学的根拠もなしに今回だけ特例を認めろと言っても、そりゃできない相談だろうな、国としても。

 セールスマン知事はブログで、「子供のけんかみたいなことはしたくない」といってるようだけど、子供のケンカしかけてるのはアンタの方だよ。言いたかないが、そもそも口蹄疫が発生した時に、初期の対応を誤ったのはどこのどいつだったけね。今回の件では、国が民間の畜産農家をいじめているような図式で報じられているような気がするが、そんなお涙頂戴で疫病対策してたらそれこそ世界的なパンデミックにつながる恐れだってあるってことを知ったほうがいい。

 しかし、本当のところはどうなのか、というと誰もわからないんだけどね。なんてったって疫病だからな。当事者の畜産農家の人にしてみれば症状も出てないのに殺処分は忍びないという気持ちは痛いほどわかるんだけど・・・。本当に悩ましい問題だ。

 それにしても、一度はセールスマン知事も殺処分を勧告しながら、急にケツをまくるパフォーマンスを始めた裏には、何があるのだろう。そっちの方を是非とも知りたいものだ。

 日本振興銀行の木村剛が逮捕された。なんと、新しい社長に作家の江上剛が就任。火中の栗を掴ませられちゃったようだけど、お手並み拝見どころか、その結果いかんでは作家生命にも赤信号が灯るかも。

 菅君が小沢君に会いたがっているのに、一向に連絡がとれずヤキモキしてるんだとか。確か、鳩山ポッポ君の辞任前にもそんなことあったっけ。メディアは面白おかしく報じてるけど、一国の総理大臣が会いたいって言ってるのにシカト続ける小沢君も大人げないと思うけどね。ま、そこが政界のカリスマたる所以なんだろうけど、失礼といえば失礼な話だ。

 小沢君といえば、検察審査会の決議が9月以降になりそうとか。民主党の代表戦の後ってことだけど、これって明らかに小沢復活に対する牽制球。これによって、9月の代表戦で小沢君は動きずらくなっちゃったもんね。万が一代表に返り咲いた矢先に起訴相当が出ようものなら、その時こそ民主党壊滅、小沢失脚だもんな。やっぱり、こうした蛇の生殺し状態は人権侵害じゃないのかしらん。

 

 

|

« 今夜は迎え火。 | トップページ | 蟻の一穴。 »

口蹄疫」カテゴリの記事

小沢一郎」カテゴリの記事

菅直人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/35757874

この記事へのトラックバック一覧です: セールスマン知事の三流芸。:

« 今夜は迎え火。 | トップページ | 蟻の一穴。 »