« 政策論争なき民主党代表戦。 | トップページ | 一郎君、転校しちゃうかもよ。 »

2010年8月26日 (木)

小沢君の逆襲!!

 朝っぱらから暑さが一瞬吹っ飛ぶニュースが飛び込んできた。小沢君が民主党代表戦に出馬を表明! 鳩山ポッポ君が挙党体制作りに奔走(?)してたようだけど、どうやら不調に終わって、それじゃってことでとうとう出馬に至ったんだろうな。昨日は経済界が菅続投を支持したりして、小沢君の出馬阻止に向けてじんわりと包囲網がしかれているかに見えたが、こうなったら全面戦争を小沢君は決意したのかも。だって、ここで負けたらおそらく政治生命は終わりだからね。

 今後は、メディアは当然の如く小沢潰しに地道をあげてくるだろうし、「政治とカネ」をことさら言い募ってネカ゜ティブキャンペーンも仕掛けてくるに違いない。小沢陣営はしっかりと理論武装して、そうしたメディアの攻撃を論破して欲しい。同時に、菅君との政策論争を通して、「対米追従」なのか「対米自立」なのか、どこに日本を持っていこうとしているのか明らかにすべきだろう。

 昨日のTV朝日『スーパーモーニング』で、年収300万時代の森永君が円高の話にからめて、「円高を解消するには対米追従かどうかということが問題で、普天間と同じ」とコメントしていたが、それは正しい。ドル安で輸出を増やしたいアメリカの思惑が円高の裏にはあるわけで、だからこそ為替介入などの政策をドーンと打ち出せないでいるんだよね。経済界が菅続投支持を打ち出したのも、アメリカ追従の方が都合がいいからってこと。「総理をころころ代えるのはよくない」なんてのは、へ理屈にもなっていない。

 「小沢VS菅」は、「対米自立VS対米追従」でもあるってこと。でも、メディアはそんなこと言わない。メディア自体が対米追従を望んでいるからね。だからこそ、執拗に小沢君の「政治とカネ」を持ち出してくるわけで、おそらく民主党の代表戦も政策よりもそこを突いてくるはず。こうなったら、「官房機密費の使途公開」ってのを小沢君の政策に入れたらどうだろう。どうせ、「政治とカネ」を言われるんだから、「メディアとカネ」で対抗するってのもテだと思うけどな。

 今朝の『スーパーモーニング』では、政局好きの三反園君が、「民主党の終わりの始まり」なんて発言してたけど、こんなタチの悪いコメントしか言えない似非ジャーナリストを蹴散らすような、大局的な政策論争を小沢、菅の両君には期待したいのだが・・・!?

|

« 政策論争なき民主党代表戦。 | トップページ | 一郎君、転校しちゃうかもよ。 »

メディア」カテゴリの記事

小沢一郎」カテゴリの記事

菅直人」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢君の逆襲!!:

« 政策論争なき民主党代表戦。 | トップページ | 一郎君、転校しちゃうかもよ。 »