« 菅VS小沢VSメディア、そして辺野古。 | トップページ | 朝日的なるものをめぐって・・・。 »

2010年9月 2日 (木)

講釈師、見てきたような嘘をつき。

 昨日、菅君と小沢君の共同記者会見をNHKのライブ中継で観た。菅君と小沢君とでは、格が違うなあ、というのが第一の印象。もちろん、菅君の負け。言葉に力がないんだよね。ディベートは上手といわれているけど、相手の揚げ足をとったりして追い込む術には長けていても、自らの信念を力強い言葉のメッセージとして表現する能力には欠けている。というよりも、自らの信念も最早ないのかもしれない。

 普天間について、幹事長としての責任があるなんて小沢君を非難してたけど、ちょっと待って、プレイバックなのだ。君は副総理だったよね。しかも、あの時は内閣と党とは役割分担ができていて、菅君だって小沢君に口は出させないと言ってたはずなんだけどな。そこを突かなかったのは、小沢君のやさしさ(?)だったかもよ。

 会見早々、「いずれの候補者が総理大臣としてふさわしいのか、国民の皆さんに選択していただく選挙だ」なんてのたまってたけど、ついこの前の参議院選で「NO」を突きつけられたのは菅君じゃなかったのか。参議院選で負けたのは、「天の配剤」だなんてわけわかんないこともくっちゃべってたけど、それこそが“民意”なんであっていまさら「国民の皆さんに選択していただく」なんてことは通用しないんだよね。そもそも、参議院選の総括をまったくしなかったことが、この混乱を招いてるんだから、少しは頭を冷やして市民運動家の原点に立ち戻ってみたらいかが。

 いまの菅君見てると、かつて批判しまくっていた自民党の政治家と大差ないよ。「政治とカネ」で小沢君をくさしているつもりだろうけど、そんなことより政策でズバっと突っ込まなくっちゃ。「クリーンというなら、事務所費も含めて全部公表したらいい」と言い放った小沢君の方に凄み感じたもんな。それって正論だよね。民主党に限らず、すべての議員が事務所費も含めて全部公表したらどうなるんだろうね。つまり、「政治とカネ」ってそれほど奥が深いってこと。バカのひとつ覚えみたいに、「政治とカネ」なんて枕詞をつけて小沢君を論じるのはもう止めたほうがいい。菅君の底の浅さが知れるってもんだ。

 ま、少なくとも昨日の共同記者会見を見る限りは、小沢君の貫禄勝ち。政策も明快だもん。「マニフェストの原点に戻ろう」。これほど強いメッセージはないと思う。去年の衆議院戦で民主党に投票した有権者の気持ちがいまひとつ晴れないのは、マニフェスト実現に向けての努力が足りないと思ってるからなんだよね。「政治とカネ」は、二の次だと思うけどな。

 それにしても、共同記者会見の論評なんか聞いていても、政治評論家と称する人たちって、みんな、「講釈師、見てきたような嘘をつき」を地でいってるから凄いもんだ。憶測ならまだしも、ひょっとしたらこのひとたちって自分のシナリオでモノ言ってるんじゃないのか。そんなデマゴーグに惑わされずに自らの信念で、議員も党員もサポーターも民主党代表戦に一票を投じてくれることを切に願ってしまう。

|

« 菅VS小沢VSメディア、そして辺野古。 | トップページ | 朝日的なるものをめぐって・・・。 »

事務所経費」カテゴリの記事

参議院選挙」カテゴリの記事

小沢一郎」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

菅直人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/36497119

この記事へのトラックバック一覧です: 講釈師、見てきたような嘘をつき。:

« 菅VS小沢VSメディア、そして辺野古。 | トップページ | 朝日的なるものをめぐって・・・。 »