« マニフェストだけでなく政権交代そのものを反故にしちゃった民主党。 | トップページ | 本を裁断してまで電子化するとはこれいかに。 »

2011年1月 8日 (土)

お友だちとネットで茶飲み話するスッカラ菅君。

 年明けから、左の首から肩にかけて筋が突っ張ったような不快感と鈍い痛みがあり、今さらホンニャラ肩かと思っていたら、どうにか痛みも薄れ一安心・・・してたら、今日は右の肩に違和感があり、首がよく回らない。もっとも、首が回らないのは別の意味で慣れているが、肩の違和感と鈍い痛みってのはちょいと気になる。ひょっして我が家のドラ猫が膝掛けの中にもぐりこんでうたた寝している時に、身動きもならず無理な姿勢でジッとしているのがいけないのかも・・・しばらくドラ猫を遠ざけてみるか、できればの話だけれど。

 さて、スッカラ菅君が小沢君の真似してネットに生出演したのはいいけれど、双方向といいながらコメントの書き込みができなかったりとヘタなパフォーマンスで終わっちゃったようだ。朝日は社会面のトップに麗々しく取り上げているけど、内心は忸怩たる思いがあるんだろうね。ネットメディアの批判なんかもサラリと載せたりして、相変わらず素直じゃない。

 それはともかく、菅シンパの宮台君を相手に話したからって、それほど期待できるもんじゃないから僕は見なかったけど、書き込み禁止したりするもんだからかなり批判もされているようだ。一方的な話の垂れ流しになったら、ネットってダメなんだよね。それは危険ですらある。自分の意見だけ一方的に流せるとなりゃ、権力者にとってこれほど好都合なメディアはない。だからこそ、今回のようなツイッターの意見は反映されず、書き込みもできないなんていう手法をとるべきではないのだ。時の総理大臣がネットに生出演したなんてことはどうでもよくって、ネットメディアだからこその双方向性という利点を当事者自らが放棄したことに大きな問題がある。

 おそらく、今後はネットジャーナリズムの在り方も問われていく事態になるんだろうね。収録語に、宮台君とスッカラ菅君は高級居酒屋で酒を酌み交わしたそうだが、これじゃ星、岸井、橋本、岩見といった大新聞のオッサンたちと何も変わらない。こんなんで、「生の私の姿を伝えたい」なんてチャンチャラおかしくって、お腹で湯が沸いちまうってもんだ。

 スツカラ菅君がお仲間とネットで茶飲み話してる間に、連立の橋渡しをしたよごれ髪・与謝野君の立場がおかしなことになっている。「仲間から学べることない」なんてほざいちゃったから無理もないけど、ひょっとして離党して内閣改造で民主党政権入り・・・って、あるかも。官房長官で吊り眼の舛添君の名前もあがってるという噂だけれど、ここまでくるとマンガだね。それにしても、笑えないマンガだこと。

 

|

« マニフェストだけでなく政権交代そのものを反故にしちゃった民主党。 | トップページ | 本を裁断してまで電子化するとはこれいかに。 »

与謝野馨」カテゴリの記事

菅直人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/38385818

この記事へのトラックバック一覧です: お友だちとネットで茶飲み話するスッカラ菅君。:

« マニフェストだけでなく政権交代そのものを反故にしちゃった民主党。 | トップページ | 本を裁断してまで電子化するとはこれいかに。 »