« 住基カード+「フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会」による小沢一郎緊急会見 | トップページ | 検察審査会に臨時審査員の存在!? »

2011年1月28日 (金)

小沢一郎に相手にされないマスメディアの嫉妬。

 「フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会」」主催の小沢一郎会見は、国会が延びたということもあって時間が押したため、1時間弱の質疑応答となりちょいと物足りないところもあったが、既存の記者クラブとは無縁のフリーのジャーナリストによる独自会見を実現したという点において歴史的な一歩として評価したい。

 マスメディアがこれをどう報じるか興味津々だったが、ま、ざっと見渡せば予想通りの嫌味たらたらの間抜け記事のオンパレード。朝日のタイトルは、「小沢氏、メディア選別」のタイトルで、小見出しには「ネット・フリー記者優先」とわけのわかんない文言を並べ立てる始末。記事の冒頭では、「『会見場が狭く、お誘いしている方以外は入ることができない』とし、新聞社やテレビ局に事前の案内はなかった」と、まるで自分たちが排除されたかのような口ぶりだが、それは記者クラブこそがこれまでやってきたことだろうに。「事前の案内」とは何様のつもりと突っ込みたいところだが、ちゃんと告知してたんだから自分たちでアポイントとればよさそうなもんだけどね。官製記者会見に慣れちゃうと、そんな基本的なこともできないのかしらん・・・馬鹿だね。

 で、「小沢氏の『政治とカネ』について突っ込んだ質問は出なかった」って言うのだが、当たり前でしょ。そんなことのために会見にお招きしたわけではないんだから。そもそも、記者クラブの記者会見だって、「政治とカネ」について鋭い質問なんて出たためしがない。なぜなら、具体的に何が問題なのか、実は誰も分かっちゃいないから。だから、今回のフリーのジャーナリストによる会見では、そんなお馬鹿な質問が出ないのが当然なのだけど、朝日にしてみりゃ、そこを突っ込まない会見ということは、馴れ合いなんじゃないのということが言いたかったんだろうね。

 それが証拠に、「フリーの記者からは『記者クラブは情報を独占している』『記者クラブが小沢さんの悪役イメージを作っている』などと同調する意見が相次ぎ、小沢氏は拍手に包まれて会場を後にした」と自分たちの都合のいいように味付けた原稿が続く。でも、実際の会見では、「同調する意見が相次ぎ」なんてことはなかったし、最後の拍手は「会見に出席してくれてありがとうございました」の拍手だったわけで、こういう自分たちの都合の良く曲解した原稿書くから小沢君に嫌われちゃうんだということがわかってないんだよね。

 それと、これもいつものことだけど、「強制捜査後の身の振り方を聞かれると不愉快そうな表情に変わり」って言うけど、これもまたステレオパターンの常套句。小沢君は別に不愉快そうな顔をしたわけじゃなくって、その質問のつまらなさにウンザリしたっていうのが正直なところだと思う。それまでの笑顔が不愉快な表情に一変なんかしなかったし、こういうステレオパターンの表現を使うことに何の恥じらいもない記者の頭の中こそ疑いたい。

 昨日の小沢会見を記事にするなら、「フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会」とは何なのか、そして彼らがなぜいま小沢君を会見に招いたのかをこそ記事にすべきだったんじゃないのだろうか。つまり、既存の記者クラブとは一線を画する新たなジャーナリストが登場してきているということに光をあててこそ、記事は生きてくるはずなのに、小沢バッシングの一環としてまとめようとするところにマスメディアの愚かさがあるのだと思う。

 ちなみに、「フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会」は、一部報道機関の事実誤認による報道に抗議している。当然のことでありましょう。事実を捻じ曲げて、自分の都合のいいように解釈して記事をでっち上げるのは、これからは慎んだほうがいいと思うよ。

・フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会
誤った報道をおこなった報道機関に抗議します

|

« 住基カード+「フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会」による小沢一郎緊急会見 | トップページ | 検察審査会に臨時審査員の存在!? »

メディア」カテゴリの記事

小沢一郎」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/38640744

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎に相手にされないマスメディアの嫉妬。:

« 住基カード+「フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会」による小沢一郎緊急会見 | トップページ | 検察審査会に臨時審査員の存在!? »