« 一体改革会議にのこのこ参加する堕落した新聞&陸山会事件裁判傍聴記 | トップページ | やんばるの森でいま何が起きているのか・・・!? »

2011年2月28日 (月)

マスメディアは戦争に加担したという事実から何を学んできたのだろう?

 リビア制裁決議案が国連安保理で全会一致で採択された。これには、人権に対する罪でICC(国際刑事裁判所)に調査を付託することも盛り込まれているのだとか。ICCってのは、「戦争犯罪や大量虐殺を犯した個人を国際法に基づき訴追、処罰する」ためのものというんだが、ならば、「大量破壊兵器を持ってるんじゃないの」なんて言いがかりをつけて、イラクに戦争仕掛けて大量殺人を指揮したブッシュも告発してくれないかなあ。カダフィは自業自得としても、アメリカもフランスもイギリスもロシアも中国も、常任理事国の連中だってかなり手を汚してるんだからね。

 昨夜のNHKスペシャルは、「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」シリーズの第3回で、メディアの果たした役割がテーマだった。国益という名のもとに、軍部とメディアが世論を煽り、そしてその世論に軍部とメディアがさらに煽られるという、狂気を醸成する「負のスパイラル」がその根本にあったという構図は、まんま今のマスメディアと検察の関係。世論調査を駆使したなんてのも、そっくり同じだ。

 なによりも、中国で起きている戦争の実態を知っていながら、軍部とグルになって隠蔽し、そればかりかいかにこの戦争に「理」があるかを訴え続けたメディアの罪は重い。現在でも、検察や政府とマスメディアとの関係の中で、巧妙に隠されている事実ってのがおそらくあるんだろうね。でも、当時と違うのは、ネットという新たなメディアが登場したことで、情報を権力者やマスメディアが独占することができなくなっていることだ。だからこそ、以前のエントリーでも書いたように、「コンピュータ監視法」なんてのが出てくるのだと思う。

 日本が戦争へとなだれ込んでいく道筋の中には、二大政党制の崩壊なんてのも大きな要因としてあるわけで、現在の状況とかなりの部分で重なるところが多い。軍部がないだけまだましなのだろうが、こうまで政党政治が劣化してくると「英雄待望論」がそのうち台頭したりしてくるんだよね。そう考えると、検察とグルになって小沢狂想曲を奏でるマスメディアと、それに乗っかって踊りまくるスッカラ菅とフランケン岡田、ゴロツキ仙石などの取り巻き連中の罪は、カダフィ以上に重いのかもしれない・・・と思う雨の月曜日であった。

|

« 一体改革会議にのこのこ参加する堕落した新聞&陸山会事件裁判傍聴記 | トップページ | やんばるの森でいま何が起きているのか・・・!? »

メディア」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/39046507

この記事へのトラックバック一覧です: マスメディアは戦争に加担したという事実から何を学んできたのだろう?:

« 一体改革会議にのこのこ参加する堕落した新聞&陸山会事件裁判傍聴記 | トップページ | やんばるの森でいま何が起きているのか・・・!? »