« 自主避難という名の棄民&恐喝まがいの電力値上げ。 | トップページ | 正確な測定もできない企業に原発を制御する技術があるわけない。 »

2011年3月27日 (日)

東電の需給調整契約&レイシストの暴言・妄言。

 どうでもいいことかもしれないけれど、あの日和見馬淵君が首相補佐官に起用された。なんでも、福島第一原発(人災)事故を担当するんだとか。ゴロツキ仙石も復帰したし、いつまでたっても仲良し人事でよろしいことで。でも、こういう艱難辛苦の時こそ、「400なんたら内閣」で挙党一致体制敷いてこそのリーダーシップだと思うけどね・・・ま、いまさらないものねだりしてもしかたないけど。それにしても、一兵卒の小沢君はどこでどうしているのやら。いまこそ、その剛腕を発揮すべき時なんじゃないの。地元岩手に押っ取り刀で駆けつけるなんてパフォーマンスを見せてほしいものだ。

 さて、いつもコメントをいただくこなつさんから、とても興味深い情報が昨日寄せられた。コメント欄をお読みの方は既にご存知でしょうが、ごまめのはぎしり河野君が自身のブログで、東電の「大口の需要家を相手にする需給調整契約」というものの存在に言及しているというものだ。このブログで、「契約者は、電力需要が逼迫した時に、電力利用を削減する義務を負う代わりに、割引料金が適用される」のだから、「今回の需要調整で、まずこの契約者に対する供給抑制をしなければならないはず」とごまめのはぎしり河野君は述べているが、その見解は正しい。つまり、東電ってのは大口需要家=大企業には便宜をさんざん払っておいて、そのツケを今度は一般の消費者に緊急事態だからって恐喝まがいの(無)計画停電という形でを押付けてるわけですね。

 東電は民間とはいえ、その実態は国策会社なわけだから、そうしたやり口ってのは政府もおそらく認めている。自民政権時代からの利権の構造も民主党政権はしっかり受け継いでいるんだよね。だから、民間会社のくせして情報を独り占めしてどうにか原発(人災)事故を糊塗しようとしたんだろうね。でも、廃炉を躊躇してるうちにどんどん大事になっちゃって、ついには逃げ出そうとしたけど、さすがにスッカラ菅君がブチ切れて怒鳴り込んだもんだから、下請けに危険な作業はまかせて現状をしのいでるってが現実なんじゃないか・・・いつもの妄想ですが。

 3人が被曝した汚染水にしたって、プルトニウムを計測していなかったということだが、本当かねえ。実は、計測してみたらブルトニウム漏れているのがわかって情報隠蔽したんじゃなかろうか。こうなったら、政府も東電も安全・保安院も、記者会見は現場でやったらどうだろう。命がけで修復作業しているひとたちへの、それがせめてもの誠意ってもんだろう。

 ところで、レイシスト石原君が福島県対策本部を訪れて、福島県知事と対談。その後の記者会見で、「私は原発推進論者です、今でも。日本のような資源のない国で原発を欠かしてしまったら経済は立っていかないと思う」と、まさに天に唾する暴言を吐いたそうな。これは、朝日新聞福島総局がツイッターでのつぶやきなのだが、朝日新聞は記事にしているだろうか? 防災が都知事選のテーマになっているが、是非ともこの暴言は公約としてのたまっていただきたいと思う日曜の朝なのであった。

PS

ドバイワールドカップで、ヴィクトワールピサとトランセドがワンツーフィニッシュ。この快挙に拍手・・・そして、被災地に元気を!!

|

« 自主避難という名の棄民&恐喝まがいの電力値上げ。 | トップページ | 正確な測定もできない企業に原発を制御する技術があるわけない。 »

原発」カテゴリの記事

河野太郎」カテゴリの記事

石原慎太郎」カテゴリの記事

都知事選」カテゴリの記事

コメント

少し前、小沢さんの地元の秘書、後から参入した秘書軍団はとても素晴らしい働きをしている、というつぶやきを読んだのですが、報道されなければ無いことにされてしまうので、少々オーバーにでも早く何か発信しないとと思うのですが。

知事選、反現都痴爺でまとまれないものでしょうか。

投稿: desperada | 2011年3月27日 (日) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/39383331

この記事へのトラックバック一覧です: 東電の需給調整契約&レイシストの暴言・妄言。:

« 自主避難という名の棄民&恐喝まがいの電力値上げ。 | トップページ | 正確な測定もできない企業に原発を制御する技術があるわけない。 »