« 泣き虫元内閣参与の会見中止の裏に官邸の圧力!? | トップページ | 東電の影に隠れて舌出す人々。 »

2011年5月 4日 (水)

食中毒ユッケ、人殺しに歓喜する米国、そして福島の海底が放射能汚染。

 ゴールデンウィークの最中の書き入れ時だというのに、焼肉業界は厄介な問題を抱えてしまったようだ。食中毒ユッケのことです。子供が亡くなっているんだから、どんな言い訳も通じようがないと思うのだが、社長の記者会見とやらは被害者の家族にしたら噴飯物だったでしょうね。日本テレビで放送中の紳助の番組で紹介された焼肉屋とのことだが、ああまで居直られると焼肉業界全体にその火の粉は飛び散っちゃうわけで、ま、しばらくは獅子てんや、瀬戸わんやなんでしょうね。それにしても、かつての牛肉偽装事件といい、精肉業界の闇の部分ってのは、なんか底知れないものがあるような・・・。で、余談ではありますが、逆切れした社長の落ち着きのないしゃべり口と視点の定まらないウソっぽい目つきって、宮崎の元セールスマンにクリソだと思ったのはくろねこだけでしょぅか・・・どうでもいいけど。

 さてさて、ビンラディンの隠れ家へ特殊部隊が突撃するのを、大統領を囲んでみんなでライブ映像で楽しんでいたそうな。なんとも、ひとでなしというかろくでなしというか、嫌なニュースだ。ビンラディン殺害の報が流れた時の歓喜するニューヨークの映像も違和感があったけど、いくらテロの首謀者とはいえ、他国に土足で踏み入って撃ち殺すっていうのはまるで西部劇の私刑(リンチ)であります。アメリカって、野蛮な国だとつくづく思う・・・もっとも、日本もアジアの無法者だった時代もあるから偉そうなことは言えないのだけれど。

 アメリカの正義ってのがあるのと同じく、イスラムにはイスラムの正義があるわけで、殺しちまえばいいってものじゃないと思うけどね。国連の安保理も「殺害を歓迎」してるようだけど、世界中をあげて「人殺しを容認」するような姿勢って恐いことです。なんでも、ビンラディンは暗号名で「ジェロニモ」と呼ばれていたらしいが、ハリウッドのB級映画じゃあるまいし・・・とんだお遊び感覚だこと。

 ところで、福島第一原発周辺の海底の土から、通常の100~1000倍の濃度の放射性物質が検出されたという。汚染水は海では拡散するから安全ですよ、なんておためごかしを言ってたけど、しっかりと汚染は進んでいたということ。おそらく、生態系への影響は図り知れないものがあるに違いない。ゴジラは水爆実験が生んだモンスターだったけど、21世紀のゴジラはどんな形になって現れてくるのだろう。

 福島原発の(人災)事故が起きてからというもの、有識者と称される人々が原発についてこれまでどんなスタンスで発言してきたか、とても興味があるところだけれど、1988年の「朝まで生テレビ」の映像は必見。果たして、「ウソつきは誰だ?」。じっくりご覧ください。

・ざまあみやがれい!
’88年 朝まで生テレビ!「原発」第2弾!動画15本まとめ・・・ウソつきは誰だ?

|

« 泣き虫元内閣参与の会見中止の裏に官邸の圧力!? | トップページ | 東電の影に隠れて舌出す人々。 »

テロ」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ビンラディンが死んでもテロがなくなる訳ではありません。既にこの殺害に対する報復テロが起きたばかりです。
過去日本は一度も他国に対する侵略行為は
物理的に無いのは流石だと思います。アメリカのイラク侵攻を支持したのは厳密に言えば日本も侵略の片棒を担いだのは事実ですが、アメリカの様に自分達の意に沿わない国は無理難題を吹っかけてその国を壊してしまう野蛮さに気が付かない限り第二、第三のビンラディンは出て来ることでしょう。

投稿: わ~い、お茶 | 2011年5月 4日 (水) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/39855726

この記事へのトラックバック一覧です: 食中毒ユッケ、人殺しに歓喜する米国、そして福島の海底が放射能汚染。:

» 忌野清志郎 「ラヴ・ミー・テンダー」 [f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜]
相変わらず、馬鹿な話ばかりが聞こえてくる。 今朝の朝日新聞は久しぶりに活躍していたが、なに「ウイキリークス」を書き並べただけなんだけれども、それはそれで価値がある。 この国の外務省と防衛省はアメリカのためにあるということがここまで明らかにされるのは実に爽快... [続きを読む]

受信: 2011年5月 4日 (水) 20時04分

» オサマ・ビン・ラディンの好都合な死 [マスコミに載らない海外記事]
Paul Craig Roberts 2011年5月3日 Information Clearing House アメリカは必ず勝つという勝利主義の匂いがプンプンするプロパガンダ記事で、AP通信の、というよりは、ホワイト・ハウス真実省の、二人の記者とされる連中、アダム・ゴールドマンとクリス・ブラミットは書いている、という... [続きを読む]

受信: 2011年5月 4日 (水) 21時48分

» オサマ・ビン・ラディンの好都合な死 [マスコミに載らない海外記事]
Paul Craig Roberts 2011年5月3日 Information Clearing House アメリカは必ず勝つという勝利主義の匂いがプンプンするプロパガンダ記事で、AP通信の、というよりは、ホワイト・ハウス真実省の、二人の記者とされる連中、アダム・ゴールドマンとクリス・ブラミットは書いている、という... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 06時59分

« 泣き虫元内閣参与の会見中止の裏に官邸の圧力!? | トップページ | 東電の影に隠れて舌出す人々。 »