« どうやら、「やらせメール」の発端は佐賀県知事だったようで・・・。どんな言い訳するんだか。 | トップページ | 「放射能うつす」発言は、マスメディアが仕掛けたオフサイドトラップか? »

2011年9月10日 (土)

敵を間違えてはいけない。政治家のトンデモ発言も困ったものだが、いま糾弾すべきはフクイチからトンズラしようとした東電や「安全神話」をばらまいた御用学者、さらには原発マネーに群がる有象無象だろう。

 かつて、筒井康隆が、『無人警察』という作品で、特定の疾患を指す言葉を使ったのが差別的ということで非難され、それをきっかけに文壇なるものにも嫌気がさして「断筆宣言」をしたことがある。ある言葉が差別的であるか否かということは、前後の文脈で捉えるしかないのだろうが、一方的な非難は「言葉狩り」にも通じるもので、その判断はなかなかに難しい。

 雑誌の原稿も、けっこうシビアな時があって、出版社ごとに使ってはいけない言葉なんてのが決められているのだが、なかにはあまりの馬鹿馬鹿しさに、これじゃ言葉狩りどころか言語文化そのものの否定じゃないのといったトンデモ規制まである。諺なんかにはけっこう現代では差別用語とされるものが使われているのだが、当然そうした諺は使えません。ま、そうした規制から生じる言葉の不自由さへの危機感から、抗議の意味を込めての「断筆宣言」だったのだろうが、このところの政治家の発言の揚げ足取りってのもなんか、形を代えた「言葉狩り」みたいなもので、そんなことしか記事にできない政治部の記者ってのも嘆かわしいものなのだ。

 で、今回の経産相鉢呂君の発言である。発端は、原発周辺地域の惨状を、「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない死の町だった」と語ったことにあるようなのだが、「市の町」発言ってそんなに目くじら立てて非難されなくてはいけないものだろうか。これほど厳粛で真摯な現状認識はないと思うのだが、自民党なんかなんとかのひとつ覚えで「辞任」だなんて騒いでいる。でも、こうした認識を持つことが、今後の復興対策にとってとても重要なファクターなのは間違いないところで、それを抜きにした復興対策はあり得ない。被災者の方の気持ちを斟酌することは政治家として大切なことだろうけど、だからといって現実を直視し、それを伝えなくてはいけないのも政治家なんですね。

 それに続く、「放射能うつす」発言は、これが真実としたらそうとうタチが悪い。でも、いまひとつ釈然としないのは、「『放射能をうつしてやる』という発言をしたことがわかった」と報じられてはいるのだが、では具体的にどういう発言をしたのかがまったく伝わってこない。ひょっとするとこれって、ぶら下がっていた記者の印象にしか過ぎないんじゃないのとも思える。もっとうがった見方をすれば、鉢呂君は「将来的に原発ゼロ」と言ったり、TPPにもあまり乗り気ではなさそうだし、ここらで舌禍事件でもブチ上げて潰しておくかって思惑がどこかにあったりして・・・いえいえ、妄想ですよ、いわゆるうがった見方ってやつですよ、念の為。

 鉢呂君の発言をとやかく言う前に、東電がフクイチからトンズラしようと画策したことや、放射能はニコニコしてれば怖くないとか、プルトニウムは食べても大丈夫、てなことを吹聴しまくっていた御用学者をこそ糾弾すべきじゃないのか、マスメディアは。こやつらの方がよほど罪深いし、犯罪的だと思うけどね。敵を間違えてはいけない。

 さらに、政治家としての発言ということでいえば、湯上りの口先番長・前原君の、武器使用に関するPKO見直しと武器輸出三原則見直し発言の方が、よっぽど深刻だ。こやつはどんな立場でモノを言ってるんだろうね。おそらく、政調会長になって、自分の承認なしには内閣の政策は動かないっていう事実に酔いしれるあまり、自分を見失っちゃったんだろうね。ま、いつものことです。民主党代表の時に偽メールにはめられて恥かいたのも、調子こいた結果ですから。権力は、この男にとっては、なんとかに刃物ってやつです。

 震災復興に命をかけなくてはいけないこの時期に、PKOも武器輸出三原則もあるものか。亡くなった父親の枕元で香典数えたり、遺産相続の話をする馬鹿者みたいなもんです。それにしても、すっとこどっこいな野郎だ。

|

« どうやら、「やらせメール」の発端は佐賀県知事だったようで・・・。どんな言い訳するんだか。 | トップページ | 「放射能うつす」発言は、マスメディアが仕掛けたオフサイドトラップか? »

前原誠司」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/41605621

この記事へのトラックバック一覧です: 敵を間違えてはいけない。政治家のトンデモ発言も困ったものだが、いま糾弾すべきはフクイチからトンズラしようとした東電や「安全神話」をばらまいた御用学者、さらには原発マネーに群がる有象無象だろう。:

» 「死の街」について [たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ]
ハチロとか言う名前の経済産業大臣が、福島第一原発周辺の街を称して「死の街」と表現したそうな。それを聞いた自民党やマスコミが、ここぞとばかりに寄ってたかって「言葉狩り」を始めたんだそうな。で、ハチロさん、早速「死の街」発言を撤回・謝罪したんだそうな。毛…... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 09時14分

» ♪フランシーヌの場合は余りにもお馬鹿さん〜 [岩下俊三のブログ]
田舎の農協のオッサンである鉢呂吉雄のかたを持つ気はさらさらない。またかっての盟友・鈴木宗男にも知らん顔、小沢一郎にたいしても知らん顔して菅粛清チームによろこんで参加し ... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 18時33分

» わかんねーこと。あと日本語って・・・。 [3酔人社会問答]
A「まるで死の町のようだと言って辞任・・・。」 B「その言葉自体に問題はないのに、「死の町」という言葉だけが独り歩きだけどね。でも、そもそも死の町じゃんw。死の町だから復興させようとしているんでし...... [続きを読む]

受信: 2011年9月13日 (火) 08時42分

« どうやら、「やらせメール」の発端は佐賀県知事だったようで・・・。どんな言い訳するんだか。 | トップページ | 「放射能うつす」発言は、マスメディアが仕掛けたオフサイドトラップか? »