« いまさら原発コストで激論かわしたからって、それが何か? | トップページ | 避難するのも放射性物質測定するのも個人にまかせっきり。そのくせ、1万人の観光客を招待するというお笑いの一席。 »

2011年10月 9日 (日)

「小沢氏は実験台」と放言する政治ジャーナリスト(?)のくず発言。

 力道山がスーパースターだった時代、プロレスファンの愛読紙といえば東京スポーツだった。くろねこもそのひとりで、プロレスにまったく興味を失ってからも、穴党好みの競馬予想にひかれ購読を続けていたのだが、朝日新聞の購読をストップした時に東京スポーツの購読もやめた。なぜ東京スポーツの購読をやめたかというと、『永田町ワイドショー』という連載コラムを執筆している藤本順一とかいう政治ジャーナリスト(?)の阿呆さかげんにウンザリしたのが発端で、さらに追い討ちをかけたのがフリージャーナリスト上杉隆君との政治漫談のごとき対談だった。この対談では、上杉君にもガッカリさせられることが多く、そのことも購読ストップの理由のひとつだった。この対談における上杉君の発言てのは、なんか見ちゃいけないものを見ちゃったような、イヤーな気分になることがたびだひあり、それにも耐えかねたってこともある。

 で、藤本順一君なのだが、この御仁はひょっとこ麻生君の『とてつもない日本』の編集にもかかわっていたそうで、「はてなキーワード」によれば、

(ここより引用)

麻生太郎の自民総裁選出前後に「麻生に首相の資質がない」という例証として「野中広務への部落差別発言」との説が広まった時、(著名なノンフィクション作家・魚住昭も著書で取り上げた)「そんな事実はない。河野洋平派と麻生太郎派の権力闘争で生まれたデマだ」と真っ向から主張し、話題を呼んだ。

(引用終わり)

 とまあ、ウンザリして当たり前のさもありなんの経歴なんだとか。というわけで、東京スポーツ読むのをやめてスッキリしていたのだが、好事魔多し・・・昨日立ち寄ったコンビニで、「月曜東京南部杯」の見出しについフラフラと東京スポーツを手にしてしまったのだった。で、紙面を開けば、しっかり藤本VS上杉の対談が載っていたという次第。で、読まなきゃいいものを読んでしまったこちらもアホなのだが、藤本発言のスットコドッコイぶりに怒髪天を衝いてしまったのだった。「小沢裁判を巡り激論」という見出しで、「これも時代の流れ 観念すべき」という藤本発言の垂らしに嫌な予感がしたのだが、こんなこと抜かしてました。

(ここより引用)

司法的な意味では裁判制度や捜査のあり方などの司法制度の曲がり角にあって、今までと違うモノの考え方やアプローチが出てきている。小沢氏はその実験台です。従来の感覚からすれば、納得できないところがあるかもしれないが、これも時代の流れだと観念していただきたい。

(引用終わり)

 馬鹿言ってんじゃないよ~♪ いやはや、これほどの「クズ発言」てのは、さすが東スポ、と言ったら東京スポーツに迷惑か。それはともかく、どんなに時代が流れようと、刑事訴訟法における「疑わしきは被告人の利益に」という「推定無罪」の枠組みは絶対の原則であり、「証拠に基づいた事実認定」こそが司法の公平性を担保する唯一の道なのだ。「実験台だから観念しろや」と放言してはばからない人権意識皆無の藤本君には、政治すら語る資格はないのだよ、明智君。

 藤本君の「くず発言」は、「人権を無視した」制度であっても、それが制度あるならその結果は甘受すべき、ともとれるのだが、その制度の誤謬には目をつぶる小ずるさと鈍感さには思わず失笑のくろねこであった。

【くろねこの競馬予想】

東京競馬場は、天皇賞の前哨戦である毎日王冠。3歳で安田記念を制覇したリアルインパクトが秋になってどれだけ成長しているか。馬券はナリタクリスタルとの1点。

京都競馬場では京都大章典。ローズキングダムが人気だけれど59kg背負ってどうだろう。消去法でいくとローズキングダムで仕方ないのかもしれないけれど、ネコパンチでちょっと遊んでみるのもいいかも。

|

« いまさら原発コストで激論かわしたからって、それが何か? | トップページ | 避難するのも放射性物質測定するのも個人にまかせっきり。そのくせ、1万人の観光客を招待するというお笑いの一席。 »

小沢一郎」カテゴリの記事

陸山会事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/42394003

この記事へのトラックバック一覧です: 「小沢氏は実験台」と放言する政治ジャーナリスト(?)のくず発言。:

» チョット早いが来年の政界予想。松木新党に着目せよ [岩下俊三のブログ]
来年のことを言えば鬼が笑う。だから別に鬼奴が笑っても仕方がないが、個人的にもちょっとした事情があり、政治的にも来年が転機になりそうである。 政治資金をもらえる五人以上 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 17時54分

« いまさら原発コストで激論かわしたからって、それが何か? | トップページ | 避難するのも放射性物質測定するのも個人にまかせっきり。そのくせ、1万人の観光客を招待するというお笑いの一席。 »