« 原子力安全・保安院の悪行がまたひとつ・・・奴らを高く吊るせ! | トップページ | 捜査報告書書き換えを田代作文検事の上司が指示!?&朝日への抗議書に見る読売のご都合主義 »

2012年3月17日 (土)

原子力村の「見下げ果てた奴」。

 原発事故の際の防災強化を図る日本原子力委員会に、事もあろうに安全を守る立場の原子力安全・保安院が圧力をかけてつぷしたってことは、昨日のエントリーで紹介した。文書で恫喝したらしいと伝えられていたのだが、どうやらトップの保安院長が、「寝た子を起すな」って圧力かけてたってね。東京新聞の問い合わせに、恫喝したとされる元保安院長は「知らぬ存ぜぬ」で電話を切っちゃったそうだが、「見下げ果てた奴」です。こういうのは、お縄にしたいところだけど、そうもいかないのが歯がゆいところだ。

 さて、原発再稼動に向けて、姑息な仕掛けをいろいろしているようだが、大飯原発再稼動協議に関連して、「滋賀県は地元自治体の範囲外」てなことをおばさん顔の官房長官がのたまったそうだ。「再稼働と防災は内容的には全然違う案件だ。再稼働とは連動していない」って理屈も凄いっす。だったら、「緊急防護措置区域(UPZ)」を半径30km圏内に広げたのはなんのためってことになるね。ようするに、原発マネーをばら撒いて、それなしでは地域経済が成り立たなくなっちまった地元だけに原発再稼動のご意見伺いしようってことです。それも、住民はそっちのけで、原発利権にどっぶり浸かった首長と議会に諮って終りって算段なんでしょう。これなら、簡単に再稼動できるからね。

 大飯原発の30km圏内に県の一部が入る滋賀県を地元自治体ってしちゃったら、再稼動はおそらく不可能になっちゃうから、いまのうちに「地元自治体」の範囲を狭めて原発再稼動のハードルを下げておこうって魂胆なんだろう。でも、もし大飯原発が事故ったら、関西の水がめである琵琶湖が汚染されて、それこそ関西一帯は壊滅的な状況になるはず。東海村原発に何かあったら、政府機能を関西に移すなんて噂もあるけど、関西には大飯原発っていう獅子身中の虫がいることを忘れちゃいけない。

 つまり、原発再稼動に地元の理解もへったくれもないんです。ひとたび事が起これば、その被害は100kmを軽く超えて広がっていくんだから、日本中が原発の地元みたいなもんなんだね。54基の原発から半径100km圏内を円で囲むと、日本のいたるところが危険区域になるんですね。これ、実際に地図上でやってみると、日本に安全なところなんてないことがよくわかる。それでも原発再稼動を目論む手合いってのは、そうとう鈍感か狂ったひとたちなんだと思わざるを得ない今日この頃なのであった。

日本の原発地図

 最後に、東電OL殺人事件で、東京高検が再審請求棄却を求めて意見書を提出した。ここにも、「見下げ果てた奴」がいた。

|

« 原子力安全・保安院の悪行がまたひとつ・・・奴らを高く吊るせ! | トップページ | 捜査報告書書き換えを田代作文検事の上司が指示!?&朝日への抗議書に見る読売のご都合主義 »

東電OL殺人事件」カテゴリの記事

コメント

>大飯原発の30km圏内に県の一部が入る滋賀県を地元自治体ってしちゃったら、再稼動はおそらく不可能になっちゃうから、いまのうちに「地元自治体」の範囲を狭めて原発再稼動のハードルを下げておこうって魂胆なんだろう。でも、もし大飯原発が事故ったら、関西の水がめである琵琶湖が汚染されて、それこそ関西一帯は壊滅的な状況になるはず。

せっかく子飼いのコープを使って、「放射能安全」の洗脳したのに知事に目覚められて、滋賀県が反対するとまずいと言うことでしょう。

滋賀県の知事さんは、当初放射能をあまりたいしたものと考えていなかったようです。
それで、県の職員コープの「食って死ね」キャンペーンにも乗ってしまった。
以下の記事によると、県庁職員だけが会員の弱小コープでは、肝心のピカ菜手配できないので、中止と言うことになったみたいです。
ところが、大々的に「安心・風評」「食って支える」を厚労省の意をくんで推し進める日生協コープが全面的にバックアップしてピカ菜を手配したと言うことでしょう。

元記事は、知事さんも気がついたのか速攻で消されてしまいましたので次のところから引用
http://2ch-news.ldblog.jp/archives/3457126.html

ピカ菜手配したコープはここ
http://mytown.asahi.com/areanews/shiga/OSK201105160155.html
全国に放射性物質をばらまくこの行為は、武田さんに次の通り批判されました。
http://takedanet.com/2011/05/post_dd9a.html

武田さんに指摘されたからか、御用学者呼んで理論武装したみたいです。
http://www.pak2.com/asp/CWNewsN4.asp?mode=REF&id=1
>理解度、役立度ともに5段階評価で平均3.9
だそうです。
全て数字に還元する功利主義そのもの、もはや協同組合とは言えない。

コープは、長らくヒロシマ、ナガサキに関わり放射性物質と低線量被曝については良くわかっているはずだと思うのですが、一連のばらまきと「安全詐欺」は明確な故意犯でしょう。

はめられた知事さんも、こういった似非コープにはもっと憤ってもいいんじゃないかな。

生協は、生協法にオーソライズされたNPOだといえます。
生協の変革は、一般企業に対する不買やボイコットではなく、一人一票の権利を最大限行使して腐敗した強欲ネオリベ役職員のリコール追放を、生協法に則って粛々と断固行い、その物流インフラを取り戻すことです。
生協の組合員は、一家に一人ではありません。
生協法上その営業圏内の加入の意思のある個人を拒むことは出来ないはずです。

投稿: 一言乞食 | 2012年3月18日 (日) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原子力村の「見下げ果てた奴」。:

« 原子力安全・保安院の悪行がまたひとつ・・・奴らを高く吊るせ! | トップページ | 捜査報告書書き換えを田代作文検事の上司が指示!?&朝日への抗議書に見る読売のご都合主義 »