« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

共同通信が世論調査を利用して「国会で説明しろ」ってアジってます。

 オルフェーブルが負けるとしたら、と思っていた通りの展開にはなったのだが、まさかビートブラックが逃げるとは・・・。くろねこの予想では、ナムラクレセントがあの逃げをしなくちゃいけなかったんだよね。ま、これが競馬か。そういえば、去年の天皇賞では、穴ならビートブラックの予想だったんだけど、やっばり馬ってのは追い続けなくちゃいけないんですね。ン十年競馬やってて、また初心に帰れと教わってしまった。

 で、香港では、ルーラーシツプがG1のクイーンエリザベス2世カップを圧勝。スンナリとスタートを切ると、3番手という絶好のポジションをゆったりと進み、3コーナーを回ったところでインから抜け出すと、そのまま後続を突き放してゴール。重い馬場はあいそうだから、ヨーロッパで走ったら面白いかも。素晴しいレースに拍手!

 さてと、共同通信が世論調査をやっとります。それによると、小沢一郎の国会説明が必要とする意見が77%だと。質問は、「自民党など野党は、この政治資金の問題で小沢元代表に道義的、政治的責任があるとして国会での説明を求めています。あなたは、小沢氏が国会で説明した方がよいと思いますか、説明しなくともよいと思いますか」てなもんです。いやはや、こうやって話を単純化して、「○」か「×」かっていう聞き方するのって、ある方向に結論を持っていきたい時の常套手段なんだね。だから、世論調査って胡散臭い。

 この前には、党員資格停止か解除かについて、「あなたは小沢元代表の党員資格停止処分について解除したほうがよいと思いますか、それとも無罪確定まで解除しない方がよいと思いますか」てな質問をしている。スゲーな、検察審査会の強制起訴による裁判って三審制の枠外にあるのに、あたかも検察が起訴した裁判だったかのような質問になっている。「無罪確定まで」ってことは、控訴もあるからね、ってなことを言いたいんでしょう。けど、強制起訴議決の中では、「ちょいと納得いかないから裁判で白黒つけてよ」って言ってるんだよね。ていうことは、無罪判決が出た時点で決着ついちゃった、っていうことなんですね。そもそも、指定弁護士に控訴権があるかどうかも、ちゃんと法律論として語らなくちゃいけないわけで、これはすべての法曹界に携わる人間の義務でもあるんです。それほど、検察審査会の強制起訴ってのは、想定外のことが起きちゃってるってことです。

 検察審査会の強制起訴ってのが、法律としてどんな意味をもっているのか、どんな権限のもとで議決されているのか、ということをマスメディアがちゃんと理解していないというテイノーぶりだから、こんな世論調査が成立しちゃうわけです。おそらく、77%という数字だけが一人歩きして、連休明けには「国会で説明しろ」の大合唱が起きるんでしょうね・・・やれやれ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

原発再稼働と憲法改定って、どこかリンクしてるような気がする今日この頃。

 なにやら、お子ちゃま市長が腹痛持ちのシンゾー君と会談したらしい。で、同席した大阪府知事でお子ちゃま市長の金魚のフンであるところの松井君が、「われわれは原発のすべてを否定しているわけではない。現状で、すぐに原発を動かすのはよくないという考え」てなことをのたまっんだそうです。やれやれ、親分が増税で原発再稼働ちらつかせたと思ったら、今度は子分がこれかい。もっとも、変に「脱原発」を装われるよりは、よっぽとスッキリするってなもんか。

 それにしても、お子ちゃま市長一派が原発再稼働に舵を切るのは、思ったよりも早かったね。もうちょっと引き伸ばして、次回選挙の争点に持ち出すかと思ってたんだけど、ここにきてずいぶんと露骨に態度を豹変させた裏には何があったんだろう。エネルギー政策では腹痛持ちのシンゾー君と一致したっていうけど、それだけじゃないだろう。おそらく、自民党が発表した憲法改正案とも連携してるんだろうね。

 自民党の憲法改正案はクソみたいなもんだけど、なかでも憲法で保障された自由や権利は「責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公衆及び公の秩序に反してはならない」なんて規定は、お子ちゃま市長の「君が代強制」と共通するメンタリティのなせるワサであります。ま、この他にも、自衛隊を国防軍にするとか、日本の元首は天皇とか、緊急時には国民は国などの指示に従うことを義務づけるなど、言いたい放題言っとります。

 緊急時に国民は国の指示に従う、なんてのは、原発再稼働反対運動なんてのも解釈次第では規制できるってことです。電力不足という緊急事態なんだから、ってことにすりゃ、反対運動つぶすのは簡単ですから。

 てな具合で、ひょっとしたら、次の選挙ってのは、憲法改定ってのが争点のひとつになるかもしれない。原発再稼働と憲法改定は、その根源的な考え方ってのはどこか通低してるんじゃないかとくろねこは疑っている。なんだかきな臭いことになってきたけど、そうした流れを止めるためにも、昨日発足した「脱原発をめざす首長会議」や「エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議」の存在は注目に値すると期待する天皇賞の朝であった。

【くろねこの競馬予想】

 さあ、春の天皇賞です。オルフェーブルという化け物がどれだけ強い競馬を見せてくれるか。ここは小細工なしの大本命。相手は、ウインバリアシオン。穴には、大逃げうった時のナムラクレセント。
◎オルフェーブル、○ウインバリアシオン、▲ギュスターブクライ、△トーセンジョーダン、ヒルノダムール、注ナムラクレセント

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年4月28日 (土)

捜査報告書捏造した検察を糾弾するまでイチロー裁判は終わらない&「脱原発をめざす首長会議」発足

 昨日のエントリーへのコメントで、イチロー無罪判決のその夜にTBS『NEWS23クロス』に第五検察審査会の審査員と称するX氏と名乗る人物が出演しいたことを教えていただいた。で、ちょいとググってみると、どうやら強制起訴議決に関してなんたらかんたらくっちゃべっていたようなのだが、最後までそのX氏が実際に審査員だったという根拠は示されなかったらしい。ま、昨日も書いたように、5000万円授受の再現ビデオを捏造するようなTV局ですから、お里は知れてるってなもんです。ちなみに、TBSのホームページからは映像が削除されているようです。

 イチロー裁判はとりあえず無罪ということで決着を見たわけだけど、田代作文検事の捜査報告書虚偽記載っていう検察の犯罪はまだ終ったわけではない。マスメディアは、本来なら無罪判決が出た時点で、この国策捜査を強引に推し進めた検察の検証に着手しなくてはいけないのに、自分たちも検察と手を組んでたもんだから、未練タラタラで「有罪に近い無罪」てな具合に冤罪を助長するようなことを平然とぬかしている。政治資金収支報告書の虚偽記載、つまりは「期ずれ」というこれまでなら修正報告ですんじゃうような案件に比べたら、捜査報告書虚偽記載ってのは司法のあり方そのものが問われる検察による悪辣な犯罪なんだよね。そこをほっかむりして、執拗に小沢一郎を責め続けるってのは、ストーカーまがいの魔女裁判以外の何物でもありません。

 ま、マスメディアがいかに検察となあなあであろうと逃がしやしませんから、できる限りのことはしなくっちゃとわが家のどら猫と一緒に爪を研ぐ今日この頃であった。というわけで、会長のブログを改めてご一読ください。

・八木啓代のひとりごと
東京特捜捜幹部をサクッとまとめて告発してまいりました

 で、イチロー裁判の影に隠れるように、この2、3日いろんなことがあったようで、選挙にかこつけて「講和」なるものを開いていた沖縄局長がこっそりと訓戒処分で一件落着。普天間基地にはオスプレイ配備決定(?)なんてニュースも流れたりして、ちょいと辺野古移設問題に動きが出てきている。イチロー裁判のドサクサの裏で米軍再編にまつわる日米共同文書も発表され、ち沖縄基地問題は風雲急を告げるかも。

 大飯原発再稼働の住民説明会がこの時期に開かれたというのも、恣意的な匂いがプンプンしている。小沢一郎無罪報道の喧騒の中で、こちらもちゃっかりと既成事実つくりに励んでいたようです。柳沢とかいう経産副大臣なんか、住民の怒号もなんのその、「ある程度の理解は得られた」てなことぬかして、これで説明会は終わりなんだとか。

 東電はとってつけたような再生計画で値上げを迫り、二枚舌猪八戒・枝野君は停電で脅し、お子ちゃま市長の橋↓君は増税で再稼働をちらつかせる・・・いやあ、図ったように原発再稼働がスケジュールに上がってきています。それにしても、再稼働してまた事故ったら、こいつらは「命でつぐなって」くれるのでしょぅか。

 「脱原発をめざす首長会議」が今日発足するけど、呼びかけ人のひとりである東海村の村上村長はこう語っている。

「福島の原発事故の被害の実態を見てください。なぜ脱原発にならないのか、私は不思議に思う」

「人口が密集するこの狭い国土に、原発を持つということについて真剣に考えてみる必要がある。これは目先の利益ではなく、われわれ日本人の品格にかかわる問題だ」

 そう、すべては「品格の問題」なんだね。政治も、行政も、経済も、司法も・・・いま最も欠けているのが「品格」って言葉なのだとつくづく思うゴールデンウィーク初日の朝であった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

捏造ビデオを流したTBSに小沢一郎の「道義的責任」を問う資格はない&お子ちゃま市長が「増税嫌なら原発再稼働」って大阪市民を脅している。

 予想されたこととは言え、イチロー裁判が終って、新聞もTVも「グレーの判決」「道義的責任」「政治的責任」の大合唱。そんなに「道義的責任」を追求したいなら、まずは己の報道のあり方にこそ「道義的責任」があるんじゃないのかねえ。なかでも、あたかも5000万円の授受があったかのような再現ビデオを捏造したしたTBSに、そんな資格はありません。イチロー裁判が教えてくれたことって、マスメディアの報道検証と検察捜査の実態検証の必要性なのだとつくづく思う。

 朝日の社説なんてひどいもんです。ただの罵詈雑言。よくぞここまで感情的になれるものだと、読んでるこっちが恥ずかしくなっちまった。それに比べりゃ、「筆者は長く検察を取材してきた。特捜検察をおごり高ぶらせた責任を省みなければならないと、自省を込めて書く」と記す、東京新聞「筆洗」の方がなんぼか潔い。もっとも、その東京新聞にしたって、一面の見出しは、「了承しても『共謀なし』」って具合だから、嫌になっちまうんだけど・・・。

 いずれにしても、今回の無罪判決ってのは、いろいろ「推認」してみたけど共謀を立証できる直接的証拠がないから無罪、ってことなんだね。江川紹子氏がツイッターで、「察するに、裁判所は検察審査会と指定弁護士に気を使い過ぎ。検審がいうことは無下に否定できない感じ。もっともだ、もっともだと認めつつ、でもこれで有罪は書けないから、指定弁護士も弁護人も言ってないことを、あれこれ裁判官の頭で考えて、無罪にしてみました、みたいな」とつぶやいていたけど、当たらずいえども遠からずってことでしょう。

 検察審査会の起訴議決の理由でもあった、石川君の供述に虚偽記載があったんだから、この裁判は無理筋です。よって、無罪・・・って、控訴棄却しちゃうのが一番わかりやすかったんじゃないのでしょうか。起訴議決の有効性についは、判決文でもけっこう無理してるんだよね。こんな具合です。

(判決文要旨より)

 任意性に疑いのある供述調書や事実に反する内容の捜査報告書を作成し、検察審査会に送付したとしても、検察審査会における審査手続きに違法性があるとは言えない。事実に反する内容の捜査報告書が意図的に作成された場合であっても同じ。仮に事実に反する捜査報告書のために検察審査員の判断に誤りが生じ、起訴議決に至ったとしても、そのことから検察審査会の起訴議決が無効とするのは法的根拠に欠ける。

(引用終わり)

 いやあ、そうかなあ。議決の根拠となる捜査報告書に違法性があるかどうかを検察審査員に判断しろってのは無理な話だが、違法に作成されたことが判明した時点でその決議は無効だと思うけどね、いわゆる「市民感情」としては。それに、「検察審査会の起訴議決が無効とするのは法的根拠に欠ける」というのもよくわからん。ならば、「有効とする法的根拠」ってなんなんだ。

 とまあ、いろいろ突っ込みどころがある判決文なんだが、イチロー裁判てのは、一昨年の9月に当時の大林検事総長が記者クラブの会見で、「証拠が合理的な判断過程により有罪と認められる嫌疑がない」と語ったのがすべてだったんじゃないのでしょうか。その時点で撤退してりゃいいものを、検察審査会を利用しようなんて姑息なことをするから、検察は窮地に陥っちゃったわけです。

 検察の不起訴処分が出た時に、大沢ヤメ検弁護士が、TVで「まだ検察審査会がありますから」と薄笑い浮かべてコメントしていたのを忘れない。検察審査会ってのは、そもそも、証拠があるのに検察が恣意的に起訴しなかった案件を市民感覚で見直そう、という趣旨のもんなんですね。それを、嫌疑不十分で不起訴となった案件を、「検察審査会がありますから」って自信満々にぬかしていた時に、なんか胡散臭いものを感じていたのだが、ま、なんらかの動きがあったんだろうと、十分に「推認」できるのであります。

 しかしなんですね、判決が出たってのに、国会で証人喚問なんてことをぬかしている自民っていうのも情けないものがあります。そんなことしてる場合か。もう、うんざり、ってのがこれまたいわゆるひとつの「市民勘定」じゃなかった「市民感情」ではないんでしょうか。

 最後に、お子ちゃま市長が、「電力不足を乗り切るには増税が必要なるけど、それに反対するなら大飯原発再稼働しかない」って言い出してるね。増税で市民脅して、結局は原発再稼働に加担しようってわけね。ホント、信用できない小僧だこと。

節電に住民支持ない場合は再稼働容認…橋下市長

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2012年4月26日 (木)

無罪判決に意気消沈する民主党幹部とTV局とヤメ検弁護士。

 イチロー裁判に無罪判決が出て、各局とも朝のワイドショーを延長して特番を組んでいた。なかでも、TBSは地裁前の特設テントからのライブという力の入れようだったのだが、無罪判決が出たからなんだろうね、なんだかお通夜のような湿った雰囲気で、舌ったらずの杉尾君なんかいまにも泣きそうでした。で、どうしてもイチロー君の無罪に納得いかないようで、元東京地検特捜部長だかなんだかのヤメ検弁護士と一緒になって、とにかく「グレーの判決」みたいなことを印象づけようと努力していたのが哀れではありました。

 テレビ朝日は『モーニングバード』を延長していたが、やはりヤメ検弁護士が、「グーレーに近い無罪か、クロに近い無罪か。そによって控訴もあり得る」なんてことをぬかしたのには、ただただ呆れてしまったのであった。そもそも総研・玉川君が、ヤメ検弁護士を前に、ハッキリと「国策捜査だと思う」とコメントしていたのが救いか。

 それにしても、無罪判決が出たとたん政局話のオンパレード。ザッピングしながら観ていたのだが、どの局も小沢裁判とは何だったのか、なんてことは語ろうともしない。ましてや、田代作文検事の捜査報告書偽造についてはコメントすらもないという体たらく。だいたい、政治資金収支報告書の虚偽記載へと訴因変更までして陸山会事件をデッチ上げたっていう事実について、ヤメ検だろうと法曹界の人間なら一言あってしかるべきだろう。

 無罪判決を聞いて民主党の幹部の中には意気消沈している奴もいるってんだから、嫌な政党になちまったもんだね、民主党ってのは。「判決が確定するまでは党員資格停止云々は慎重に」なんて馬鹿こいている口先番長・前原君みたいなアホもいるんだから。さあ、これからの民主党は分裂に向かってまっしぐらとなるんでしょうか・・・なって欲しいんだけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

速報!小沢一郎無罪判決!

 第一報です。小沢一郎無罪。有罪ありかと思ってたから、とりあえずめでたし。後ほどゆるりと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年4月25日 (水)

緊急速報!「健全な法治国家のために声を上げる市民の会」は、田代検事及びその上司について、最高検察庁に新たに告発状を提出しました!!

被告発人は以下の通りです。

偽計業務妨害 刑法233条
・佐久間達哉(法務総合研究所国連研修協力部部長)
・木村匡良(東京地方検察庁公判部副部長検事)
・大鶴基成(元最高検察庁公判部部長検事)
・斉藤隆博(東京地方検察庁特捜部副部長検事)
・吉田正喜(元東京地方検察庁特捜部副部長検事)

偽証罪 刑法169条
・田代政弘(法務総合研究所付検事)

犯人隠避罪 刑法103条
・堺徹(東京地方検察庁特捜部部長検事)

告発状

告発事実補充書

健全な法治国家のために声を上げる市民の会

誰も通らない裏道

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「大飯原発の地元は県とおおい町」と本性をあらわにする福井県知事&「電力中央研究所に火炎瓶=反原発運動と関係か」と警察リーク垂れ流す時事通信。

 敦賀原発の真下にある断層が動く可能性があるので、このままだと危険だから廃炉もあるかも、って原子力安全・保安院の調査会が発表した。そもそも、断層の上に原発建てちゃうという発想が間違いなんであって、こういう危険な立地環境の原発ってのは他にもあるんだろうね。日本は国土そのものが断層の上にあるようなもんなんだから、どだい原発の安全性なんて語ること自体が不思議の国ニッポンなのだ。

 で、お子ちゃま市長・橋↓君が、オバサン顔の官房長官と会談して、「原発の安全性に関する8提案」を突きつけた。ま、どう考えたってのめるもんじゃないのは、お子ちゃま市長は百も承知でしょう。これだけ過激に抗議したんだから、これで原発再稼働になってもボクちゃん知らんもんね、ってわけです。これで「脱原発」に熱心な姿勢は十分アピールできたんだから、お子ちゃま市長にとっては、大飯原発が再稼働したところで何も困りません。そりより、再稼働してくれたほうが、次の選挙は戦いやすいくらいなもんです。

 こうしたお子ちゃま市長の挑発に、オバサン顔の官房長官は血相変えちゃって、「原発の安全宣言はシロートの政治家が判断するのではない。再稼働に向けた専門家の意見を国民目線で政治家が判断するのだ」なんて意味のことを口走っちゃって、だったら再稼働判断した専門家って誰なんだと聞きたくなってしまいます。国民目線で政治家が専門家の意見を判断する、ってのには、最早呆れて反論する気も起きません。

 そうこうしているうちに、福井県の知事が、「大飯原発の地元ってのは、福井県とおおい町だぜ」と、とうとう本性をあらわにしてきました。「電力消費地も日本の将来や国益から再稼働の是非を判断する必要がある」ともぬかしてます。ようするに、「オメーら、誰のおかけでこれまで安定した電力を供給してもらってたんだ」と脅してるわけです。で、こうも言っとります。「野球をグラウンドの上でするのと、それを眺めるのは違う」だとさ。平たく言えば、「外野は黙っとれ」ってことっすか。

 でもね、ひとたび事故が起きたら、黙ってるわけにはいかなくなるんですよ、原発ってのは。福島を見ればそのくらいのこと分かりそうなもんなんだが、どうもこのところ原発と仲良しの皆さんは、福島のことを忘れたいみたいなんですね。でも、そうはいくかい、ってのが正直なところです。だから、これまでと違って、地元が何を言おうと、キミたちだって利権で美味しい思いしてきただろう、って言いたくなっちまうんだよね。原発の危険性を知りながら、これからも原発マネーの恩恵にあずかっていこうという発想は、もう無知ではすまされない犯罪的行為にも等しいんじゃないでしょうか。 

 最後に、時事通信が、「電力中央研究所に火炎瓶=反原発運動と関係か―東京・狛江」というニュースを流している。記事中に、「同研究所は、東京電力など電力各社が公益法人として設立。電力事業のリスク管理などを研究しており、同署は反原発運動に関係した事件の可能性もあるとみている」とあるんだが、何を根拠に「反原発運動に関係した事件の可能性」と警察は発表したんだろう。ていうか、こういうのが典型的な警察リークの垂れ流しってやつなんだね。なんか、「悪意」を感じる水曜の朝であった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年4月24日 (火)

「小沢系議員」というお手軽表現で思考停止する新聞記者&関電の節電効果予測の「丼勘定」データ。

 いよいよイチロー裁判の判決が明後日と迫り、検察に対していくつか動きが出てきている。ひとつは、民主党を中心とした議員による検察審査会の強制起訴議決に関する検証要請だ。もっと早くなんでやらなかったの、という疑問は置いといて、この記事を書くにあたって多くの新聞が「小沢系議員」っていう表現を使っている。たとえば、朝日は、「検察審査会のあり方調査要請 小沢系議員ら「『法務委で』」っていう見出しを使っている。で、記事をよく読むと、ちゃっかりと「小沢氏に近い多数の議員のほか、新党大地・真民主、新党きづななどの議員も含まれる」ってエクスキューズしとります。ことほど左様に、何かっていやあ「小沢系議員」でひっくくっちゃうお手軽さってのは、実は何も考えてないってことの証なんだね。よく、雑誌の原稿なんかで、表現に困っちゃって「筆舌に尽くし難い」って安易に誤魔化しちゃうシロートさんがいるんだが、「筆舌に尽くし難い」ことを「尽くす」のがプロってもんです。「小沢系議員」って表現には、これに共通した思考停止があるんだね。おそらく、この記事書いた記者は、「小沢系議員」って書いた時点で、このニュースの独自の分析は放棄してます。もっとも、通信社の配信をそのまんま載せただけかもしれないけど・・・。

 東京新聞なんか、「小沢一郎元代表の支持議員」って表現を使ってます。これだけで、もうこの記事で何が伝えたいかわかろうというものです。検察審査会の強制起訴議決の検証、っていうテーマよりも、「小沢一派がなにかやらかした」っていうことを、暗に言いいたいわけです。そういえば、2、3日前のイチロー裁判の経緯を説明した記事でも、田代作文検事の捜査報告書偽造について、本文でまったく触れてなかったっけ。原発ではジャーナリズムの矜持をしっかりと発揮する東京新聞も、イチロー裁判のこととなると筆が鈍りまくっているのは、やっぱり記者クラブという温室に毒されているからなんでしょうね。

 そして、もうひとつ、「検察の在り方検討会議元委員有志」が「検察の在り方について第三者検証を求める!」要請書を持って法務省と検察庁を訪問。その後に、郷原信郎氏、江川紹子氏による記者会見があった。で、この要請書の賛同人に、田原総一朗、大谷昭宏の名前もあるのだが、この二人はTVにもコメンテーターとして出演していながら、けっこう上手に立ち回って、検察批判ってのをあからさまにはしないんですね。ヘビースモーカー大谷君なんか、陸山会事件の当初は検察の小沢一郎をターゲットにした無謀な捜査を批判していたくせに、このところのコメント聞いてると、なんか通りいっぺんのことしか言ってないもんね。本来なら、レギュラーでTVのコメンテーターとして出演しているジャーナリストを名乗る御仁たちが、もっと必死こいて検察批判してこなくてはいけなかったわけで、賛同人でお茶濁されてもなあ、とつくづく思うのであった。

 ところで、「夏の電力不足」を電力各社が報告したそうだ。それによると、関電と九電が突出して不足しているんだが、ちょいと不思議なことがある。たとえば、「関電が試算した8月の需給は、猛暑だった10年8月の最大需要(3095万キロワット)に節電効果を織り込むと、需要は3030万キロワットまで下がるが、供給力は2535万キロワットにとどまり、495万キロワット(16.3%)不足するという」んだが、これっておかしくないかなあ。「最大需要(3095万キロワット)に節電効果を織り込むと、需要は3030万キロワットまで下がるが」っていうけど、てことは節電効果ってたった65万キロワットってことになるよね。いくらなんでも低すぎる数字だと思うけどね。

 去年の9月に東電が発表した節電効果の数字があるんだけど、それによると、ピーク時には約900万kw以上の節電効果があったんだとか。大口利用者で29%、家庭で6%の節電努力があったっていうから、関西だってそれほど苦労せずにこれくらいの節電できるはずなんだよね。それともなにかい、関西のひとっての節電したくないとでも言うんでしょうか。んなはずあるわきゃない。つまり、関電のお手盛り数字の結果なんだよね、電力不足ってのは。これは、九電も同じです。こんな「丼勘定」で危機感煽って、原発再稼働画策するとはフテー野郎だ、ったく。

・家電Watch
東京電力管内、今夏の節電効果はピーク時に約900万kW以上
~8月の実績で16.8%節電

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

東電はいまだ野放しってのに、三井化学岩国大竹工場は今日にも家宅捜索&「規制庁発足前でも原発再稼働を進めるべき」とぬかす口先番長。

 山口県の三井化学のプラント工場の爆発は、凄まじいことになっている。これが原発だったらと思うとゾッとするどころじゃない。おそらく、世界中が放射能で汚染されちゃうんだろうね。安全管理に落ち度があった疑いがあるってんだが、こうした工場にヒューマンエラーっていうのはつき物なんですね。だから、人災も含めての危機管理が必要なんだろうけど、原発はすべてを津波のせいにして、ヒューマンエラーなんてことは歯牙にもかけてないみたいだから、やっぱり再稼働なんかさせちゃいけないってことです。で、この爆発に関しては、今日にも業務上過失致死傷容疑で家宅捜索が入るようなんだが、福島第一原発は1年経っても責任者ほったらかしだもんね。こうなったら、市井の人々が刑事告発するしかないのかもな。

 さて、先週末に、二枚舌猪八戒・枝野君が、「大飯原発以外の原発再稼動は原子力規制庁の発足を待つべきだ」って発言したことを、21日のエントリーで紹介した。で、「親分のゴロツキ仙谷君にコッテリ油をしぼられて、週明けにも言い訳会見があるんでしょうか」って書いたんだけど、やっぱりね、ってことで、早速のところ湯上りの口先番長・前原君が、「規制庁発足前でも原発再稼働を進めるべき」ってぬかしたようだ。二枚舌猪八戒も、件の発言の翌日には、TV番組で四国電力の伊方原発再稼働に関して、日和った発言してたようだから、予想通りにゴロツキ仙谷君からのネジ巻があったに違いない。本当にわかりやすいひとたちだこと。

 そういえば、湯上りの口先番長は、イチロー裁判についても、「無罪になったとしても控訴されるかもしれないし、すぐに党員資格云々は」なんてことをぬかしていた。それにしてもこの発言てのは危険だな。「一度疑いをかけられたら、控訴されている間社会復帰なんかさせないよ」ってことを意味しているともとれるもんね。ま、外務大臣辞任と引き替えに外国人献金問題をウヤムヤにした奴だからね。見識なんてものを期待することが無理筋ってもんです。こんなのが政調会長ってんだから、整腸浣腸の間違いじゃないの。

 ていうわけで、月曜早々からオヤジギャグでお騒がせの週明けではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

食品業界の独自基準値にいちゃもんつけるってことは、国民の健康なんか国は眼中にないってことです。ひょっとして、誰かに頼まれて人体実験しようとしてるんじゃないだろうねえ。

 三井化学の岩国大竹工場が爆発して死傷者が出ているようだが、この工場にはウランが貯蔵されているらしい。大丈夫なのか?

 ところで、福島第一原発の事故で、大量の放射性物質が垂れ流され、直接的な人体への影響だけでなく、農作物や海産物の汚染も深刻な問題となっているのだけど、4月からは食品に含まれる放射性セシウムについて、一般食品で1kgあたり100ベクレル、牛乳や乳児の食品で50ベクレルといった新基準値が定められている。でも、この基準値については、どうも規制が緩やかなんじゃないの、という消費者の声もあって、食品メーカーやスーパー、外食産業では自主検査で独自の規制値を決めてたんだね。つまり、お国の言うこと聞いてた日にゃ、消費者にそっぽ向かれちゃうからです。

 で、こうした独自の規制値を苦々しく思ってたんだかどうだか知らんけど、農林水産省は、「国の基準は十分に安全。異なる基準では混乱を招く」ってんだ、独自基準なんかするんじゃねえって通知を出したってさ。国が基準値を決めるのは勝手だが、それよりも厳しい値で消費者の不安を一掃して、なおかつ健康を守ろう、っていうことのどこがいけないんだろうねえ。お役所仕事の末の「言いがかり」ってよりも、国の面子がたたんじゃないかという「恫喝」にも聞こえてくるよね。

 そもそも、二枚舌猪八戒・枝野君の「直ちに健康に影響はありません」ってのから始まって、いい加減な説明ばかりしてきたもんだから、国の出してくる放射性物質の規制値なんてものは誰も信用してないんだよね。国は国民の健康なんか眼中にないってことがわかっちゃったからさ、自分の身は自分で守るしかないって心の奥底でみんな感じているのだと思う。だから、食品業界の独自基準てのは歓迎されてたんだけど、これが国にとってはいたくお気に召さなかったようなんですね。

 で、「独自基準なんか決めるんじゃねえ」ってことになっんだろうけど、これもまた小役人の考えそうなことです。それにしても、説得力ないよな。国の基準値よりも厳しくしようってんだから、その努力は称賛されこそすれ、避難される筋合いはないと思うけどね。で、自主検査する場合にも、厚労省に登録された機関を使えって通知してるんだが、そんなん誰が信用しまっかいな。

 今日の東京新聞朝刊に、広島と長崎の被爆者の赤ちゃんの1200人分の資料がアメリカに提供されて研究に利用された、っていう記事が載っていたのがとても象徴的だ。ようするに、この記事と同じように、今回の福島第一原発事故による放射能の影響に関する資料ってのは、すべからく国(おそらく、アメリカが裏で糸引いてるんだろうけど)が管理しようって腹なんでしょう。だから、無用な被曝も省みずにSPEEDIのデータを隠蔽したり、今回のように独自基準値にすらイチャモンつけたり、諸々の放射性物質に関するデータを改竄・隠蔽したりしているんじゃないのかねえ・・・ま、いつもの妄想ですが、そうでなけりゃ、こんな姑息なことは恥ずかしくてできんでしょ。

・東京新聞 TOKYO WEb
被爆者の赤ちゃん研究利用 1200人、遺伝影響調査で米

【くろねこの競馬予想】

 東京競馬場では、オークストライアルのフローラステークス。今年の桜花賞組はマイラー揃いで、府中の2400mのオークスではちょいと疑問符が付く馬が多いため、一発狙っている伏兵馬も多いことでしょう。ということで、フローラステークスはフルゲートの大混戦。じっくりと見る競馬ってことで、馬券はミッドサマーアェアとゴールデンナンバーのワイド1点。

 京都ではマイルCSの前哨戦、マイラーズカップ。天気は雨の予報だったのだが、いまのところ曇りで良馬場。天気次第でどう転ぶかわからないので、これから午後にかけて雨が降ることを想定して、本命はシルポート。相手には重巧者のエイシンアポロン、リアルインパクト、ミッキードリーム、コスモセンサー、ダノンヨーヨー。思ったほど馬場が悪くならなければ、トーセンレーブ、ダノンシャーク、コスモセンサーの三つ巴。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

経産省がこの夏の電力見通しを、いまさらのように電力各社に報告要請したその意味は?

 2年前に起きたメキシコ湾の原油流出事故の影響で、海洋生物の奇形が問題になっているらしい・・・と、アルジャジーラが伝えているようだが、福島第一原発からの放射性物質汚染水のだだ漏れってのも、想像を絶した海洋汚染を引き起こしているんだろうなと改めて思う。折しも、福島第一原発近くの海で獲れたスズキから食品基準値の16倍というセシウムが検出されたというニュースが流れている。福島第一原発事故とは直接関係はないが、ここ何年かタンポポの奇形が取り沙汰され、けっこう気にしてチェックしているマニアもいるようだけど、それと同じで福島近海で獲れた魚介類の奇形チェックなんてのがそのうち日常の風景になったりしたら・・・いやあ、なんか暗くなってきちゃう土曜の朝である。

・BP原油漏れ事故から2年...メキシコ湾の海洋生物が奇形化...閲覧注意 ..

 ところで、二枚舌猪八戒枝野君が、「大飯原発以外の原発再稼動は原子力規制庁の発足を待つべきだ」って発言したってね。これって、聞きようによっちゃ、「大飯原発再稼働はしますよ」っていう決意表明にもとれるんだが、ま、それはともかくとして、オバサン顔の官房長官は、慌てて否定している。原子力規制庁の発足待って再稼働なんて言ってたら、夏までに原発動かせない可能性は大なんだから、そうなったら原発なくてもどうにかなっちゃうことがわかっちゃうからね。電力会社の走狗であるゴロツキ仙谷君にとっては、それは大いにまずいことで、てことは、二枚舌猪八戒の勇み足ってことで、親分のゴロツキ仙谷君にコッテリ油をしぼられて、週明けにも言い訳会見があるんでしょうか。

 東日本大震災後、こんなこともまだやってなかったのか、っていうこ情けないことが多々あるんだが、なんと経産省が原発再稼働なしを想定したこの夏の電力見通しを電力会社に指示たそうだ。スゲーな、二枚舌猪八戒は、「この夏は猛暑が予想されるから、深刻な電力不足になるかもよ」てなことを確かぬかしてたよね。ていうことは、その段階で、電力見通しなんてのは計算済みってのが前提だったんじゃないのか。それが、電力会社の恣意的な数字だったとしてもさ。それを、いまさらのように報告要請だと。しかも、この報告要請ってのは、供給力を過小に見積もる虚偽報告があった場合には、罰金が科せられるんだってね。だったらもっと早くにやっとけよってのが、ま、「市民感情」ってやつです。

 おそらく、この報告要請にはふたつの意味があるのではないだろうか。ひとつは、どうやら原発再稼働は無理そうだから、電力会社のケツを叩いて、本当の電力見通しの数字を出させて、本格的に節電対策などに乗り出さなくっちゃということ。そして、もうひとつは、原発再稼働させるには電力不足がいかに深刻かということを知らしめるために、電力会社の尻を叩いたふりをして、あたかも真実であるかのような危機的な数字を出させて、原発再稼働につなげようって腹なのではないかということだ。おそらく、ふたつめの解釈が、当たらずといえども遠からずではないかとくろねこは疑っている。

 でなけりゃ、いま頃になっての電力見通しの報告要請なんて、官僚の怠慢以外の何物でもないからね。自分たちが批判のそしりを受けたとしても、それをするだけの「意味」がおそらくあるんだと思う。なんてったって、官僚ってのは転んでもタダでは起きませんから。それが、小役人根性ってもんです。さあ、どんな数字が飛び出すか、けだし見物ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

東電新会長は、「絵に描いたような『仙谷人事』だった」(東京新聞)&田代作文検事不起訴の検察リークにマスメディアはなぜ異を唱えない。

 ダルビッシュ、3度目の登板は順調な滑り出し。3回を終って無失点。連勝中のタイガースを相手に、ピッチングも冴えわたっている模様。そろそろエクスキューズがきかないだけに、今回は勝ち負けはともかく、らしいピッチングをしてほしい。

 で、らしいと言えば、レイシスト知事が、尖閣諸島お買い上げについて、聞きようによっちゃちょいとトーンダウンの発言。「国がもっと積極的に乗り出したら、いつでも東京は引き下がる」だとさ。ま、いつもの大風呂敷の後の尻すぼみってやつですかね。らしいと言えば、らしいやね。そういえば、横田基地の空域返還なんてのも、さんざん声高に叫んでたけど、アメリカにちょいと脅されたら黙っちゃったもんね。オヤジの不始末のおかげで、ノブテルの中国訪問が拒否られちゃったから、小心者の雑文書きの政治屋としては内心穏やかでないのかも・・・って、聞いたわけじゃないけどさ。

 東電会長に原子力損害賠償支援機構の下河辺運営委員長が就任するってね。ゴロツキ仙谷のお友だちなんだそうだが、ま、原発維持の布石ってことなんでしょう。東電の経営ってことを真摯に考えたら、いくらなんでも経営経験のない弁護士もってくるなんてことは論外です。政治家もこのところ弁護士だらけだけど、ロクなのいないからね。それはともかく、そもそも、原発事故の賠償問題を扱う委員長が、相手の会社のトップに就任しちゃうって構図がおかしいんじないの。これって、賠償問題で争っている原告と被告の弁護士が同一人物ってのと同じことだと思うんですけど、いかがなもんなんでしょう。

 東京新聞は、「絵に描いたような『仙谷人事』だった」と嘆息しているけど、おっしゃる通りです。電力会社の走狗が主導した人選だけに、いまだに偉そうに会長室でふんぞり返っている勝俣にとっても御しやすいんだろうね。早速に、社長人事でちょいとクギをさされちゃいました。しかし、勝俣ってのも、「西澤社長を続投させるべきだ」なんてどの面下げてぬかしてるんだろうね。本来なら、獄につながれたっておかしくないんだからね。莫大な退職金貰うらしいって噂もあるが、財産没収、福島第一原発が廃炉になるまで、現場作業にいそしむってのが本当なんじゃないんですかねえ。

 ところで、国会はアホな大臣の問責決議がどうしたこうたらで獅子てんや瀬戸わんやの大騒ぎ。マスメディアも、これを煽ること煽ること。でも、問責決議なんて、実のところ何の法的拘束力もないわけで、言ってみれば野党のパフォーマンスなんだよね。そんなことより、田代作文検事不起訴(?)の検察リークの件はどうなんってんでしょう。捜査報告書偽造という検事の犯罪がうやむやにされそうになってるっていうのに、検察リークを垂れ流すだけで後は知らんぷりってのは、小沢狂想曲の時とまったく同じなんだね。つまり、マスメディアは、何の反省もしてないってことです。

 検事が捜査報告書偽造して、その言い訳が「記憶が混同してました」で、それをまた「そう言われちゃ立証は難しい」って、んなら検察なんていらんでしょう。これからは、何かで逮捕されたら、「記憶が混同してました」って言い続けりゃいいわけね。

 いずれにしても。、イチロー裁判判決の前にアドバルーンを上げたってことなんだろうけど、そんな手法を「わかって」いながら唯々諾々とリークするマスメディアもまた、冤罪に力を貸しているって言われても仕方ないんじゃないかと思う今日この頃であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

「(安全を)大体確認できた」で原発再稼働を促す福井県原子力安全専門委員会の実態。

 アクアスキュータムが破産申請だそうで。ふむ、老舗といえども、時代の流れには抗しきれなかっということなのだろうか。1851年創業の由緒正しき服飾メーカーの技は残ってほしいのだが・・・。

 さて、福井県原子力安全専門委員会の委員長が、大飯原発を視察して、「全体的として深刻な事故が起きたとしても、安全の方向に制御できることが大体確認できた」って評価したってね。個人的見解とことわっているとはいえ、県の原子力安全専門委員会がお墨付き与えたってわけです。予想通りの展開で、笑っちゃいます。この専門委員会の委員のなかには、電力関連企業から寄付を受けてたのがいることが発覚してるんだが、ま、その程度の御用委員会です。

・電力関連企業から1490万円の寄付 福井県原子力安全専門委員5人
・福井原子力安全専門委員会4人 790万円の寄付を関西原子力懇談会から受ける

 福井県知事は二枚舌猪八戒の枝野君が再稼働の説明にノコノコ出かけてきた時に、「うちにも専門委員会がありますから、そこでも厳しく評価してもらいます」てなことぬかてしたんだね。それが電力関係からお金もらってた御用委員会だったわけです。ま、なにもかも出来レースです。ていうか、いくらなんでもわかりすぎでしょう。

 で、この「わかりすぎ」っていう出来レースが、原発がらみではいたるところで起こってるんだけど、どうしてそこをマスメディアはつつかないのかね。「わかりすぎ」ることを、なんの批判もせずにスルーしていること自体が、実は原発を語るうえで最も恐いことなのではないだろうか。御用学者の跋扈を許してきたのも、そうしたマスメディアの緩いスタンスに原因のひとつがあるはずだ。

 東京新聞は、このところ学者などのコメントを載せる際に、原発とどういう立場で向き合ってきたひとかを説明していることがあるけど、これこそ正しいあり方なんですね。原発推進派の中にだって、極悪5人組の原発再稼働のやり方を苦々しく思っているひとがいるわけで、いまや再稼働反対=反原発なんて単純な図式じゃ語れないんだから。

 それはともかく、「安全を大体確認できた」なんてぬかす専門委員会の委員長なんてロクなもんじゃありません。「大体の確認」とか「おおむね安全」とか、そんな曖昧な評価で原発なんていう危険なものを動かしちゃいけません。これもまた、「わかりすぎ」る理屈なんだけど、すぐ「電力不足」とか「経済破たん」とかにすり返るからね、原子力村もその広報機関たるマスメディアも・・・何をかいわんやです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

田代作文検事、不起訴処分!?&レイシスト知事の醜悪会見。

 くろねこも参加する「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」による田代作文検事への虚偽有印公文書作成・同行使容疑による刑事告発は、どうやら不起訴処分という方向で検討されているらしい。「故意に虚偽記載したと立証して刑事責任を問うのは困難」というのがその理由なんだそうだが、そりゃ、そうだ。故意の虚偽記載を立証しちゃったら、検察もろとも刑事責任問われかねないもんね。かといって、トカゲの尻尾切りして、田代作文検事ひとりに罪おっこぶせちゃったら、法廷で洗いざらい曝露されちゃうもしれないし、ならば嫌疑不十分てことにして停職や減給でお茶濁したほうが得策だってことになったんだろうな。

・東京新聞 TOKYO Web
元特捜検事、不起訴へ 陸山会事件虚偽報告書

 こうなると、26日のイチロー君に対する判決も、ちょいと微妙になってくるかも。ま、有罪てなことになれば、控訴するまでなんだろうけど、気弱な地上げ屋さんがブログ「ラ・ターシュに魅せられて」で、検察官役の指定弁護士のこんなボヤキを紹介している。

(これより引用)

「この裁判はホント疲れる。 検察審査会が強制的に起訴しろって言ってきたから起訴しただけのことで・・有罪の証拠があるから起訴したわけじゃない。 こんなこと最初から言ってるのに・・マスゴミは報道しない。 求刑だって・・過去の検察の求刑に照らして出しただけ。 こんな裁判で実刑が出るわけないじゃない。 何しろ、検察の捜査はメチャクチャ。 デタラメやって集めた証拠でも起訴できなかったってのに・・オレたちのときは、その証拠すら採用されなかった。 まあ日本の裁判所のことだから・・有罪出すかも知れないけど・・問題は、無罪出してきたときだよ。 控訴しなきゃ・・マスゴミの集中攻撃受けるだろ? 一審で無罪になったら・・新たな証拠なんて出ないんだから、高裁でひっくり返るわけないじゃない。 オレたち3人の意思はまとまってるよ。 無罪が出ても・・控訴はしない」

(引用終わり)

・ラ・ターシュに魅せられて
「尖閣諸島を15億で買います。エエ、勿論都民の税金です。で、ナニ?文句ありますか?」意地張る慎太郎

 ま、イチロー裁判てのは、どう考えたって無理筋なんであって、「無罪」か「有罪」かなんて競馬の予想まがいのことすること自体おかしな話なんだね。いくらイチロー君をめぐるカネの動きが胡散臭いからって、検察リークを垂れ流して、個人攻撃するマスメディアってのは、やっぱり歪んでいる。

 ところで、大飯原発再稼働の極悪5人組による再稼働協議の内容ってのは、議事録どころかメモも録音もとってなかったんだってね。こういうのを密談って言うんじゃないの。まいっちゃうよね、原発再稼働っていう、場合によっちゃ世界中に迷惑かけるかもしれない政策決定を、密談でやられちゃさ。これでまた、何か起きても責任の所在がウヤムヤになっちまうってわけか。オバサン顔の官房長官は、「記録を残す話し合いではない」って記者会見でぬかしたそうだが、おそらく原発再稼働協議ってのは相当聞かれちゃまずいこと話し合ってるってことです。コソコしやがって、みっともないったらありゃあしない。

 最後に、レイシスト知事の「尖閣諸島買い上げ」だけど、都民の税金はオメーのカネじゃないってことです。ま、こんな発想があったっていいとは思うけど、だったら国がどうにかすることなんですね。日中国交回復の時に、この問題はとりあえず棚上げっていう暗黙のお約束があったっと言われているように、自民党がそもそも臭いものに蓋してきたんだから、レイシスト知事だってかつての党員として責任あるんですね。

 それにしても、醜悪な会見だった。東京都の知事としてというよりも、ひとりの人間として下品な話ぶりでした。「尖閣諸島お買い上げ」という発想云々はともかく、あんな不遜な年寄りが日本の首都である東京の知事であるってことに、本当に恥じ入ったくろねこであった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

原発地回り・仙谷の「集団自殺」発言は、説教強盗の類だね。

 袴田事件で、検察によるDNA鑑定の結果、犯行着衣とされる衣類の血痕から袴田死刑囚のDNAは検出されなかったそうな。犯行時に着ていたされる衣類の血痕は、死刑判決の決め手ともなった証拠品だけに、検察はさぞや苦虫をかみつぶしていることだろう。これで再審の道が開かれればいいのだが、東電OL殺人事件だっていまだにのらりくらりしているくらいだから、そう簡単にはいかないかも。拘禁症で苦しんでいる袴田死刑囚の健康状態が心配だ。

 さてと、ゴロツキ仙谷が、またとんでもない脅しをぶちかましてくれた、「原発全停止は国の集団自殺」だとさ。国民はレミングか。そういえば、福井県で開かれた講演会では、「原発再稼働しないと真っ暗の中で生活することになるよ」とも言ってたっけね。スゲーな、いつからこの国は政治家が国民を脅迫するようになったんだろ。それにしても、ここにきてのゴロツキのシャシャリ出ようってのは、さすが電力会社の走狗の面目躍如ってところではある。

 で、こうした一連の民主党の原発再稼働路線に、お子ちゃまな市長の橋舌↓君は、キャンキャンと吼えまくってるんだが、どうもこやつの心根というのは「脱原発」にはないのではないかと疑っている。たとえば、こんなこと言ってます。

(これより引用)

 僕らは、大飯(原発)の再稼働について、何がなんでも、絶対反対ということではないんです。今のやり方での再稼働は、反対だと言っているわけですから。僕らは、安全だと思わない。安全性が不十分でも、国民にちゃんと説明をして、再稼働を決定するというやり方をやるべきだと思っていますから。どちらのやり方がいいのか、国民の皆さんに判断していただきたいと思いますね。

(引用終わり)

 はあ、何がなんでも反対じゃない、ってのはどいうこった。ようするに、手続きさえちゃんと踏まえたら再稼働もあり、ってことか。お子ちゃま市長ってのは、その時々で微妙に言葉のニュフアンスが変わるし、物事へのスタンスもちょっとづづずらしていくところがあるから、今後とも要注意ですね。

 自転車野郎の谷垣君も、原発再稼働については、「私個人としては、再稼働を行わなければ、日本経済の混乱や、いろいろな不都合な問題が起こるだろう」てなことぬかしてます。ようするに、消費税でも原発でも、民主党と自民党ってのはその政策については最早大連立してるようなもんなんだね。

 だから、お子ちゃま市長は、次の選挙を視野に入れて、ここを先途と「脱原発」のフリをしてるわけです。でも、もともとは核武装論者なんだから、この男にとっては原発ってのはそのためにも重要なファクターなはずなんだよね。二枚舌猪八戒のようなヘタレとは違って、巧妙な二枚舌使いますから、だまされないようにしなくっちゃと思う今日この頃なのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

「五年後か十年後か二十年後か分からないが、恒久的な原発依存度をゼロにする」っていうことは、「ある時払いの催促なしよ」って言ってるようなもんです。

 体調6mのアメニシキヘビに飼い主が襲われて死亡。不謹慎ながら、映画『アナコンダ』を思い出しちまった。
 
 ところで、二枚舌猪八戒・枝野君がまた変なこと口走っている。「原発が一瞬ゼロになる」だと。ようするに、大飯原発再稼動が思惑通りにいきそうもないので、5月5日の泊原発停止までには間に合わないってことなんだね。それを、「一瞬ゼロ」って言ってるんだが、ま、お得意の言葉遊びです。それにしても、沢木耕太郎の『一瞬の夏』のもじりかと勘ぐっちまったぜ。
 
 で、「五年後か十年後か二十年後か分からないが、恒久的な原発依存度をゼロにする」ともぬかしている。おそらく二枚舌野郎としては、「恒久的な原発依存度をゼロにする」っていうところを強調したかったんだろうが、「五年後か十年後か二十年後か分からないが」なんて三百代言にありがちな予防線を張っちゃったおかげで、墓穴掘っちゃいました。つまり、この発言の意味ってのは、「ある時払いの催促なしにしてくれ」ってことなんだね。支持率が20%台の信頼性皆無の内閣がよく言うよ、ってなもんです。

 そもそも、「何年後になるかわからないけど」ってのは、およそ政策とは呼べません。お役所言葉の「善処します」と同じで、その真意は「やる気はない」ってことなんだね。しかしまあ、そんな悠長なこと言ってる間にも、福島第一原発2号機ではまたしても温度計がいかれたようで、4号機の冷却停止だって復旧したとはいうもののこの先の保証は何もないんですからね。

 朝日新聞によれば、ノダメ君は、東日本大震災後の原子力災害対策本部会議で、「東電の株価急落を懸念し、『(東電を)弱める発言は控えてほしい』と発言していた」そうな。当時、ノダメ君は財務大臣だったんだが、「メモを総合すると、会議で野田財務相が『東電に国有化の話が出て、株価がストップ安に。株主60万人のうち、59万人ほどは個人で、経済への影響も大きい。東電を弱める発言は控えてほしい』と、東電への批判を牽制(けんせい)」してもいたんだと。

 この会議は、去年の3月31日のことなんだそうだが、その前日の30日には東電の会長の勝俣が「このままだと東電の存続が危うい」って脅しかけてたっていうから、語るに落ちたとはこのことです。霞ヶ関と財界に顔向けた「政治の・ようなもの」をゴリ押しするのは、ノダメ君にとっては習い性みたいなもんなんだね。だから、どんなにまわりから批判されても、何の痛痒も感じることなく、蛙の面に小便でやり過ごせるわけです。

 憲政史上最低の総理、という言葉があるけど、腹痛アベもひょっとこアソーも「これ」でやめたウノも、さすがにノダメの前では顔色なしの月曜の朝である。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

枝野曰く、「これからも原発は重要な電源として活用」だとさ。この二枚舌野郎。

 大飯原発再稼働をノダメ+3悪人+1ゴロツキが勝手に決めて一夜明けた昨日、TVの報道番組はどんな特集を組んでくるのだろうとなかば期待もせずに興味津々で各局チェックしていたのだか、凄いことになってました。どこもメインのテーマは北朝鮮のミサイルもどきについて。それに加えて、木嶋裁判の死刑判決もあり、さらに間の悪いことに祇園での暴走殺傷事件があったから、それほど苦労しないでも原発再稼働隠しのスピン報道は成功したってことか。ちょうと期待していたTBS『報道特集』も、メインは北朝鮮だったからね。これが、3.11を経験し、いまだに福島第一原発事故収束のメドが立たないどころか、いつ4号機が崩壊してもおかしくない日本のジャーナリズムの現状ってことです。

 で、福耳猪八戒・枝野は、早速に福井入り。県知事に「理解」を求めたってんだが、さすがに「ああ、そうですか」ってわけにはいかない。「関西圏の理解も必要だから、そこんとこよろしく」って切り返されちゃって、とりあえずの顔見せ興行は終了。おおい町の町長も、再稼働の方針が決定した直後には、「まだかまだかと待ってました」と欣喜雀躍していたんだが、福耳猪八戒にはうれしさを押し殺しながら「国からちゃんと住民に説明してちょうだいね。わしらに結果責任押しつけられちゃかなわんからさ」って言ったとか言わないとか。ようするに、万が一事故が起きたら、「国に責任とってもらいますぜ」ってことを暗に言いたかったんでしょう。

 福耳猪八戒はといえば、「これからも原発は重要な電源として活用」なんていらぬこと口走っちゃって、東京新聞に「二枚舌野郎」(脚色くろねこ)とからかわれる始末。ま、この男は三百代言ですから、「いま依存している電力だから、原発が重要なのは当然」とわけのわかんない言い訳して、「一日も早く、原発に依存するこの状況から脱却する方針は全く揺るがない」ってぬかしてます。

 思えば、「二枚舌」ってのは、スッカラ菅君以後の民主党の得意技なんだね。なんでもかんでも、ご都合主義で、特にノダメが代表になってからは、政治をしているんじゃなくて、「政治ごっこ」してるだけなんです。だから、「ダブルスタンダード」は当たり前。自分の言葉に自分で酔っちゃうから、その場しのぎの無責任な意見がポンポン出てきます。亡くなった森田芳光監督の最高傑作である映画『の・ようなもの』です。つまり、こやつらは「政治家の・ようなもの」で、「政策の・ようなもの」をひたすらもてあそんでるんですね。いつまでたっても、松下政経塾のカリキュラムの中でやってた「政治ごっこ」のレベルなんですね。

 スッカラ菅君なんか、東京新聞のインタビューに応えている暇あったら、さっさっと「脱原発依存」のために民主党を割るくらい力技見せてみろってんだ。それは、オザワン・イチローにも言えることで、昨日も書いたけど「脱原発」を目指すすべての国会議員にも言えることなのだと確信する今日この頃なのであった。

【くろねこの競馬予想】

 牡馬クラシック第一弾、皐月賞。なんといっても昨日の雨で渋った馬場がどこまで回復するかがポイント。相当なドロンコ馬場になってたから、どうやっても重に近いやや重の馬場っところでしょうか。となると、良馬場条件で狙っていたマイネルブロストにはちょいと不利か。重馬場上手のコスモオオゾラ、シルバーウエイブなんてところが浮上してくるかもしれない。

 で、本命は迷いに迷ってワイルドエース。出遅れて後方一気も届かずっていう心配はあるが、なんといってもそのスピードと切れは抜けている。相手には、ゴールドシップにグランデッツァ。まとめて負かすとしたら、馬場も味方しそうで、前残りのディープブリランテ。
◎ワールドエース、○ゴールドシップ、▲グランデッツァ、△コスモオオゾラ、シルバーウエイブ、特注ディープブリランテ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

原発再稼働に、多くの国会議員は傍観者面するだけで、なんで立ち上がらないのだろう。

 それにしても、聞く耳を持たない人たちだこと。大飯原発再稼働を決定したノダメ+3悪人+1ゴロツキとその他の原子力村の住人たちのことです。これからは、地元と周辺地域の首長の判断が大きな意味を持ってくるのだろうが、おそらくどいつもこいつも結果としては「理解」を示してシャンシャンてことになるに違いない。京都や滋賀の知事もいまは不快感を表明したりして取り繕っているけど、もう政治家なんてのは信じちゃいけないね。だって、昨夜の原発再稼働のニュースがあってから、断固として再稼働反対を叫んで立ち上がった政治家なんて一人もいないもんね。ごまめの歯ぎしり・河野君なんか、いま立ち上がらなくてどうする。昨夜の官邸前の抗議集会に参加した議員なんていないんじゃないの。

 反面、ここぞとばかりに、お子ちゃま市長は民主党批判を声高に叫んでいる。選挙目当てのパフォーマンスにすぎないと思いつつも、この期に及んでも何も行動を起こさない「脱原発」を主張する国会議員に比べれば、ナンボかマシだと思いたくもなろうというものだ。イチロー君なんて、何してんのかね。原発に関しては、ほとんど何も語っていないけど、ダンマリ決め込んでる場合じゃないんじゃないの。

 こうなったら、すべての国会議員と首長に「脱原発」か「原発推進」かのアンケートをとるべきなんだね。そして、旗幟鮮明にしたところで、ちゃんとした議論をすべきだと思う。国民ひとりひとりの意識の問題だ、なんて政治家には言わせない。オメーらがまず目の前の政治課題について立場を鮮明にして、その結果についてはしっかりと責任をとるのが筋ってもんだ。自己責任ってワンフレーズソーリ以来良く言われるが、それこそいまの政治家に一番欠けていることなんだね。皮肉なもんです。

 今回の再稼働にあたって、福耳猪八戒・枝野は、聞き捨てならないコメントをしている。曰く、「(福島第一原発事故では)早朝からの停電で人工呼吸器など生命維持に必要な機器が停止する可能性があった。電力不足が社会の弱者に深刻な事態をもたらすことを痛感した」とさ。いやだねー、「直ちに健康への影響はありましぇん」なんてぬかして、多くの国民を被曝させたヤローに言われたかあねえや。ていうより、社会的弱者を引き合いに出すその臆面のなさに、こちらが赤面してしまう。こやつは、「今年は猛暑の可能性がある」なんてこともぬかしているが、オメーは気象予報士か、ったく。

 しかしまあなんですね、これだけの重大な政府方針を、最高責任者であるノダメは記者会見も開かず、お帰りになったようで。何が「熟議の国会」だ。ちゃんちゃらおかしくて、泣けてくらあ。五千万歩くらい譲って、再稼働に理があるとするなら、それを丁寧に国民に説明することこそ、宰相としてなすべき態度というものだろう。もっとも、こんな当たり前のことがわかってたら、もう少しマシな政権になっていたか。こりゃ、失礼しました。

 それにしても、何度も言うけど、なんで政治家どもは、指をくわえて傍観者面してるんだろう。原発再稼働もヘタレだけど、何の意思表明もしない政治家どもの存在も鬱陶しいったらありゃあしない雨の土曜日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

福島第一原発4号機燃料プール、冷却停止&原爆(原発)を許すまじ

 大山鳴動鼠一匹も出ずに、北朝鮮のミサイルもどきは打ち上げに失敗したようだ。CXの小倉餡の『とくダネ!』は、あたかも敵が攻めてくるかのような臨戦態勢の番組構成で、石垣島から中継していたアナウンサーの兄ちゃんなんか、ミサイルもどき発射の報に、石垣島の様子はどうですかと聞かれて、「皆さん、慌てふためくこともなく云々」てなリポートしとりました。いやあ、「慌てふためく」とは恐れ入谷の鬼子母神です。ミサイルもどきが発射されたからって、石垣島をターゲットにしてるわけじゃないんだからね。

 そもそも、今回の打ち上げについては、どんな軌道を飛んで、どこに切り離したロッケットの一部が落下するか、っていうのは、北朝鮮があらかじめアナウンスしてるんだからさ、なにもをそんなに騒いでるのってのが本当のところなんですね。しかも、PAC3まで持ち出しちゃってさ。自衛隊にとっては、失敗してくれてよかったんじゃないの。もし打ち上げに成功しのはいいけれど、軌道を逸れて万が一にも破片か何かが落ちてきちゃったら、赤っ恥かいてたと思うよ。なんてったって、PAC3じゃ、どうやたって落下する破片を打ち落とすことなんかできないんだから。ま、戦争ごっこやって、自衛隊の存在感をアナウンスできたってことで、おそらく「ホッ」としてることでしょう。

 そんなことより、福島第一原発4号機の燃料プールが、冷却停止になってることの方が大問題だ。北朝鮮のミサイルもどきのニュースは、絶好の隠れ蓑になっちゃったね。相当ヤバイことなんだよね、4号機の冷却停止ってのは。そんなことがあったっていうのに、ノダメ+3悪人たちは、昨日の夜も大飯原発再稼働について協議してたそうだ。「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」ってTVCMがその昔にあったけど、「恐い原発」を、「そんなに急いで再稼働して、どこへ日本を持って行こう」としてるんだろう。

 近頃つくづく思うのだが、ノダメ君にしろ、福耳猪八戒にしろ、モナ細野にしろ、父親は兵隊にとられた世代ではないんだよね。ノダメ君の父親が自衛官ってことはあっても、それは意味が違いますから。つまり、親から戦争体験てのを教わってないんじゃないかと思う。だから、原爆の恐さなんかも頭の中ですら理解できてないんじゃないかな。それならそれで「戦争を知ろうとしない子供たち」にならないように自分で勉強すればいいんだけど、ま、職業で政治家になるような奴らだから、そんな真摯な思いはないんだろうね。というわけで、彼らに捧げます。「原爆を許すまじ」の唄を。「原爆」を「原発」に置き換えて歌ってみやがれってんだ。

・原爆を許すまじ

「原爆を許すまじ」

浅田石二作詞・木下航二作曲

ふるさとの街やかれ
身よりの骨うめし焼土
(やけつち)
今は白い花咲く
ああ許すまじ原爆を
三度
(みたび)許すまじ原爆を
われらの街に

ふるさとの海荒れて
黒き雨喜びの日はなく
今は舟に人もなし
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を
われらの海に

ふるさとの空重く
黒き雲今日も大地おおい
今は空に陽もささず
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を
われらの空に

はらからのたえまなき
労働にきずきあぐ富と幸
今はすべてついえ去らん
ああ許すまじ原爆を
三度
(みたび)許すまじ原爆を
世界の上に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

関電の夏の電力不足は、時間にしてたったの58時間、全体の2.8%にしか過ぎないってさ。

 国会では党首討論があったようだが、なんかニュースの映像見てても、お互い談合のうえでの「激しいやりとり」を演出しただけで、肝心要の原発再稼働については口の端に上ることもなくスルー。みんなの党のすっとんきょう・渡辺君がチラっと触れただけで、いまどきの政治家ってのは、床屋政談ほどにも問題意識がないってことだけがよくわかったのであった。

 で、夜にはスマトラ沖でマグニチュード8超の地震が2度も立て続けに起こり、ちょいと心配な状況。ここは2004年の大津波を引き起こした地震以来、連鎖的に揺れ動いている地域なんですね。今回の地震も2004年のマグニチュード9.1の巨大地震と何らかの関係があると気象庁は説明しているんだが、東日本大震災の震源域の沖合いでも同じような地震(アウターライズ地震と言うらしい)が起きる可能性があるってんだから、そうなったら福嶋第一原発は壊滅状態になって、日本沈没もないわけじゃない。

 そんな危機的状況に陥る可能性がなきにしもあらずってのに、命知らずの原子力村の皆さんは原発再稼働に向けてエンヤコラやってんだからご苦労さんなことです。それでも悪いことはできないもので、再稼働の理由付けとなっている電力不足が実は嘘っぽいってことがばれちゃいました。なんでも、関西電力の今年の夏の電力不足ってのは、時間にして58時間、全体の2.8%にしか過ぎないんだとか。関電が公表したデータからはじきだした数字だそうだが、ていうことは最大で20%超の電力不足で「再稼働ないと大規模停電だよ」っていう脅しには何の根拠もなかったってことになるね。オバサン顔の官房長官まで国民を脅してたんだから、こりゃあ、何らかの責任とってもらわにゃなるめえ。責任者を出せ、責任者を!!

・中日新聞 CHUNICHI Web
関電、今夏の電力不足は58時間

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年4月11日 (水)

「再稼働なければ大規模停電」と脅す官房長官&原発再稼働の裏で仙谷がチラチラ。

 石垣島ではPAC3を持ち出して、なにやら戦争ごっこの気配。で、それに呼応するかのように、武器輸出三原則をなし崩し的に緩和して、武器共同開発をイギリスと合意だと。いずれ、こうした流れは憲法改定へつながっていくんでしょうね。つい先日、自民党の次期公約原案が発表されたが、原発については結論を先送りしたくせに、消費税増税とならんで憲法9条改定、自衛軍の創設、国旗・国歌の尊重規定なんて文言がピッカピッカ光っている始末だ。現行憲法破棄しちまえなんてオットロシーことを平気で口にするレイシスト知事やそもそも核武装論者のお子ちゃま市長が大手振ってるいま、大連立なんてのが実現したらそれこそ戦前以上の翼賛体制ができあがって、いつか来た道をひた走るようになるかもしれないと夜も眠れない今日この頃なのだ。

 ところで、オバサン顔の官房長官が、原発再稼働しない時には、この夏の計画的節電を要請することになるよ、とぬかしたってさ。「再稼働しなければ、大規模停電」になるよ」って脅してるわけです。関電と手を組んで、国までもが国民脅してどうする。お子ちゃま市長たちが提案した、原発再稼働のための8条件についても、このオッサンは「支離滅裂」とかぬかしたようだが、支離滅裂なのはオメーらだろう。原発再稼動について地元の同意は法律で義務づけられていない、なんてのはその最たるもので、ま、ひとのことをとやかく言う資格はこいつらにはありません。

 大飯原発再稼働については、どうやら中部縦貫道と新幹線が絡んでいるんだってね。なんでも、中部縦貫道の整備計画で124億円の予算がついたんだそうな。で、新幹線は敦賀まで延長するということで福井県と話がついてるとか。ということは、福井県知事の大飯原発再稼働への慎重姿勢ってのは、ポーズってことなんでしょうか。「新基準」と「工程表」が了承されて、近々福耳猪八戒・枝野君が頃合を見計らって福井県知事に説明に行って、知事もこれならってんで理解をしめして再稼働って手筈になってるんじゃなかろうか。おそらく、そうでしょう。

 昨日のエントリーで、原発再稼働協議にゴロツキ仙谷が参加しているのは解せないて書いたんだが、東京新聞が1面トップの大見出しで、「「チーム仙谷」再稼働主導」「首相・閣僚4者協議 形だけ」と報じている。やっぱりね、です。

・東京新聞 TOKYO Web
「チーム仙谷」再稼働主導 首相・閣僚4者協議 形だけ

 それにしても、原発再稼働に関して、TVも新聞もとんと無頓着なのはなぜなんでしょう。石垣島の戦争ごっこに比べたら、原発再稼働のほうが喫緊のテーマだろうに。それに、演歌歌手とプロダクション社長のスキャンダルが勃発して、なんやしらん大騒動してますからね。芸人の洗脳騒動の次はこれかい。なんて間がいいんでしょう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

子供の夏休みの計画表みたいな工程表で、原発再稼動していいわきゃない。

 ダルビッシュ、初回に4失点。ちょいとホロ苦いデビュー戦となっている。どうにか立ち直ってほしいのだが・・・。

 さて、とうとう原発再稼動が現実味を帯びてきた。みんなで示し合わせて、安全の「新基準」とそれに対応する「工程表」をデッチ上げ、ノダメ+3悪人がそれを了承しちゃいました。不思議なのは、この協議にゴロツキ仙谷がオブザーバーとして出席しているんだが、これもおかしな話だ。ま、それはともかくとして、この「工程表」ってやつは、原子力安全・保安院が審査したってなってるんだが、記者会見で「保安院が作った安全対策が、関電の工程表に記載されているかの確認だけ」って説明しているのにはぶったまげました。つまり、安全対策を施すための具体的な工程表ではなくて、「こんなこと考えてます」っていう「予定表」みたいなもんなんだね。小学生の夏休みの計画表のレベルです。

 これで原発の安全確認しましたっていう政治家の頭の中って、どんなアホな構造になってるんだろう。恥ずかしくないかね。これがまやかしってのは、おそらく大多数の国民は知ってると思うのだが、それにもかかわらず強行しようとする理由ってなんなのだろう。もはや、破れかぶれの心境なんだろうか。それとも、そんなことにも気づかない、ただのパープリンなのか。

 「工程表」提出にあわせて、関電は今年の夏の電力不足を声高に叫んでいる。一昨年のような猛暑だと、最大で23.3%の電力不足になるっていうんだが、その根拠となると極めて不透明で、片方では「電力融通」や「企業向けの計画停電」を上手に実施すれば、電力不足にはならないという意見もある。それに、電力不足といったって、真夏のピーク時のほんの数時間の話なんだよね。ひょっとしたら、ピーク時にテレビ放映中止するだけでも効果があるんじゃないの。甲子園の高校野球も、この際だから秋に延期したらどうだろう。つまり、いろんな節電方法ってあるわけで、電力不足だから原発再稼動っていう短絡した考え方してたら何も始まらないんだね。本当なら、泊原発が停止する5月5日を全原発停止の日として、これからのエネルギー政策を語るきっかけにすべきなんだけど、ノダメ一派からはそんなヴィジョン聞いたことないからなあ。

 しかしなんですね、「政治判断」ってことは、「愚民どもが何と言おうと、俺たちがやるっていったらやるんだよ」ってのが本音なんでしょう。なんか、日本がスゲーことになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年4月 9日 (月)

テレビ朝日に牛耳られた朝日ニュースターの堕落ぶり&関西電力組合が「原発再稼動不可欠」と民主党議員に通達。

 CSの朝日ニュースターがテレビ朝日傘下にドップリとおさまって、4月1日から新たな番組編成で放送を開始しているのだが、なんとも見るに耐えない堕落ぶり。おりしも、地上波は番組改変期お決まりのくだらない特番を垂れ流しているけど、朝日ニュースターの堕落振りってのも地上波のオバカなTV屋さんのそのまんまのヘタレなセンスでコンテンツを作ってることに原因があるんだね。特に、プロ野球が始まってからは、プライムタイムはすべて野球中継と海外のサッカーが主体で、まるでスポーツチャンネルです。スポーツがメインのコンテンツという時代遅れのセンスは、さすが地上波のTV屋さんのやりそうなことです。そのうち、バラエティ番組なんかも始まるかもしれないね。

 ひどいのは、CSだけではありません。BSなんて、韓流ドラマと通販番組のオンパレードですから。つまり、地上波のTV局が、BSやCSの特性なんてのを分析したことなんて爪のアカほどもないってことがよくわかる。実は、視聴者はそんなTV屋さんたちのセンスを見限って、ずっと先を歩いていることに気付いてないんですね。でなけりゃ、朝日ニュースター買収して、スポーツ中継垂れ流すなんてアホなことは恥ずかしくてできるわけがない。こうした電波の無駄遣いやりながら、地上波では自分たちの都合のいいニュースを垂れ流して世論操作しようとしているんだから、、一刻も早くクロスオーナーシップ禁止を法制化して、電波オークション制度を導入すべきなんだよね。テレビ朝日が朝日ニュースターを傘下におさめたっていうのは、もしかしたら既得権益にどっぷりつかった地上波のTV局にとって、その独自のスタンスが脅威になりそうだったから早めに芽をつぶすためだったのかもしれない。

 さて、関西電力がいよいよ大飯原発再稼動に向けて、具体的に動き出したようだ。今日にも、「新安全基準」に対応した「工程表」ってのを出すらしい。で、その「工程表」をノダメ+3悪人が協議したふりして、再稼動に踏み出そうっていう魂胆なのだろう。泥縄で作成した「新基準」に、あっというまに対応できちゃうってのは、前から口裏合わせがあったんだろうね、おそらく。でなけりゃ、いままで原発の安全性について何も考えてこなかったパープリンな電力会社がこんなに短期間に「工程表」作れるわけないもんね。つまりは、その程度の「新基準」であり、「工程表」ってことなんだね。

 パープリンな電力会社は、組合もやっぱりパープリンでした。関西電力労働組合が、「原発再稼動は不可欠」と書いた文書を民主党の議員に送りつけていたんだとか。ようするに、組合の支援頼みの議員が多い民主党に圧力かけたってことです。福島第一原発が事故って、放射性物質はいまだ漏れ続け、4号機の使用済み燃料は風前の灯で、使用済み燃料の処理にいたっては世界中がお手上げ状態だっていうのに、組合からしてこうだもんね。あくまでも希望的観測でしかない「工程表」を判断材料にして原発再稼動しようってのは、もはや狂気の沙汰でしかありません。

・東京プレス
関西電力労働組合が「原子力発電所の再稼働は不可欠である」との文書を民主党議員らへ送付し圧力か

 昨日のNHK特集で、メガ地震が連鎖的に起きる可能性がある、と報じていたが、ていうことは、地震の巣である日本では、それに伴って原発事故も連鎖して起きる可能性が大ってことです。これはもう、命あってのモノダネ、なんていってる場合じゃないんだね。本性なら力づくでも再稼動なんて止めなくちゃならないんだが、このまま行くとそのうち法の埒外で結論出す動きが出てくるってこともあるんじゃないかと妄想するくろねこであった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2012年4月 8日 (日)

亀井静香、代表印は死守。政党交付金は誰の手に&郵政民営化法改正案にアメリカがいちゃもんつけている。TPP参加交渉に影響出るぞ、だとさ。

 昨日は、『愛川欽也パックインニュース』がインターネットのkinkin.tvで放送開始。番組内容はこれまでの『パックインジャーナル』と特に変わったことはないのだが、番組の途中で流れるkinkin.tvのコマーシャルが笑える。ビッグバンドの前でタクトを振る愛川欽也が「ウー、ワオ」とマンボ風に唸るだけなのだけど、怪しげなペレス・プラードってな風情でなかなかにいけている。ちょいと、『ゲハゲバ90分』のショート・ギャグを思い出しちまった。地上波で、kinkin.tvのTVCMとして流したら案外受けるかもな・・・。

 国民新党のお家騒動は、政党交付金をめぐってもうひと波乱ありそうな雰囲気。寝ぐせ男・亀井君が代表印持ったままで、登記上は亀井君が代表のままなんだとか。で、数億円といわれる政党交付金を受け取るには、党の法人登記書類の添付が必要で、当然亀井君は乗っ取り犯たちにら協力はしないから、この金が宙に浮いちまうというわけです。自分たちが離党して新党作るのやめたのは、この濡れ手で粟の大金が目当てだったんだから、そりゃ、乗っ取り犯は慌ててることでしょう。このまま寝ぐせ男・亀井君が代表印持ったままだと、どうなるんだろう。裁判沙汰になって、乗っ取り犯の正当性を問われるようなことになったら、消費税増税方案の閣議決定というのも怪しいものになってくる。つまり、閣議決定の時点ではまだ亀井君が代表だったということになれば、代表が連立離脱って言ってるのに、地味君が勝手にサインしたってことになるわけで、ちょいと面白い展開になりそうなんだけど、果たして結末やいかに。to be continued・・・。

 ところで、郵政民営化法改正案に、アメリカがイチャモンつけてきています。そもそも、ワンフレーズソーリの小泉君と腰ぎんちゃく竹中君が目論んだ郵政民営化ってのは、かんぽの金融資産にアメリカが手をつけやすいようにするためのものだったんだから、いまさら後戻りされても困るってことです。というわけで、こんなことしてると、TPP交渉参加協議に影響が出るぞ、って脅しかけてきているわけです。軽自動車の規格に文句垂れてきた時と同じですね。けっこうじゃありませんか、そこまで内政干渉されてまでTPPに参加する意義なんてありゃあしないんだから。

 しかしなんですね、あれほど郵政民営化を声高に叫んで、反対する議員を追い出した自民党が、いまではコロっと態度変えて郵政民営化法改正案には賛成しちゃってるんだから、政治家なんてものを信じちゃいけません。で、追い出された亀井君や綿貫君が作った国民新党が、いまやお家騒動で崩壊。消費税増税にひっちゃきになってる民主党も、来年の今頃には影も形なくなっているかもね・・・。

【くろねこの競馬予想】

 さあ、いよいよクラシック・シーズン到来。第一弾は桜花賞。本来なら、2歳女王のジョワドヴィーヴルが断然のはずが、トライアルのチューリップ賞で3着に敗退。で、俄然、混戦模様に。というわけで、勝ってもおかしくない有力馬は5、6頭はいる。そのなかで、狙ってみたいのが、栗東に長期滞在しているイチオクノホシ。前走のフィリーズレビューではいいところなく4着に負けたとはいえ、1400mのよどみないレースはそもそも向いていません。その割には人気がガクンと下がって、ここは狙い目。相手には熱発で前走は度外視のジォンティルドンナ。大穴なら、メイショウスザンナの一発。
◎イチオクノホシ、○ジェンティルドンナ、▲ジョワドヴィーヴル、アイムユアーズ、サウンドオブハート、ヴィルシーナ、メイショウスザンナ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

「暫定基準」がいつのまにか「新基準」のまやかし&朝日VSお子ちゃま市長の場外乱闘

 国民新党の醜い乗っ取り劇は、哀れですらある。寝ぐせ男・亀井君も、ちょいと脇が甘かったね。消費税増税反対という筋の通し方に「正義」があるとはいうものの、財務官僚に媚薬嗅がされちゃった沖縄基地利権野郎一派に足元すくわれるようじゃ、新党云々なんていってる場合じゃないだろう。レイシスト知事なんかは、定例の記者会見で、「仲間に追い出されたんだから、自業自得でしょ」てな嫌味言ってたくせに、夜になったら立ち腐れの平沼君も含めた3人で酒かっくらってんだから、この爺さんたちの関係ってのも淫靡なものがあります。それにしても、立ち腐れの平沼君てのは、記者のインタビューにどうしてああも偉そうな態度するかねえ。所詮は、性根は小物ってことなんでしょぅか。

 さて、大飯原発再稼動に向けての新たな安全基準をノダメ+3悪人が正式決定したってね。東京新聞の1面には、「電力会社任せ新基準」って文字が踊っている。でも、なんかおかしくないか。確か、昨日までは、「暫定基準」って言ってたように思うのだが・・・。それが今朝になったら「新基準」ってか。で、この「新基準」てのが、すべての原発の再稼動に摘要されるそうな。スゲーな、たった2、3日でインスタント・ラーメンみたいに作った「新基準」が、これからの原発の「安全基準」の指標になるって言うんですから。

 福耳猪八戒・枝野君は、再稼動後に重大な事故が起きたら、「政治的な責任は間違いなく、この4人が負う」ってぬかしたそうだが、「政治的責任」ってのがミソです。ようするに、「その時は議員辞めりゃあいいんでしょ」って言ってるだけなんですね。「責任取る」ったって、土台個人が責任取れるようなもんじゃないんですから。ま、「責任取る」ってんなら、具体的にどんな形になるのか説明しなくちゃね。たとえば、「刑務所に入る覚悟です」とかさ。おっと、そんなこと言ったら、福島第一原発事故の責任者たちにも刑務所に入ってもらわなくちゃなんないから、まずいっすよね・・・。

 ところで、朝日新聞の社説が、このところとことんメルトダウンしてるみたいです。そんな朝日の社説にツイッターで噛みついたお子ちゃま市長の橋↓君に朝日が反論したら、数倍のツイッターの嵐で反撃されちゃいました。そもそもは、4日の朝日の社説「小沢流―民主主義が泣いている」に対して、お子ちゃま市長が大批判をツイッター上で繰り広げたのが発端で、朝日はどうするんかいなと思ってたら、昨日の夕刊のコラム「窓―論説委員室から」で恵村順一郎なる記者が挑発したから、さあ、大変。お子ちゃま市長の口八丁が始まったというわけです。ちなみに、このコラムは、朝日新聞のWEbサイトでは有料ですから読めません。というわけで、全文引用します。

(これより引用)

「窓」―橋下さんへの返信
  
 「小沢先生が民主党の決定に従わなければならないという朝日新聞は狂っている」。橋下徹大阪市長からツイッターで切りつけられた。
 4日付の「民主主義が泣いている」という社説についてだ。消費増税に反対する小沢一郎元代表のグループが、党や政府の役職の辞表を出したことをいさめる内容だ。
民主党は政権交代をした総選挙で消費増税を訴えなかった。有権者や野党が野田政権の増税路線を批判するのは当然だ。だが、民主党の議員は違う。野田首相を選んだ党代表選や、長時間の論議で結論を出した以上、それに従うのが党内民主主義のルールだ。そんな趣旨である。
 橋下氏はこれがいたくご不満のようだ。「君が代起立斉唱条例は維新の会のマニフェストに書いていない!と朝日は批判していた。消費税のことは、民主党のマニフェストに書いていないどころか、消費税を上げないと民主党は言っていた」
 その通りである。だが、そのことと、小沢氏らの言動は別の話だ。民主党でも大阪維新の会でも、党員なら政党として手順を踏んで決めた結論には従う。それが党内民主主義だ。他方、その結論を党外の市民や野党、報道機関が厳しくチェックするのも当たり前の民主主義だ。
橋下さん、これでも朝日は狂っていますか。〈恵村順一郎〉

(引用終わり)

 はい、狂ってます。で、お子ちゃま市長は当然、ツイッターの波状攻撃で爆弾落としたというわけです。マニフェストではしないと言っていた消費税増税に躍起になる民主党を支持する朝日新聞に対する反撃の中で、お子ちゃま市長はこんなことをつぶやいてます。

多数が決めた決定でも無効の場合がある。それが民主主義です。君が代起立斉唱条例については最終的には最高裁が有効無効を判断する。そしてその規範は憲法だ。朝日の論で行くと国会で決定された法律にはどんな文句も言わず従わなければならないことになる。それは違う。

 まったく正しい。「君が代起立斉唱条例」なんてのはそもそもクソだけど、最後は憲法判断になるんだよ、ってところはその通り。だからこそ、お子ちゃま市長は憲法改定に躍起になるんだろうが、ま、それはともかく、政党にとってその憲法にあたるのが「マニフェスト」だとつぶやいている。

選挙であらゆることを国民に約束はできない。当初約束していなかったことでもやらなければいけないことはある。それが政治だ。しかし明確に消費増税はしないと言い切った民主党は、それは守らなければならない。それは民主主義の最低限のルールだ。

 これもその通りです。消費税増税に関して、かつて朝日は社説でマニフェストにこだわるなと煽っていたことがあったが、んなことしてたら政治ってなんでもありで、詐欺まがいのことが罷り通っちまうんですね。さすがに、それはないだろう、っていう正論をお子ちゃま市長はつぶやいているわけです。ま、お子ちゃま市長もその詐欺師の仲間でないことを願うばかりですが・・・。

 お子ちゃま市長のつぶやきは、「朝日新聞 読後雑記帳」さんが書き起こしてくれているので、ご一読を。

・朝日新聞 読後雑記帳
朝日社説vs橋下市長の場外乱闘観戦記速報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

原発再稼動にあたっての「地元の同意」は法律で義務付けられているわけじゃない・・・そうです。こういうのを「腐れ外道」と言います。

 昨日は、夜遅くから白金で打ち合わせ。当然、飲みが入ってのことで、気がつけば12時をまわり、急な雨にビックリ。結局、タクシーで午前様となったのであった。

 で、朝もはよから我が家のドラ猫の起きろコールに寝不足気味の目をコスリコスリ新聞開けば、原発再稼動に向けた「暫定基準」をノダメ+3悪人が了承したという見出しが。昨日も書いたけど「暫定基準」なんてものは、単なるデッチ上げみたいなもんで、ようは泊原発が停止して全原発が止まっちゃう前に、何が何でも大飯原発再稼動しちゃえっていうアリバイ作りみたいなもんです。

 原発の安全性(そんなものあるわきゃないんだけど)を担保するためのフィルター設置とか放射性対策を施した免震施設の建設といった時間のかかる対策は、とりあえず「やるつもりです」って電力会社が約束したらOKってんだから、馬鹿にするにもほどがあろうってものだ。「今回、政府が示した基準は、こうした状況(不十分なフィルター対策など)はできる限り早く解消するよう電力事業者に求める。ただし、フィルターなどが整備されない段階でも再稼動は認められる。事故は起きないから、数年のうちに整備すればよい。これでは安全神話が少し形を変えただけ」と東京新聞は嘆いているが、嘆いているだけでは原発再稼動は止められないんだよね。

 再稼動に「不退転の決意」で取り組むために、これまで原発再稼動の条件としていた「地元の同意」ってのも、「法律で義務づけらけているわけではない」てなことをオバサン顔の官房長官が言い出している。むちゃくちゃでござりますがな、なんてのん気なことを言っている場合じゃない。しかしなんですね、事ここにいたっても、国会議員の先生たちから「原発再稼動阻止」の声がまったく聞こえてこないのはどうしたわけでしょう。「脱原発」の議連もいくつかあるってのに、どうしてもっとアグレッシブに行動しないのだろう。河野君も、このままだと本当の「ごまめの歯ぎしり」になっちゃいますぜ。

 CXなんか、今朝も小倉餡の『とくダネ!』で、大飯原発の地元、おおい町を取材して、イタンビューした地元のひと全員が原発再稼動に賛成、なんてヨタを流してたからね。こんな具合に、マスメディアは、原発再稼動をさりげなくアピールしだしてますから、おそらく大飯原発が再稼動になったとしても吾関せずって態度をとるに決まっている。

 それにしても、何日か前に、東京新聞が「民主党≒AIJ」と揶揄していたが、「最初からだます気は全くありません」と言い放った詐欺師社長と嘘つき体質&騙しのテクニックはクリソツです。原発事故がまた起こったら、「だます気ありませんでした」じゃすまないんだから、そこんとこよろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

「暫定基準」で再稼動して、もし事故ったら、「想定外」ってことにするつもりだよ、きっと。

 昨夜のNHK『クローズアップ現代』にノダメ君が登場。たっぷりと政府広報を垂れ流してくれました。放送法の第一条には、「放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること」ってあるのを、この際、お知らせしときますです。

 で、そのノダメ君は、原発再稼動の指針となる「暫定基準」をこの1、2日で決めるってんだが、こんな泥縄なことやっていて世界中に恥さらそうってんだから狂っちゃってます。しかも、たとえば緊急時にベントした時に放射能が散らばらないためのフィルターなんかは、設置に時間がかかるから「暫定基準」には含まないんだと。つまり、こうした措置を義務づけちゃうと大飯原発再稼動に間に合わないからなんだね。

 オバサン顔の官房長官なんか、「一日二日、相当鉢巻きを巻いて(基準の策定を)やる」ってのたまっとります。福島第一原発が壊滅的な事故を起こしてはや1年。その事故原因すら皆目検討がつかないってのに、どうやって「暫定基準」作れるのかねえ、それも1日や2日で。こいつら、原発を舐めてるね。原子力学会をあげて、この愚挙に抗議すべきなんだろうけど、御用学者の皆さんは責任追及されるの嫌なもんだから貝になっちゃって、情けないったらありゃしない。

 「いまのところ原発再稼動には反対」とぬかした福耳猪八戒・枝野君は、近々、福井県知事に大飯原発再稼動についての説明にノコノコでかけるらしい。滋賀県などの周辺自治体には、お望みなら原子力安全・保安院を差し向けますから、なんてこと抜かしているようだが、さあ、滋賀、京都、大阪はどうするんでしょう。お子ちゃま市長は原発には厳しい態度をいまのところ見せているから、組合叩きのパワーを是非とも原子力村叩きに振り向けてほしいものだ。

 ところで、フランケン岡田君が、ノダメ君と関係閣僚による原発再稼動協議会の議事録は作成しないってぬかしてたんだが、いくらなんでもそりゃまずい、ってなったらしい。どうやら議事録は作成するらしいね。しかしまあ、一応副総理ってことなんだが、フランケンの言葉ってのは、まったく党内では重みがないんだね。どんどん情けない人相になっていくわけだ。

 高浜原発の立地地元である高浜町の2人の町議が関係する会社が、原発関連工事を大量受注してたことがまたばれちゃいました。この町議会では、副議長の会社も原発関連工事でボロ儲けしてたことがバレてる(「関電から3.6億円の工事受注して原発推進に狂奔する高浜町議会副議長の愚挙」)。ノダメ君が必死こいて再稼動しようとしている大飯原発のおおい町でも同じようなことがあったんだから(「おおい町町長の長男企業が関電から3億円の工事受注」)、こんな金まみれの地元に再稼動の同意求めても、それはシャンシャン手拍子足拍子てなもんです。

 話は戻るけど、それにしても「暫定基準」ていう発想はオットロシー。原発の安全に暫定もクソもあるかいな。で、事故が起きれば、あれは「暫定基準」だったから想定外、ってことで誰も責任とらないに決まってる。そもそも、「暫定」ってことは、「とりあえず」ってことですから、「とりあえず原発動かしちゃえ」ってことです。まったく、ノータリンなひとたちだこと。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年4月 4日 (水)

原発再稼動の閣僚協議会は「非公式な会合」で「物事を決める場ではない」、だから議事録作成しない・・・ってさ。

 「いまのところ再稼動には反対」と言ってみたり、「日本全体が地元だ」と言ってみたり、福耳猪八戒・枝野君はけっこう大見得切ったくせに、一夜明けたら微妙にニュアンスを変えて、「昨日の段階では事故報告書の一巡精査が終わっていないから反対って言ったんだよ」と態度を豹変。「地元」問題でも、「滋賀県と京都府知事の理解を得られなければ、地元の一定の理解を得たことにはならない」って言ってたんだが、次第に話が曖昧になってきて、記者に「地元の理解と同意はどう違うのか」って質問されたら、「辞書にあるとおりです」って薄ら笑い浮かべながら応えとりました。昨日のエントリーで、「福耳猪八戒・枝野君がハツキリ物言ったときってのは、後になって裏切られることが多いから、ま、注意が肝要でしょう」と書いたのが、その通りになちまった。

 で、昨夜は、ノダメ君と3悪人じゃなかった3閣僚が大飯原発再稼動の協議をした結果、再稼動は先送り。世間の風当たりは思ってた以上に強いから、ここはちょいと様子を見ましょう、ってことになったんだね。経産省としても、福耳猪八戒・枝野君の暴走発言(?)があったから、それを収束させてからでないとまずいぞ、って判断になったのかもしれない。それにしても、福耳猪八戒の「言葉のもてあそび方」ってのは、さすがに三百代言だけのことはある。その当たりは、お子ちゃま市長によく似てる。でも、今回の「理解と同意」のおためごかしについては、「馬鹿言ってんじゃないよ。理解も同意も同じだよ」ってお子ちゃま市長に一蹴されとりましたが・・・。

 ところで、フランケン岡田君が、原発再稼動に関する関係閣僚の協議会は、「法的な権限をないもたない非公式な会合で、物事を決める場ではない」から議事録作成の対象外ってぬかしている。スゲーな、原発再稼動の政治判断する協議会が、「非公式な会合」で「物事を決める場ではない」だとさ。じゃ、なんのためにこんな協議会つくったんだ。フランケン岡田君の言うとおりなら、この協議会が出した結論てのは、何の意味もないってことになるね。ただの茶飲み話ってことかい。今後、この協議会が政治判断ってことで原発再稼動決定したら、その正当性について是非ともマスメディアは議論しなくちゃね。このクソ発言は、けっこう重要な意味をもってるんだから。

 おそらく、フランケン岡田君は、情報公開したくないという思惑があって、議事録云々をつつかれる前に逃げ道つくっておこうっていうつもりなんだろうけど、さすがに「非公式な会合」とか「物事を決める場ではない」という屁理屈は通用しません。逆に、こんなあやふやな協議会に原発再稼動の政治判断なんかさせられません、っていう声が上がったって不思議じゃないのだが・・・誰もこの発言を突きませんね、今のところは。

 最後に、東電は契約期間後に値上げに同意しない企業には、電気供給しないよと脅しているのだが、どうやらこれも拒否できるそうな。そのカラクリを、河野太郎君がブログ「ごまめの歯ぎしり」で曝露しています。東電も馬鹿だけど、所管の経産省ってのも消費者を舐めてるよね。おそらく、こんなことはハナから知ってるはずです。いわんや、経産省の長たる福耳猪八戒・枝野君においてをや。

・ごまめの歯ぎしり
東電は電力供給を打ち切れない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

「公務員は国民に対して命令する立場」と訓示たれたお子ちゃま市長&「日本全体が地元」発言に口ごたえする越前ガニの敦賀市長

 今夜は大荒れの天気予報だが、朝からホンマかいなと疑うほどの好天。とはいえ、風は時折荒々しく吹いてるから、この青空は嵐の前の静けさか・・・。

 さて、昨日は大阪市職員の発令式で、お子ちゃま市長が「君が代を歌うときは気を付けの姿勢で」と新人に説教たれたそうだが、そんなことよりちょいと重箱の隅をつつきたくなるような訓示をたれておりました。曰く、「公務員たる者、ルールを守ることを示さないと。皆さんは国民に対して命令する立場に立つ。学生のように甘い人生を送ることはできない」だと。前半と後半は当たり前のことだけど、真ん中がいけません。「皆さんは国民に対して命令する立場に立つ」って、アホかこの男は。いつから公務員が国民を命令する立場になったのか。

 公務員ってのは公僕であって、パブリックサーバントなんですね。で、地方公務員は地域住民の生活に密着した事務を司るのがお仕事です。公務員試験Q&A集なんかには、地方公務員の仕事して、道路・公園・河川・海岸などの建設・管理業務、上下水道・電気・ガス・交通事業など公営企業の運営業務、学校・運動施設・図書館・公民館などの文化・体育施設の設置と管理業務、病院・診療所・児童福祉施設・老人施設・身体障害者施設などの福祉施設の設置と管理業務、生活保護などの各種援助・介護に関する業務・・・なんてのがあげられている。

 どこをどう解釈しても、国民に命令するお仕事はありません。重箱の隅のようではあるけれど、こうした発言をスルーするってのはちょっと間尺にあわないので、ちょいとつついてみたのであった。

 ところで、昨日の夕方、何気に国会中継を見ていたら、福耳猪八戒・枝野君が、「いまのところ原発再稼動には反対」てな意味の発言をしたのにはちょいとたまげた。さらに、「地元の合意」という場合の「地元」とはどこですねん、ていう質問に「どこかで線引きをして、内側さえOKなら大丈夫とか、外側は関係ないという性質ではない」てなことも言っとりました。最後には「日本全体が地元だ」とも口をすべらしたらしい。それにしても、ずいぶんと踏み込んだ発言だと思うのだが、福耳猪八戒・枝野君がハツキリ物言ったときってのは、後になって裏切られることが多いから、ま、注意が肝要でしょう。今日にも、大飯原発再稼動についてノダメ君と3悪人じゃなかった3閣僚が協議するようだから、その結果がどう出るかです。

 で、福耳猪八戒・枝野君の「日本全体が地元だ」てな発言を受けるような形で、敦賀原発を抱える敦賀市の市長が、「立地自治体が『地元』」だって口ごたえしてます。市長交際費で越前ガニ贈っちゃう神経の持ち主ですから、さもありなんてこってす。立地自治体以外も「地元」なんてことになったら、まとまる話もまとまらないからね。敦賀市長も「範囲が広すぎると収拾がつかない」と素直に認めてるんだから、何をかいわんやです。

 福耳猪八戒・枝野君の「地元」をめぐる発言は、原発再稼動にあたってとても大きな意味を持っている。枝野君と経産省との間で、果たしてどんな意見のすり合わせをしているのだろう。経産省とはお手てつないでの仲だけに、枝野君の発言の裏にはどんな仕掛けがあるかと、疑心暗鬼の朝である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

田代作文検事の異動が意味するものとは?&東京都などが東電に安値で売電

 くろねこも参加するナゾの市民団体「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」が虚偽有印公文書作成容疑などで告発した田代作文検事が、新潟地検から東京の法務総合研究所総務企画部付兼教官に異動になったようだ。検察にもいろいろ思惑があってのことだろうが、イチロー君の判決も近いことだし、これで本格的な取調べとなるのかどうか・・・。それにしても、教官って、何やるんだろう。捜査報告書の虚偽記載の仕方とかをレクチャーしたりして・・・ははは。

 ところで、レイシスト知事の息子が「小沢一郎切ったら、消費税増税法案に賛成してやるよ」ってぬかしているね。マスメディアは面白おかかしく伝えてるようだが、よく考えてみれば、これって大きなお世話どころか、他人の家に土足で踏み込むようなことじゃないのか。しかも、イチロー君は、なんだかんだあるとはいえ、公党の元代表で、有権者の支持があって当選した政治家だろ。その政治家を切って党内をまとめたら云々、なんてのは有権者に対する冒涜であると同時に、消費税反対という声に対する、ある意味、言論の圧殺じゃないの。こういう無礼で非礼で、知性のカケラもないクズ発言を、野党の第一党の幹事長がほざいたことを、誰も批判しないことが不思議でならない週明けの朝である。

 さて、電力にまつわるワンダーワールドがまたひとつ。なんでも、「水力発電所を運営する東京、神奈川、群馬、栃木、山梨の一都四県が、東京電力に随意契約で安く売電していた」(東京新聞)ってね。経産省の試算だと、もしPPS(特定規模電気事業者)を入れて競争入札にして、直近の市場価格で売ってたら、最大で年間117億円も利益が出てたんだとか。神奈川県なんか13の水力発電所があるらしいんだが、「電気を安く売れば、消費者の電気料金も下がる」って言い訳してるってさ。でも、実際の電気料金は、自治体が売った価格の3倍にもなってるっていうから、なんのことはない濡れ手で粟のボロ儲けさせちまってたんですね。

 実は、同じような問題は、「北海道や長野、富山、三重、京都など二十道府県と金沢市の計二十一の自治体でも起きている」とか。東京都は東電の大株主で、勘違い猪瀬君がひっちゃきになって東電と闘うそぶり見せているけど、裏では東電にとってこんなにもおいしい取引してんだから、まずは自分の足元から見直すことです。おそらく、電力会社にまつわる闇ってのは、くろねこのような愚民のあずかり知らないところで、深く静かに潜航してるんだろうなあ、と自嘲する今日この頃なのだ。

・東京新聞 TOKYO Web
東電に安値で売電 1都4県水力発電

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

「組合リスト捏造」は、あのひとの自作自演か!?・・・4月馬鹿の妄想ですから、よろしく。

 ようやく東京でも桜の開花宣言。思えば、去年の今頃は、「花見統制令」が出されて、クラ~イ気持ちになっていたであった。で、ドバイからも「サクラ咲く」の吉報を期待していたのだが、残念ながらスマートファルコン、トランセンド、エイシンフラッシュの日本馬はいいところなく敗退。スマートファルコンはスタート直後にはさまれてハナに立てなかったんだから、その時点でレースは終わっちゃってました。今年こそ、日本人騎手による優勝が見れるかもと淡い期待していたのだが、ま、これも競馬です。

 それにしても、ドバイワールドカップの第1レース「ドバイゴールドカップ」のマカニビスティはついてなかった。なんと、3200mのレースが中盤に差し掛かったところで、フォックスハントが故障発生でコース上に横たわったまま動けずにレースが中断。結局、全レース終了後に再レースとなったが、さすがにこれでは競馬になりません。レースを気分良く引っ張っていただけに、レース中断というアクシデントがなければ面白い展開になっていたかも。でも、事故に巻き込まれなくてなによりではありました。 

 さて、大阪の組合リスト捏造問題だけど、お子ちゃま市長は案の定居直ってます。それでも、さすがに知らん振りはできないから記者会見開いたまではよかったが、「労組には謝罪しない」といつもの駄々っ子ぶりを発揮、そればかりか、「組合の印象が悪くなったのはメディアの責任」ってぬかしたってね。しかも、30日には「組合は、リストは誰が、何の目的で加工したのかを明らかにするべきだ」って組合批判を載っけた抗議文のチラシ46万部を配布してたっていうから、トコトン間抜けな話です。

 それにしても、組合リスト捏造の闇ってのは、お子ちゃま市長の本性そのものであって、けっしてお子ちゃま市長のシンパが勝手にやったこととは思えません。27日のエントリーで、「民主党の偽メール事件を彷彿とさせる事態になってきた」って書いたんだけど、民主党偽メールってのは口先番長、ノダメ、自殺した永田議員がはめられた結果だっんだが、今回はひょっとしたら自作自演ってことも妄想の範囲内だからね。とすれば、これは犯罪ですね。って、そこまで妄想してどうする。

 いずれにしても、お子ちゃま市長と維新の会にとっては、大きなつまずきであることは間違いない。これまでは、間違い指摘されたりすると、コロっと媚売って、相手に擦り寄ってたんだが、この問題に関してはけっこう突っ張ってるんだね。それだけ、急所を突かれているわけで、ちょいとやましいんじゃないのかなあ。対処を間違えると民主党の偽メールと同じ運命を辿ることが、おそらくわかってるんだと思う。だから、弱気なところは見せられない。ここは強面でツッパリつつ、いかにしてこの問題を沈静化させるか、お子ちゃま市長お得意の三百代言を模索中ってところなんじゃないだろうか・・・と、ナゾがナゾ呼ぶ日曜の朝であった。

【くろねこの競馬予想】

中山では、マイルのハンデ戦、ダービー卿チャレンジトロフィー。ここは、中山得意のダイワファルコンから。相手には2連勝中のサトノタイガー。ほかでは、逃げ残りが恐いテイエムオオタカにアプリコットフィズ。
◎ダイワファルコン、○サトノタイガー、▲テイエムオオタカ、△アプリコットフィズ

阪神の大阪杯は、G1馬が3頭登場。そこに中山記念快勝のフェデラリストが参戦して、なかなかの豪華メンバー。とはいえ、G1馬3頭は春所詮問い生み事で、仕上がりにちょいとクエッション。ここは順調に使われたフェデラリスト、ナカヤマナイトに期待。馬券もこの1点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »