« 石川議員録音書き起こしリークか!&福島第一原発は過去にも電源喪失 | トップページ | 佐久間元特捜部長が演じた検察の犯罪&思惑はずれてうろたえるお子ちゃま市長。 »

2012年5月 5日 (土)

「原発ゼロ」になってもエネルギー政策の未来図を語れないお馬鹿な政治家&捜査報告書虚偽記載に特捜幹部が関与

 まずはめでたい「原発ゼロ」。単なる一過性の出来事ではなく、恒久的な「ゼロ」とならなければいけないってのに、原発なけりゃ夜も日も明けぬ面々は、引かれ者の小唄のようにそれでも「電力不足」を言い募っている。昨日も書いたけど、二枚舌猪八戒・枝野君なんか、「突然、電力が止まるよりマシなので、計画停電の計画を立てないといけない」なんて開き直っちゃってます。違うだろ。政治家がいますべきことは、「原発ゼロ」になって「電力不足」で脅しをかけるんじゃなくて、将来のエネルギー政策をしっかりと構築することなんだよね。なのに、いつだって原発の「あり」「なし」に話をすりかえてるんだから、これじゃあいつまでたっても堂々巡りでなんの解決にもなりません。そもそも、「電力不足」をぬかすなら、原発に頼らないで電力を安定供給する政策を論じるのが政治ってもんでしょう

 京大の小出助教と同じく、反原発の立場に立ったことでアカデミズムから異端視されてきた元北海道大学助教の大友詔雄氏が、東京新聞「こちら特報部」の取材に、「原発は使えない技術」であり「放射能をまき散らすという点では核兵器と変わらない」と語っているけど、まずは原発ってのはシンプルに考えることなんだね。「深刻な電力不足」なんてのも、「命あってのものだね」の前には何の意味もないことなんです。

 ところで、田代作文検事の捜査報告書捏造について、どうやらその裏側に特捜幹部の存在があったらしいと時事通信が報じている。記事によれば、「この報告書は元代表の関与を強調する内容で、検察審による起訴議決の根拠の一つとされた。検察当局などは、当時の「積極派」の上司が議決に影響を与える狙いで作成した可能性があるとみて、人事上の処分を検討している」そうだが、「人事上の処分」なんてことをぬかすとは片腹痛い。ここは、「犯罪として立証」なくちゃいけません。

 イチロー裁判の判決ほを「限りなく黒に近い無罪」てなことぬかしてるマスメディアは、この検事の犯罪をどう報じるのか、けだし見物ではあります。

虚偽引用の報告書、別の上司作成=検察審の議決誘導意図か-処分を検討・小沢氏事件

|

« 石川議員録音書き起こしリークか!&福島第一原発は過去にも電源喪失 | トップページ | 佐久間元特捜部長が演じた検察の犯罪&思惑はずれてうろたえるお子ちゃま市長。 »

原発」カテゴリの記事

検察 」カテゴリの記事

陸山会事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/45140633

この記事へのトラックバック一覧です: 「原発ゼロ」になってもエネルギー政策の未来図を語れないお馬鹿な政治家&捜査報告書虚偽記載に特捜幹部が関与:

« 石川議員録音書き起こしリークか!&福島第一原発は過去にも電源喪失 | トップページ | 佐久間元特捜部長が演じた検察の犯罪&思惑はずれてうろたえるお子ちゃま市長。 »