« 憲法を醜悪な法律と公然と罵る日没の太陽族。そして、どいつもこいつも、みんな戦争したくて大きくなった政治家ばかりが喚き続ける愚かしさ。 | トップページ | 万が一の原発事故にも「安全だから復旧のシナリオは考えたことがない」と答弁した腹痛ボクちゃんが、調子にのって「みっともない憲法。日本人が作ったんじゃないもんね」ってだだこねてます。三つ子の魂百までとはよく言ったものだ。 »

2012年12月14日 (金)

「地震の後には戦争がやってくる。軍隊を持ちたい政治家がTVででかい事を言い始めている・・・」(by清志郎)&お子ちゃま市長の罵詈雑言に大阪府市エネルギー戦略会議が堪忍袋の緒を切った。抗議声明を出すそうだ。

 マスメディアが一団となって自民党圧勝予想を垂れ流して、「痴のインフラ」であるところの新聞への軽減税率適用をおねだりする中、経団連のヘボクラ会長がゲリピー・シンゾーに「詫び」を入れて、「全面的に経済政策を支持」したんだと。選挙戦も終盤に差し掛かったところで最後にワンプッシュってところでしょうか。皆さん、馴れ合っちゃって、出来レースの後には、「増税」「TPP」「改憲」、そしていつの日か「徴兵制」が待っているってわけか。

 湯川れい子さんがツイッターで、忌野清志郎の『瀕死の双六問屋』(小学館文庫)に書かれたメッセージを紹介している。「地震の後には戦争がやってくる。軍隊を持ちたい政治家がTVででかい事を言い始めている」と始まるこのメッセージを噛み締めて、選挙に行こう、若者よ! ちなみに、このメッセージの中で、清志郎は日没の太陽族をこんな風にからかってます。「とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄ですと言って返り咲いた政治家」・・・ははは、よくぞ言った。

地震の後には戦争がやってくる。軍隊を持ちたい政治家がTVででかい事を言い始めている・・・(by清志郎)

 さて、お子ちゃま市長の橋↓君が、日本未来の党代表代行の飯田哲也君にイチャモンつけて、「原発ゼロに向けたシナリオは実現不可能だ」とかなんとか攻撃しているんだが、さすがにかつての仲間だった大阪府市エネルギー戦略会議が堪忍袋の緒を切ったようだ。でもって、今日にも、お子ちゃま市長に「抗議声明」を出すそうな。そりゃそうだ、お子ちゃま市長自ら「脱原発」を旗印に設置した会議だってのに、レイシスト石原とお手手つないでからというもの、そんなものありましたっけ、ってな変節ぶりだけでなく、原発ゼロのシナリオ作りに精出した飯田君を貶められたとあっちゃ、自分たちまでも非難されてるようなもんだからね。こうやって、これまてもいろんな仲間を裏切ってきたんだろうな、この男は。そして、行き着いた先が、レイシスト石原だってんだから、お里が知れてらあ。

・朝日新聞デジタル
「維新のための活動でない」 大阪府市エネ会議が抗議へ

 で、そのレイシストの昨日の言行録です。「日本人だけが近世になって有色人種でたった一つだけ、近代国家を作った」ってさ。さらに、「この国はずっと米国の妾(めかけ)でやってきた。下手すると、今度は隣のシナの妾になりかねない」なんてこともほざいてます。お~い、誰かこの老いぼれを病院に連れてってやれ。かなりいかれてますね。駄目でしょ、もう。

 最後に、今日も言います。若者よ、投票に行くのだ! でないと、いつの日か、戦場へ引きずり出されるぞ・・・君たちではないとしても、君たちの子供たちが!

自民党憲法改正草案(PDF)

自民党の西田昌司と片山さつきが、国民主権と基本的人権を否定してしまいました

|

« 憲法を醜悪な法律と公然と罵る日没の太陽族。そして、どいつもこいつも、みんな戦争したくて大きくなった政治家ばかりが喚き続ける愚かしさ。 | トップページ | 万が一の原発事故にも「安全だから復旧のシナリオは考えたことがない」と答弁した腹痛ボクちゃんが、調子にのって「みっともない憲法。日本人が作ったんじゃないもんね」ってだだこねてます。三つ子の魂百までとはよく言ったものだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「地震の後には戦争がやってくる。軍隊を持ちたい政治家がTVででかい事を言い始めている・・・」(by清志郎)&お子ちゃま市長の罵詈雑言に大阪府市エネルギー戦略会議が堪忍袋の緒を切った。抗議声明を出すそうだ。:

« 憲法を醜悪な法律と公然と罵る日没の太陽族。そして、どいつもこいつも、みんな戦争したくて大きくなった政治家ばかりが喚き続ける愚かしさ。 | トップページ | 万が一の原発事故にも「安全だから復旧のシナリオは考えたことがない」と答弁した腹痛ボクちゃんが、調子にのって「みっともない憲法。日本人が作ったんじゃないもんね」ってだだこねてます。三つ子の魂百までとはよく言ったものだ。 »