« 違憲総理はアジアのゴロツキってわけです。 | トップページ | 「憲法のみが一度も改正がないのは日本を覆う閉塞感の大きな要因」(渡辺喜美)だそうです。なんでもかんでも憲法のせいにするってのは、つまりは政治家としていかに無能かって言ってるようなもんなんだね。 »

2013年5月 3日 (金)

「改憲」のムード作りにいそしむマスメディア&憲法記念日そっちのけで原発ビジネスで海外行脚の違憲総理

 今日は、憲法記念日。って、去年も同じ書き出しだったのだが、今年ほどいろんな思惑が交錯する記念日は、これまでなかったかもしれない。つまるところは、レレレのシンゾーがゾンビのように復活して、「改憲」があたかも既定路線であるかのように喧伝されるようになったのがキッカケなんだろうが、そうした動きに対するマスメディアの恣意的とも見える鈍感さが火に油を注いでいることも確かだ。

 NHKの報道を見ていると、いまや「改憲」が当たり前のような錯覚に陥るのだが、一体何のために「改憲」が必要なのかっていう、当たり前の疑問には答えてくれないんだよね。レレレのシンゾーがやたら「96条改定が先決。国民の大多数が憲法を変えたいと思っていても、いまのままでは不可能」って口にするのも、将来の国家像にまで触れるようなつきつめた「改憲論議」をいましちゃうと、さすがに軋轢があるだろうから、なるべくそのあたりは曖昧にしておこうという魂胆からなんですね。だから、NHKは、「改憲」という方向性があたかも世論であるかのようなムード作りに邁進しているってわけです。

 96条改定というのは、改憲論者からも異論が出ているほどで、憲法学の小林節慶大教授だって、96条改定は「立憲主義を無視した邪道だ」だって言っている。東京新聞「こちら特報部」のインタビューに、「憲法とは、主権者・国民大衆が権力者を縛る手段だ。だから安易に改正できないようになっている。改憲マニアの政治家たちが憲法から自由になろうとして改 正要件を緩くしようとするのは愚かで危険なことだ」「自民党が改憲をしたいのであれば、説得力のある 案を提示し、国民に納得してもらうのが筋だ」って答えているほどで、これはもうおっしゃる通りであります。

 改憲、改憲と喚いているレレレのシンゾーは、憲法記念日の真っ最中に原発ビジネスで海外行脚しています。これって、象徴的だよね。憲法に敬意を評すべき総理大臣が、その当日に日本にいないんだから。でもって、5日の長嶋・松井の国民栄誉賞では東京ドームで始球式やるらしい。ミーハー気分で政治やられちゃかなわんの憲法記念日なのであった。

日本国憲法を読もう! 

自民党憲法改正草案

改憲バスに乗る前に(江川紹子)

|

« 違憲総理はアジアのゴロツキってわけです。 | トップページ | 「憲法のみが一度も改正がないのは日本を覆う閉塞感の大きな要因」(渡辺喜美)だそうです。なんでもかんでも憲法のせいにするってのは、つまりは政治家としていかに無能かって言ってるようなもんなんだね。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

憲法改正」カテゴリの記事

コメント

安倍政権の「改憲」は、アメリカさんからチラット異議有りと言われただけで、トーンダウン。
一方、マスメデァの論調も「慎重」方向へ転換?

今日付け(10日)の中日新聞「中日春秋」に戦後の国会論議で二院制の意義について「二度と暴走を許さぬ歯止めが必要」とする認識があり、「改憲の条件を厳しくした96条にも同じ思いが込められている」と、指摘。

この国会論議で、秋田三一氏は「我が国民性の感情的であり、付和雷同の傾きが多く、あるいは軍国主義が宣伝せられるや直ちに軍国主義となり・・・過激なる急進主義が少し勢いを得れば・・・その主義国家と化する」と述べている。

96条の要件緩和も付和雷同で決められては叶わない。

投稿: 岡目五目 | 2013年5月10日 (金) 12時54分

撮り溜めしたビデオ(その時歴史は動いた・NHK)を見ていて、軍備拡張が盛んな大正から昭和のはじめにかけて「平和は軍備撤廃あるのみ」と説いていた人がいたことに丸腰論者は驚愕。
その人は、水野広徳(1875=1945)松山市の人。
水野は、日露戦争従軍後、第一次大戦の前後にヨーロッパを私費で視察「軍隊が民衆を守らない」ことを痛感、軍服を脱いでジャーナリストに転進、以後兵器のない国家創造を訴える。
大正12年(1923)、軍部の「新国防方針」を痛烈に批判。「新国防方針の解剖」を発表して日本がアメリカと戦争をした場合、日本が必ず敗れると断言した。
水野は、昭和6年(1931)の満州事変以後も軍備拡張を続ける軍部批判を続けたが、昭和16年(1941)、遂に情報局の執筆者禁止リストに載り、執筆断念に至った。
水野の句「反逆児、知己を百年の後に待つ」。

今、安倍政権は、北朝鮮の言動を過大に宣伝し「戦争の出来る国」へ突進しているが、安倍や石波に水野のツメの垢を飲ませてやりたい。

投稿: 岡目五目 | 2013年5月 9日 (木) 09時52分

読売新聞の調査が抜けていたので追加。
それによると、96条の発議要件緩和は、賛否それぞれ42%と同数だが、9条の改正については、賛成が54%から51%に減り、反対が30%から31%に増えている。
96条緩和が9条廃止につながり、集団的自衛権につながり、国防軍につながり、戦争の出来る国につながり、核武装につながり・・と丸腰論者は考えてしまうのだ。

投稿: 岡目五目 | 2013年5月 4日 (土) 10時59分

訂正
3分の2から2分の1とするところ、3分の1から2分の1に・・。誤りにつき訂正。

投稿: 岡目五目 | 2013年5月 4日 (土) 08時45分

3日のNHKの憲法記念日特集で、各党の自称オエライさんが好き勝手なことをほざいていたが、この中で「国民が憲法改正を望んでいるから早くしなければ国民に対して申し訳ない」などと不遜なことを言っていたアホがいた。
ところが、改正の前段の96条の3分の1から2分の1への緩和については国民は必ずしも賛成していない。
メディアの調査では、
NHKが賛成26%、反対24%だが、
朝日・賛成38%、反対54%、
毎日・賛成42%・反対46%、
産経・賛成42,1%、反対44,7%
FNN・賛成30%、反対46%、
JNN・賛成30%、反対46%などとなっている。
こうした結果をこのアホは知らないのだろうが、結局国民は、違憲議員に憲法云々を言う資格が無いと考えている、というのはうがちすぎか。
因みに、地上戦を経験している沖縄では(沖縄タイムス・琉球朝日)ずばり、改憲反対51%、賛成23%だ。

投稿: 岡目五目 | 2013年5月 3日 (金) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/51471604

この記事へのトラックバック一覧です: 「改憲」のムード作りにいそしむマスメディア&憲法記念日そっちのけで原発ビジネスで海外行脚の違憲総理:

» あなた方が希望だ [マスコミに載らない海外記事]
Dr. Paul Craig Roberts 2013年5月2日 paulcraigroberts.org 読者の皆様 希望があるとすれば、読者の皆様方だ。 読者は真実を見いだそうという意欲をお持ちだ。 読者は既成概念にとらわれずに物事を考えられる。読者はプロパガンダもお見通しだ。 読者はかつてアメリカ共通の美徳であっ... [続きを読む]

受信: 2013年5月 4日 (土) 16時12分

« 違憲総理はアジアのゴロツキってわけです。 | トップページ | 「憲法のみが一度も改正がないのは日本を覆う閉塞感の大きな要因」(渡辺喜美)だそうです。なんでもかんでも憲法のせいにするってのは、つまりは政治家としていかに無能かって言ってるようなもんなんだね。 »