« 朝日が重い腰上げて「誤報」発言にボソっと反論。その論調の生温いこと。こんなんでお茶濁してちゃダメでしょ&佐賀地検の検事がカッターナイフで容疑者を威嚇!? 検察改革は遠くなりにけりだね。 | トップページ | 問責決議否決。脅しが罷り通るわかりやすい政治、ってことですか&地下水流入を阻止するために凍土作戦。B級SF映画もどきの発想に、心が凍る思いがする。 »

2013年5月30日 (木)

お子ちゃま市長だけじゃない、夜郎自大な政治屋が蝟集する日本維新の会の病根

 まだ5月というのに梅雨入りとは・・・。やたら風が強い日があったり、寒暖の差が激しかったり、地球が病んでいるってことなんだろうか。

 病んでいるといえば、この政党に勝るものはありません。政界の掃き溜め、日本維新の会のことです。「慰安婦は必要だった」(橋下徹)とか、「軍と売春はつきもの」(石原慎太郎)とか、「従軍慰安婦は戦地売春婦」(平沼赳夫)とか、幹部が聞くに堪えない妄言を口走っていいるのはご存知の通りです。で、お子ちゃま市長・橋↓君が袋叩きにあっているのは慶賀の至りなんだが、老醜を晒す残りの二人の発言ってなんでスルーされてるんでしょう。なんてったって現役の国会議員なんだよね、この老人たちは。お子ちゃま市長にばかりスポットがあたっちゃってるけど、こちらの方だって相当な暴言なんじゃないの。そんな病んだ輩に痛烈なクロスカウンターをかましてくれた映画監督の森達也氏のコラムを是非ご一読を。

崇高な使命のために戦ったというのなら、なぜ一年や二年の禁欲すらできないのですか?

 で、日本維新の会が抱える病巣ってのは相当に深刻なようで、憲法改正に関する見解の原案なんてのが判明したって言うんだが、これがもう自民党と似たり寄ったりの完全な復古調。「儀礼・習俗の範囲内であれば国や地方公共団体が宗教的なものに関わることができる」「表現の自由の保障は、一定の規制を受ける場合がある」「家族の価値(法律婚)を保護すべき国の責任を規定する」・・・夜郎自大な政治屋の考えつきそうなことです。これはもう「ビョーキ」としか言いようがありません。

 こんなに病んだ政党にも、莫大な政党助成金が配られてるのかと思うと、夜もおちおち寝てられない今日この頃なのだ。

政教分離を緩和=「表現の自由」規制も-維新改憲原案

|

« 朝日が重い腰上げて「誤報」発言にボソっと反論。その論調の生温いこと。こんなんでお茶濁してちゃダメでしょ&佐賀地検の検事がカッターナイフで容疑者を威嚇!? 検察改革は遠くなりにけりだね。 | トップページ | 問責決議否決。脅しが罷り通るわかりやすい政治、ってことですか&地下水流入を阻止するために凍土作戦。B級SF映画もどきの発想に、心が凍る思いがする。 »

維新の会」カテゴリの記事

コメント

閲覧者80万突破おめでとう。

これからも頑張りや、くろねこ!

投稿: 岡目五目 | 2013年5月30日 (木) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/51834522

この記事へのトラックバック一覧です: お子ちゃま市長だけじゃない、夜郎自大な政治屋が蝟集する日本維新の会の病根:

« 朝日が重い腰上げて「誤報」発言にボソっと反論。その論調の生温いこと。こんなんでお茶濁してちゃダメでしょ&佐賀地検の検事がカッターナイフで容疑者を威嚇!? 検察改革は遠くなりにけりだね。 | トップページ | 問責決議否決。脅しが罷り通るわかりやすい政治、ってことですか&地下水流入を阻止するために凍土作戦。B級SF映画もどきの発想に、心が凍る思いがする。 »