« 「沖縄本土復帰の日」だというのに違憲総理の静かなことよ&「救済の衣をまとい、賠償切り捨ての特例法案。下品の極みだ」(東京新聞) | トップページ | 違憲総理は北朝鮮にまんまとはめられちゃったかも&八ツ場ダム工事再開は土建政治の復活でもある。 »

2013年5月16日 (木)

「慰安婦制度は必要だった」と明快に言い切る政治家には、自らが一兵士として列に並び、妻や娘が慰安婦になる姿など想像できないのだろう(東京新聞「筆洗」)&活断層認定に文句たらたらの原子力村の人々&東京弁護士会に改めて公開質問状提出

 今朝の東京新聞「筆洗」に、一編の詩が紹介されていた。「慰安婦と兵隊」と題されたその詩は、満州の慰安所で薬を配付していた元陸軍衛生兵によるものだった。現実とはこういうものだと、しみじみと思う。その心情は、「どこの国でもやっている」とか「軍と売春はつきもの」とか本音というにはあまりにも薄汚い言葉を吐く下衆なひとたちには、死ぬまでわからないだろうなあ。「筆洗」はこう結ばれている。

(こりより引用)

性の営みという最も私的な領域まで管理、利用されるのが戦争だ。「慰安婦制度は必要だった」と明快に言い切る政治家には、兵士を派遣する立場の視点しかない。自らが一兵士として列に並び、妻や娘が慰安婦になる姿など想像できないのだろう。

(引用終わり)

 詩の内容については、東京新聞「筆洗」をご一読くださいを。

東京新聞「筆洗」

 さて、下衆なひとたちとくれば、原子力村なんかもそのひとつですね。で、敦賀原発の断層認定に対して、文句たらたらです。

「およそ科学的、合理的な判断とは言えない」(日本原子力発電)
「誠に遺憾」(八木電事連会長)
「調査団は偏っていると思うので今後、大勢の学者が参加してあらためて結論を出して欲しい」(河瀬敦賀市長)
「規制委の形式的な対応は問題がある」(西川福井県知事)

 いやはやです。敦賀市長は、「まだ活断層と断定されたわけではないと読み取った」なんて間抜けなこともぬかしてます。報告書を勝手に読み解いてるわけですね。そもそも、原子力規制委員会の報告書にイチャモンつけること自体、思い上がりもはなはなだしいのだが、そんなことこれっぽっちも考えていないところが原子力村の原子力村たる所以なんでしょう。

 そうした強気な姿勢をとれるのも、原発再稼働に向けてやる気満々な自民党が背景にいればこそで、でなけりゃ、当事者の日本原子力発電が、「およそ科学的、合理的な判断とは言えない」なんてことは口が裂けても言えません。

 にしても、往生際が悪いとはいえ、こうしたイチャモンがまかり通ってしまう可能性がないこともないのが問題なんだね。今回の「活断層認定」ってのは、ちょいとしたガス抜きで、規制委も頑張ってるんだよ、っていうアリバイ作りであるとも限らない。って、こんな風に疑心暗鬼にかられてしまうのも、原子力規制委員会に自民党から相当な圧力がかかっているみたいだからです。もんじゅの再開禁止も含めて、原子力規制委員会が突っ張りとおせるかどうか・・・それが心配だ。

 ところで、「健全な法治国家のために声を上げる市民の会」が東京弁護士会に出した公開質問状に対して、会則をコピーして回答していただいたので、改めて東京弁護士会に公開質問状を提出。ならびに、最高検察庁に捜査要請書、検察審査会に開示請求をしました。にしても、東京弁護士会ってのは、このままいくと検察の仲間ってことになっちゃうんじゃないのかしらん。

・八木啓代のひとりごと
なめたらいかんぜよ:東京弁護士会と検察と検審に行ってまいりました

東京弁護士会からの回答

東京弁護士会への公開質問状(再)

東京第一検察審査会宛情報開示請求書

最高検察庁宛捜査要請書

|

« 「沖縄本土復帰の日」だというのに違憲総理の静かなことよ&「救済の衣をまとい、賠償切り捨ての特例法案。下品の極みだ」(東京新聞) | トップページ | 違憲総理は北朝鮮にまんまとはめられちゃったかも&八ツ場ダム工事再開は土建政治の復活でもある。 »

原子力規制委員会」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

橋下知事」カテゴリの記事

陸山会事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/51648587

この記事へのトラックバック一覧です: 「慰安婦制度は必要だった」と明快に言い切る政治家には、自らが一兵士として列に並び、妻や娘が慰安婦になる姿など想像できないのだろう(東京新聞「筆洗」)&活断層認定に文句たらたらの原子力村の人々&東京弁護士会に改めて公開質問状提出:

» 米関係: 議会にとっての論点 議会調査局報告 慰安婦問題だけではない!翻訳その2 [マスコミに載らない海外記事]
日本の原発政策 日本では原子力の将来に関して、日本で営業している企業、米日原子力協力、世界的な原子力安全性や非拡散措置にとっても大きな影響がある、国民的論議が続いている。思い返せば、2006年、一部は、外国エネルギー供給への依存を減らす方法として、また一部は、温室効果ガス排出を削減する為、“新・国家エネルギー戦略”が、... [続きを読む]

受信: 2013年5月16日 (木) 18時23分

« 「沖縄本土復帰の日」だというのに違憲総理の静かなことよ&「救済の衣をまとい、賠償切り捨ての特例法案。下品の極みだ」(東京新聞) | トップページ | 違憲総理は北朝鮮にまんまとはめられちゃったかも&八ツ場ダム工事再開は土建政治の復活でもある。 »