« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

除染終わったから、これからは被曝量は自己管理しろってさ。被災者の棄民がジワジワと始まった&より海に近い井戸からも高濃度汚染水。海に流れ込んでるのは確実です。

 ニコニコ動画の党首討論配信中に、社民党の福島瑞穂に「黙れ、ばばあ」とか悪口雑言を投稿した自民党の平井卓也が叩かれてます。ま、5回も当選していてほとんど名前も知られていないようなセンセイだから、その程度の御仁なのでしょう。で、レレレのシンゾーには「あべぴょん、がんばれ」なんて書き込みしていたらしいが、こんなのが自民党のネットメディア局長だなんて、あまりにもレベルが低すぎ。こんなひとに投票した有権者こそさぞかし恥ずかしい思いをしていることでしょう。してないか。

・東京新聞 TOKYO Web
自民・平井氏ネット党首討論に投稿 福島氏に「黙れ、ばばあ」

 ところで、除染は終わったからこれからは被曝線量は自己管理しろ、って政府が言い出してるってね。スゲーな、いま話題の自己責任と似たようなもんですね。最後はこうやって国民にツケをまわしていくんです。で、事故を起こした張本人の東電は税金投入でかろうじて企業としての体を保っているってのに、社員の給与は平均500万円っていうんだから、世が世なら暴動が起きても不思議じゃない。原発事故被災者の棄民は、こうやってジワジワと外堀を埋めつつ進行していくってわけなんですね。それにしても、被曝量を自己管理しながら汚染地域で暮らして行けとはねえ。やっぱり、東電社員や復興庁の役人、そしてそこに関わる政治家の皆さんは、こうした土地に一定期間住まいしていただいて、被曝線量の自己管理なんてことを実体験することを義務づけるべじゃないんでしょうか。

・朝日デジタル
政府、被曝量の自己管理を提案 「除染完了」説明会で

 で、高濃度汚染水が検出された福島第一原発の観測用井戸だけど、今度はより海に近い井戸からも高濃度汚染水が検出された。つまり、汚染水は地下水にまざって海に流れた出している可能性が極めて高くなったってことなんだね。ていうより、現実に流れ出しているね、これは。なのに、東電は「海水の放射性物質濃度に変わりはない。海への流出があるかどうか判断できない」って強弁している。さすがに原子力規制委員会は「海洋流出が強く疑われる」って言い出したね。 

・毎日jp
福島原発事故:海から6メートルの井戸でも高濃度汚染水

 でもって、問題は、だったらどうする、ってことなんだが、これがおそらく何の解決策もないってのが現状なんじゃなかろうか。周辺の土壌を冷凍して云々なんて計画もその後どうなったかまるで情報が出てこない。やっぱり、事故直後から言われていた地下ダムってのをさっさと造っておけばよかったんだね。すべては原発事故を甘く見た結果です。というか、原発について何もわかっちゃいなかったていうこと。

 福島第一原発の現状は実は人間の英知のむ結果ではなくて、ラッキーが重なった偶然性のたまものなんだね。そうした電力会社の体質はいまも変わらないわけで、「世界最高の安全技術」なんて絵空事にこの国の未来を託そうなんてのは、神をも恐れぬ所業なのだと自らに言い聞かせる日曜の朝であった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年6月29日 (土)

2016年には再生可能エネルギーの発電量は原発の2倍になるようだ。原発のトップセールスなんて浮かれてると世界に取り残されますよ。

 原発再稼働はもはや既定路線で、あろうことか違憲総理自らがセールスマンとなって、世界に原発を売り込んで歩いてるんだから世話はない。さらに、原発がなくなったら電力がもたない、なんてことをいまさらのように真顔で論じるひとたちもいる始末だ。では、本当に原発はこれからのエネルギー政策にとってもメインストリーム足り得るのかというと、どうやらせ世界の趨勢はそうでもないらしい。

 IEA(国際エネルギー機関)の発表によれば、2016年には再生可能エネルギーによる世界の発電量は天然ガス火力発電を抜いて、石炭火力発電に次ぐ第二の電源になるとか。その発電量はなんと原発の2倍になるっていうから、原発を維持・推進する根拠って足元から崩れることになりますね。つまり、世界はとっくのとおに再生可能エネルギーにシフトしてるわけで、いま稼働している原発もあくまでも過渡期のエネルギー源という位置づけなんでしょう。原発がなければ夜も日も明けぬってのは日本くらいのものなのかもね。

 IEAは、中国を中心とした新興国や発展途上国で再生可能エネルギーによる発電が増えていくと予測しているけど、おそらく中国なんかは原発建設に積極的な裏側で、ちゃっかりというかしっかりというか再生可能エネルギーの開発に取り組んでるはずなんだね。あれだけの広大な国土があるんだから、本気出したら再生可能エネルギーの一大拠点になることだってあり得ないことではない。

・東京新聞 TOKYO Web
再生可能エネ 発電量 原発の2倍

 福島第一原発事故ってのは、日本にとっては再生可能エネルギーにシフトする千載一遇のチャンスなんだと思うのだが、なんで思考停止しちゃうかねえ。成長戦略っていうなら、原発のある地域を再生可能エネルギーの開発拠点として再生させていくことって、とても重要な意味を持っているはずなんだよね。さらには、原発を廃炉にするための新たな技術開発なんてのも必要になってくるんだから、それこそ原発に代わって廃炉技術のセールスで世界のトップに君臨することだって夢ではない。

 何かって言やあ金の話ばかりしてるような、そのくせ経済オンチの違憲総理には、せいぜい1週間くらいのスパンでしか将来を見据えることはできないだろうから、再生可能エネルギーなんていう5年、10年先を見越した話を理解することは無理なんだろうね。国家の成長戦略なんてことより、自らの整腸戦略にお時間割いた方がよろしいんじゃないでしょうか。でないと、政治ほったらかしてまたトイレに駆け込むことになりますよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年6月28日 (金)

丸川珠代への問責決議は議員辞職に値する&国賊まがいに鳩山発言を叩く異常さはなんだか怖い。

 国会が閉じた途端に満を持したように政治家センセイのセックス・スキャンダルが相次いで発覚。まったくもってお恥ずかしいことで、野次飛ばす気も起きません。こういう下半身に人格のないセンセイってのは、バブル期に東南アジアのリゾートのラウンジで地元のネーチャン連れて朝っぱらからにやけているスケベオヤジを彷彿とさせてくれます。ま、三つ子の魂百までってやつですね。

 で、こんなオヤジたちよりも政治家としてもっとタチが悪いのがアナウンサー崩れの丸川珠代です。この女、厚労省政務官でありながら、人材派遣会社の広告に出演して、「日雇い派遣の原則禁止」は問題だ、てなことぬかしてました。で、それだけでなく、この会社からパーティ券も買ってもらってたんですね。監督官庁の政務官が監督される企業とつるんでたってわけです。政治家としてサイテーのことですね、これは。ひと昔前なら政権の屋台骨が揺らぐくらいのスキャンダルなんだが、問責したはいいけどこんな奴の首もとれないんだから今の野党ってのはどうしようもありません。マスメディアもどこかでバイアスかかっているらしく、まったく問題にしてないのも解せないことです。

問責決議された丸川珠代参院議員 鳩山元首相に並ぶ「二代目ルーピー」の声

 で、丸川とくれば鳩山ポッポです。いつだったか、国会で「愚か者」なんて野次られちゃったことがありました。そのポッポの尖閣領有権についての中国での発言がやたらバッシングされてます。今朝も、TV朝日『モーニング・バード』でコメンテーターがボロクソ言ってました。でも、この発言こそ文脈で捉えないといけないんだね。キーワードは「カイロ宣言」にあって、その上で「中国から見れば云々」って言ってるんだけど、TVで悪態ついてるコメンテーターの皆さんはこのことについて一言も触れません。鳩山ポッポがこの時期に中国まで行って言わずもがなの発言したってことは批判されても仕方ない面はあるにしても、やはりその真意というのをちゃんと理解した上でないとまずいんじゃないの。言ったのに言わないって強弁しているどこかの市長とは違うんだからさ。嘘ついてるわけでもないし、表現の自由ってのもあるんだから、なんか国賊まがいの扱いってちょっと違うと思うし、そのこと自体なんだか怖いと思う今日この頃なのだ。

至極当たり前の発言のどこがおかしいのだ!

・植草一秀の『知られざる真実』
鳩山元首相正当発言叩く偏狭ナショナリズム報道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

アメリカ最高裁が同性婚容認。ひるがえって、夫婦別姓すらままならない「中世ニッポン」&問責可決のおかげで期せずして廃案になった生活保護法改悪法案は参議院選の争点にすべきだろう。

 アメリカの最高裁が同性婚認めた判決は画期的ですね。ひるがえって、日本はと言えば、夫婦別姓ですら夢のまた夢なんだから、同性婚なんて奇跡に近いでしょう。夫婦別姓なんてのは本人同士の問題なんだから誰に迷惑かけるものではないし、ましてやそれによって家族の絆が希薄になるなんてのは大嘘もいいところです。解せないのは、夫婦別姓に反対しているくせに、結婚しているにもかかわらず世間的に「通名」を名乗る政治家センセイがいることです。化粧崩れの政調会長・高市早苗君はその筆頭です。家族がどうたらって言い草で夫婦別姓に反対するなら、自ら「通名」なんかやめて戸籍上の名前で勝負するのが筋ってもんなんじゃないの。世界を見れば、夫婦別姓ってとてもポピュラーなもので、そんなに目くじら立てるほどのものではないと思うけど、ようするに旧来の家族制度を守ることが「日本を取り戻す」ことにつながるというアナクロなひとたちの横槍にしかすぎないってことです。

 ところで、レレレにシンゾーの問責決議が可決されちゃいました。腰のふらついていた民主党も乗っかっちゃった結果なんだが、おかげで自民党からは「国民にとって重要な法案を廃案にしたのは民主党だ」って反民主キャンペーンに使われちゃってます。TVのニュースなんかも、「電気事業法改正案が廃案になって、発送電分離などの電力改革はどうなるんでしょう」なんて暗に民主党のせいだと言わんばかりに攻め立ててます。でも、同時に、生活保護法改悪法案もめでたく廃案になったんですね。おそらく、自民党にとっては電事法改正法案はどうでもよかったんじゃないかなあ。できれば、発送電分離は骨抜きにしたいってのが自民党の思惑なんだから、これが廃案になってなおかつ民主党のせいにできればこんなにおいしいことはない。

 困ったのは生活保護法の方じゃないのだろうか。この改悪法案は弱者切捨てのための策がテンコ盛りで、いろいろと問題点を指摘されている。で、廃案になったおかけで、参議院選の争点になる可能性だって出てきた。っていうか、野党は争点にすべきなんだが、これがあの生活の党だって賛成しちゃってるから厄介なのだ。でも、生活保護法改悪はマスメディアもずっとスルーし続けていて、あれよあれよと言う間に法案提出ってなっちゃったわけで、ここで仕切り直しをするのはとても意味のあることなんだね。実は、電事法にもそれは言えることで、けっこう骨抜きの方向で動いていたから、こちらもまとめて仕切り直しってことになれば、秋の国会はけっこう面白くなるはずなんだけど・・・。

 都議選もそうだったけど、政治家の「争点」をあぶりだす能力はかなり落ちてますからね。電事法も生活保護法も廃案になって、こんなにおいしいタイミングってないと思うけどね。抜群の発信力を持った政治家が、野党の中にひとりも見当たらないってのが、腐れ自民党以上にこの国の政治を貧しくしている要因なのかもしれないな、と慨嘆する木曜の朝なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月26日 (水)

ソーリ、ソーリ、予算委員会欠席するってのは憲法違反ですよ&柔道界を支配する嘉納家の呪縛

 政治家センセイの頭の中にあるのは参議院選挙ばかりで、国会なんかどうでもいいようです。レレレのシンゾーは参議院予算委員会の出席要請にもかわらず、参議院議長の民主党・石井一の不信任決議案なんてのを提出して、こっちを優先して処理しないから欠席だそうです。さすがに審議もせずグータラしてた参議院の野党もこれには切れたようで、生活、社民、みどりの風がレレレのシンゾーの問責決議案を出すらしい。

 だからどうなるってもんでもないだろうが、憲法63条に違反してるっていう理由には一理ある。確かに、憲法63条では、「内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかはらず、何時でも議案について発言するため議院に出席することができる。又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない。」って定められてますからね。どんなに屁理屈こねたって、「答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない」わけです。

首相問責決議案:参院委欠席巡り提出…生活・社民・みどり

 ま、そもそもが憲法違反の選挙で選ばれた違憲総理で、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」っていう憲法99条もご存知ないほどの無教養でしょうから、「63条?んなもの知ったこっちゃないわい」ってなもんなんでしょう。レレレのシンゾーの本音は、「ここで予算委員会に出た日にゃ、歴史認識だ、高市のアホ発言だ、なんだと攻撃されちまうからな。参議選挙終わるまでは、どうにかボロ出さずに乗り切るんだもん、ボクちゃん」ってなところに決まってます。国会で議論するよりも、毎日のようにメディアや芸NO界の人間と飯食ってるほうがそりゃあ楽しいでしょうよ。

 ところで、全柔連がまたメチャクチャなことやってる。それにしても、柔道界における嘉納家のご意向ってのは凄まじいものがあるんだね。プロ野球のナベツネと同じで、ここをどうにかしない限り柔道の未来は暗いです。で、谷亮子、北田典子なんかが理事になるようだけど、何で断らなかったかね。いっそのこと、山下泰裕を筆頭にして、「こんなクソな全柔連なんかでやってられっか」ってケツまくっちゃった方が手っ取り早い気がするんだが、どんなもんなんでしょう。女三四郎・山口香がバレーボール協会の理事になったってのも、なんか柔道界の不思議さを見るようで、全柔連に深く関わっているひとたちってのは、結局のところ嘉納家の呪縛から逃れられないってことなんでしょうか。

・Daily NOBORDER
NPBコミッショナーと全柔連会長は影の権力者に操られる傀儡である(玉木正之)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

なんだ、辞めないのか、お子ちゃま市長&やっぱり汚染水は海に漏れてたね。

 なんだ、お子ちゃま市長・橋↓君は辞めないのか。にしても、「もう一度チャンスを」って、こやつは何言ってるのかね。そもそも、「参議院選挙に負けたら責任とるつもりか」っていう記者の質問に、「その前に都議会選の結果いかんでそうなりますよ」ってわざわざ都議選持ち出したのは本人なんだからね。ようするに、その場その場でウケ狙いの発言してるだけで、ひな壇芸人とその本質は変わらんわけです。こんなの相手にしてる暇はないやね。参議院選後には維新は分裂、やがて消滅ってことになるんじゃないの。民主党みたいにさ・・・ ご愁傷様です。

 ところで、福島第一原発の港湾内の海水から、高濃度のトリチウムが検出されたってね。なんだ、やっぱり汚染水は海に漏れてたんじゃないか。東電は必死こいて汚染水の海への流出はないって強弁してきたけど、もうだめですね。おそらく、海洋汚染は今後ますます広範囲になって、ひょっとしたら日本近海の漁場って壊滅的な打撃を受けるんでしょう。そして、やがては太平洋に広がっていって、その被害は日本だけでなく地球規模になっていくんじゃないのだろうか。

福島第一原発、港湾のトリチウム倍増 海に汚染水か

 少なくとも、そのくらいのことを想定して、汚染水問題と取り組まなくちゃいけないはずなんだが、当事者の東電はもとより関係官庁も政治家もまったく危機感がないんだね。で、東電なんかは懸案の地下水の海への放出について、「最終的には国が判断」って逃げを打ち始めている。ようするに、東電はもういかんともし難いってことなんだろうけど、国にしたってそう簡単に判断できることじゃないわけで、原発事故ってのはようするにこんな具合に電力会社も国も手の施しようがないのが本当のところなんだね。

 それでも、レレレのシンゾーは、「トップセールス」なんて意気込んで「原発のセールスマン」やってるんだから、お恥ずかしい限りです。売り込んだ先で原発が事故起した暁には、文字通り「死の商人」として歴史に名を残すかもね。なんてこったい。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

投票率43.5%は、いくらなんでも恥ずかしい。

 自公全員当選、共産倍増、民主・維新惨敗・・・ま、選挙結果は予想されていた通りで、いまさら驚くほどのこともないのだが、なんともやりきれないのは43.5%という惨めな投票率ですね。約600万人の有権者が投票しなかったわけで、やっぱり「投票は権利」なんてぬるいこと言ってるようじゃだめなのかもね。事の善し悪しはこの際置いといて、「投票は義務」だから「罰則」もあり、なんてことにしない限りは投票率は上がらないかも。

 ま、「罰則」云々は極論としても、「争点がわかんない」とか「誰がやっても変わらない」とか、「おまかせ民主主義」を結果として良しとしてしまっている有権者の意識にも大いに問題があるんじゃなかろうか。おそらく、日本が軍国化していく時代にも、同じようなことが有権者の心の動きとしてあったのだろう。で、気づいた時には遅かった、てなことになるんだね、これが。棄権という行為は現状容認したことであって、白紙委任したようなもんなんですね。為政者ってのはこういうのを徹底的に利用しますから。

 早速のところ、娘が東電のアンポンタン幹事長・石破君なんか、「アベノミクスが評価をいだいた」なんてトンチンカンなこと言ってます。棄権したってことは、こうしたまぬけな発言も認めざるを得ないってことです。「いやいや、そんなつもりはないぞ」ってな負け惜しみは通用しませんから。こうやって、声なき声ってやつをうまい具合に利用して、恣意的に世論をある方向に持っていくのが権力の常で、棄権という行為はそれに加担してることにもなるんだね。

 16日のエントリーで、「(投票率が)50%切ったら、都民は物笑いのタネになることは間違いない」って書いたんだけど、43.5%っていう数字は物笑いのタネどころじゃないかも。恥ずかしすぎだろう。もっとも、自民・公明圧勝って結果は、投票した43.5%の有権者のうち、多くのひとが自民・公明に投票したという悲しい現実を突きつけられたってことでもあるんだね。投票しなくちゃ何も始まらないとはいえ、その結果がこれだもんな。

 ま、今後の楽しみは惨敗した日本維新の会の内輪揉めですね。お子ちゃま市長は惨敗したら責任とるって言ってたんだから、ここは是非ともお引取り願いたいちょいと暗めの月曜日であった。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2013年6月23日 (日)

沖縄慰霊の日。「戦争のできる国」にするのが悲願の違憲総理は、どのツラ下げて列席するのだろう。お子ちゃま市長もまたしかり。

 東京新聞の今日の運勢によれば、「選んでカスを掴む日。決断は避けて信頼ある人に相談すべし」だと。都議選の日に縁起でもない・・・ったく。

 で、今日はまた、沖縄慰霊の日。「戦争のできる国」にするのが爺さんから引き継いだ悲願であるレレレのシンゾーは、いったいどんな思いでというかどのツラ下げて列席するんだろう。自らの発言の正当性を強弁してやまないお子ちゃま市長・橋↓君も、またしかり。

 参議院選挙が終われば、おそらく普天間基地の辺野古移設は、「県外へ」の沖縄県民の願いも虚しく、埋め立ての具体的な動きが出てくるんでしょう。そもそもは自民党の覚えめでたい仲井真知事だから、いまは県民の手前苦虫を噛み潰したような顔をしてるけど、最終局面を迎えたらどう転ぶかはわからない。お子ちゃま市長・橋↓君と手を組んで辺野古移設を推し進めようとしている基地利権まみれの下地なんて議員もいるからね。

 沖縄県知事は式典で「平和宣言」を読み上げることになってるけど、沖縄の独立宣言するくらいのドラスティックな宣言になったらなあ・・・と荒唐無稽な妄想にふけってみる日曜の朝であった。

【宝塚記念】

 オルフェーブルが出走回避で、ジェンティルドンナ、フェノーメノ、ゴールドシップの3強の争いという声が高い。でも、どうでしょう。ジェンティルドンナは確かに強い。けど、初斤量という不安材料もあるし、そんなにスンナリとこの3頭で決まるとは考えづらい。また、それが競馬というもの。というわけで、馬券はトーセンラーから。距離はピッタリ。天気も良くなって、馬場もちょうどいい具合に乾いてきて、馬場状態も味方してくれそう。トーセンラーから3頭へが本線だが、超大穴ならローゼンケーニッヒ。3着ならあってもおかしくない。
◎トーセンラー、○ジェンティルドンナ、▲フェノーメノ、△ゴールドシップ、★ローゼンケーニッヒ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年6月22日 (土)

一部の貴族的な特権階級がスポーツを支配し続けていると、第二の「トラテロルコの虐殺」が起きないとも限らない。

 「左翼のクズども」発言で、俺様・水野に30日の停職処分。不祥事起こした公務員の処分ってのは、免職、停職、減給、戒告の4段階があって、停職はかなり重い処分って言うんだが、とんでもないね。停職中は給与はもらえないとはいえ、たかが1ケ月じゃ、どうってことないでしょ。ま、ストレスたまってたって言うから、ちょっとした休暇気分なんじゃないの。ところで、USJではしゃぎまわって顰蹙買ったお馬鹿な神戸大学生は停学3ケ月だってさ。停職30日と停学3ケ月。ま、どちらが甘いかはお天道様にはお見通しってことです。

 で、大甘なのは全柔連も人後に落ちません。第三者委員会の中間報告に文句つけてたってんだから、脳筋にも程があろうというものです。さすがに、第三者委員会も切れちゃったんだろうね、記者会見で怒るまいことか。それにしても、ここまで腐った全柔連に公益法人の資格なんてありませんね。相撲協会と一緒に、雑巾がけから修行して、出直してこいって文科省は教育的指導すべきでしょう。イスタンブールの反政府運動のおかでオリンピックは東京が有利なんて不謹慎な声も出てるけど、全柔連の脳筋ぶりだって世界から見れば相当なマイナスで、こうなったら東京もイスタンブールもオリンピック招致合戦から下りたほうがいいんじゃないんでしょうか。

 反政府運動とくれば、ブラジルも大変なことになっている。ワールドカップ開催への抗議は100万人規模に膨れ上がって、バス代値上げが火をつけた貧困層の不満はどんどん広がってるから、リオのオリンピックにだって影響が出てこないはずがない。さらに大掛かりな反政府運動にまでエスカレートしていったら、ちょっと怖いことになりそうだ。

 それで思い出すのが、1968年のメキシコ・オリンピック直前に起きた「トラテロルコの虐殺」だ。メキシコシティのトラテロルコ広場に集まった学生たちに軍と警察が発砲して、公式には数十人の犠牲者が出たことになっているが、一説には300人以上の犠牲者が出たとも言われている。そして、その10日後に、何事もなかったようにメキシコ・オリンピックの開会式が行われた。メキシコ・オリンピックでは、黒人差別に抗議してアメリカの選手が表彰台で黒い手袋を突き上げた姿が語り継がれているけど、実はもっと凄まじい国家による虐殺が起きてたんですね。その事実は、いまではほとんど語られることもない。

10・2トラテロルコの虐殺!40周年

 世界中が格差社会になって、一部の階級に富が集中するといういびつな状況に対する不満は、おそらくこれからも大規模なスポーツ・イベントに向けられていくことになるんじゃなかろうか。IOCを見るまでもなく、貴族的な特権階級があらゆるポーツを牛耳っているのが現状ですから。トルコやブラジルで起きていることは、けっして対岸の火事ではなくて、逆にそうした声が日本から出てこないことが不思議なくらいなのだ・・・と、とりともなく思いめぐらす土曜の朝であった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2013年6月21日 (金)

そんなに経済が大事なら、まず最大の不良債権「原発」をどうにかしなくちゃ。それもしないで、大企業のための成長戦略しか眼中にないんだから・・・。「財界の男妾」というにはあまりにも器が小さくてせいぜい「財界のお稚児さん」ってところでしょうか。

 高野連が全加盟硬式式野球部の指導者に体罰についてのアンケートをとったら、なんとまあ全体(4032校)のほぼ10%にあたる393校が「指導する上で必要」って答えたってね。これだけスポーツにおける体罰が問題になっているってのに、反省のカケラもないどころか積極的に「体罰=暴力」を指導の一環としている野蛮なひとたちがいるってことは、いかに野球が暴力の温床になっているかってことの証明みたいなもんです。おそらく、個々の選手は別にして、日本の野球が世界で認められることはないんじゃないでしょうか。「地球の裏側にはもうひとつの違う野球があった」って言葉は、当たらずといえども遠からずってことです。だめだ、こりゃ。

 「だめだ、こりゃ」の代表選手、レレレのシンゾーがG8から帰国したと思ったら、その夜に早速、地方紙の社長とホテルオークラの中国料理店で会食です。出席したのは、河北新報、福井新聞、信濃毎日、静岡新聞、京都新聞のシャチョさんたち。原発とTPPがらみでもめそうな地域の新聞社ってのがミソなんでしょうね。しかし、何度も言うようだけど、こういう席にノコノコと出かけるマスメディアってのは、その時点でジャーナリズムを捨て去っていると批判されても仕方がない。批判すべき相手と飯食ってりゃ、世話ありません。たとえは悪いけど、警察署長が暴力団組長とお食事会してるようなもんなんだね、これって。どっちが暴力団組長かって、んなことは知りません。

 そんなんだから、自民党が公約発表したってのに、「法人税減税に意欲」なんて「原発」「改憲」を差し置いて見出しにしちゃったりするんです。原発に関しては、すっかり再稼働ありきで、衆議院選の時の公約だった「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立」なんてのはどこかに吹き飛んじゃいました。TPPや沖縄基地問題にいたっては、県連との政策調整ができないまま、あっちとこっちで言ってることが違うじゃないのと突っ込まずにはいられない二枚舌公約にっなてます。

 なによりも、1に経済、2に経済、3、4がなくて5に経済、それも頭に「大企業のための」って枕詞付きですからね、一般大衆労働者諸君の立つ瀬はありません。しかしなんですね、経済成長を目指したいなら、まずは「脱原発」して「再生エネルギー」にシフトしなくちゃ。なんとなれば、福島第一原発事故が教えてくれたことってのは、ひとたび事故が起きたらいくら金があつても足りないほどの莫大なコストがかかるってことなんですね。さらに、廃炉となれば、これまた気の遠くなるような時間と予算がかかる。つまり、原発そのものが不良債権みたいなもんなんであって、経済云々言うならいまのうちに原発を捨てる方向に舵を切ることが肝要ってもんです。

 それを、「新規制基準」なんていう新たな「安全神話」のもと、原発維持だけでなく原発輸出までしようってんだから、いまさえよければ後は野となれ山となれ、ってのが正直なところなんでしょうね。

 それにしても、レレレのシンゾーの「嘘」に寛容なマスメディアとそれをヨイショするコメンテーターと称する皆さんってのは、どのくらいの「小金」を官房機密費からいただいてるんだろう・・・って、週末の妄想でありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

国民には自己責任押し付けて、自分は責任とらずに発言撤回・謝罪で幕引き図ろうなんてのはフテー了見だ&福島第一の井戸から高濃度スロンチウム検出&拉致被害者は北に帰すべきだったといまさらのようにほざく不埒者

 自らの出処進退ってのは己が決める。それが、政治家の矜持ってものだろうに、化粧崩れの政調会長・高市君はレレレのシンゾーに丸投げしちゃいました。でもって、「辞任に及ばず」って言質とっちゃったもんだから、発言撤回・謝罪で幕引きしようとしてます。新聞・TVはとりあえず批判的な姿勢はとっているとはいうものの、なんともまあその舌鋒は生温いんですね。なんにしても、国民には自己責任押し付けるくせに、自分のこととなると責任もへったくれもなくなっちまう輩に政治家でございなんてデカイ顔される筋合いはございません。

 政治家に限らず、最近は意味もなくやたらデカイ顔してるくせに、いざ責任問われるような立場になると、知らぬ存ぜぬってことでしらばっくれちゃうひとたちが跋扈してますが、電力会社なんてのもその類ですね。で、原発の新しい規制基準が決定したとたんに、一斉に再稼働申請するそうです。すべては再稼働ありきで進んでいるんだろうけど、地震対策についてはこれまでのものと何も変わってないのが現状なんだよね。アメリカでさえ、10万年に1回の大地震を想定しての対策が義務づらけてるってのに、新規制基準ではまったく触れらていないんだから、怖いもの知らずにも程があろうってものだ。「世界最高水準の安全技術」が聞いて呆れます。

 でもって、福島第一原発2号機の井戸の地下水から高濃度のストロンチウムが検出されたってさ。「海水への影響はない」って決まり文句で東電は事をおさめようとしてるけど、どう考えたってその言い草には無理があるんじゃないのか。井戸の目の前は海なんだからね、海に漏れずに地中にたまっていた地下水だからって、それが海に流れ出してないという理由にはならないでしょ。っていうか、海に流れ出ているって想定するのが普通なんじゃないての。ま、これで建屋に流れ込んでいる地下水を海に放出するっていう案は、当分の間保留ってことになるんだろうね。にっちもさっちもいかなくなるのも、もうすぐですよ。

 ところで、レレレにのシンゾーがFacebookでモナ細野と常軌を逸した言い争いしてるってことは昨日のエントリーで紹介したけど、そのことについて高野孟が日刊ゲンダイのコラムで、「批判されるとすぐ頭に血が上がる安倍首相のトホホな論争術」とからかっていたが、それは正しい。ところが、このコラムの最後に高野君はこう書いていた。

(これより引用)

付け加えれば、02年の安倍・田中論争では、田中のほうが正しかった。安倍が後先を考えずに“一時帰国”の約束を破ったことで、その後10年以上にわたって日朝対話は断絶し、それが6カ国協議を停滞させる一因となったことに米中韓も不快感を抱いている。これについて安倍は田中と正々堂々と公開討論をしてもらいたいものだ。

(引用終わり)

 ここでいう「田中」とは、レレレのシンゾーがFacebookで名指しで批判した元外務省アジア太平洋州局長の田中均氏のことで、この御仁は北朝鮮拉致被害者を約束通りに北朝鮮へ帰すべきだと主張したとされている。で、高野君は田中氏の主張を指示しているわけですね。当時、田原総一朗や岸井成格なんかもそうした立場をとっていた記憶がある。でも、これって変な話なんだね。拉致とはなんぞやって考えた時に、それは国家の犯罪なわけで、拉致されたひとは被害者なんだね。帰すか帰さないかっていうやりとりってのは、ようするに被害者を外交のコマ扱いしてるわけですね。こういう言い草を、高野君は、たとえば蓮池薫氏を前にして吐けるだろうか。それこそ、「これについて高野君は蓮池氏と正々堂々と公開討論してもらいたい」ものだ。

 ちなみに、昨日も書いたけど、蓮池透氏は、「弟たちの一時帰国を決めたのは、政府です。その時、安倍さんが帰朝を止めたというのは、事実ではありません。説得したのは私で、苦悩の決断をしたのが弟です。その決断を受け入れたのが安倍さん、これが事実です」って言ってます。であれば、蓮池透氏とも正々堂々公開討論しなくちゃね、高野君。

安倍首相のトホホな論争術

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年6月19日 (水)

「しゃべり方が下手だった」と言い訳する不埒な政調会長、FBで切れまくって尋常でない言い合いする違憲総理・・・やることなすこと子供じみた政治家のおかげで学級崩壊の永田町幼稚園

 和牛預託商法の安愚楽牧場の社長が逮捕された。評論家時代に広告塔として「儲かりまっせ」と煽っていたカバ男・海江田君の責任やいかに。参議院選挙前の逮捕ってのも、なかなか味のあることで・・・。

 さて、化粧崩れの政調会長・高市君が「死亡者はいない」発言について言い訳してるんだが、このところの暴言、失言した政治家の言い草ってのはみんな同じですね。「誤解をされたのなら申し訳ない」「言葉が足りなかった」「そういう意味で言ったのではない」「言葉の一部を抜き取られた」、あげくには「読解力がない」って国民のせいにする不埒者までいる。お子ちゃま市長・橋↓君なんかの得意技だが、そんな弁解にまったく説得力がないのは録画や録音を確認すれば一目瞭然なんだね。今回の化粧崩れ・高市君の発言も、「言葉が足りない」とか「誤解された」とか「言葉の一部を抜き取られた」とかの類ではありません。貧相顔の官房長官・菅君なんか、「前後(文脈)を見ると問題になるような発言ではなかった」なんてコメントしてるけど、これこそ読解力不足の最たるものであって、もう一度国語勉強したほうがいいよ、ってなもんです。

 ようするに、政治家の言葉がどんどん幼稚になってるんですね。レレレのシンゾーなんか、その典型です。Facebookでモナ細野と子供じみた言い合いしてるけど、これだってそもそもは外務省の元審議官を名指しで批判したのが発端なんだね。総理大臣がFAcebookで個人攻撃すること自体、尋常なことではないと思うのだが、さすが違憲総理です。そんなことはへっちゃら。

 で、外務省の元役人を攻撃する中で、レレレのシンゾーは、「北朝鮮の拉致被害者を日本に止まらせたのはオレだ、オレだ、オレだ」って自慢してるけど、これに関しても蓮池透氏から、

「弟たちの一時帰国を決めたのは、政府です。その時、安倍さんが帰朝を止めたというのは、事実ではありません。説得したのは私で、苦悩の決断をしたのが弟です。その決断を受け入れたのが安倍さん、これが事実です。当時は、政府もマスコミも国民の皆様も帰朝すると思っていたはずです。約束ですから」

 って指摘されちゃいました。

「田中均氏、外交語る資格なし」 首相、FBで痛烈批判

 こうしたFacebookでの発言にモナ細野がチャチャいれたわけだけど、これにまたレレレのシンゾーが過剰に反応しちゃって、まるで学級会での諍い状態になってるっていうから笑ってしまう。とうとう、胡乱な目つきの進次郎に、「(首相は)個人の名前を挙げて反論、批判すべきではない」って諭されちゃいました。ああ、恥ずかしい。

 民主党もそうだったけど、レレレのシンゾーがゾンビのごとく復帰して以来、ますます政治家のやることが子供じみてきていると思う今日この頃なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

「誰も死んでないから再稼働」。ひとの命と原発を秤にかけるアホがいる。

 今月はどうもバイオリズムが狂っているようで、なにかと厄介ごとが多い。昨日は、振込先を間違えて送金してしまうという大チョンボ。でもって、今朝になって慌てて銀行に電話したのだが、出てきた担当者がなんとも要領を得ず、さらにイライラがつのるばかり。銀行ってのはサービス業だってのがわかってないんだね。

 ところで、福島第一原事故直後に、「事故で誰も死んでない」って方言して大顰蹙買ったオバサン評論家がいたが、いまだにそんなクズ発言する懲りないやつがいます。自民党の化粧崩れの政調会長・高市君です。「福島第一原発で事故が起きたが、それによって死亡者が出ている状況ではない」、だから「最大限の安全性を確保しながら(原発を)活用するしかない」そうです。

「福島事故で死者なし」 自民・高市氏が原発再稼働主張

 放射能汚染を悲観して自殺したひとや仮設住宅で孤独死したひとは、死亡者の数には入らないってことなんだね。なんとまあ、血も涙もない言い様であることよ。いまだに仮設住宅で暮らす被災者や、故郷を捨てざるを得なかった被災者の前で、同じことを言ってみろってんだ。「死亡者が出ている状況ではないから再稼働する」っていう理屈は、「誰かが死ぬまでは原発動かすよ」って言ってるようなもんじゃないの。ひとの命と原発を秤にかけるとは、なんとも腐った根性だこと。

 いかんとは思いつつ、ついつい「女子と小人とは養い難し」なんて言葉を思い出しちまった、今日も暑くなりそうな火曜の朝であった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2013年6月17日 (月)

「安倍首相は原発ではなく再生エネルギーの提供を」というポーランドの市民グループの声こそ、日本が原発セールスに代わって取り組むべき「戦略」のひとつなのだ。

 静岡県知事選は、現職の川勝平太君が自民党支援候補にトリプルスコアで圧勝。これで、浜岡原発再稼働の是非を問う住民投票が俄然現実味を帯びてきた。原発マネーの効き目も、さすがに静岡という豊かな県には通用しなくなってきたってことでしょうか。

 それにしても、自民党は地方の首長選挙で負け続けてますね。けっこうなことです。この勢いが都議選につながればいいのだけれど、東京新聞の世論調査では自民党に投票が32%となってます。この数字の意味するところが奈辺にあるのかはさだかじゃないが、つまるところ投票率が大きな鍵を握っていることは間違いない。でも、都議ってのは中途半端な存在だからね。区議みたいに市民生活に密着した存在ではないところにもってきて、都議会そのものがオール与党体制になっちゃってるからね。争点もボケボケで、果たして都議のセンセイたちってのは存在理由があるのだろうかと愚考してみる今日この頃なのだ。

 とはいえ、スウェーデンの国家予算に匹敵する12兆円という予算を抱える都議会の選挙なんだから、それなりの意味があるってなもんなんだが、そんことはおかまいなしにレレレのシンゾーはヨーロッパ旅行中です。レレレのシンゾーの爺さんの後を継いで首相となった池田勇人は、日仏首脳会談でフランス大統領のド・ゴールに「トランジスタラジオのセールスマン」ってからかわれたことがあったが、それにならえば今回のレレレのシンゾーのヨーロッパ旅行は「原発のセールスマン」ってところでしょうか。「10年後には年収150万円」ってのは、池田勇人の「所得倍増計画」のパクリみたいなもんだから、「原発のセールスマン」ってのはお似合いかも。

 しかし、福島第一原発がいまだに危機的状況にあるっていうのに、「原子力安全への貢献が自らの責務」だなんて共同声明出しちゃって、よくもまあ恥ずかしげもなく原発売り込めるものだ。チェルノブイリ事故直後に、当時のソ連が原発輸出で世界中か駆け巡ったりしたら、それこそ顰蹙ものだったと思うのだが、そうした想像力ってのが働かないものなのかねえ、この男は。そもそも、政治家にとっては、理念や信念と同時に想像力も重要な能力のひとつなのだと思う。想像力ってのは妄想はしろってことではなくて、シビアな「現状認識」をもとに、「場を読む」「状況を読む」ってことなんですね。そこから、「戦略」ってのが生まれてくる。であれば「今」というこの時期に、原発のトップセールスなんてやれるわけがありません。

 ポーラントでの首脳会談会場前では、原発反対の市民グループが日本語で「安倍首相は原発ではなく再生エネルギーの提供を」と書かれた垂れ幕を掲げたそうだが、これこそが日本が立てるべき「戦略」なのだ。「奇貨居くべし」って喩えがあるけど、福島第一原発事故こそ「奇貨」として捉えるべきで、そこから再生ネルギーにシフトしていくという「戦略」を組み立てるのが政治家の務めのはずなんだね。それが、自ら率先してのトッブセールスだもん、恥の上塗りってのはこういうことを言うのかと改めて納得した月曜の朝であった。

原発セールス 東欧でも  日本、4カ国に技術協力

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

選挙カーに「日本人が一番」ってスローガンが・・・あったらしい(?)

 日本ラクビーがウェールズに快勝。1989年のスコットランド戦以来の歴史的快挙です。ちなみに、スコットランド戦の時、くろねこは秩父宮ラクビー場で興奮の渦の中におりました。で、サッカーもとなれば盆と正月が一緒に来たようなものだったんだが、さすがに世の中甘くはない。コンフェデ杯で、日本はブラジルに3-0で完敗。それでも、統一球がどうたらこうたら一部のメディアに牛耳られてふしだらなことやってる野球に比べりゃ、ラクビーもサッカーも比較にならないほどフィジカルな面でもメンダルな面でも国際化されてます。野球はこのままだと、衰退の一途を辿るのでは・・・。

 でもって、都議選が始まりました。我が家の周辺でも選挙カーがかけずり回ってます。で、昨日のことなんだが、カミさんとチャリで買物に出かけてバス通りで信号待ちをしていた時のことだ。目の前を一台の選挙カーが通りすぎて行った。何気に目をやれば、政党名をデカデカと掲げた選挙カーから立候補者が身を乗り出し手を振っている。と、ここまではいつもの風景なのだが、通り過ぎた後にカミさんが一言。「日本人が一番、って書いてあったよ」。おいおい、ほんまかいな。いやあ、見逃しちまった。

 でも、カミさんの見間違いでなければ、我が葛飾区で「日本人一番」はないだろう。なんとなれは、葛飾区ってけっこう外国人が多くて、我が家の近くにもパキスタン人やインド人のカレー屋があったりする。黒いベールとチャドをまとった女性が子供とお散歩したりもしている。

 さらに、葛飾区にはエチオピア人のコミュニティ「エチオピア協会」があって、日本に在住するエチオピア難民の4割が葛飾区に居住しているそうだ。そうだ、って言うのは、実はこの事実って葛飾区民ですらあまり知らなかったりするからだ。くろねこも東京新聞の記事で知った次第。それはともかく、そんな土地柄のエリアを、「日本人が一番」なんてスローガンを掲げて走り回っちゃいかんだろう。

5

 各党の選挙演説聴いてると、これが都議選かと耳を疑うほど参議院選挙を意識した発言が目立つんだよね。でも、高齢化している団地で「成長戦略」をがなってどうする。そこの住民にしてみれば、聴きたいのは「福祉政策」だろ。ようするに、「東京から日本を変えようよう」なんてゴタクはどうでもいいんです。でも、そこがわかっちゃいないんだろうね。「、「日本人が一番」なんてのは、その典型でしょう。

 それにしても、今回の都議選の投票率はいかほどのものなんでしょう。50%切ったら、都民は物笑いのタネになることは間違いない。なんてったって、あのレイシスト知事とそれに続く獅子頭・猪瀬君を大勝させちまった暗い過去がありますから・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

俺様・水野のつぶやきに隠れて、違憲総理の「左翼」発言はなかったことになっちゃってるね&東電が避難住民の個人情報資料を紛失。電車の網棚に置き忘れたって、あまりにも古典的なチョンボに唖然呆然。

 レレレのシンゾーはついてるって言うか、悪運が強いと言うか、お子ちゃま市長・橋↓君の「慰安婦は必要」発言のおかげで「歴史認識」問題がウヤムヤになったと思ったら、今度は俺様・水野の「左翼のクソども」発言のおかげで「TPP反対の左翼」発言がなかったことになろうとしている。わざわざレレレのシンゾーを守るために、暴言吐いてるんじゃないかと思いたくもなろうというものだ。

 新聞・TVはここぞとばかりに、お子ちゃま市長や俺様・水野を叩くけれど、その先鞭をつけているレレレのシンゾーのことはまったくスルーしちゃうんだから、わかりやすいひとたちだこと。さすがにアホノミクスもといアベノミクスによる八百長相場の実態は隠せなくなってきているけれど、それでも下げ止まらない株価なんかについては「民主党時代に比べればはるかにマシです」なんてニュアンスでコメンテーターに語らせたりしてるからね。「白黒つけずに曖昧なままにほっておく」っいう俺様・水野のセリフは、新聞・TVの本音を代弁したものでもあるってことです。

 ところで、東電の社員が福島の避難住民の個人情報資料を失くしてたってね。それも、電車の網棚に置き忘れるという古典的なチョンボなんだが、いまどき個人情報の詰まった資料をカバンに入れて持ち歩くという神経がわからない。なんで持ち歩く必要があるかねえ。報道によれば書類って言うからペーパーの資料なんだろうけど、これもまたなんともアナログなことで、ホンマかいなってなもんです。

東電 賠償資料紛失公表せず 個人請求など2年で60件

 しかも、資料の紛失はこれが初めてではなくて、2011年4月から今年5月までに60件の個人情報紛失があったそうだ。そのことも隠してたっていうから、とことん緊張感っていうものが欠如してるんだね。いまさらではあるけれど、このブラック企業に原発なんていう危険なものをまかせちゃいけないわけで、早いところ強制捜査して幹部連中に責任とらせないと、廃炉だって覚束ないことになりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

都議選告示日なのにこの沈滞ムードはいかがなもんでしょう&トルコの反政府デモをオリンピック招致と絡めて報道する無神経&こうやって役人はサボタージュするのかってことを教えてくれた水野のつぶやき。

 今日は都議選の告示日。しかし、まったく静かなもんです。どの政党も争点らしい争点を描ききれないでいるから、選挙があること自体を知らない都民はいっぱいいるんじゃないだろうか。獅子頭・猪瀬君のスキャンダルが週刊誌を賑わせているけど、都知事戦じゃないからね。待機児童問題がクローズアップされているのだって、これはもう具体的にどういう政策を立てるかっていう段階なわけで、争点とはなりにくい。

 でも、沈滞ムードに流されていいわけがない。築地市場の移転や東京オリンピック誘致、さらにはレイシスト石原の置き土産である新銀行東京など、けっこう難問山積してるのが現実なんですね。なんてったって、発展途上国の国家予算を遥かに上回る巨大予算を扱う東京の選挙なんだってことを忘れずに、皆さん、投票に行きましょう。

 ところで、トルコが反政府デモで揺れに揺れているけど、TVのワイドショーはこのニュースを伝える時に、必ずと言っていいほどオリンピック招致への影響を持ち出してくるんだね。これで東京が有利になった、っていうのがほとんどの論調なんだが、そうコメントする時のキャスターのうれしそうな顔てのはどうにかなりませんかねえ。なんでも一緒くたにして、ニュースさえバラエティー化してきたもんだから、こうなっちゃうんだろうな。つい顔がほころんでいる自分に気がついてないね、このひとたちは。他人の不幸を喜んでいるようなもんなのにね。

 「左翼のクソども」発言の俺様・水野が更迭された。今後は、是非とも懲戒免職にして欲しい。とはいえ、この男ひとりをスケープゴートにして問題がクリアになるわけでもない。俺様・水野のつぶやきからわかることは、役人の本音というか心の闇みたいなもんで、お上意識にとことん染まっちゃってるってことなんだね。だから、国民をあくまでも対立相手としか見ようとしない。でなけりゃ、「左翼のクソども」なんて発言は出てきません。

 おそらく、民主党政権の時にも、多くの役人が俺様・水野のようにサボタージュしてきたんでしょう。何も動かず、何も変わらないわけだ。パブリックサーバントって言葉が、なんとも虚しい今日この頃。俺様・水野は、百叩きのうえ、所払いがよろしいようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

役人の小狡さが顔に出ちゃって、なんとも気分の悪いコミッショナー会見ではあった&復興庁のキャリアが違憲総理にならって「左翼のクソども」発言。

 「昨日まで知らなかった。知っていたら公表したと思う」、だから「隠蔽や不祥事はない」し、当然「辞任は考えていない」そうだ。さすが駐米大使として名を馳せた役人だけに、面の皮は鉄面皮なんてもんじゃないほど厚かったね。しかしまあ、こんなひとがコミッショナーですよ。自分の名前を刻印までしていたってのに、責任はありませんとはいかないでしょう。

 ようするに、飛ばないボールのおかげでファン離れが起きてきたから、もっとホームランが出るようにしろや、って銀座のどこかから声が聞こえてきたんでしょうね。そもそも、コミッショナーを誰にするかっていうのも、銀座の鶴の一声で決まるって言いますから。

知らない、辞めない!加藤コミッショナー“ウソ統一球”謝罪だけ

 しかし、ここまでコミッショナーに開き直られちゃって、一番ワリ食ったのが下田事務局長です。それまでは「統一球の変更はコミッショナーと相談した」って言ってたのに、昨日の会見では「混乱していた。コミッショナーは知らなかった」って前言翻しちゃいました。ま、因果を含めてトカゲの尻尾にされたんだろうけど、哀れだよなあ。「組織とは頭から腐るもの」とは言うけれど、ま、その典型ですね。

 「組織は頭から腐る」と言えば、レレレのシンゾーもその口なんだろうが、例の「TPPに反対する左翼」発言にならったわけでもないだろうに、今度は復興庁の幹部がツイッターで暴言撒き散らしていたようだ。この男、福島県の被災者支援を担当しているってんだが、市民団体の集会に出席した後に「左翼のクソどもから、ひたすら罵声を浴びせられる集会に出席」てなことをツイートしてたってさ。しかもこれはほんの序の口で、なんと600回以上も罵詈雑言をまくたてていたっていうから、相当な玉であります。ほとんどビョーキですね。上が腐れば下も腐るわけで、レレレのシンゾーと根っこは同じです。

<復興庁>幹部ツイッター暴言 「左翼クソ」「懸案曖昧に」

 国のやることにちょいと異議を唱えるとすぐ「左翼」だって喚くのは、もうその時点で思考停止しちゃってるわけで、子どもが悔しまぎれに「ウンコたれ」って言うのと同じです。でもな、「ウンコたれ」に「ウンコたれ」って言われてもね・・・ま、誰ってことじゃないけれど、てなわけでお後がよろしいようで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

統一球の嘘の裏にはあの新聞社が・・・いるね&上村続投で柔道沈没

 今シーズンはやけにホームランが多い・・・なんてことは開幕以来、誰もが気づいてたんですね。だから、いまさらのように「飛びやすいボールに変えてました」って告白されても、別に驚きはありません。それよりも、これまで指摘されていながら、「ボールは変えていない」って嘘ついてたことが大きな問題なんですね。なんで嘘つくかね、こんなことで。しかも、事務局長のコメントが凄い。「知らせて混乱を招いてはいけないと思ったが、知らせないことで混乱を招いたと言われればそうかもしれない」だと。アホくさっ。

・プロ野球統一球、飛びやすくなっていた NPB認める

 こっそりとやらなくちゃいけない理由ってのがあったんじゃないの、と勘繰りたくもなるというものだ。ていうか、あったんだろうね、こっそりとやらなくちゃいけない理由が。それが何なのかはわかんないけど、どうせ読売が絡んでるんじゃないの、とついつい妄想したくなるのが人情というもの。おそらく、これだけではおさまらないんじゃないのかなあ、この問題は。メーカーのミズノにも箝口令を敷いていたっていうから、けっこう根深い闇があったりして。ああ、興味津々だ。

 スポーツの世界のドロドロさ加減ってのは、世間から隔絶されているだけにひとたび腐りだすとトコトン行っちゃうもんなんですね。柔道がその典型です。あれだけの騒ぎがありながら、上村会長続投表明だと。国際柔道連盟会長が「100%指示する」ってエールを送ったこともあったんだろうけど、身内のかばい合いってのはなんともみっともない。こうなると、日本だけでなく世界の柔道が腐ってるってことになっちゃいますよ。上村続投が決定したら、日本の柔道はもう復活することはないかもね。っていうくらいの危機的状況だってことを、どのくらいの柔道家が自覚してるだろうか。

柔道連・上村会長続投、強く支持 国際柔道連盟のビゼール会長

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年6月11日 (火)

訪米を文書で拒絶された政治家ってのはそうそういないでしょう&ツイートに見る違憲総理の幼児性。この男には「自覚」ってものがありません。

 「慰安婦は必要」発言で総スカン食らったお子ちゃま市長・橋↓君は、アメリカからも「来るんじゃねえ」って三行半突きつけられてたってね。訪米中止したのは自粛したからではなくて、実際はサンフランシスコ市から文書で拒絶されてたっていうから恥ずかしいったらありゃあしません。もし強行してたら文書が言うように「訪問先のすべてで抗議集団に囲まれ」ていんだしょう。それはそれで見たかったような気もするんだが、「市民は訪米を歓迎はしない」とまで書かれちゃうんだから、そりゃあ「オスプレイ訓練大歓迎」くらいのことはぶち上げるわけだ。「貧すれば鈍す」の典型ですね。人間、調子こくとロクなことはありません。

橋下氏訪問に文書で「拒絶」通告 米サンフランシスコ市

 レレレのシンゾーも調子こいたツイートしちゃって、反撃にあってます。レレレのシンゾーが街頭演説中にTPP反対デモと遭遇したのが事の発端で、「左翼の人たちが、憎しみのこもる演説妨害をした」ってツイートしたからさあ大変。しかも、このデモの主催は超党派の団体で保守系のひとたちも多く参加していたとか。で、「左翼」と指摘された主催者の怒るまいことか。早速、「首相。私はTPP反対街宣の主催者の一人ですが2週間前から告知していた場所に後から来られたのは貴殿らです。私は左翼ではなく正統保守です。政権公約を破って米帝と外国資本の言うとおりにさせ、国民を守らない貴殿に異論を唱えると左翼よばわり選挙妨害?長州の誉極まれり」と諭されちゃいました。

安倍首相、TPP反対デモに「左翼が演説妨害を(笑)」

 レレレのシンゾーのツイートは、言ってる内容もそうだけど、さらに「(笑)」マークまで入れちゃって、なんともレベルが低いんだね。少なくとも、一国のソーリのやることではありません。まるで自覚ってものがないんだね、この男には。自民党の憲法草案には、「公益及び公の秩序」って文言がやたら散りばめられているけど、反対する人間を「左翼」と決めつけるセンスってのはまさに「公益云々」の延長戦上にあるんでしょうね。たかがツイートではあるけれど、この男の幼児性ってのが、改めて危険極まりないと痛感した月曜日の朝であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

「年収150万円アップ」が「平均年収」になったり「1年間の収入」になったり「国民の平均の所得」になったり「皆さんの所得」になったり、つまりは口から出まかの大嘘ついてるわけです、違憲総理は。頭悪いな。

 都議選を前に、レレレのシンゾーが街宣車で盛んに与太飛ばして歩いとります。土曜日には迷惑なことに、くろねこのエリアに乗り込んできて、素朴な下町のオイチォン、オバチャンに媚売って歩いたそうです。

 で、「10年後には国民は一人当たりの年収150万円アップ」っていう先週の与太を滔々とまくしたてたようなんだが、今回も行く先々で「年収」と言ったり「平均年収」と言ったり、さらには「1年間の収入」「国民の平均の所得」「皆さんの所得」と、説明がコロコロと二転三転したそうな。これって、そもそもが1人当たりの国民総所得「GNI」のことを言ってるわけで、けっして個人の年収が上がるわけではないんですね。そのことは、レレレのシンゾーが口にした時から、さすがに「これはおかしいんじゃないの」と指摘されていたことだ。

平均年収?総所得?首相「150万増」コロコロ

 でも、凝りもせず、「年収150万円アッブ」だなんてほざき続けるんだから、一般大衆労働者諸君を舐めるにもほどがあろうってものだ。事の本質をわきまえず、嘘八百並べるのって、消費税増税の言い訳を繰り返していたスッカラ菅君とよく似ている。確か、「年収が300万円とか350万円以下の人には消費税(増税)分全額を還付するやり方もある」って口走ったその舌の根も乾かないうちに、「200万円」になったり「400万円」になったりしたものだ。

 何でこうなっちゃうかと言うと、口からでまかせ言っているからに違いありません。で、結局のところ、いまとなってはそんな話はなかったことになっとるわけです。れれれのシンゾーの「年収150万円アップ」っていう大ボラというか大ウソも同じ運命を辿りますよ、きっと。 

 しかしなんですね。嘘も100回つけば真実となる、ってヒトラーはほざいたっていうけど、レレレのシンゾーはおそらくそれを地でいってるんでしょぅ。違憲総理の歴史認識ってのはその程度のものなのですから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

「オスプレイ訓練八尾移設」は違憲総理とお子ちゃま市長がタッグを組んでの一芝居かも!?

 全日本がウェールズに、18-22の惜敗。ラグビーの話です。Wカップ出場に湧くサッカーに比べれば地味な扱いだけど、これは凄いことです。前半リードしての逆転負けですから、文字通りの惜敗です。ワールドカッフでは、18-72で負けたし、その前には0-98なんて屈辱的なゲームもあったんだから、素直に「よくやった」とエールを送ります。

 それに引き換え、もとてもじゃないけどエールを送れないのがアホノミクスもといアベノミクスなんだが、生活保護法改悪や解雇法の画策、ジョブ型正社員だとか、一連の弱者いじめ、企業優遇策の数々を耳にするにつけ、レレレのシンゾーは本気で経済再建するつもりなんてありませんね。ようは、大企業がいかに儲けるか、それによっていかに利権を手に入れるか、頭にあるのはそれだけです。アフリカ開発会議なんてのも、つきつめればその一環なんでしょう、おそらく。

 でもって、やりたいことはただひとつ。「改憲」です。そのためには参議院選挙を勝ち抜くことが必要条件で、「改憲」論議をトーンダウンさせたのもそのためなんだね。このままだと自民党は参議院選挙に大勝することは間違いないわけで、そうなれば改憲もTPPもやりたい放題できますから。

 さらに、都合のいいことに、お子ちゃま市長・橋↓君が「従軍慰安婦は必要」発言で集中砲火を浴びてくれたから、うまい具合にレレレのシンゾーの歴史認識問題はかすんじゃいましたからね。で、ここにもってきて、オスプレイの問題までお子ちゃま市長がつついてくれたおかげで、他の自治体に対してオスプレイ配備を押しつけても、「嫌とは言わせない」ムードつくりができあがりつつありますからね。ひょっとしたら、レレレのシンゾーとお子ちゃま市長がタッグを組んでの一芝居、ってなことなのかも・・・。

 社員の発明は企業に属す、なんてことも明文化しようという動きがあるようで、なんでもかんでも企業の都合のいいような制度設計を進めるレレレのシンゾーに対して、新聞・TVは無頓着だからね。ここまで違憲総理を増長させた責任を少しでも感じてほしいと思うだが、今朝の東京新聞なんか一面にAKB総選挙結果を載せてるくらいだからね。その他は推して知るべしってところでしょう・・・ヤレヤレ。

特許権の帰属、“頭脳”流出リスクも 開発者の意欲低下を懸念

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013年6月 8日 (土)

勝手に押しつけておいて「検討すらしないのはおかしい」って、まるでゴロツキの因縁だね&日仏原発同盟締結。違憲総理の原発中毒は清水健太郎なみに深刻なようで・・・。

 「確か市長だろ、橋下って。今、知事じゃないだろ。大阪市長が八尾市長にやれって言えるのかね」って、ひょっとこ麻生君が珍しくまともなこと言ってます。でもって、お子ちゃま市長の金魚のウンコ・松井君は、「訓練を受け入れることで、南海トラフ巨大地震などの際に米軍の協力を得やすくなる」なんてレトリックで、八尾市長を脅してます。「慰安婦は必要」発言をどうにか挽回したいもんだから、オスプレイ訓練を唐突に持ちだしたくせに、「検討すらしないのはおかしい」なんてこともぬかしている。ヤクザの因縁のつけ方にクリソツです。ゴロツキ政党の面目躍如ってところでしょうか。

<オスプレイ受け入れ>大阪府知事 八尾市長と会談、平行線

 ところで、どうやら日仏原発同盟が締結されたようだ。核燃料サイクル推進まで約束しちゃって、これで「もんじゅ」は堂々と膨大な予算を垂れ流すことができるわけです。原子力規制委員会が運転停止命令を出してるのもなんのそので、レレレのシンゾーの原発中毒は清水健太郎なみに更生の余地はないところまできちまったようだね。

 ところがそうそう都合よくいかないのが世の中ってもので、なんとまあ三菱重工製装置の不具合が原因で、アメリカのサンオノフレ原発の廃炉が決まったちゃいました。「世界最高水準の安全技術」が聞いて呆れます。しかし、これが日本の原発だったらどうだっただろう。おそらく、廃炉なんて発想は出てこないだろうね。1万点の部品検査をサボってたって屁でもないのが原子力村だからね。部品の不具合くらいじゃ、ビクともしやしません。きっと、平然と「安全確認したから大丈夫」の一言ですましちゃうんでしょうね。

米加州の原発、廃炉へ 三菱重工の装置に不具合

 汚染水の処理もままならず、ましてや4号機はいまだに危機的状況にあるってのに、日仏原発同盟をテコに世界に向けて原発輸出を企むレレレのシンゾーの頭の中ってのは、そうとうに膿んでるね。鼻かむと脳ミソ出てきちゃってるんじゃないのか、と妄想も楽しい土曜の朝であった。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

最近の政治家にはなんか異常なモノを感じる今日この頃、お子ちゃま市長はどんな権限があって「オスプレイ訓練八尾空港移設」なんてほざいてるんだろう。大阪市が八尾市のことに口出す権利なんてないだろう。

 株価は下げ止まらず、為替は円高に振れて、アベノミクスならぬアホノミクスに踊らされた俄かトレーダーはさぞかしビビっていることでしょう。そのとたんに、布袋頭の甘利君やひょっとこ麻生君はもとより、TVでさんざん与太飛ばした経済評論家まで「株は乱高下するもの」なんてしたり顔で説教たれてます。株とは縁のない一般大衆無労働者諸君は、そんなことは言われなくともわかってるって。あたかも円安、株高はレレレのシンゾーのおかげですって小躍りしてたのは、ひとえに政治家や御用評論家だけなんだからさ。国民はけっこう冷静なもんで、「踊る阿呆に見る阿呆、どうせ阿呆なら・・・」なんてことにはそうそうなるもんじゃありません。舐めたらアカン、ってもんです。

 そんなことを知ってか知らずか、レレレのシンゾーは、第3子からの幼稚園無償化をするそうだ。でも、これもおかしなもんなんだね。確か、衆議院選挙の公約では、「幼児教育の無償化」を謳ってたんだね。で、財源がどうたらこうたらで第3子からってなったそうなんだがこういうのを公約違反ってさんざん民主党を批判したのはどこのどいつだったっけね。

 こういう公約違反は、原発も同じです。「原発依存度を下げる」って言ってたくせに、「全力をあげて再稼働」になっちゃったからね。普天間基地の辺野古移設だって、沖縄県連は「反対」、党本部は「賛成」って二枚舌で押し通そうとしている。新聞・TVは、民主党の時にはネチネチとバッシングしたくせに、いまではすっかりおとなしくなっちゃって、ダンマリ決め込んでます。

 沖縄と言えば、お子ちゃま市長・橋↓君が、「オスプレイの訓練を八尾空港で」なんてことを言い出して、またパフォーマンスを始めている。で、このことでどうも腑に落ちないことがあるんだが、それはどんな権利があってお子ちゃま市長が「オスプレイ訓練の八尾空港移転」を言ってるのかなんですね。お子ちゃま市長はあくまでも大阪市長にしかすぎないんであって、八尾市のことに口出す権利なんか一切ないんじゃないの。たとえば、くろねこの住む葛飾区が江戸川区にオスプレイ持ってきましょう、って言ってるようなもんなんじゃないのか。

 また、日本維新の会共同代表という立場としてだって、野党の党首が勝手に地方自治に口出すことなんか許されるはずもないんじゃないのだろうか。そのへんのところを誰も説明してくれないんだけど、いったいどうなってるんでしょう。お子ちゃま市長は「オスプレイよりコスプレイ」((C)ネットゲリラさん)がお似合いです、くらいのこと誰か言ってやれ。

 レレレのシンゾー、お子ちゃま市長だけでなく、最近の政治家ってのにはなんか異常なモノを感じる。飯山一郎氏がブログで「八尾空港でオスプレイの飛行訓練をヤルべし!なーんてアホなことをワザワザ政府に言いに行くシト、行かせるシト、それを歓迎するシト(=安倍総理)、みーんな、なんか、異常だ夜寝ー。」って嘆いていたが、ホント、「なんか、世の中、以前より正常でないなシトが少しづつ増えている…。」ような気がする今日この頃なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年6月 6日 (木)

企業も国民も一緒くたにした「年収150万円アップ」の絵空事。世間では、こういうのを「ペテン」と言います&東京弁護士会からフニャケタ回答&お子ちゃま市長が顧問弁護士を務めていた「現代の遊郭・飛田新地」潜入動画。

 「騙り(かたり):人をだまして金や物をまきあげること。そういうことをする人」(岩波国語辞典)。で、類語には、「見せかけ」「まやかし」「空事」「インチキ」なんてのがありす。レレレのシンゾーが騙る成長戦略ってのはまんまこの類ですね。それが証拠に、成長戦略発表と同時に株価が下がっちゃいました。市場は正直です。いかに具体性を欠いた「絵空事」かってことがわかってるんだね。

 なかでも、嘘つくのもいい加減にしろってのが、「10年後には国民は一人当たりの年収150万円アップ」ってやつだ。詐欺師だってもうちょいと上手な嘘をつくだろうに、粉飾だらけの言葉を吐くことにかけては人語に落ちないこの男には、嘘ついてるっていう自覚すらないのかもしれない。

 で、「年収150万円アップ」ってのは国民総所得(GNI)を年3%伸ばすことで実現するっていうんだが、これがまたとんでもないまやかしだそうで。GNIというのは「国内で生産されたモノやサービスの価値の合計」で、ようするに企業も個人も一緒くたの話なんだね。でもって、その所得合計を人口で割ったのが一人当たりのGNIなんだと。つまり、個人の給与なんかどうでもよくて、企業が大儲けすれば必然的にGNIは上がるわけで、それでもって「年収150万アップ」ってことになるんだそうな。なんのこっちゃですね。こういうのを、世間では「ペテン」といいます。

 そういうカラクリを知っていながら、「国民年収150万円アップ」なんてところだけを声高に叫ぶことで、新聞・TVは臆面もなくレレレのシンゾー応援団に励んでます。アホかいな。いえいえ、アホちゃいまんねん、パーねんでん、といった心境の朝であります。

 ところで、「健全な法治国家のために声を上げる市民の会」による東京弁護士会への公開質問状第2弾に回答が届きました。東京弁護士会ってのも官僚組織なんですね。詳細は会長のブログで。

・八木啓代のひとりごと
さて、どうお受けになりますか:東京弁護士会を追い詰めてまいります

東京弁護士会からの回答

 最後に、お子ちゃま市長・橋↓君が顧問弁護士を務めていた「現代の遊郭・飛田新地」の潜入動画をご紹介して、お後がよろしいようで。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年6月 5日 (水)

甲状腺がん12人。でも、放射線は関係ないそうだ。将来の訴訟を見越して「因果関係はない」って言い訳するための布石か&国連の人権人道大使が委員会で切れちゃいました。「笑うな、シャラップ!」だって。ああ、恥ずかしい。

 ちょいとハラハラのWカップ決定。本田、よくぞど真ん中に蹴った。勇気に拍手。これでしばらくは心落ち着いてサッカーが楽しめる。

 ところで、国連のなんたら委員会が、福島第一原発事故による住民の健康への影響はない、ってな見解をまとめたってことを1日のエントリーで紹介した。でもって、今度は福島県の県民健康管理調査で、18歳以下で甲状腺がんの診断が確定した人が12人、がんの疑いが15人って発表があった。この結果を聞けば、やっぱり福島第一原発事故の影響が出始めてるんだなあ、と思いたくなるのが人情というもの。

 ところがです、調査をした福島県立医大は「福島第一原発事故の放射線の影響は考えられない」って言い放ってます。その理由ってのが、もう耳タコなんだが、「チェルノブイリ原発事故によるがんが見つかったのが、事故の4~5年後以降だった」からなんだと。

 こういう言い草ってのは、おそらく将来的に甲状腺がんの患者が多発した時に、「原発との因果関係はない」って突き放すための布石ですね。水俣病などの公害訴訟とまったく同じことが繰り返される可能性は大きいんだろうなあ。結局のところ、福島第一原発事故のツケは、すべて今の子供たちが将来払わされることになるんでしょうね。

 ようするに、国連なんたら委員会の「健康に影響なし」と福島県の「放射線の影響は考えられない」ってのは、世界中の原子力マフィアがこぞってフクシマをなかったことにしようとしている流れの一環ってことです。

・47NEWS
甲状腺がん「確定」12人に 福島18歳以下、疑いは15人

 このところ、ネットではちょいと話題になっていた国連の人権人道担当大使の暴言について、今日の東京新聞『こちら特報部』がリポートしていた。どんな暴言かというと、拷問禁止委員会でのことで、アフリカのモーリシャスの委員から「(日本の刑事司法が)中世のようだ」と指摘されたことについて、上田秀明とかいう人権人道担当大使が、「んなこと言うけど、日本は世界一の人権先進国だぜ」って反論したそうだ。ところが、その途端に会場に苦笑の輪が広がったってね。そりゃそうだ、日本の悪名高き代用監獄制度なんてのはこの委員会では有名で、勧告まだ出されてますからね。

 で、この大使は切れちゃいました。アフリカの奴らに笑われてたまるか、ってな差別意識もあったのかなかったのか、そんなことは知りませんが、「笑うな、シャラップ!」ってやっちまいました。会場は凍りついたそうです。「なんだこいつ」ってなもんだったんでしょうね。

 ああ、これでまた日本の政治家や官僚の国際感覚のなさが、世界でモノ笑いのタネにされるんだろうなあ。安倍、橋↓、石原、猪瀬・・・こやつらの品のない言動を耳にするたびに日本人であることが恥ずかしく思える今日この頃なのであった。

・「日々坦々」の資料ブログ
国連委員会で逆ギレ、暴言 世界を呆れさせた「人権人道大使」の正体

 

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2013年6月 4日 (火)

迷子の飼い猫を殺処分って、ニャンとも痛ましい&地下水からセシウム検出。東電の「安全」は漁民にとっては「暗然」でしかありません&年金支給年齢引き上げってったら、そのうち平均寿命超えちゃうんじゃないの。

 「動物管理センター」が迷子の飼い猫を殺処分にしてしまったっていうから、ニャンとも痛ましい話なのだ。しかも、処分してから首輪がついていることに獣医が気がついたっていうんだから、命を預かる立場にいながら杜撰さほどがあろうってものだ。首輪が毛に隠れていてわからなかったっていう言い訳もなんかなあ。「攻撃性があり、保護は困難」だから処分したとも言ってるけど、そりゃあ猫にしてみりゃ捕まったあげくに小さなケージに入れられりゃあ暴れもするだろうに。処分ありきで、よく調べもせずに事をすましちゃったんじゃないのかなあ。どうしたら助けられるか、ってことに誰も考えをめぐらせなかったんだろうね。しかも、飼い主から問い合わせがあったってことに後から気づいたっていうから、やっぱり怠慢です、この獣医師は。

<動物管理センター>飼い猫を誤って殺処分 札幌市

 東電も怠慢なことをまたやってくれました。例の原発建屋に流れ込んでいる地下水のことです。東電はどうにか海に放出したいものだから、これまで放射能汚染は自然界のレベルというデータを根拠に漁業関係者を説得していたんだが、実は測定方法をミスっていて、なんとセシウムが1リットル当たり0・61ベクレル検出されたそうだ。

 東電は「ミスでした」ですまそうって魂胆だろうけど、そうはいかないでしょう。安全だって言っていた根拠が崩れちゃったんだから、その数値が仮に低レベルであたとしてももはや誰も納得するわけがない。東電の「安全」は、漁民にとっては「暗然」でしかないってことです。

<福島第1原発>地下水の放射性セシウム検出される

 ところで、年金支給額を68歳に引き上げようなんて話が持ち上がっているようですね。老後の生活になんの屈託もないセンセイに言われてもなあ。これって、やらずぶったくりってことですね。こんな具合に支給年齢を引き上げてったら、そのうち平均寿命超えちゃうんじゃないの。それにしても、レレレのシンゾー肝いりの有識者会議ってのは、ロクなもんじゃありません。選挙で選ばれたわけでもない奴らの言いたい放題、をありがたいご託宣のように報道するマスメディアもどうかしている今日この頃なのだ。

年金受給年齢「早く引き上げを」 社会保障国民会議会長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

大阪にオスプレイ・・・日本維新の会がアメリカに尻尾振ってます&原発廃炉費用を電気代に上乗せ!?

 お子ちゃま市長・橋↓の無分別な言動がアメリカを怒らせと地待ったもんだから、慌てて日本維新の会はアメリカに尻尾振り始めたようだね。大阪上空でオスプレイの訓練を受け入れるだとさ。ま、具体的なことなんか何も決まってないというから、ちょっとしたアドバルーン上げてみたってところなんだろうが、こういう媚びの売り方ってのはなんか嫌だね。結局は、ここでも沖縄を利用してるんであって、単にアメリカの顔色伺いにしかすぎません。自分たちの立場を守るためなら、なんだってやりますからこやつらは。

・オスプレイ訓練、大阪府で受け入れ…知事が意向

 ところで、原発廃炉が早まると、積立金不足や原発の資産価値がなくなって、へたすると債務超過になって電力会社の経営も覚束なくなるってんで、廃炉費用を電気代に上乗せしようとしているようだ。なんとまあ優雅な民間会社なんでしょう、電力会社ってのは。なんでもかんでも国民の懐から金引き出せばいいんだからベラボーな話だ。統括原価方式だかなんだか知らないけれど、こんなトボケた企業の給料が世間一般よりもはるかに高額なんだから間尺に合わないことはなはだしい。

電気料金上乗せも…政府が廃炉費用のルール見直し

 廃炉の費用するままならないほど原発ってのは金食い虫なんだから、健全な企業だったらこんなものとっくに止めて、もっと合理的なエネルギーに資金投入してるはずなんだね。すべては、自民党と手を組んで、原発を推し進めてきたツケがまわってきたってことです。またどこかで原発事故が起きない限り、このシステムは変わることはないでしょう。原発と心中・・・電力会社には、もはやそれしか選択肢はないってことか。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2013年6月 2日 (日)

中国がTPP参加を検討、ってなんのこっちゃ&禁止されてるはずの遺伝子組み換え小麦が発見されたということは、自然環境で異種交配が進んでるってことなのか!?

 一昨日あたりから、中国がTPP参加を検討している、ってなニュースをNHKBSが流している。なんでも、アメリカが参加を働きかけたそうなんだが、そもそもTPPって経済的な中国包囲網っていう意味もあったはずなんで、その真相やいかにですね。これが仮に真実だとしたら、日本ってのはもうアメリカにとってはパートナーでもなんでもないってことなんじゃないの。ヘタすると、もう米中の間では話し合いがついてたりして・・・って、さすがにそれはないか。それとも、中国参加をにおわせることで、TPPに参加しようっていう世論喚起を狙った飛ばしのひとつなのだろうか。謎が謎呼ぶニュースではある。

中国、TPP交渉参加の可能性検討へ=商務省

 気になるニュースと言えば、アメリカでも栽培が認められていない遺伝子組み換え小麦が発見されたってね。この遺伝子組み換え小麦というのは、「米農業バイオ大手のモンサントが1998年から2005年、除草剤に強い遺伝子を持つ小麦の開発実験を行った」のがきっかけで、「健康問題を懸念する消費者や輸出業者の強い反発で、実験の許可が取り消された」という代物なんだとか。それだけ危険だってことですね。で問題は、この小麦が一般の農場でひっそりとだかこっそりとだか生育してたっていうから恐ろしい。

世界動揺 遺伝子組み換え小麦 米で発見

 遺伝子組み換え品種が自然環境の中で生育してたってことは、すでにその他の品種と交配しているだろうことは容易に想像がつくわけで、これはえらいことです。多摩川がタマゾンと呼ばれるくらい外来魚が横行しているそうだが、遺伝子組み換え品種との異種交配が始まっているとしたら、タマゾンなんてのどかなことは言ってられなくなります。なによりも、ひとの口に入るものだからね。

 ひょっとして、モンサントは政府に隠れて、小麦だけでなく、いろんな野菜で遺伝子組み換えの実験してるんじゃないのか。でもって、安全管理の怠慢で遺伝子組み換え品種の種が外部に流出し続けてたりして・・・モンサントはその事実を知っていながら隠蔽しているという、なにやら原子力村と似たような構図だったりして。ああ、またしても日曜の朝っぱらから変な妄想しちまった。くわばらくわばら。

【くろねこの競馬予想】

 府中の1600mは単なるマイラーでは勝ち切れないタフなコースだ。2000mを勝つくらいのスタミナがなければ乗り切れない。だから、スピードに長けた名マイラーが、あっさりと負けたりする。で、今年の焦点はなんといってもロードカナロアだ。ここ4戦で海外も含めてG1を3勝、G3を1勝という実力馬だが、そのすべてがスプリント戦でマイルは初めてというのがどうもひっかかる。しかも、1番人気は勝てないというジンクスもあるし、ここは思い切って抑えまで。

 連の軸にアメリカンボス。マイル戦の安定感は抜群で、連の軸とし申し分ない。相手は難解だが、狙って面白そうなのが、ナカヤマナイト。中距離馬ではあるが、タフな府中のマイル戦ならその資質がモノを言いそう。相手なりに走るヴィルシーナ、このコース得意のダイワマッジョーレも侮れない。香港勢からはグロリアスデイズか。
◎アメリカンボス、○ナカヤマナイト、▲ダイワマッジョーレ、△ロードカナロア、ヴィルシーナ、カレンブラックヒル、ショウナンマイティ、グロリアスデイズ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年6月 1日 (土)

国連拷問禁止委員会が「従軍慰安婦」問題について日本政府に勧告した背景には、違憲総理のスボラな歴史認識への不快感もあるんでしょうね&フクイチ事故は住民の健康に影響はない、って言ってる国連科学委員会って御用学者の集まりか。

 想定できたことではあるけれど、お子ちゃま市長・橋↓君の「従軍慰安婦は必要だった」発言は、とうとう国連の拷問禁止委員会から「いいかげんにしろ」って勧告受けちゃいました。この勧告はけっこう踏み込んだ内容で、「慰安婦問題の法的責任を認め、(法律を犯した者を)適切に処罰」するように求めてるってね。ここまで拷問禁止委員会が突っ込んできたっていうのは、お子ちゃま市長の発言だけが問題視されてるわけではなくて、政権についてからのレレレのシンゾーを代表とするつむじが右に曲った政治家たちの調子に乗った言動がその背景にあることは間違いない。お子ちゃま市長の影にすっかり隠れちゃってるけど、そもそもの発端はレレレのシンゾーの不勉強からくる「歴史認識」にあるってことを忘れちゃならねえ、ってことです。

慰安婦問題「公人が事実否定」=日本政府に勧告-国連拷問禁止委

 それにしても、たかが大阪市の首長の心ない発言が国際問題になっちまったわけで、これに関してはきっちり責任とる必要あるんじゃないでしょうか。そもそも、市長の囲み会見で国政に関わることを口走ること自体おかしなもんなですね。市長ってのはその地域の住民の安寧秩序のために腐心するもんなんであって、酒場談義じゃあるまいし、微妙な国際問題に口出しちゃいかんでしょ、公の場で。で、お子ちゃま市長の言いたい放題を諭すことなく、唯々諾々と垂れ流す記者ってのもまったく問題意識に欠如してるわけですね。

 尖閣問題の放火犯、レイシスト石原も同じです。なんの権限もなく、責任をとれもしないのに、勝手ななことをほざいて中国との緊張関係を引き出しちまった元凶なんだよね、この男は。おそらく、お子ちゃま市長はそれにならったんだと思う。で、アメリカにもモノ言える政治家を演出しようとしたんだろうね。でも、見事に失敗どころか、訪米もできないほどその立場が危うくなっちまったのは、本当に喜ばしいことだ。ようするに、日本維新の会は、二人の代表が揃いも揃って、国益を損ねまくっているわけで、百害あって一利なしの典型ですね。

 ところで、国連科学委員会が、福島第一原発事故による被曝について、「住民が被ばくした放射線量は低く、『これまで健康に影響していない。将来的にも影響しないだろう』との見解をまとめた」ってさ。で、「住民を迅速に避難させた結果、被ばく線量を最大で10分の1に抑えられた」とか、「放射性ヨウ素に汚染された牛乳で子供の甲状腺がんの発生率が高まったチェルノブイリ原発事故と異なり、日本では汚染された食品の摂取を早期に規制した」とか、やたら楽観的な文言が散りばめられてる。おいおい、ホントかよ、であります。

被ばく量最大10分1に=「迅速な避難」と評価-福島原発事故で国連科学委

 SPEEDIのデータを故意に隠蔽したり、汚染食品の数値だってけっこう融通無碍だったり、なによりも「直ちに健康に影響はない」って嘘ついてたんだからね。国連科学委員会ってのが、どんな学者センセイの集まりかわかんないけど、そんな事実がありながら「将来的にも影響しないだろう」なんて能天気なこと言ってるんだもん、原子力マフィアの御用学者ばかりだったりして・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »