« 選挙戦の最中に「景気回復」で自民党をサポートする日銀総裁。中央銀行の独立性を自ら放棄しちゃってます&農業用水に除染で発生した汚染水を垂れ流し。除染というより汚染のばら撒きだろう。 | トップページ | フッ素って原爆製造になくてはならい物質で、かなりの毒性があるらしい。それを隠すために歯に良いという都市伝説を捏造したそうな&原発も憲法もTPPPも、まったく議論がヒートアップしない、こんな不誠実な選挙があっただろうか。 »

2013年7月13日 (土)

自民党のTVCMはウンザリするほど流れてるんだが、他の党のTVCMはどうなってるんだろう&維新の会の政見放送は大昔のアングラよりも寒すぎる。奇を衒ってスベった時の惨めさってハンパじゃない。

 TVのニュースは「暑い、暑い、暑い」の連呼でウンザリなんだが、もっとウンザリするのが突如、レレレのシンゾーの顔がアップになって自民党のCMが始まった時だ。まるで通り魔に出くわしたようなもんで、なんてこったいなのだ。で、ちょっと気になるのが、自民党のTVCMは嫌というほど目にするのだが、その他の党のTVCMってのはどうなってるんでしょう。単に見逃しているだけなのか、それとも資金力不足でTVCM流してないのか・・・・気になるなあ。

 いつだったか、「いかんざき」なんて間抜けなキャッチや党首がロボットと戦う手作りビデオ風映像なんかがバンバン流れて、政党CMが百花繚乱なんて選挙があったが、いまとなっては懐かしくなってくる。ま、広告代理店に目の玉飛び出るほどの制作費請求されて、その割には効果ないってんで止めちゃった党が多いのかもしれないけれど、それにしたって自民党のTVCMばかりが目立つってのもなんだかなあなのだ。

 で、話には聞いていたのだが、日本維新の会のシュールな政見放送ってのを昨日観てしまった。呆れました。お子ちゃま市長とレイシストが向き合ったまま、延々身内の会話してるんだから。よく芸人が悪乗りしすぎてドン引きされちゃうことがあるけど、ま、それとほとんど変わらない空気の読めなさ加減が痛い、あまりにも痛い。奇を衒ってスベった時のやるせなさというかなんというか、大昔のひとりよがりのアングラ芝居見せられているようで、なんともわびしいものでありました。

Photo

 レイシスト石原は、横田めぐみさんがどうしたこうしたと、そのへんのオッサンが飲み屋でオダまいてるような発言したそうだが、こりゃ、相当にビョーキは進行してますね。でないとしたら、ハッキリ言って、ただの大馬鹿者です。この発言は新聞なんか片隅にチラっと載せているだけだが、ほっといていいのかねえ。

維新・石原共同代表「横田さんはめかけに」

 聴衆のプラカードをなんの権利もないのに没収した自民党といい、このレイシストのクズ発言といい、選挙の最中だからこそシッカリと報道すべきことだと思うのだが、新聞・TVは憲法改悪派にはことの他おやさしいからね。「今日も暑い一日です」なんて当たり前のこと垂れ流してないで、ちったあ選挙戦の「熱い報道」してみろってんだ・・・てなわけで、ひとり熱くなる今日この頃であった。

|

« 選挙戦の最中に「景気回復」で自民党をサポートする日銀総裁。中央銀行の独立性を自ら放棄しちゃってます&農業用水に除染で発生した汚染水を垂れ流し。除染というより汚染のばら撒きだろう。 | トップページ | フッ素って原爆製造になくてはならい物質で、かなりの毒性があるらしい。それを隠すために歯に良いという都市伝説を捏造したそうな&原発も憲法もTPPPも、まったく議論がヒートアップしない、こんな不誠実な選挙があっただろうか。 »

参議院選挙」カテゴリの記事

維新の会」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/52429502

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党のTVCMはウンザリするほど流れてるんだが、他の党のTVCMはどうなってるんだろう&維新の会の政見放送は大昔のアングラよりも寒すぎる。奇を衒ってスベった時の惨めさってハンパじゃない。:

« 選挙戦の最中に「景気回復」で自民党をサポートする日銀総裁。中央銀行の独立性を自ら放棄しちゃってます&農業用水に除染で発生した汚染水を垂れ流し。除染というより汚染のばら撒きだろう。 | トップページ | フッ素って原爆製造になくてはならい物質で、かなりの毒性があるらしい。それを隠すために歯に良いという都市伝説を捏造したそうな&原発も憲法もTPPPも、まったく議論がヒートアップしない、こんな不誠実な選挙があっただろうか。 »