« 山本太郎に意地悪した日本テレビ『ミヤネ屋』に、スポンサーの再春館製薬が「公平な番組作り」を申し入れ。アッパレ! | トップページ | チェルノブイリ事故による内部被曝の危険性に警鐘をならしたために逮捕・投獄されたバンダジェフスキー氏の爪のアカを「放射能はカラダにいい」なんてことを平然と言ってのける御用学者センセイに飲ませてやりたい。 »

2013年7月28日 (日)

日本にとって「今そこにある危機」とは経済でも憲法でもなく、福島第一原発。危機的状況の中でソーリ大臣が経済と憲法ばかりにかまけているこの国に、「世界に誇るべき国柄」なんてものがあるべくもない。

 記憶にある限り隅田川の花火が豪雨で途中中止になったなんてことはなかったと思うのだが、浴衣姿でビショ濡れってのはそれはそれで思い出の花火ってことなんでしょうか。にしても、綺麗に着飾ったオネーチャンたちの悲惨な状況は、察するに余りあります。

 でもって、こちらの悲惨な状況は、もう予想通りで笑っちゃいます。お子ちゃま市長・橋↓君が日本維新の会代表辞任を撤回です。ま、自作自演のコントみたいなもんで、新鮮味もなにもなく、もういい加減にしいやってなもんですが、含羞とか衒いとかいったニュアンスを持ち合わせていない野蛮人ですから、ま、また近いうちに勝手なパフォーマンスをやってくれることでしょう。迷惑なんだけど。

 迷惑と言えば、福島第一原発から流れ出している放射能汚染水だが、なんとまあ23億ベクレルなんて天文学的な高濃度汚染が発覚しちゃいました。護岸を水ガラスで固めるとか、汚染水を抜き取るだとか、東電は急場しのぎに大童。でも、よく考えてみればこんなベラボーな数値の汚染水に人間が近づくなんてことがまずは不可能に近いんじゃなかろうか。とするなら、対策はアレコレ立てたとしても、結局のところ単に手をこまねいているにしか過ぎないってことになるんじゃないのかねえ。

 ようするに、東電にはもう汚染水処理なんて無理なんだよね。おそらく、新聞・TVもそこのところはわかってるんだと思う。でも、それを発表しちゃうとパニックになっちゃうかもしれないから情報隠蔽してるんじゃないの・・・って、これは妄想ですけど。湯気が出ている3号機なんてのは、最も危険なプルサーマルなんだけど、そんな事実にもほとんど触れないからね。

 それはともかく、ここまできたら東電にまかせていても仕方がないんであって、本来なら国の出番じゃないのか。でも、これがまた無関心を装ってるんだよね。レレレのシンゾーなんか東南アジアを飛び回って、集団的自衛権がどうしたこうたと憲法改定には意欲的なくせに、福島第一原発の現状についてはとんと話題にもしないからね。さすがに、国会で無責任答弁しただけのことはある。つまりは、こやつが原発事故の元締めみたいなもんなんじゃないのか。というわけで、ここらでその無責任答弁を改めて確認しときましょう。

-------------------

吉井英勝:海外では二重のバックアップ電源を喪失した事故もあるが日本は大丈夫なのか
安倍晋三:海外とは原発の構造が違う。日本の原発で同様の事態が発生するとは考えられない
吉井英勝:冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
安倍晋三:そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
吉井英勝:冷却に失敗し各燃料棒が焼損した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
安倍晋三:そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
吉井英勝:原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測や復旧シナリオは考えてあるのか
安倍晋三:そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない

-------------------

 で、話を戻せば、いったい国は福島第一原発をどうしようとしてるんだってことなんですね。特に、汚染水問題は世界をつないでいる海への流出という難問を抱えているわけで、おそらく海外から見れば何の対策も打たない日本はバカじゃないのって思われてますよ。日本にとっての「今そこにある危機」ってのは経済でも憲法でもなくて、福島第一原発なんだっていう認識が、政治家だけでなく一般大衆労働者諸君も含めて薄い、薄すぎる。「命あってのモノダネ」とはよく言ったもので、もし3号機がヤワになったら、集団的自衛権もヘッタクレもないんだよね。その時には、この国がなくなっちゃうんだから。

 新聞・TVは山口の集団放火殺人事件化を「八墓村」だなんだとセンセーショナルに報道しているけど、そんな暇があったら福島第一原発に張り付いて遂次現状報告しろってんだ。「今そこにある危機」を見ないことに、なかったことにしようなんてスットコドッコイなことしてるから、海外メディアからも批判されちまうんです。

・田中龍作ジャーナル
ここがヘンだよ、日本の原発報道 ドイツ人研究者との対談

 福島第一原発がさらに危機的状況になっている中でソーリ大臣が経済と憲法ばかりにかまけているこんな国に、「世界に誇るべき国柄」なんてのがあるべくもない・・・と我が家のドラ猫に説教たれる日曜の朝であった。

|

« 山本太郎に意地悪した日本テレビ『ミヤネ屋』に、スポンサーの再春館製薬が「公平な番組作り」を申し入れ。アッパレ! | トップページ | チェルノブイリ事故による内部被曝の危険性に警鐘をならしたために逮捕・投獄されたバンダジェフスキー氏の爪のアカを「放射能はカラダにいい」なんてことを平然と言ってのける御用学者センセイに飲ませてやりたい。 »

原発」カテゴリの記事

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

改憲症候群の狂人は「復旧のシナリオは考えていない」てんだから、きっと、狂人の頭の中には「フクイチ事故」はなかったんだ。

でなきゃあ、辻褄が合わない。

「放射能は直ちに身体に影響」はないし「海水は汚染されていない」その上、故郷を離れている15万人は、勝手に移住しただけ。

でもって「世界一の技術です」って売り歩く。

日本は、何処え行く?

それにしても、「含羞」「衒い」は難しかった。

投稿: 岡目五目 | 2013年7月28日 (日) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/52637788

この記事へのトラックバック一覧です: 日本にとって「今そこにある危機」とは経済でも憲法でもなく、福島第一原発。危機的状況の中でソーリ大臣が経済と憲法ばかりにかまけているこの国に、「世界に誇るべき国柄」なんてものがあるべくもない。:

« 山本太郎に意地悪した日本テレビ『ミヤネ屋』に、スポンサーの再春館製薬が「公平な番組作り」を申し入れ。アッパレ! | トップページ | チェルノブイリ事故による内部被曝の危険性に警鐘をならしたために逮捕・投獄されたバンダジェフスキー氏の爪のアカを「放射能はカラダにいい」なんてことを平然と言ってのける御用学者センセイに飲ませてやりたい。 »