« 自民党の愛国婦人会が靖国参拝するぞって喚いている。塀の外からそっと頭を下げるだけじゃ目立たないからね&どうやら、復興費1兆円をドブに捨てるつもりのようですね。 | トップページ | 米軍ヘリ墜落・・・日本の空は米軍の演習場みたいなもんだから、原発を直撃なんてことも覚悟した方がいいってことです&社会保障制度改革国民会議最終報告書の「会長の国民へのメッセージ」がめちゃくちゃ腹立たしい。 »

2013年8月 5日 (月)

集団的自衛権行使容認は、「アメリカの戦争に日本も参加するぞ」って宣言するようなもんです。おお、コワっ!

 昨日の地震には久しぶりに「おおっ」と唸ってしまった。宮城では震度5強というから、けっこう強い揺れがあったんだろうね。福島第一原発は大丈夫かとつい頭をよぎるんだが、TVは地震でケガ人が出たなんてことはニュースで流しても、絶対に福島第一原発については触れようとしないからね。汚染水が危機的状況で、ニッチもサッもいかなくなってるところに、この地震ですよ。こういう時こそ、原発事故を思い出せ。どうも、TVでは「原発」がタブーになりつつある今日この頃なのだ。

 そうかと思うと、かつてはタブーだったことが、大手を振って語られることもある。集団的自衛権なんてのはその最たるものです。昨日も、目力のない防衛相・小野寺君がNHKの討論番組で集団的自衛権の行使容認について年末の防衛大綱に反映させたいなんてことをぬかしていたようだ。その理由として、「北朝鮮のミサイル防衛のために公海上に出ている米艦船が攻撃された場合、私は(自衛隊に反撃)命令を出せない」てなことを口走っていたとか。

集団自衛権、大綱に反映=小野寺防衛相-有識者懇座長「年内にも報告書」

 なんでわざわざ北朝鮮のミサイルなんて特定する必要があるのかは置いておくとして、こういう単純化した理由づけって一番簡単なんだけど、実はとても危険なミスリードになってるんだね。仮にミサイルでアメリカの軍艦が攻撃されたとして、その一報だけで見境もなく反撃命令を出せるとでも思ってるのかねえ。そんな単純な命令系統だとしたら、それこそ危険なことなんじゃないの。それに、日本がとやかくやらなくったって、アメリカは自国の艦船が攻撃されたら、それこそ瞬時に徹底的な反撃を開始しますよ。日本がとやかく口出せる状況なんてありはしませんて。

 こういう単純化の方法って一見わかりやすそうなんだけど、実は物事の本質を逆に見えにくくしてるんだね。たとえば、「武士道とは死ぬことと見つけたり」という『葉隠れ』なんかその典型です。本来は武士の処世術が書かれた人生読本みたなもんだったのが、「死ぬことと見つけたり」ってところばかりが強調されたおかげで、特攻隊精神の発揚に利用されちまったわけです。それはともかく、アメリカが攻撃されたら云々なんておためごかしはやめてさ、アメリカの戦争に参加するようにしたいんだよ、って正直に言っちまえばいいんだよ。それともなにかい、これもまた「こっそりと」っていう例のひょっとこ麻生の発言とつながってるってわけですか。

 集団的自衛権の行使容認ってのは、ようするに解釈改憲ということで、これほど一般大衆労働者諸君を無視したやり方はないのであって、本当なら国会は紛糾しなくちゃいけないんだよね。もちろん、新聞・TVだって自らの立場を旗幟鮮明にして論陣を張るべきなのだ。そんなときに、やれ世界水泳だ、やれ世界陸上だ、なんてやってるんだもの、だめでしょ、これじゃ。

 おかげで、ひょっとこ麻生の「ナチスに学べ」発言は撤回したからってお咎めなしに終わりそうだし、それを見てみぬ振りする日本のジャーナリズムってのは世界でも物笑いのタネになってるんでしょぅね。というわけで、しつこいようですが、ひょっとこ麻生のクズ発言を改めてご紹介して、お後がよろしいようで。

麻生副総理の憲法改正めぐる発言の詳細

 

|

« 自民党の愛国婦人会が靖国参拝するぞって喚いている。塀の外からそっと頭を下げるだけじゃ目立たないからね&どうやら、復興費1兆円をドブに捨てるつもりのようですね。 | トップページ | 米軍ヘリ墜落・・・日本の空は米軍の演習場みたいなもんだから、原発を直撃なんてことも覚悟した方がいいってことです&社会保障制度改革国民会議最終報告書の「会長の国民へのメッセージ」がめちゃくちゃ腹立たしい。 »

憲法改正」カテゴリの記事

コメント

追伸
「晴天とら日和」が
片目パッチリ総務政務官が、29日のテレ朝の番組で
1月の中国艦艇による海上自衛隊護衛艦へのレーザー照射に関連して、
「9条の1項、2項がなかったら(自衛隊は当然)撃っている」と日中戦争開戦も辞せずと受け取れるような発言をした、と伝えている。

おおコワー。

投稿: 岡目五目 | 2013年8月 5日 (月) 22時24分

論じていることの本質から外れて、屁理屈ばっかりの政治家や政府の役人達にはいつもうんざりさせられます。民主主義を捨て、戦前の日本になりたいのでしょうね。 この国は人間の尊厳を軽く扱い、弱い立場の人々に理不尽を押しつけて、そんな事を正当化する人達でいっぱいになってしまったのでしょうか。

投稿: ぐるくん | 2013年8月 5日 (月) 21時13分

「お後を引き受けて」と言ったところで役不足ではありますが、

改憲・改憲と騒ぎつつ、憲法解釈でひっそりこっそり「戦争が出来る国」にしようなんて、ったくナチスより太てえ野郎どもだ。

ところで、田中良紹が「ご先祖を裏切る二人組(安倍・麻生)」で以下のように書いてます。最後のくだりをちょっと拝借。

(略)孫だからと言って祖先の政治思想や政治手法を踏襲しなければならない事はない。
むしろ祖先を超える政治家になる努力をすべきである。
しかしこの二人組がやろうとしている経済政策や憲法改正のやり方を見ていると、確固とした国家感や歴史認識を踏まえた戦略性がまるで感じられない。
ご先祖様とは比較するのもはばかれるほど目先しか見ない小政治家に見えてしまう

投稿: 岡目五目 | 2013年8月 5日 (月) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権行使容認は、「アメリカの戦争に日本も参加するぞ」って宣言するようなもんです。おお、コワっ!:

« 自民党の愛国婦人会が靖国参拝するぞって喚いている。塀の外からそっと頭を下げるだけじゃ目立たないからね&どうやら、復興費1兆円をドブに捨てるつもりのようですね。 | トップページ | 米軍ヘリ墜落・・・日本の空は米軍の演習場みたいなもんだから、原発を直撃なんてことも覚悟した方がいいってことです&社会保障制度改革国民会議最終報告書の「会長の国民へのメッセージ」がめちゃくちゃ腹立たしい。 »