« 汚染水問題を解決するには、原発政策に関った政治家、官僚、学者、財界人の中から決死隊を組むしかないでしょう。 | トップページ | 「世界が汚染水問題にどんどん目覚めている。こんな時にオリンピックをやったら、日本の恥だ」(村田光平元スイス大使)。国会閉鎖中とはいえ、能天気に外遊三昧の政治家センセイは恥ずかしくないのだろうか。 »

2013年9月 2日 (月)

収束どころか事故はさらに拡大してるのに、張本人のノダメはプロレス三昧&アメリカが言えば「黒いカラスも白くなる」。「国際社会との連携」ってのは、つまりはアメリカのお説の通りにってことなんですね。

 「収束宣言」をしたはずの福島第一原発では、汚染水のだだ漏れで、さらなる事故の拡大が起こっているってのに、その張本人であるノダメは能天気にも近々、「週刊プロレス」の表紙を飾るそうだ。そういえば、民主党の公開大反省会を欠席してまでプロレス観戦して顰蹙を買ったことがあったけど、どこまでいっても反省の二文字とは無縁な男なんだね。白アリ退治だなんて散々演説しておいて、権力握った途端に白アリに食われちゃったヘタレですから、いまさら何の期待もしてはいないけど、プロレス遊びする暇があるんだったら、せめて福島第一原発の事故現場に足を向けてみろってんだ。収束どころか拡大している事故現場の惨状に、震えて眠れ!

野田前首相が「週プロ」表紙!首相経験者初登場!!KENTAと対談

 ところで、オバマはシリア攻撃にちょいと腰が引けたようで、議会の承認が得られるまで先送りなんだとか。「正義のない戦争」にはアメリカの世論も反対が多いそうだから、大統領権限でシリア攻撃を独断で命令するのは憚れるってことですね。でもって、議会に結論を委ねたってのは、仮に攻撃決定となったとしても議会との共同正犯ってことになるから、その後に責任問題が起きてもどうにか回避できるからね。

 そんなオバマの思惑を知ってか知らずか、レレレのシンゾーは「重い決意表明と受け止めている。米議会のプロセスを注視していきたい」なんて気の抜けたコメントしてます。どうせ世界は日本の意見なんてのはアテにしちゃいないだろうけど、こういう時こそ日本独自のメッセージってのを国際社会に向けて発信すべきなんだよね。でも、レレレのシンゾーにはポリシーなんてものはありませんから、「米国をはじめ国際社会としっかり連携を取りながら(シリア情勢が)少しでも改善していくよう対応していきたい」なんてわけわかんないこと言ってお茶を濁す始末だ。

 で、目力のない防衛大臣・小野寺君は、「シリアで化学兵器が使用されたことは明々白々だ。随時情報交換しながら、日本政府としての対応を内閣として考えていく」って言ってるそうだが、ちょっと待ってだね。「化学兵器が使用されたのは明々白々」って言うんだけど、問題は誰が使用したかなんだね。そこが「明々白々」じゃないからイギリスの議会だって攻撃参加に反対したんだし、アメリカだって軍事介入には議会の承認が必要とする世論が79%もあるのだと思う。

・オバマ米大統領声明「重い決意」=シリア問題、国際社会と連携-安倍首相

 いずれにしたって、アメリカが決めたことなら、たとえ白が黒になろうとお説ごもっともで追従するレレレのシンゾーには、シリアへの軍事介入の是非について問いかけるのはあまりにも荷が重いというものだ。そんなことに働かせる頭脳は、この男にはありません。だから、民間人集めてなんたら会議ってのを数多く作っているわけで、前回辞職した時に「イチロー君が首脳会談してくれないから」なんて逃げ口上言っていたように、他人のせいにするのは大得意だからね。ま、こんな無責任な男を2度も首相にしちまったのはまさに痛恨の極みの月曜の朝であった。

|

« 汚染水問題を解決するには、原発政策に関った政治家、官僚、学者、財界人の中から決死隊を組むしかないでしょう。 | トップページ | 「世界が汚染水問題にどんどん目覚めている。こんな時にオリンピックをやったら、日本の恥だ」(村田光平元スイス大使)。国会閉鎖中とはいえ、能天気に外遊三昧の政治家センセイは恥ずかしくないのだろうか。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

野田佳彦」カテゴリの記事

コメント

嘘つきが堂々と生きながらえているってェのは、世の中みんな嘘つきになれってェことかいなァ。

真面目に生きることがバカらしくなっちまう。

で、ノンポリだった60年安保を思い出して、ネットを彷徨っていたら、地位協定やら行政協定やら秘密協定やらいろいろあって、改めて「アメリカさんどうぞ」てェことが分った。

中でも、岸信介や佐藤栄作の酷いこと。沖縄返還ではアメリカさんに18700万ドルの熨斗つけるンですって。

売国奴メ。
その係累の国難放置症男のことだから、アメリカさんの言いなりてェことか。

投稿: 岡目五目 | 2013年9月 2日 (月) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/53115165

この記事へのトラックバック一覧です: 収束どころか事故はさらに拡大してるのに、張本人のノダメはプロレス三昧&アメリカが言えば「黒いカラスも白くなる」。「国際社会との連携」ってのは、つまりはアメリカのお説の通りにってことなんですね。:

» オバマ、専制を暴露 [マスコミに載らない海外記事]
Paul Craig Roberts 2013年8月31日 アメリカ政府は“世界で最も偉大な民主主義”を気取っている。アメリカ政府は、露骨な侵略行為、他の国々に対する、明確な紛れもない戦争犯罪の正当化として、アメリカは民主主義を広めているのだという主張を利用してきた。アメリカの戦争は民主的決定の結果ではないという明白な... [続きを読む]

受信: 2013年9月 2日 (月) 15時42分

» 元左翼過激派があえていう。安倍晋三は「不敬」だ! [黄泉の国から]
国際的にはクイーン、プリンセスで通用し英語は折り紙付である彼女たちを利用しない手はない、、、と下痢ゾウは考えたのだろう。スペイン王室が出てくるならこちらも皇族を強引に ... [続きを読む]

受信: 2013年9月 2日 (月) 16時23分

« 汚染水問題を解決するには、原発政策に関った政治家、官僚、学者、財界人の中から決死隊を組むしかないでしょう。 | トップページ | 「世界が汚染水問題にどんどん目覚めている。こんな時にオリンピックをやったら、日本の恥だ」(村田光平元スイス大使)。国会閉鎖中とはいえ、能天気に外遊三昧の政治家センセイは恥ずかしくないのだろうか。 »