« 側近人事でNHKも乗っ取られたか&「知る権利が国家や国民の安全に優先するという考えは間違い」(自民党・町村信孝)だそうです。無教養な男だこと&「原則秘密は嫌」ってお子ちゃま市長も外野から参戦です。どうせ口先だけだろうけど。 | トップページ | 住民からの意見聴取を拒否するわ、原発メーカーからもらった研究費は申告しないわ、原子力規制委員会には倫理観も使命感も、ましてや誇りもありません。 »

2013年11月10日 (日)

特定秘密保護法案で違憲総理の本音を代弁し続ける身の程知らずな首相補佐官。

 いやあ、久しぶりに朝っぱらから不気味な揺れだった。茨城県南部が震源地だそうだが、東海村の原発は大丈夫だろうか。ちょいと油断してるとこれですから、東京オリンピックなんかに浮かれてると、巨大地震で東京が足元から崩れていくことだって十分に想定内のことではないのだろうか。なんて不吉なこと妄想しちまった日 曜の朝である。

 レレレのシンゾーがジャーナリストを装ったお友達とのBS朝日のインタビュー番組で、「(原発)ゼロと言った段階で、もう大学で原子力を学ぶ人もいなくなる。人材が供給されなくなる」なんて相変わらずの与太飛ばしたようだ。将来を見据えるが眼力のないやっちゃ。

 原発をゼロにするということは、これまでどの国もトライすることのなかった廃炉への長い道のりに踏み出すわけで、そこには新たな技術開発ってのが必須の条件になってくるんですね。つまり、原子力を学ぶ人がいなくなるどころか、ひょっとしたら世界に先駆けた廃炉という新たな産業の創出につながるかもしれないわけで、そうなれば人材はおのずと集まってきますって。そうしたヴィジョンを示すことこそ政治家の務めだろうに、レレレのシンゾーは己の主張ばかりをほざいて、国民の幸福に資するという政治家の使命は頭の片隅にもないんだからやんなっちゃうのだ。

 暗愚なリーダーだからなんでしょうね、自分ではお友達の前以外ではあまり発言しません。その代わりに、側近にはやたら口の軽いのを配置して、自身の本音らしきものをつぷやかせてます。その代表が、このところ特定秘密保護法案にからんで、生意気な発言している礒崎陽輔とかいう首相補佐官だ。

 担当大臣を差し置いて、「原発情報は特定秘密ではない」とか、偽装発言を続けている。で、これがけっこうレレレのシンゾーの本音に近いんじゃないかっていうことも言っとりまして、ニュースキャスターの「廃案」発言に、「放送法に違反する中立義務違反の発言だ」なんて威嚇する始末だ。思い上がりもはなはだしいんだが、こういった取り巻き連中ってのがレレレのシンゾーの回りにはたくさんいるんですね。ナチスの親衛隊気取りってところなんでしょうか。

「国家の安全に優先せず」  「法案批判は放送法違反」

 いずれにしても、こういう有象無象の発言というのが、さも政権の発言であるかのように喧伝されるということは、とても健全な政治状況とは言えません。ナチスの宣伝相だったゲッペルスは「嘘も百回言えば真実になる」と、それこそうそぶいたそうだが、礒崎某のような側近の偽装発言を野放しにしておくと、ゲッペルスの言葉がそのまま復活することになるかもしれないから要注意なのだ、と我が家のドラ猫に説教垂れてみるのであった。

A_0001

B_0001

(↑クリックすると拡大します)

【くろねこの競馬予想】

 午後からの雨が気がかりなエリザベス女王杯。というわけで、本命は、デニムアンドルビー。相手には、上がり馬のラキシス。思った以上に馬場が渋ればレインボーダリヤの台頭も。
◎デニムアンドルビー、○ラキシス、▲ヴィルシーナ、△メイショウマンボ、ディアデラマドレ、レインボーダリヤ

|

« 側近人事でNHKも乗っ取られたか&「知る権利が国家や国民の安全に優先するという考えは間違い」(自民党・町村信孝)だそうです。無教養な男だこと&「原則秘密は嫌」ってお子ちゃま市長も外野から参戦です。どうせ口先だけだろうけど。 | トップページ | 住民からの意見聴取を拒否するわ、原発メーカーからもらった研究費は申告しないわ、原子力規制委員会には倫理観も使命感も、ましてや誇りもありません。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

秘密保全法案」カテゴリの記事

コメント

ラキシスは見逃しておりました。
お陰さまでエリザベス女王杯いただけました(^_^)
この秋初の馬券になりました。

投稿: 土瓶蒸し | 2013年11月10日 (日) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/53888633

この記事へのトラックバック一覧です: 特定秘密保護法案で違憲総理の本音を代弁し続ける身の程知らずな首相補佐官。:

» 特別秘密保護法案でなく正確にいえばフクシマ・ホワイトアウト法案である。 [黄泉の国から]
特別機密保護法案担当の森消費者相が国会の特別委で、指定範囲について「従来の秘密の範囲を拡大するものではない」と言った舌の根も乾かぬうちに、はやくも実際には秘密の対象に ... [続きを読む]

受信: 2013年11月10日 (日) 15時09分

« 側近人事でNHKも乗っ取られたか&「知る権利が国家や国民の安全に優先するという考えは間違い」(自民党・町村信孝)だそうです。無教養な男だこと&「原則秘密は嫌」ってお子ちゃま市長も外野から参戦です。どうせ口先だけだろうけど。 | トップページ | 住民からの意見聴取を拒否するわ、原発メーカーからもらった研究費は申告しないわ、原子力規制委員会には倫理観も使命感も、ましてや誇りもありません。 »