« 住民からの意見聴取を拒否するわ、原発メーカーからもらった研究費は申告しないわ、原子力規制委員会には倫理観も使命感も、ましてや誇りもありません。 | トップページ | 復古調の「家族制度」の影がチラつく生活保護法改正案が今日にも参議院を通過。特定秘密保護法案とともに、「昔の日本を取り戻す」政策が着々と進んでいる&ご隠居ソーリの「脱原発」への熱い思いは良しとしよう。まさか、裏の思惑・・・なんてことないよね。 »

2013年11月12日 (火)

特定秘密保護法案にようやく重い腰を上げたジャーナリストの皆さん、反対声明出して終わりじゃ許しませんよ。

 10月29日のエントリーで、特定秘密保護法案に「TVで偉そうにコメントしているジャーナリストの皆さんはどうして声を上げないんでしょう」って書いたんだが、ようやく昨日になって、鳥越俊太郎、田勢康弘、金平茂紀、田原総一朗、岸井成格、川村晃司、大谷昭宏、青木理といった面々が、特定秘密保護法案に反対する記者会見を開いた。やらないよりはやった方がいいに決まってるとはいえ、遅いよなあ。

 ちょびヒゲ岸井君は、「こんなズサンな法律が通るはずはないと思っていた」そうだが、本当かねえ。単に、世間の風を伺ってただけじゃないの。もし本音だとしてたら、ジャーナリストとして能天気すぎやしないか。

 ま、なにはともあれ、反対の意思表明したことは評価するけど、気になるのは「声明に同調するが、名前は出せないというテレビ関係者がいる」ってところだ。なんか、情けなくなってくる。上から目線で偉そうなこと言ってても、こういう危急存亡の時に影に隠れるような意気地なしってのは、どこのどいつなんでしょう。あいつか、こいつか、てな具合に何人かの顔はすぐ浮かぶけど、おそらく当たらずといえども遠からずでありましょう。そういえば、朝日の星、読売の橋本、TBSの杉尾といった面々の名前が見えないなあ・・・ルンルンルン。

 で、海外特派員協会も同じく反対声明を出したようだが、こういう動きが国会でなんともゆるい質疑応答でお茶を濁しているセンセイたちにどれだけ伝わるんでしょう。なんてったって、自民、公明、民主、維新。、みんなの各党は、基本的には特定秘密保護法案に賛成なんだから、採決になったらそれで決まりです。

 反対の声が大きなうねりとなるためには、ここからが大事なんだね。反対表明しました。はい、終わりです。それじゃあ困るわけで、特定秘密保護法案を廃案にするためにどんな具体的な行動をしていくのか、遅きに失したという声を跳ね返すには、そこが問われていくことでしょう・・・なんて、他人事みたいになっちまったけど、これまでの反応の鈍さを見てきちゃうと、ついシニカルになってしまう晩秋の寒い朝であった。

・晴天とら日和
「内閣が承認したら(特定秘密を)永遠に公開しないなんて、ばかばかしい法律があってはいけない」 TVキャスターら秘密保護法案に反対声明より…

|

« 住民からの意見聴取を拒否するわ、原発メーカーからもらった研究費は申告しないわ、原子力規制委員会には倫理観も使命感も、ましてや誇りもありません。 | トップページ | 復古調の「家族制度」の影がチラつく生活保護法改正案が今日にも参議院を通過。特定秘密保護法案とともに、「昔の日本を取り戻す」政策が着々と進んでいる&ご隠居ソーリの「脱原発」への熱い思いは良しとしよう。まさか、裏の思惑・・・なんてことないよね。 »

秘密保全法案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特定秘密保護法案にようやく重い腰を上げたジャーナリストの皆さん、反対声明出して終わりじゃ許しませんよ。:

» お上に消される覚悟のブログ:「暴動のススメ」 [黄泉の国から]
いわゆる暴動がなぜ起きないかという問題である。今や世界中で起き、まさに起きんとしているにもかかわらず日本ではその気配すらない。たとえばシリアやエジプトのようにほぼ内乱 ... [続きを読む]

受信: 2013年11月12日 (火) 16時40分

» 身体が三つあったらいいのに・・・初のラビさんコンサート・帰省・福島の被爆地訪問・ベルマーレの運命の試合・・・その中で私は [f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜]
ごめんなさい。まずはベルマーレの話から。 そして福島の話。 この3日間滅茶苦茶なスケジュールで動いていたんだけれども、どうしても行きたかったところに行けなかった。 平塚競技場で行われたベルマーレVS鹿島アントラーズ。 興味のない人にはさっぱりかもしれないが、... [続きを読む]

受信: 2013年11月12日 (火) 19時39分

» 3800万人の退職者が、医薬品価格を上げる"貿易"協定の条件を拒否する労働者や消費者に加わる [マスコミに載らない海外記事]
Public citizen 2013年11月8日 11の環太平洋諸国と交渉中のアメリカの包括的条約、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に対する一斉非難の声は高まり続けている。 今日、アメリカ最大の非利益の無党派集団、3800万人の会員を有するアメリカ退職者協会(AARP)が、アメリカ州郡市町村職員連盟(AFSCME... [続きを読む]

受信: 2013年11月12日 (火) 20時06分

« 住民からの意見聴取を拒否するわ、原発メーカーからもらった研究費は申告しないわ、原子力規制委員会には倫理観も使命感も、ましてや誇りもありません。 | トップページ | 復古調の「家族制度」の影がチラつく生活保護法改正案が今日にも参議院を通過。特定秘密保護法案とともに、「昔の日本を取り戻す」政策が着々と進んでいる&ご隠居ソーリの「脱原発」への熱い思いは良しとしよう。まさか、裏の思惑・・・なんてことないよね。 »