« 法的根拠のまるでない天かす総理の私的諮問機関「安保法制懇」の意見なんてのは、霊感商法のツボみたいなもんで、何の価値もありません。言ってみれば、「政策詐欺」ってことでしょうか。 | トップページ | 武器輸出三原則のなし崩し的緩和政策の先には、平和のために若者が血を流す時代が待っている。。 »

2014年2月24日 (月)

レレレのシンゾーが画策する教育改革に62.4%が肯定派。新聞・TVが成立直前までスルーした特定秘密保護法案の時と同じ「由らしむべし知らしむべからず」の手口です。

 山口県知事選も原発推進の自公推薦候補が当選。投票率も38.82%というから、都知事選よりも低いのか。ここでも脱原発で一元化できなかったことが、この低投票率につながったた一因でもあるんでしょうね。それにしても、原発だけでなく岩国の基地問題も抱えた山口県知事戦でこの数字とは・・・レレレのシンゾーのお膝元とはいえ、大いに考えさせられちまう月曜の朝である。

村岡氏が初当選=3新人の争い制す-山口知事選

 で、新聞開けば、共同通信が週末に実施した世論調査結果ってのが発表されていた。驚いたのは、レレレのシンゾーが強行しようとしている自治体首長の権限を強化する教育改革について、「進めるべきだ」「どちらかというと進めるべきだ」という肯定派が62.4%なんだと。ま、いつものように固定電話にかけての調査だから、平均年齢はかなり高いだろうし、それだけ保守的なひとたちが多いんだろうけど、それにしてもこの数字はまたぞろ特定秘密保護法案と同じ道を歩み始めてるってことの証明かもしれません。

「武器輸出緩和」「解釈改憲」 世論調査 反対50%超す

 つまり、特定秘密保護法案の危うさを知りながら、法案成立まではなるだけ記事にしないっていう御用ジャーナリズムの手法が、教育改革でも取り入れられてるってことなんだね。だから、世論調査に答えたひとの、おそらく大多数はレレレのシンゾーが画策する教育改革によって具体的にどんなことが起ころうとしているのかまったく理解していないのだと思う。ちょっと乱暴に言っちゃえば、政治が教育の現場に介入して、戦前のようなマインドコンロールしやすい状況を作ろうとしているってのに、そこんところを新聞もTVもスルーしちゃってるから、なんかバラ色の未来が広がっちゃうんですね。

 たとえば、沖縄で起きている教科書をめぐる問題なんか、明らかに教育の現場に対する政治の介入だと思うんだが、レレレのシンゾーが画策する教育改革ってのは、現場の声を無視してこの教科書を使えって強要できちゃうんだね。行き着く先は、教育における思想統制です。教育現場で、「危険思想」なんて言葉が復活することだって充分に考えられる。

八重山地区教科書採択問題について

 考えすぎ、って言われちゃえばそれまでだけど、ひょっとこ麻生がいみじくも洩らしたように、「誰も気が付かなかった。あの(ナチスの)手口に学んだらどうかね」って具合に事は運んでいくもんなんです。気付いた時にはもう遅い、ってなもんです。

 
 昨日、みんなの党のアジェンダ渡辺君は、党大会で「憲法解釈を変えれば、自衛隊法などを部分的に直すだけでいい。非常に合理性がある」ってレレレのシンゾーにエールを送ったそうだが、維新、結いの党も含めて、思惑はそれぞれとしても、シンゾーと手を繋いでみんなで渡れば恐くないってひとたちですからね。

政権寄りの姿勢強める=渡辺氏「保守」宣言、首相は祝電-みんな党大会

 何が起きようとしているのか見極めるには、考えすぎるくらいでちょうどいい今日この頃なのだ。

|

« 法的根拠のまるでない天かす総理の私的諮問機関「安保法制懇」の意見なんてのは、霊感商法のツボみたいなもんで、何の価値もありません。言ってみれば、「政策詐欺」ってことでしょうか。 | トップページ | 武器輸出三原則のなし崩し的緩和政策の先には、平和のために若者が血を流す時代が待っている。。 »

原発」カテゴリの記事

教育再生会議」カテゴリの記事

コメント

今年中に間違いなく集団的自衛権の行使容認の為の自衛隊法が改正されるでしょうね。
復帰した小松法制局長も首相の方針に従うと言ってますし。(だったら、もう法制局いらねーじゃん)
で、維新、みんなの党が軍国主義者にすり寄って翼賛体制の完成ですね。
ま、好きな様にして下さい。
この国に子孫は残しませんし、年齢的にも徴兵される歳でもないし。
あとは自分の為にだけ生きていきます。
選挙権も放棄します。
あ~あ、嫌な時代に生まれたもんだ・・・

投稿: オクやん | 2014年2月24日 (月) 22時15分

原発もバンザイで死んじゃうんだね。

投稿: うさぎ | 2014年2月24日 (月) 14時09分

《何が起きようとしているのか見極めるには、考えすぎるくらいでちょうどいい今日この頃なのだ。》・・・・御意。

軍国主義者の「戦後レジュームからの決別」を正しく理解しないと、日本がまた「戦争をする国」に逆戻りすることは目に見えている。

その昔、陸軍には「皇道派」と「統制派」があり、ニーニーロク事件で「皇道派」が衰退すると「統制派」が実権を握り、改正軍機秘密法や改正治安維持法、国民精神総動員法、国家総動員法などを次々に成立させ、戦争に突っ走った。

今、軍国主義者がやっていることは、「統制派」を上回る個人的な「解釈」だけで「戦争をする国」へ突っ走っている。

一方で、教育長の首長任命制や道徳教育の復活・国定教科書の導入は、形を変えた「国体の本義」や「臣民の道」への洗脳でしかない。

恐ろしい世の中が目前に迫っている。

                                                                                                                                                                            

投稿: 岡目五目 | 2014年2月24日 (月) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/55116076

この記事へのトラックバック一覧です: レレレのシンゾーが画策する教育改革に62.4%が肯定派。新聞・TVが成立直前までスルーした特定秘密保護法案の時と同じ「由らしむべし知らしむべからず」の手口です。:

» 凡百のレポート:ウクライナ情勢 [黄泉の国から]
いよいよ獄中にいた悲劇のヒロイン・ティモシェンコの絶叫でウクライナのヤヌコビッチ政権は崩壊した。 問題は今後である。 ウクライナの情勢の推移をずっと見てきた人間から ... [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 16時23分

» 国民を洗脳するNHK・新聞・テレビ各社の労働組合よ。お前らの高給は誰に支えられているのか!!!良心の咎めはないのか? [f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜]
NHK労組よTBS労組よ、テレ朝、日テレ労組よ…・「恥という言葉」を知らぬなら、もう一度小学生からやり直しなさい。新聞労組には「良心の咎め」というものが無いのか?法律知らぬ馬鹿ナチスゲリゾーとお前らマスゴミは同罪だ!! 私はどうしてもなじめない赤い人たち。彼ら... [続きを読む]

受信: 2014年2月25日 (火) 08時52分

« 法的根拠のまるでない天かす総理の私的諮問機関「安保法制懇」の意見なんてのは、霊感商法のツボみたいなもんで、何の価値もありません。言ってみれば、「政策詐欺」ってことでしょうか。 | トップページ | 武器輸出三原則のなし崩し的緩和政策の先には、平和のために若者が血を流す時代が待っている。。 »