« TPP交渉というのはいつから数字の話になったんだ。「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」・・・息を吐くように嘘をつくってのは本当ですね。これじゃ、オバマに見透かされるわけだ。 | トップページ | GWをいいことに国会も開かず、歳費削減は期限切れ。仮設住宅に住まざるを得ないひとたちをほったらかして、自分たちの給料は元通り。国会議員は3日やったら辞められないわけだ。 »

2014年4月28日 (月)

過去最低の投票率の鹿児島2区補選で自民候補が勝利。早速始まることでしょう、「安倍信任」キャンペーンが。これが日本の選挙の実態なのか。

 ニュースを観ていたら、「首相辞任」のテロップが。おお、っと小さくガッツポーズしかけたのも束の間、「沈没船の責任とって」の文字が・・・なんでえ、韓国の首相か。というわけで、昨日は悲しい勘違いの日曜日なのであった。

 でもって、悲しい出来事がもうひとつ。選挙違反事件で引責辞任した徳洲会の坊ちゃん・徳田君の後釜を決める鹿児島2区の補選で、自民党の新人が当選しちまった。元々が保守地盤の強固な土地柄だから、この結果はそれほど驚くには当たらない。嫌なのは、そうなったら、レレレのシンゾーは「民意は我にあり」って鼻高々になるんだうなあってことだったんだが、案の定です。「今まで進めてきた政策に一定の評価をいただいたのではないか」って自慢してます。

衆院補選、自民勝利=4野党候補及ばず-鹿児島2区

 さらに、マスメディアは、「安倍信任」とか「政権運営に弾み」とか、好き勝手に煽ってくれてます。こうやって、またぞろこの選挙結果を利用して世論操作して行こうっていう段取りなんだろうね。しかし、よく考えてみれば、投票率は45.99%という過去最低を記録しているわけで、有権者もどこか白けちゃってるんだしょう。そうなりゃあ、組織票持ってる自公に太刀打ちできません。ましてや、保守王国の鹿児島ですからね。

 でも、こうやって、組織票があるもん勝ちって選挙が続いていったら、それこそ日本はとんでもない方向に流れていくわけで、そろそろ一般大衆労働諸君も目覚めないと、いつまでも国が悪いって負け犬の遠吠えしてたって埒はあきませんよ、ったく。

 沖縄市長選も与党勝利となったけど、こちらは2万票差まで野党推薦候補が追い詰めた。しかも、民主党は与党推薦候補に乗っかったわけだから、民主党が野党推薦候補を推してれば勝てた可能性は高い。そう考えると、民主党ってのはもう何のポリシーもない、グータラ政党になっちまったってことなんだね。

与党「2勝」、政権運営に弾み=アベノミクスを加速

 野党の顔ぶれ見たって、社民、生活、共産以外は改憲に積極的だし、集団的自衛権だってやる気満々なんだから、そうした風潮に「NON」を突きつけたいひとたちの受け皿がないことが、決定的にこの国の政治状況を歪めてるわけです。おそらく、この状況はここ1年や2年じゃ変わらない。万が一、再び東日本大震災や原発事故のような大惨事が起きればそうした状況も少しは変わるかもしれないけど、その時は国敗れて山河もなくなってるだろうから、それこそ日本の終焉です。

 なんか、週明け早々、暗い気持ちになっちまった。これではいかん、というわけで今夜は飲みに行こうと心に誓う月曜の朝であった。

|

« TPP交渉というのはいつから数字の話になったんだ。「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」・・・息を吐くように嘘をつくってのは本当ですね。これじゃ、オバマに見透かされるわけだ。 | トップページ | GWをいいことに国会も開かず、歳費削減は期限切れ。仮設住宅に住まざるを得ないひとたちをほったらかして、自分たちの給料は元通り。国会議員は3日やったら辞められないわけだ。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

追伸

くろねこ」に送る歌。

忘れたいことや
どうしようもない寂しさに包まれたときに
男は酒を飲むのでしょう。
飲んで飲んで飲まれて飲んで
飲んで飲み潰れ寝るまで飲んで
やがて男は静かに眠るのでしょう。
(河島英五・酒と泪と男と女)

ところで、この連休中に
軍国主義者を始めその手下どもが世界各国に遊びに行く。のべ26ヶ国。カメルーンとかジブチとかどんな基準で行くんでしょうかネ。

投稿: 岡目五目 | 2014年4月28日 (月) 12時27分

カーライルだったか、覚えてませんが、「この国民にして、この政府。」
司馬 遼太郎いわく「日本人は習慣にくるまってるのが好き」。この言葉以外に言葉がありません。あんまり馬鹿馬鹿しいので。

投稿: hanazono | 2014年4月28日 (月) 12時19分

嘘を頻繁に繰り返せば人は(最後にその嘘を)真実と信じるだろう、とナチスのゲッベルスが言ったとか言わなかったとか・・・。

にしても、「ウソつかない」という看板を目の前にしながら、日本人はどうしてこうも「嘘」に寛容なのだろうか?

平和を掲げながら戦争の片棒を担ごうとしている「ナムサン」、「党」としての矜持を失っている「ミンシュ」、理想だけの「ジュンスイ」、おこぼれに預かりたい「ミンナ」、戦争屋の補完勢力「イシン」、金次第の「ユイ」。

やっぱりこの国は、もう一度戦争をやってゴロ負けしなけりゃァ、「平和」も「民主」も育たないのか?

投稿: 岡目五目 | 2014年4月28日 (月) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/55968662

この記事へのトラックバック一覧です: 過去最低の投票率の鹿児島2区補選で自民候補が勝利。早速始まることでしょう、「安倍信任」キャンペーンが。これが日本の選挙の実態なのか。:

« TPP交渉というのはいつから数字の話になったんだ。「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」・・・息を吐くように嘘をつくってのは本当ですね。これじゃ、オバマに見透かされるわけだ。 | トップページ | GWをいいことに国会も開かず、歳費削減は期限切れ。仮設住宅に住まざるを得ないひとたちをほったらかして、自分たちの給料は元通り。国会議員は3日やったら辞められないわけだ。 »