« 「可視化するなら盗聴もやらせろ」って言ってます。捜査と公判の在り方を見直すどころか、警察国家にするために可視化が利用されたってことか。 | トップページ | ひょっとしたら、平和憲法最後の憲法記念日になるかもしれない。 »

2014年5月 2日 (金)

「戦争を知ろうともせず、机上で勇ましい夢を語る政治家が憲法をもてあそぶ」(東京新聞社説)。いまでも戦争状態の国や地域はけっこうあるんだから、GWの外遊はそうした最前線を一兵卒として戦闘服に身を包んで視察することを義務づけたらどうだろう。

 どこもかしこも、TVは韓国の沈没船騒動一色。でも、一時はあれほど大騒ぎしていた行方不明の旅客機のその後はどうなってるんだろう。

 それはともかく、政治家のセンセイたちは大挙して外遊とやらにお出かけで、娘が東電のアンポンタン幹事長・石破君もご多聞にもれずアメリカへと旅立ちました。で、何してるかと思ってたら、「集団的自衛権の行使を可能にすることはアジア太平洋地域の抑止力強化の観点から有益だ。将来的に多くの国と、このような関係を築くことができるかもしれない」なんて物騒なことを講演でくっちゃべったそうだ。

さらに、オーストラリア,ニュージーランド,アメリカが1951年に締結した、「1国でも武力攻撃を受けた場合、共同して防衛にあたる」とするアンザス条約まで持ち出してます。ようするに、横断歩道みんなで渡れば恐くない、っていうのと同じで、アメリカを中心とした同盟国はみんなで手をつないで、一斉に集団的自衛権行使して戦おうぜって言ってるわけです。地球の裏側まで戦争しに行くつもりです、この男は。

集団的自衛権:石破氏「将来的には多国間でも」米で講演

 しかし、集団的自衛権行使容認についてすら議論百出だってのに、さらに踏み込んだことを勝手に海外で放言するのかねえ。言ってる内容はほとんど気が触れたかってなもんなんだが、そもそもこうした発言をすることに憤りすら覚えます。いくら自主憲法が党是の自民党だからって、国会議員は「憲法を尊重し擁護する義務を負う」と憲法99条で規定されていることを忘れちゃいけない。

 今朝の東京新聞社説は「憲法を考える 戦死と向き合う覚悟は」と題して、こう書いていた。

(これより引用)

 米国、英国、韓国の大統領や首相が自国の兵士を激励するためイラク訪問する中、当時の小泉首相や安倍官房長官、防衛庁長官だった石破氏は十三回二十二発ものロケット弾攻撃を受けた陸上自衛隊の宿営地を視察することなく、終わりました。

 戦争を知ろうともせず、机上で勇ましい夢を語る政治家が憲法をもてあそぶ。空疎なシビリアンコントロールが取り返しのつかない事態を招こうとしています。

(引用終わり)

・東京新聞社説
憲法を考える 戦死と向き合う覚悟は

 そう、GWにヨーロッパ、アメリカに行く暇があるなら、世界のどこでもいいから戦場もしくは内乱もしくはテロが横行する危険地帯に、政治家のセンセイたちは率先して視察に行っていただきたい。どうせ戦争になっても戦場に行く気はないんだから、せめてその前にどれだけ戦争が悲惨で恐ろしいものか経験してみればいい。こうなったら、三方ヶ原の合戦の徳川家康みたいに糞尿垂れ流すほどの恐怖体験を義務づけたらどうだろう。そういう「身を切る」こともせずに、若者を戦争に駆り出そうなんてのは、およそ国政に携わる者のすることではありません。しょせんは、戦闘服着て戦車乗ってはしゃいでるのが関の山なくせに。

Photo

|

« 「可視化するなら盗聴もやらせろ」って言ってます。捜査と公判の在り方を見直すどころか、警察国家にするために可視化が利用されたってことか。 | トップページ | ひょっとしたら、平和憲法最後の憲法記念日になるかもしれない。 »

憲法改正」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

「コントロールしている」「ブロックしている」と大嘘をついた軍国主義者の言い分を世界はどの程度信用しているんでしょうかね。

本音を聞いてみたい。

で、軍事オタクは、アメリカさんに「ヨイショ」されて、国と国民を安売りしている。

ところで、経産省資源エネルギー庁の専門部会(委員長・増田博也元総務相)が、今の世代では核のゴミの処分はできないから「再回収可能物」として、次世代に任せることを決めるそうだ。無責任にもほどがある。

「何から何まで、真っ暗闇よ、筋の通らぬことばかり
右を向いても左を見ても、バカと阿呆の絡み合い
どこに男の夢がある・・・」(鶴田浩二・傷だらけの人生)

投稿: 岡目五目 | 2014年5月 2日 (金) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「戦争を知ろうともせず、机上で勇ましい夢を語る政治家が憲法をもてあそぶ」(東京新聞社説)。いまでも戦争状態の国や地域はけっこうあるんだから、GWの外遊はそうした最前線を一兵卒として戦闘服に身を包んで視察することを義務づけたらどうだろう。:

» 特報:TPPを隠し続ける日本のマスコミの堕落 [岩下俊三のブログ]
僕ですら掴んでいたのだからマスコミ内では常識なっていたはずである。 ちなみに当時遠慮してわざわざ未確認情報と断ってはいるが、すでに僕は 「〜日本は「尖閣」というあり ... [続きを読む]

受信: 2014年5月 2日 (金) 14時52分

« 「可視化するなら盗聴もやらせろ」って言ってます。捜査と公判の在り方を見直すどころか、警察国家にするために可視化が利用されたってことか。 | トップページ | ひょっとしたら、平和憲法最後の憲法記念日になるかもしれない。 »