« 解釈改憲と集団的自衛権行使容認はセットではない。いま議論すべきは、解釈改憲の犯罪性だろう。 | トップページ | 外国人メイドで肥え太るのは誰か。どうやら、竹中平蔵のパソナが怪しい。ピンハネで儲ける口入れ屋なんて、ロクなもんじゃありません。 »

2014年6月14日 (土)

原子力規制委員会の新委員になった御用学者センセイの不遜、傲慢、狡猾会見

 ブラジルVSクロアチアにおける西村主審のPKの判定に対していろんな意見が飛び交ってるけど、とても納得の開設を紹介しますんで、是非ご一読を。

W杯開幕戦、西村主審は誤審をしたのか?“大会第1戦”の意味とクロアチア監督が批判した理由

 そんなことより、原子力規制委員会人事です。原子力村の重鎮である東大大学院の田中知教授センセイが、新委員に就任して初めて報道機関の取材を受けたそうだ。原子力村出身者としての立場はいかがなものか、記者からは意地悪というか鋭いというか、当然の質問を投げかけられて、トンチンカンなことばかり答えたってね。

 たとえば、政治からの独立性を問われて、「どこの国においても孤立しない独立性がポイントになっている」なんてとぼけたことのたまってくれちゃってます。フリージャーナリストの田中龍作さんによれば、「まるで禅問答」みたいだったとか。

 で、最後に、規制する立場に立った自身のスタンスについて質問されると、「ちょっとまあ~これから考えたいと思う」てなことで誤魔化して終わっちまったそうで、ようするにまともに質問に応える記なんてサラサラないってことです。。

・田中龍作ジャーナル
ザ・御用学者、原子力規制委へ 「スタンスはこれから考える」

 イヌアッチイケー会長の籾井君もそうなんだけど、レレレのシンゾーが送り込んでくる奴ってのは、みんな相手の質問にまともに答えない輩ばかりなんだね。相手を嘲笑したり、挑発することは大好きだけど、相手を説得する気なんてサラサラないレレレのシンゾーのお仲間だけのことはあります。

 でも、そのことはまた、こういう欠陥人間が、この国の学界や財界にはゴチャマンといるってことの証でもあるんですね。そう言えば、今度の経団連会長も貧乏臭い顔してるもんなあ。心も貧相なんだろうなあ。理研の野依の爺様も同類です。あっ、あくまでも個人的な印象ですから。そこんとこよろしく。

 ようするに、子供たちより前に、こんなオヤジたちにこそ道徳教育が必要ということなんだね。なんとも凄まじい時代になったものです。

|

« 解釈改憲と集団的自衛権行使容認はセットではない。いま議論すべきは、解釈改憲の犯罪性だろう。 | トップページ | 外国人メイドで肥え太るのは誰か。どうやら、竹中平蔵のパソナが怪しい。ピンハネで儲ける口入れ屋なんて、ロクなもんじゃありません。 »

原子力規制委員会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/56492839

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力規制委員会の新委員になった御用学者センセイの不遜、傲慢、狡猾会見:

« 解釈改憲と集団的自衛権行使容認はセットではない。いま議論すべきは、解釈改憲の犯罪性だろう。 | トップページ | 外国人メイドで肥え太るのは誰か。どうやら、竹中平蔵のパソナが怪しい。ピンハネで儲ける口入れ屋なんて、ロクなもんじゃありません。 »