« 法人税減税の穴埋めに携帯電話税だとさ。ついでに、「外形標準課税」拡大適用で中小いじめ&みんなの党は差別野次騒動幕引きで何か取引きしたのと違うだろうか。 | トップページ | 新聞・TVが、クーデターまがいの閣議決定=解釈改憲に、いたって寛容なことにはほとほと呆れ果てます。 »

2014年6月27日 (金)

「個別的自衛権に近い形の、個別的自衛権に匹敵するような集団的自衛権であれば、一部限定的に容認して・・・}(山口那津男)・・・こんなにも醜悪な日本語喋る奴らに、子や孫を戦争に駆り出されてたまるかい。

 夕方のTVのニュースのトップが、長友の涙の会見だなんて、この国は狂ってますね。こんなメディアの姿勢が、集団的自衛権行使容認の動きを結果として後押ししているわけです。

で、その集団的自衛権についてラチもない言葉遊びを続けていた自民と公明だが、どうやら落とし所がめっかったようで、ノッペリ顔の山口君がNHKの番組でこんなごたく並べてます。曰く、「従来言ってきた個別的自衛権に近い形の、個別的自衛権に匹敵するような集団的自衛権であれば、一部限定的に容認して国民の権利を守り、国の存立を全うすることは許される余地があるのではないかと考えるようになった」そうです。

 お~い、誰か、日本語教えてやれ。このノッペリ男は弁護士出身だそうだが、三百代言っていうのはこういうのを言うんでしょう。これをどう読み解けば集団的自衛権行使につながるんだろう。誰か教えてくれませんかね。日本語もロクに話せない奴らが、戦争をできる国にするための屁理屈をこねくり回しているんだから、ホントに恐ろしい国になったものだ。

 でもって、ノッペリ男は、「『明白な危険』は客観的な概念だ。歯止めが利いている」なんてボケもかましてくれてます。そもそも、ひとたび集団的自衛権行使を認めたら、「歯止め」なんてのは何の意味もありません。なんてったって、他国を防衛するために戦争に参加するんですからね。ウチにはこんな「歯止め」がありますから、これ以上はお手伝いできません、なんてことが戦場で通用するわけがない。

 それに、そもそも与党協議ってのは、「歯止め」がどうしたこうしたなんてことを議論する場ではなかったはずなんだね。まずはグレーゾーンについて意志一致して、集団的自衛権はそれからのことだって言ってたんじゃないのか。もっとも、伝家の宝刀である「連立離脱」を封印したことで、自民と公明の馴れ合い出来レースは決まってたわけで、いまさら何言っても詮無いことなんですけどね。

 それにしても、醜いなあ、ノペッリ男の「個別的自衛権に近い形の、個別的自衛権に匹敵するような集団的自衛権であれば、一部限定的に容認して」って言葉は・・・なんとも胸糞悪い曇天の朝となったのであった。

集団的自衛権 公明代表が行使容認 歯止めの確約ないまま

 ちなみに、ノペッリ男のこれまでの集団的自衛権についての発言は、ブログ「晴天とら日和」さんがまとめてくれているので、そちらをご参考に。

・晴天のとら日和
「一歩一歩焦点が絞られ理解が進展して、従来の政府の憲法解釈との論理的整合性についても意識が成熟しつつある」by・公明:山口那津男。だ、そうです(怒!

|

« 法人税減税の穴埋めに携帯電話税だとさ。ついでに、「外形標準課税」拡大適用で中小いじめ&みんなの党は差別野次騒動幕引きで何か取引きしたのと違うだろうか。 | トップページ | 新聞・TVが、クーデターまがいの閣議決定=解釈改憲に、いたって寛容なことにはほとほと呆れ果てます。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

◆日本国憲法第9条
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この条文のどこをどう読んだら、他の国と一緒に武力行使ができると読めるんでしょう?

この条文で議論の余地無くハッキリ言い切っているのは、武力行使の放棄です。
だからこそ今まで、「じゃあ自衛権はどうなる?」「自衛のための武力行使までは禁じてないのでは」等々、なんとか武力行使を認めようと色々策をめぐらしてきた歴史があるわけですヨ。

「個別的自衛権」「集団的自衛権」云々以前に、武力行使は禁じられているというこの一点を肝に銘じるべきです。

公明党?・・・
終わりました。

投稿: こなつ | 2014年6月27日 (金) 11時19分

確かに某、昨夜のニュース番組で長友の涙がトップニュースになったのを見て唖然呆然としました。(だから右も左からもマスゴミと呼ばれるんだよ)
9時代の大本営発表番組で山口ホラ吹き男が集団的自衛権の限定容認を発言したというのに。
しかし公明党は本気で集団的自衛権の行使が限定できると思ってるのですかね?
だとしたらマジでアホとしか言いようがないです。(まぁ、100%詭弁であることは間違いないですが)
今朝のニュースで、ほら見た事かというように政府が事例8案でシーレーンでの機雷掃海など集団安保容認の想定問答集まで作成してる有様。
これって公明党は反対してましたよね?
よっぽど与党の蜜の味が甘いのか。当初は、連脱離脱もありうるぞ、みたいな威勢は全く影を潜め、自民党の言いなり君に成り下がってしまったエセ平和主義公明党は、その役割を終えましたね。元々、右から嫌われてる政党ですが、左からは総スカン状態に陥ることでしょう。

投稿: オクやん | 2014年6月27日 (金) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「個別的自衛権に近い形の、個別的自衛権に匹敵するような集団的自衛権であれば、一部限定的に容認して・・・}(山口那津男)・・・こんなにも醜悪な日本語喋る奴らに、子や孫を戦争に駆り出されてたまるかい。:

» 「吉里吉里国」でキリキリ舞い・・・「やませ」の恐怖 [f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜]
ほんとはこれを見に行ったのに ワールドカップはこれからが本番。 都議会のヤジ問題も、この国の憲法違反の国会議員どものアホたれも、福島原発の汚染水凍土計画も…何もかもこの国は怪しい。アメリカにさんざんおもちゃにされた中東では、イラクが大変なことになってきて…... [続きを読む]

受信: 2014年6月27日 (金) 15時46分

« 法人税減税の穴埋めに携帯電話税だとさ。ついでに、「外形標準課税」拡大適用で中小いじめ&みんなの党は差別野次騒動幕引きで何か取引きしたのと違うだろうか。 | トップページ | 新聞・TVが、クーデターまがいの閣議決定=解釈改憲に、いたって寛容なことにはほとほと呆れ果てます。 »