« 児童ポルノ禁止法改正案が今日にも衆院通過。その気になれば、赤ちゃんの裸の写真を持ってるだけでも「おい、こら」の危険な時代がやってくる。 | トップページ | 集団的自衛権をめぐる与党協議そのものが憲法遵守義務違反じゃないのか&解釈改憲の閣議決定の文案準備が既に始まっているそうだ。 »

2014年6月 6日 (金)

G7でも中国に喧嘩売って、「いつでも扉は開いてる」なんてほざくマッチポンプ野郎。

 梅雨入りしたとたんに大雨と強風。いったいどうなっちゃってるんでしょう、今年の天候は。週明けの暑さが嘘のような肌寒さに、我が家のドラ猫もベッドの上で丸まって寝ている朝である。

 肌寒いというよりもお寒いのが、G7のレレレのシンゾーのはしゃぎっぷりだ。「東アジア情勢は私が議論をリードした。力による侵略は許されないし、各国から強く支持された」なんてことを自慢げにペラペラとまくし立てたってね。みっともない。ていうより、ウクライナ問題こそが焦眉の急のアメリカやEU諸国にとっては、東洋のチンピラが何をひとり喚いてるんだ、ってなもんで、ほっとけ、あんなのは、ってのが本当のところじゃないのか。

 昨日のTVのニュースなんかは、レレレのシンゾーがさもリーダーシップを発揮して中国牽制で意見をまとめたみたいな感じで報道してたけど、実際のところはかなり冷ややかだったという冷静な新聞報道もある。実際に、「議論はウクライナで白熱していた」とか「『力による現状変更』の対象は中国ではなく、ウクライナのクリミア半島を併合したロシアだった」とも伝えられているからね。

首相 中国脅威論空回り G7関心はウクライナ

 そも、「力による現状変更」ってのは、アメリカの得意なところで、イラク侵攻なんかその典型です。で、日本もそれを支持して自衛隊まで派遣して協力したのを忘れちゃいけない。ブッシュとブレアがイラク侵攻の謀議をかなり前から重ねていたってことがどうやらバレちゃって、この二人を戦争犯罪人として逮捕しろって声だってある。歴史に学ばない違憲総理は、おそらくわかっちゃいないだろうけど・・・。

 ようするに、東洋のはずれの島国の小僧ひとりが中国脅威論を振りかざして空回りってところなんでしょう。こんなんで、「いつでも扉は開いている」なんてほざいても、中国が乗ってくるわけがない。なんのことはない、暮れの靖国参拝以来、喧嘩売ってるのはレレレのシンゾー本人で、これだけ中国毒づき外交を展開してたら、そのうち不測の事態ってのが現実にならないとも限らない。恥じらずなマッチポンプ野郎をどうにかしないと、そのうち「眠れる龍」を起こすことになりますよ・・・その時は自己責任で、「まず、総理から前線へ」。

|

« 児童ポルノ禁止法改正案が今日にも衆院通過。その気になれば、赤ちゃんの裸の写真を持ってるだけでも「おい、こら」の危険な時代がやってくる。 | トップページ | 集団的自衛権をめぐる与党協議そのものが憲法遵守義務違反じゃないのか&解釈改憲の閣議決定の文案準備が既に始まっているそうだ。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

和製ヒトラーは、海外在住の日本人の生命・財産を守るために集団的自衛権は必要だ、なんてわめいていたけれど、喧嘩売ってる先の中国には(2011年現在)14万人の日本人がいるんだよねえ。

マッチ・ポンプで「眠れる龍」を起した時は、「総理から前線へ」は当然だけれど、可哀想に中国在住者・14万人は見殺しにされるんだ。

そんなことも分からんのか、アホンダラめ。

訂正とお詫び
「くろねこ」とするところを「くろのこ」と書き損じました。訂正し、お詫びしたします。

投稿: 岡目五目 | 2014年6月 7日 (土) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/56419696

この記事へのトラックバック一覧です: G7でも中国に喧嘩売って、「いつでも扉は開いてる」なんてほざくマッチポンプ野郎。:

» 核戦争の覚悟は? [マスコミに載らない海外記事]
Paul Craig Roberts2014年6月3日 スティーヴン・スターのゲスト・コラム“核兵器の致死性”をじっくりお読み願いたい。 http://www.paulcraigroberts.org/2014/05/30/lethality-nuclear-weapons/ アメリカ政府は、核戦争で勝てると思い込んで... [続きを読む]

受信: 2014年6月 6日 (金) 15時59分

« 児童ポルノ禁止法改正案が今日にも衆院通過。その気になれば、赤ちゃんの裸の写真を持ってるだけでも「おい、こら」の危険な時代がやってくる。 | トップページ | 集団的自衛権をめぐる与党協議そのものが憲法遵守義務違反じゃないのか&解釈改憲の閣議決定の文案準備が既に始まっているそうだ。 »