« まるでカルト集団の勧誘パンフみたいな集団的自衛権のおちゃらけ問答集 | トップページ | ひょっとしたら性差別野次問題は自民党のアキレス腱になるかも&集団的自衛権に地方の反乱 »

2014年7月 7日 (月)

「グレーゾーンから集団的自衛権にかかわるものまで、幅広い法整備を一括して行っていきたい」(安倍晋三)・・・ってことは、ロクに審議する気はないってことか。このうつけ者め!!

 梅雨空の七夕。織姫と彦星は会えるのだろうか・・・なんてセンチな今日この頃。

 そんなことより、レレレのシンゾーです。集団的自衛権行使容認の違憲閣議決定すませて、さっさとオーストリアに外遊だそうだ。集団的自衛権についても説明するって言ってるようだが、国内でもまともな説明できないくせによく言うよであります。いつも目が泳いでいる防衛大臣の小野寺君もアメリカに言い訳しに行ってるようだけど、なんでこの者どもは一般大衆労働者諸君に真摯に向き合わないで、外国にばかり目が向いちゃうんでしょうね。それで、「国民の生命と財産を守る」なんて田舎芝居の大見得きられちゃっても、背筋が寒くなるだけです。

 でもって、レレレのシンゾーは、オーストラリアへの行きがけの駄賃に、「グレーゾーンから集団的自衛権にかかわるものまで、幅広い法整備を一括して行っていきたい」ってほざいたそうだ。「今回の閣議決定が国民の命と平和な暮らしを守るためにいかに有効で意義のあるものか、しっかりと丁寧に説明したい」って行ってるそばからこれです。

安保法制担当の閣僚新設へ 集団的自衛権、首相が表明

 「法整備を一括して」ってやり口は、レレレのシンゾーの得意とするところで、これによってミソもクソもゴッタにして法案通しちゃおうって魂胆なんだね。社会保障について一括審議した時と同じです。もう、ハナっから「丁寧に説明」する気なんてありません。

 そこへもってきて、マスメディアは、いったん事が決まっちゃうと、なんの検証もしないし、忘れるのも早いという習性がありますからね。しかも、集団的自衛権については、頻繁にマスメディアの幹部たちがレレレのシンゾーと酒食を共にして裏取引してるようだから、おそらく今後は「閣議決定の違憲性? 何それ?」ってなりますよ。ま、妄想ですんでくれればいいけれど・・・。

 日本人は為政者のやらかすことを忘れやすい、ってよく自虐的に言われたりするけど、実際はマスメディアが忘れやすい方向に世論操作してるってことが大きく影響しているのだとくろねこは妄想している。「社会の木鐸」という矜持は、どっくのとうにどこかに捨ててきちゃってますからね。世論をリードする、って気概なんてサラサラありません。考えてみれば、しょせんはサラリーマン・ジャーナリストですから。

 読売とレレレのシンゾーが結託して、共同通信に代わる新たな通信社をデッチ上げようという企みもあるらしいから、いよいよこれからが正念場ってことです。さあ、いろんな意味でフンドシ締め直さなきゃ、と短冊に願いを込める朝であった。

・植草一秀の『知られざる真実』
安倍内閣支持率5割切り、不支持率との逆転が確実

|

« まるでカルト集団の勧誘パンフみたいな集団的自衛権のおちゃらけ問答集 | トップページ | ひょっとしたら性差別野次問題は自民党のアキレス腱になるかも&集団的自衛権に地方の反乱 »

安倍晋三」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/56716436

この記事へのトラックバック一覧です: 「グレーゾーンから集団的自衛権にかかわるものまで、幅広い法整備を一括して行っていきたい」(安倍晋三)・・・ってことは、ロクに審議する気はないってことか。このうつけ者め!!:

« まるでカルト集団の勧誘パンフみたいな集団的自衛権のおちゃらけ問答集 | トップページ | ひょっとしたら性差別野次問題は自民党のアキレス腱になるかも&集団的自衛権に地方の反乱 »