« 嘘と誤魔化しと論理のすり替えと騙しの数々を駆使したヘナチョコ記者会見。どうりで、ロレツも回らないはずだ。 | トップページ | 調査委員会設置しただけで制裁解除。北朝鮮とどんなバーターしてんだろう。被害者帰国を集団的自衛権行使容認の目くらましに使おうとしてやしないでしょうね・・・。 »

2014年7月 3日 (木)

憲法第98条「最高法規である憲法に反する国務行為は効力を有しない」。集団的自衛権行使容認の閣議決定は明らかに憲法違反ですね。早くも違憲訴訟の声が上がっている。

 集団的自衛権行使容認が閣議決定されて、早速、共同通信が世論調査をやりました。反対54%、歯止めがなくなることへの懸念73.9%、解釈改憲は妥当ではない60%・・・なんて結果は、まあ、こんなもんなのかもしれないけれど、内閣支持率が47.8%というのはなんとも情けない数字だ。固定電話による調査だから、対象となった年代はかなり高めだとは想像できるけど、この数字がいまの日本が抱えている病理のひとつなのかもしれませんね。レレレのシンゾーの爺様が60年安保の時に、「国会周辺は騒がしいが、銀座や後楽園球場はいつも通りである。私には“声なき声”が聞こえる」ってほざいたそうだが、そういう言葉を裏付けるようなひとたちが少なからずいるわけで、「サイレントマジョリティー」と呼ばれるそうしたひとたちが自民党政治をこれまでずっと支え続けていたんですね。おそらく、これからもそうでしょう。

集団的自衛権「検討不十分」82% 共同通信世論調査 内閣支持率47%に下落

 それにしても、たかが24%程度の得票率しかないくせに、あたかも白紙委任されたかのようなやりたい放題はどうにかしないといけません。そんな矢先、三重県の松阪市市長が、集団的自衛権行使容認した閣議決定は、「憲法が保障する国民の平和的生存権を侵す」として、「違憲確認と損害賠償を求める国家賠償訴訟を起こすことを明らかにした」ってね。アッパレ。こうした訴訟は、おそらく全国で起きてくるんだろね。ていうか、起きてほしい。起きなくてはいけない。起きろ!

「集団的自衛権は憲法侵す」 松阪市長、国提訴へ

 そもそも、憲法第98条には、「この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」って明記されている。集団的自衛権行使容認を閣議決定するなんてことは、明らかに98条に違反してます。レレレのシンゾーは、「行政権は、内閣に属する」という第65条を持ち出して、内閣が憲法をどう解釈しようと、それは行政権の一部であり、なんら問題ない、って詭弁を弄しているけど、最高法規である憲法を無視した行政権の行使なんてことができるわけがありません。

さ らに、98条に続く99条では、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」とも定められているんだから、こうなったら訴訟の渦でレレレのシンゾー一派をがんじがらめにしていくことが焦眉の急ではないのだろうか・・・なんて、熱く血を滾らせてみる木曜の朝であった。

|

« 嘘と誤魔化しと論理のすり替えと騙しの数々を駆使したヘナチョコ記者会見。どうりで、ロレツも回らないはずだ。 | トップページ | 調査委員会設置しただけで制裁解除。北朝鮮とどんなバーターしてんだろう。被害者帰国を集団的自衛権行使容認の目くらましに使おうとしてやしないでしょうね・・・。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

支持率等々の調査について、数学・統計学の
専門家を入れて精査すべきと思います。

1.固定電話設置の可能性のある、50代、60
  代、70代の方で、現政権支持の方は、ほ
  とんどいないのが実態でしょう。

2.支持率は「平均」ですか?平均をどうと
  らえるてるのですか、平均って非常に難
  しいのです。バラツキは、「国民の声を
  反映」の母集団とは・・・・、

3.固定電話のランダムと言ってますが、コ
  ンピュータは賢くて、電話番号、回答結
  果、傾向等々は自動的に記憶されます。
  従って、意図して母集団を操作可能です。

ご参考までに

投稿: 西村正名 | 2014年7月 3日 (木) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法第98条「最高法規である憲法に反する国務行為は効力を有しない」。集団的自衛権行使容認の閣議決定は明らかに憲法違反ですね。早くも違憲訴訟の声が上がっている。:

» 憲法を順守できぬ犯罪者のアベスンゾーよ、間違いというならなぜ憲法を変えぬのか! [f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜]
時の国家権力によってコロコロ見解が変わるというならば、憲法などなくていいという見本をアべゲリとナンミョーがやっている。それは「ならず者国家」であって、民主主義国家とは言えぬ。 世界中で喜んだのはアメリカだけ。 だってアメリカの若者の血が流されなくて済むとい... [続きを読む]

受信: 2014年7月 3日 (木) 20時38分

« 嘘と誤魔化しと論理のすり替えと騙しの数々を駆使したヘナチョコ記者会見。どうりで、ロレツも回らないはずだ。 | トップページ | 調査委員会設置しただけで制裁解除。北朝鮮とどんなバーターしてんだろう。被害者帰国を集団的自衛権行使容認の目くらましに使おうとしてやしないでしょうね・・・。 »