« 憲法9条のノーベル平和賞受賞阻止のため官邸では加持祈祷をしているとか・・・あるかもな&「うちわもめ」なんて洒落てる場合じゃないね。これは立派な公職選挙法違反です。 | トップページ | 確かに報道の自由の侵害には違いない。だ・け・ど・・・問題のコラムってのもただのゴシップ記事で、威張れたものではありません&「消費税増税を見送れば、社会保障予算減らすぞ」(安倍晋三)・・・総理大臣が国民を脅してどうする。 »

2014年10月 9日 (木)

総理大臣のくせに「こんなみっともない憲法」と悪し様に罵る男が、日米ガイドライン再改定を足がかりに自衛隊をアメリカの傭兵にしようとしている。

 ノーベル賞と皆既月食で、昨夜のTVのニュースは花盛り。おかげで、前歯の立派な法務大臣の「うちわ騒動」はどっかへ吹っ飛んじゃいました。ま、くだらないと言ってしまえばそれまでの話なんだが、事は現職の大臣による限りなく公職選挙法違反に近い案件ですからね。少なくとも、皆既月食よりは、ニュースバリューはあるはずなんだけどねえ。なんだかなあ。

 なんだかなあとくれば、田代捏造元東京地検特捜部検事の弁護士登録が認められたってね。昨日の東京新聞夕刊によれば東京弁護士会に入会するそうだ。へえ~、証拠捏造しても法曹資格って失効しないんだ。不起訴になったとは言うものの、甘い世界なんですねえ、法曹界って。

 でもって、もっとなんだかなあなのは、日米ガイドライン再改定に向けた中間発表ってやつです。これって、集団的自衛権行使の閣議決定をさらに補完するための、まさしく国の形を変えちまう代物なんだね。なんてったって、地球上のどこへでもアメリカ軍支援のために自衛隊が出動するってんだから、凄いことです。「日米同盟のグローバルな性質を反映するため、協力の範囲を拡大する」ってことは、そういうことです。

「防衛協力指針」再改定 中間報告 「米の戦争」世界中で支援

 しかも、それを日米の政府間交渉で勝手に決めてるってことに問題があるんだね。与党合意すらないってんだから、公明党も舐められたもんです。そもそも、民主主義ってのは「手続き」だったはずなんだね。そのために選挙で選ばれた代議士が国会で事の是非を議論するわけで、そのプロセスを無視するってことは、たとえ総理大臣でさえ出来ないはずなのに、なんでこうなるんでしょう。やっぱり、憲法99条「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」ってことを、みんな忘れちゃってることに、その原因があるのだと思う。でなけりゃ、集団的自衛権行使容認の閣議決定した時点で、心あるメディアならそれに反対する大キャンペーン張ってるはずですから。

 総理大臣自らが、「こんなみっともない憲法」なんて悪し様に罵る国がどこにあるだろう。そして、それを批判することなく、臭いものに蓋でもするようにスルーするジャーナリズムが、世界のどこにあるだろう。報道の自由なんて言ってるくせに、報道しない自由を謳歌してるのがこの国のジャーナリズムなんだね。

「みっともない憲法、はっきり言って」安倍・自民総裁

 それはともかく、日米ガイドライン再改定の中間報告にそって、集団的自衛権行使への道が現実のものとなってくことは間違いありません。でもって、12月の特定秘密保護法施行に伴って、集団的自衛権にまつわるすべての情報は特定秘密に指定されて、いつのまにか理由もわからずにアメリカの戦争へと若者が駆り出されて行くことでしょう・・・なんて妄想に身悶える秋の朝であった。

|

« 憲法9条のノーベル平和賞受賞阻止のため官邸では加持祈祷をしているとか・・・あるかもな&「うちわもめ」なんて洒落てる場合じゃないね。これは立派な公職選挙法違反です。 | トップページ | 確かに報道の自由の侵害には違いない。だ・け・ど・・・問題のコラムってのもただのゴシップ記事で、威張れたものではありません&「消費税増税を見送れば、社会保障予算減らすぞ」(安倍晋三)・・・総理大臣が国民を脅してどうする。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

ノーベル文学賞・村上春樹残念というか、当然というか・・・
踊った心がちょっと寂しい。

ところで、産経ソウル支局長が起訴されたことに、泣き顔の官房長官が「極めて遺憾」とのとまわったそうだが、「下ネタゴシップ情報を裏どりもなく転載したもので報道の名に値しない。産経の歪んだ体質を現している」と厳しいツイートがあった。同意。

で、話し変わって、今日の「クローズアップ現代」で香港の学生デモについてやっていたが、デモのスローガンに「黙って生きるより、言って死を選ぶ」というのがあった。

秘密保護法・集団的自衛権・周辺事態解除など、戦争をする国へ向かっているのに我が学生たちは何を考えているのか。

60年安保を経験したお爺さんは悲しい。


投稿: 岡目五目 | 2014年10月 9日 (木) 23時21分

日本国憲法がみっともないのではない、現憲法にある崇高性と理念の高さを理解出来ない脳ミソを持つ安倍首相が醜いのである。憲法を遵守出来ないかつ酷い発言を批判出来ないメディアは明らかに役割を放棄している。

投稿: 安打製造屋 | 2014年10月 9日 (木) 21時35分

周辺事態の地理的概念が限定されないとか、今朝の新聞にデカデカと掲載されてましたが、そもそも論として集団的自衛権自体が憲法違反なわけで、その辺を誰も突っ込まないところに、この国におけるジャーナリズムのレベルの低さを如実に表してますね。
あと、これは余談ですが、万が一、憲法9条がノーベル平和賞を取ったもんなら受賞者が安倍ヒトラーになるという冗談とも本気ともつかないことが囁かれてますが、果たして・・・

投稿: オクやん | 2014年10月 9日 (木) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/57620841

この記事へのトラックバック一覧です: 総理大臣のくせに「こんなみっともない憲法」と悪し様に罵る男が、日米ガイドライン再改定を足がかりに自衛隊をアメリカの傭兵にしようとしている。:

» アメリカが支援する政権が戦争に向けて武装する中、ヌーランド、キエフに到着 [マスコミに載らない海外記事]
Finian CUNNINGHAM2014年10月7日| 00:00Strategic Culture Foundation ウクライナでの戦争が更にエスカレートする不吉な兆しとして、アメリカ国務省幹部のビクトリア・ヌーランドがキエフを訪問し、欧米が支援する政権の幹部と会合した。 9月5日に斡旋された休戦は、ここ数日間... [続きを読む]

受信: 2014年10月 9日 (木) 22時18分

« 憲法9条のノーベル平和賞受賞阻止のため官邸では加持祈祷をしているとか・・・あるかもな&「うちわもめ」なんて洒落てる場合じゃないね。これは立派な公職選挙法違反です。 | トップページ | 確かに報道の自由の侵害には違いない。だ・け・ど・・・問題のコラムってのもただのゴシップ記事で、威張れたものではありません&「消費税増税を見送れば、社会保障予算減らすぞ」(安倍晋三)・・・総理大臣が国民を脅してどうする。 »