« 外国特派員協会で元京大原子炉実験所助教・小出裕章氏が記者会見。それにひきかえ、いまだに御用学者のデマ垂れ流すだけの日本の記者クラブの愚。 | トップページ | 違憲総理が勝手に日米ガイドライン合意して、日本をアメリカの戦争に巻き込もうとしている。これって、国家反逆罪に相当しますね。一刻も早く、その頭の中を病院で診てもらった方がいいんじゃないか。 »

2015年4月27日 (月)

「市町村議員の場合『この報酬ではやっていけない』という声も聞く」(谷垣自民党幹事長)。そんな議員はいらねえ!&新たな疑惑でドリル小渕が絶体絶命!

 統一地方選後半戦の投票率も過去最低を記録しそうで、なんともはやです。でもって、無投票当選の割合ってのが、過去最高で21.9%もあるそうだ。これはもう選挙制度の崩壊で、理由がどうあれこんな状況で当選させちゃいけないね。誰にも信任されてないんだから、議会で何を決めようと正当性はゼロです。

 痴呆(おっと変換ミスです。他意はありませんので悪しからず)じゃなかった、地方議員のなり手がいないってのも無投票になるひとつの原因だって言うんだが、ではその解決策となるとこれがなんとも心許ない。ママチャリ野郎の谷垣君なんか、「市町村議員の場合『この報酬ではやっていけない』という声も聞く」(東京新聞より)なんてことほざいてます。言うほうも言うほうだが、それをシレっとご披露しちゃう総理経験者にして与党の幹事長ってのもロクなもんではありません。

 そもそも、地方議員というのは、諸外国ではボランティアに近い存在なんだね。たとえば、スウェーデンでは原則として無報酬であり、専業職でもない。イギリスもロンドン議会以外の議員は給与は支給されない。少なくとも、日本のような高額な歳費なんて貰ってないんだね。真剣に地方自治に取り組もうという決意こそがよりどころなわけです。だから、「この報酬ではやっていけない」なんて声が本当にあるんだとしたら、こまわり君の言葉を借りれば「死刑!」です。

 それに、議会は通年で開いているわけではないんだから、たとえば土日のみにするとか、夜間に開催するようにすれば、サラリーマンだって強い意志さえあればできないことはない。議員を家業にするような輩もこうすれば排除できるんじゃなかろうか。当然、国の世襲議員なんかにもそれは波及するわけで、議員のボランティア化ってのは、それこそが地方創生のきっかけになるかもしれない。こうした制度改革を妄想と切り捨てられないほど危機的な時代になっていること間違いありませんね。

統一地方選の投開票のウラで無投票当選者が続々誕生していた…

 ところで、ドリル小渕君に新たな疑惑です。なんでも、ドリル小渕君の政治団体間で寄付として申告していた資金移動の大半が架空のものだった疑いが出てきたそうだ。いやあ、乙女のピンチですね。絶体絶命ですね。桃色吐息どころか青息吐息ですね。不道徳な文部科学大臣・下村君共々、逃がしゃあしませんよ。

小渕氏団体間の寄付、大半が架空か 虚偽記載の疑惑

|

« 外国特派員協会で元京大原子炉実験所助教・小出裕章氏が記者会見。それにひきかえ、いまだに御用学者のデマ垂れ流すだけの日本の記者クラブの愚。 | トップページ | 違憲総理が勝手に日米ガイドライン合意して、日本をアメリカの戦争に巻き込もうとしている。これって、国家反逆罪に相当しますね。一刻も早く、その頭の中を病院で診てもらった方がいいんじゃないか。 »

コメント

町内会の役で区長(都会で言う町内会長)をやったことがあるのだが、年に何度か(5回位だったかな?)役場で区長会議なるものがあった。

まぁどこにでも長年区長をやっていて、仕切り役みたいなオッサンがいるんだが、そういう点を差し引てもこの区長会議、結構実のあるものだった。

役場からの提案をみんなで議論したり、役場もこちらの質問や要望によく応えてくれていた。(そりゃそうだ。こっちは地区の代表だからね)

そのとき思ったね。
村議って必要なのか?・・・と

どうしても必要って言うんなら、ほんとボランティアでやってくれ。

投稿: こなつ | 2015年4月27日 (月) 16時19分

ネット上には痴呆→(悪気がない誤記)→地方議員報酬が出ているが(都1500万、横浜1600万、神戸1500万…)(国会議員:日4200万(文書通信交通費等含む)、米1500万、英900万…)、実態は国も地方も税金ドロボー天国みたいなもんだ。
地方議員のボランティア化賛成!!激増中の無投票当選は法改正で廃止、地方議員のボランティア化で議員歳費ゼロ→各種地方税大幅削減、地方議員は昼間は家業でも何でもいいから夜間議会開催で手弁当でやってくれ。最近コロッと忘れてたが、ドリルネーチャン議員、不道徳文科親玉議員に“逃げ得”許すなヨ、手心加えるなヨ、特捜部。

投稿: アル中 | 2015年4月27日 (月) 13時18分

と、ある市の市議会議員選挙で、年額報酬半減(800万円➡400万円)、政務活動費全廃(年額25万円)を掲げた若い子、といっても42歳を応援したけれど見事落選。

日ごろは議員の報酬が高いと文句たらたらなのにこの様はなんだ、と鬱憤やるかたなし。

で、別の市では、政務活動費をチャッカリ報酬に組み込んで、全廃しました、だと。

「第二の報酬」が本当の報酬になっちまった。

トントン手拍子足拍子の上に碌な仕事もしない議員のくせに報酬が安いとは聞いて呆れらい。

投稿: 岡目五目 | 2015年4月27日 (月) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「市町村議員の場合『この報酬ではやっていけない』という声も聞く」(谷垣自民党幹事長)。そんな議員はいらねえ!&新たな疑惑でドリル小渕が絶体絶命!:

» 僕はサヨクのくせに中谷元を評価するのだ??? [岩下俊三のブログ]
かなり昔の話ではあるが、僕が実際に彼と会って話したときの印象で言えば、彼はまさに「軍人」そのものであると直感した覚えがある。それゆえ彼は政治家として「軍事」を語ること ... [続きを読む]

受信: 2015年4月27日 (月) 10時44分

« 外国特派員協会で元京大原子炉実験所助教・小出裕章氏が記者会見。それにひきかえ、いまだに御用学者のデマ垂れ流すだけの日本の記者クラブの愚。 | トップページ | 違憲総理が勝手に日米ガイドライン合意して、日本をアメリカの戦争に巻き込もうとしている。これって、国家反逆罪に相当しますね。一刻も早く、その頭の中を病院で診てもらった方がいいんじゃないか。 »