« 違憲総理の国売り行脚を「アメリカが『異例の歓待』」だとさ。お約束どおりの提灯記事ですね&ドリル小渕、不起訴処分。しかも、大番頭は逮捕もされずに在宅起訴とはねえ。 | トップページ | 「これから国会で議論する、しかも法案も提出されていないことを他国の議会で約束をしてくるというのは、まさに国家の代表として、あるまじき発言だ」(枝野民主党幹事長)。だったら、気合入れて国会でボコボコにしてやれ。でなけりゃ、ただのごまめの歯ぎしりだよ。 »

2015年4月30日 (木)

なにが「希望の同盟」だ。いつの日か「絶望の同盟」となってツケを払わされることになりますよ。

 大和ハウスに続いて、すしざんまいまで辞退して、豊洲新市場の場外施設はすべて白紙に・・・。レイシスト知事の利権がらみの思いつきでスタートしたものの、築地市場の豊洲移転がいかに杜撰な計画だったかってことです。築地でも移転の時期をめぐって、東京オリンピックのための道路建設のあおりから難問続出。何もかもほったらかしでとんずらした当の本人は勲章なんか手に入れちゃって、一将功成りて万骨枯るってのはこういうことを言います。

 話変わって、レレレのシンゾーの米議会での演説なんだが、TPPについてこんなこと言ってます。曰く、「日米間の交渉は、出口がすぐそこに見えています。米国と日本のリーダーシップで、TPPを一緒に成し遂げましょう」とさ。いやはやですね。「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」って言ってたのは、いつの選挙でしたかねえ。それが、「聖域5品目」なんてことを言い出した頃から、ブレにブレまくり、とうとうここにいたって「TPPを一緒に成し遂げましょう」って靴舐めちゃいました。

 もちろん、TPPに関してはアメリカ国内にも反対の声は強く、先行きはけっして楽観できない状況であることは百も承知だ。でもですね、「TPP断固反対」が「TPPを成し遂げよう」にいつのまにかすり替わったってことは、絶対に見逃すことはできないし、しちゃいけません。つまり、選挙で言ってたことは「嘘」だったんだからさ。

 「痛切な反省」がどうしたこうしたってことばかりに目を向けてるけど、こうした総理大臣の「嘘」こそもっとクローズアップされるべきなんだね。「嘘」は違憲総理の習い性みたいなもんだけど、そこを丹念に突いていくことこそが、本来のジャーナリズム(そんなものが日本にあればの話だけど)の仕事のはずだろうに、何やってんだか。

首相米議会演説全文 「積極的平和主義」を旗印に

 でもって、オバマとの共同記者会見では、安保法制をめぐってこんことも言ってます。

「(日本が)戦争に巻き込まれるというレッテル貼りのような議論が行われるのは大変残念だ。1960年の旧日米安保条約改定から55年が経過し、批判が間違っていたことは歴史が証明している。(安保条約により)戦後日本の繁栄があり、アジア太平洋地域の平和と安定が守られてきた。」
                 (東京新聞「日米首脳発言要旨」より)

 阿呆かいなです。日本が戦争に巻き込まれなかったのは日米安保条約があったからではなくて、憲法9条が歯止めになってアメリカからの戦争参加要請をノラリクラリとはねつけてきたからなんだね。その肩代わりのために沖縄基地がいまもあるわけで、ベトナム戦争では沖縄の基地から爆撃機が飛んで行ったのは、それこそ歴史的事実だ。レレレのシンゾーと不愉快な仲間たちが企んでいる改憲ってのは、9条という歯止めをはずすことが目的で、それはとりもなおさず、自衛隊が「世界規模」でアメリカの戦争に駆り出されることに繋がっているんですね。そのための日米ガイドライン合意でもあるわけだ。

 そもそも、安保法制についての国会での議論を、「戦争に巻き込まれるというレッテル貼りのような議論」って口走ってしまうことが、この違憲総理の心根の卑しさの証明してます。「国会侮辱罪」で告発したらどうだろう。社民党のミズホッチの「戦争法案」発言に対して、修正要求するという蛮行も、違憲総理のこうした発言を聞けばむべなるかなってことです。

「戦争に巻き込まれる」は「レッテル貼り的」 安倍首相

 なにが、「希望の同盟」だい。どこぞの広告代理店の企画書みたいなキャッチコピーなんかで誤魔化せると思ったら大間違いだ、この唐変木め。いつの日か、「絶望の同盟」となってツケを払わされることになりますよ。

|

« 違憲総理の国売り行脚を「アメリカが『異例の歓待』」だとさ。お約束どおりの提灯記事ですね&ドリル小渕、不起訴処分。しかも、大番頭は逮捕もされずに在宅起訴とはねえ。 | トップページ | 「これから国会で議論する、しかも法案も提出されていないことを他国の議会で約束をしてくるというのは、まさに国家の代表として、あるまじき発言だ」(枝野民主党幹事長)。だったら、気合入れて国会でボコボコにしてやれ。でなけりゃ、ただのごまめの歯ぎしりだよ。 »

戦争」カテゴリの記事

TPP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/59823081

この記事へのトラックバック一覧です: なにが「希望の同盟」だ。いつの日か「絶望の同盟」となってツケを払わされることになりますよ。:

« 違憲総理の国売り行脚を「アメリカが『異例の歓待』」だとさ。お約束どおりの提灯記事ですね&ドリル小渕、不起訴処分。しかも、大番頭は逮捕もされずに在宅起訴とはねえ。 | トップページ | 「これから国会で議論する、しかも法案も提出されていないことを他国の議会で約束をしてくるというのは、まさに国家の代表として、あるまじき発言だ」(枝野民主党幹事長)。だったら、気合入れて国会でボコボコにしてやれ。でなけりゃ、ただのごまめの歯ぎしりだよ。 »