« 自民党の街宣車に怒号が飛ぶというめでたい状況に拍手喝采!&自民党が参考人に予定していた憲法学者からも立憲主義を脅かすような改憲の動きに批判の声。こちらも、めでたし。 | トップページ | 憲法学者の「違憲」という指摘は、「そんなにやりたいなら憲法改定という王道を歩め」と諭してやってるようなものなんだから、そうした意見に敬意を払いこそすれ、お下劣な反論するなんてフテー了見だ。 »

2015年6月 9日 (火)

またぞろ砂川判決を引き合いにして「安保法制=戦争法案は合憲」とほざく違憲総理の無知蒙昧。

 まだ成立もしていないどころか違憲論議で炎上中の安保法制=戦争法案を、なんとまあ違憲総理がG7で吹きまくってます。でもって、ヨーロッパのお偉いさん方からは連帯の挨拶があったってんだが、そりゃそうだ。なんてったって、金だけじゃなくて、これからは兵隊さんも送り込みます。戦争するなら後方支援はおまかせください、ってんだから、こんな好都合なことはないわけで、テメーの人気取りのためなら自衛隊員の命のひとつやふたつどうってことないわいってなもんなんですね。

集団的自衛権、触れず 首相、独伊に安保法案説明

 でもって、G7閉幕の記者会見で、安保法制=戦争法案は違憲っていう憲法学者の指摘について問われて、またぞろ砂川判決を引き合いにして、「合憲だ」って肩怒らせたってね。この男は自分の頭で物事を考えるってことができないから、いつでも誰かさんが使った論法を拝借するんだが、この砂川判決ってのも集団的自衛権行使容認の閣議決定した時に、オニギリ顔の高村君が持ち出してきたもんなんだね。でも、この判決は個別的自衛権を認めたもので、集団的自衛権はまったく埒外のことってのは、もはや一般的な学説として確立されてます。だから、オニギリ顔の高村君もその後はこの判決と集団的自衛権をリンクさせた発言は差し控えるようになったんですね。

 ああ、それなのに、答えに窮したからなのかはわからんけれど、違憲総理が改めて砂川判決を引用しちゃったもんだから、おそらく帰国後の国会はこれまた揉めに揉めることでしょう。自民党は憲法学者の「違憲」発言に対抗すべく、反論見解とやらを提出するそうだが、その内容いかんでは違憲総理の砂川判決を盾にした合憲発言が問題視されるかもしれない。

「安保法案 合憲」強調 首相 砂川判決を引用

 しかしおかしな話ですね。憲法学者から「違憲」と指摘された時には、自民党のセンセイたちは「合憲か違憲かは最高裁が判断すべきことで、憲法学者ごときが憲法判断するんじゃない」なんて意味のことを喚いてたんじゃなかったっけ。それなのに、体制不利となったとたんに、自民党という一介の政党のくせして合憲論を振りかざそうなんてのは思い上がりも甚だしい。

 ママチャリ野郎、オニギリ高村を筆頭に弁護士上がりが自民党にはわんさかいるんだが、こんな勝手な法解釈している自分に嫌気がさしてこないのかねえ。こないんだろうなあ。だからこそ、自民党にいられるってわけか。こやつらの親の顔はもちろん、家族の顔も見てみたい今日この頃なのだ。

|

« 自民党の街宣車に怒号が飛ぶというめでたい状況に拍手喝采!&自民党が参考人に予定していた憲法学者からも立憲主義を脅かすような改憲の動きに批判の声。こちらも、めでたし。 | トップページ | 憲法学者の「違憲」という指摘は、「そんなにやりたいなら憲法改定という王道を歩め」と諭してやってるようなものなんだから、そうした意見に敬意を払いこそすれ、お下劣な反論するなんてフテー了見だ。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

砂川判決はアメリカ人によって押し付けられた判決ですから、みっともない裁判ですよ!

あれ??。。

投稿: けん | 2015年6月10日 (水) 14時55分

政治家には弁護士出身の人間が多くいますが所詮は「あなた弁護士私は芸者、同じ稼業の口車」にすぎないという事でしょう。
憲法の何処をどう読めば他国に出ていき武力=暴力を振るって良いのか全く理解できません。
紛争解決に武力は用いないと明確に書いてますけどねえ。

投稿: PON | 2015年6月 9日 (火) 15時03分

最高裁の「砂川事件判決(田中耕太郎裁判長、1959.12.16)」は、司法が自ら「独立性」を放棄したものと記憶されるべきものだ、というのが、自民党・公明党のエセ弁護士を除いた司法界の大多数意見だ。

法学館憲法研究所・浦部法穂顧問は言う。
「砂川事件の最高裁判決は、日本を守ってもらうためにアメリカ軍を駐留させても憲法に違反しない、というだけであって、アメリカが攻撃されたとき日本が軍事行動することも憲法上許される、などということは、行間のどこを読んでも到底読み取れない。日本の行政と司法にとって恥ずべき前例である」と。

加えて「そんなものを集団自衛権正当の根拠として持ち出そうとは、彼らもよほど「手」がないのだろう」とも。

田中のこの裁判で持ち出した「統治行為論」によって行政優先の路線が敷かれ、その後の一票の格差裁判や原発訴訟に影響を与ている。

田中は、この功により、正二位勲一等旭日桐花大綬章を得た国賊だ。


投稿: 岡目五目 | 2015年6月 9日 (火) 13時10分

安倍が違憲の反論として、またぞや砂川判決を出したときは、ホント、心底呆れ果てました。
砂川判決は仰る通り最高裁判決で日本の個別的自衛権を認めたもので、集団的自衛権は問題になってない、との考えが一般的な学説になってます。
まぁ、それだけ裏を返せば安倍は違憲判断に対して答えられない焦りと見えますがね。
果たして政府は、この違憲判断に対して持ちこたえられるんでしょうか。
結果的には時期は遅れるでしょうが数の力で強行採決するでしょう。だた、その後の安倍政権は終わりの始まりを意味するかもしれませんね。

投稿: オクやん | 2015年6月 9日 (火) 12時27分

”たった三人”の憲法学者の「違憲」の意見にレレレ一派は大慌て。数の力で押し通すはずだった珍説奇説屁理屈ごまかしの戦争法案も先行き危ういとか。
まずは目出度い。
学者の発したひと言がこれほど重いとは。原発御用学者には、この憲法学者の正論をよく噛みしめていただきたい。自分が研鑽してきた学問を捻じ曲げることの愚かさに目覚めてください。

おーい! 自民公明、金や名誉に目がくらんだその他もろもろさんたち、少しでも良心があるならば、今からでも遅くない。自分の本当の気持ちや本分はなんなのか、己の心に聞いてみてくださいな。

投稿: さやこ | 2015年6月 9日 (火) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またぞろ砂川判決を引き合いにして「安保法制=戦争法案は合憲」とほざく違憲総理の無知蒙昧。:

« 自民党の街宣車に怒号が飛ぶというめでたい状況に拍手喝采!&自民党が参考人に予定していた憲法学者からも立憲主義を脅かすような改憲の動きに批判の声。こちらも、めでたし。 | トップページ | 憲法学者の「違憲」という指摘は、「そんなにやりたいなら憲法改定という王道を歩め」と諭してやってるようなものなんだから、そうした意見に敬意を払いこそすれ、お下劣な反論するなんてフテー了見だ。 »