« フジTVで愚にもつかないたとえ話連発で違憲総理が大炎上&「安倍首相に鉄槌を下さなければいけない時期にきている」(益川敏英京大名誉教授)&集団的自衛権前提でアメリカが2016年度予算を設定 | トップページ | 安保法制=戦争法案はほんの足がかり。自民党憲法改正草案による国づくりこそが本丸ということをしっかりと認識すべきだろう。 »

2015年7月22日 (水)

「将来は憲法9条を改正し、一部集団的自衛を認め、今回の(安保法案の)措置を当てはめることをやれば、わかりやすくなる」(船田元)。「クーデター」の仕上げってわけか。

箱根山は噴火だけど噴火じゃない、ってなんのこっちゃ。「現象は噴火だが、住民の不安をあおるなどの防災上の影響もあるので、噴火との表現は適切でない」って気象庁は言ってるけど、ちょっとだけよ噴火なんてあるもんかい。こんなんで風評被害がどうしたこうしたって言われてもねえ。こうした言い草は、福島第一原発事故による放射能汚染隠しとも、根っこでは繋がってるんだろうね。新聞・TVが風評被害って喚き出した時には要注意ってことです。

箱根山で火山灰確認 「噴火だが噴火の表現適切でない」

 こうした言葉のまやかしは、いまだに不正会計なんて報道している東芝問題も同じだね。どう見たって粉飾決済じゃないのかねえ。オリンパスの粉飾決済なんかに比べると悪質性は低いとかなんとか言ってる評論家や弁護士なんかもいるようだけど、これで刑事事件として立件できなかったら50億円の粉飾で実刑くらったホリエモンは何だったんだってことになるんじゃないのかねえ。ま、東電だっていまだに幹部のうちひとりだってお縄になっていないんだから、東芝の幹部連中も安泰ってわけか。

 そんなことより、安保法制=戦争法案です。憲法学者の「違憲」表明のきっかけ作っちゃった政界の失楽園・船田君が、戦争法案成立後に憲法9条改正が必要だってほざいてるようだ。曰く、「憲法解釈(を変更して他国を出力で守る集団的自衛権の行使容認をした法案)なので、非常に分かりにくい」「憲法改正するしかない。将来は九条を改正し、一部集団的自衛を認め、今回の(安保法案の)措置を当てはめることをやれば、わかりやすくなる」。さらに、「現状では改正できないので、(憲法解釈は)ぎりぎりの選択だった」だとさ。

 おいおい、てことは何かい、気分は軍人の防衛大臣・中谷君が、「現在の憲法をいかに法案に適用させていけばいいのかという議論を踏まえて、閣議決定を行った」って口滑らせちゃったそのまんまじゃないの。何が「ぎりぎりの選択」だ。でもって、その解釈を適法とするために憲法9条を改定しようってんだから、これはもう憲法学者の石川健治東大教授が指摘しているように「クーデター」みたいなもんなんだね。

「国民を置き去りにしたまま、政府レベルで法秩序の連続性の破壊を図った。内閣法制局長官を集団的自衛権容認論者にすげ替え、集団的自衛権の行使容認を閣議決定し、政権与党のみで法案を国会を通してしまった。国民から支持を受ける『革命』に対し、国民を置き去りにした状態で法秩序の連続性を破壊する行為を、法学的には『クーデター』と呼ぶ」

あれは安倍政権によるクーデターだった/石川健治氏(東京大学法学部教授)

 憲法解釈変更に至ったプロセスに理念はまるでありません。あるのは、爺さんから引き継いだ「改憲」という「情念」だけ。だから、どんなに理屈をこねようと説得力のある説明はできるわけがなく、愚かな例え話に終始しちゃうんだね。その裏にはアメリカのご意向ってのが歴然とあるわけで、ようするに集団的自衛権行使と引き換えに国を売ったわけだ。

 これまでも何度も書いてきたけど、安保法制=戦争法案はそもそもが違憲と疑われる閣議決定がきっかけなんであって、憲法違反というその1点で戦わなくてはいけない。だから、維新の党や民主党のように対案を提出しようなんてのは愚の骨頂。それこそ、憲法解釈変更という「クーデター」を認めることになっちゃいますからね。フランケン岡田君みたいに「安倍政権のうちは憲法改正はさせない」なんて腹の底見透かされるようなことを平気で口にしちゃうのが党首でいる限りは民主党に未来はないし、結果として違憲総理に加担することになっちゃうんでしょうね。

|

« フジTVで愚にもつかないたとえ話連発で違憲総理が大炎上&「安倍首相に鉄槌を下さなければいけない時期にきている」(益川敏英京大名誉教授)&集団的自衛権前提でアメリカが2016年度予算を設定 | トップページ | 安保法制=戦争法案はほんの足がかり。自民党憲法改正草案による国づくりこそが本丸ということをしっかりと認識すべきだろう。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

自民党議員の世襲率は40%超えたそうだが(124/304)、レレレのシンゾー・ひょっとこアソウ・娘が東電イシバ・・・政界失楽園・・・、どいつもコイツもしょうもない世襲ゴクツブシだ。
地盤看板カバンで左ウチワの世襲ゴクツブシから見れば、下々の国民など四の五の言わず税金納めてオレらのおこぼれに与ってろというのがホンネか? ところが庶民の怒り爆発で政権末期症状にも関わらず、野党は対案提出でレレレのシンゾー一派に塩を送る気になってんだからコイツらは何考えてんだ!?

投稿: アル中 | 2015年7月22日 (水) 19時40分

「違憲・安保法制」の片棒を担いだ「平和の党」「福祉の党」を名乗る公明党が、ネットでもあまり批判の対象になっていないのはどういうことでしょうか?

公明党が加担しなければ「歴史歪曲政策詐欺師毒宰違憲和製ヒトラー」も、無理押しはしなかった、と思うのは甘いか。

ところで、公明党(九州ブロック)の遠山清彦が「憲法学者の学説を政府が採用し、例えば自衛隊を廃止する。その直後に外国の武力攻撃が発生し日本国民が犠牲になってしまった。学者は責任とりますか。誰もハイとは言うまい」と言っています。

学者の誰も自衛隊廃止とは言っていないのに、こうしたレトリックを使って、か弱い国民を洗脳している、っていうか、これ「歴史歪曲政策詐欺師毒宰違憲和製ヒトラー」以上の戦争推進者・国粋主義者・国家主義者・大政翼賛主義者。

こんな戦争推進者が、「平和の党」「福祉の党」を名乗るなんて全くが呆れるわ。

道理で、7月18日の共同の世論調査で、公明党2.9%、共産党7.3%で共産党に倍付されちゃった。

で、この男、イギリス・ブラッドフォード大学の「平和博士号」を持つんだって・・。

同じ大学を出て「平和博士号」をもつ、大石幹夫が「あなたの詭弁には呆れる。あなたを同学の士と思っていたことが恥ずかしい」と嘆いています。

また、長くなった。


投稿: 岡目五目 | 2015年7月22日 (水) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「将来は憲法9条を改正し、一部集団的自衛を認め、今回の(安保法案の)措置を当てはめることをやれば、わかりやすくなる」(船田元)。「クーデター」の仕上げってわけか。:

» 安倍ゲリの言う仮想敵国ってなに?私は米中戦争はないと確信しているがね。米国の仲間と戦争するの??? [f-kafkappaの日記2  〜 緑と青の風に乗って〜]
新井信介さんのブログ K2Oから http://www.k2o.co.jp/blog2/2015/07/post-1430.php 「おたくの総理、本気でうちと戦争する気?それでいいの?オバマさんからこんな情報来てるけど」  国家安全保障局の谷内は、 今頃、 敵国条項の意味を、 噛み締めている...... [続きを読む]

受信: 2015年7月22日 (水) 16時03分

« フジTVで愚にもつかないたとえ話連発で違憲総理が大炎上&「安倍首相に鉄槌を下さなければいけない時期にきている」(益川敏英京大名誉教授)&集団的自衛権前提でアメリカが2016年度予算を設定 | トップページ | 安保法制=戦争法案はほんの足がかり。自民党憲法改正草案による国づくりこそが本丸ということをしっかりと認識すべきだろう。 »