« 自家用機発着の自粛要請。米軍機が落ちても文句ひとつ言えないくせに、ったく&参議院戦争法案特別委員会の委員長はあの鴻池祥肇。もっとましなのはいないのか。だめだ、こりゃ。 | トップページ | 「攻撃国の意思は総合的に判断する。『日本を攻撃するつもりはない』と言いながら、意図を隠している場合もある」(安倍晋三)。「やられる前に叩くぞ」って喚き始めたようだ。すごいことになってきた。 »

2015年7月28日 (火)

「安保法案に法的安定性は関係ない。時代が変わったのだから政府の解釈は必要に応じて変わる」(礒崎首相補佐官)。「憲法なんか関係ねえ」っていう安倍晋三の本音を代弁したってことです。

 参議院で安保法制=戦争法案の審議が始まったとたんに、レレレのシンゾーはこれまでの答弁を修正しちまいました。あれほどこだわっていたホルムズ海峡の機雷掃海は「特定の国が機雷を敷設することを想定していない」とさ。イランの海上封鎖を前提にして「機雷が~」って喚いてたくせに、アメリカとイランが核協議で最終合意するわ、駐日イラン大使が海上封鎖の可能性を否定するわで、このままじゃ機雷掃海の正当性がなくなっちゃいますから、慌てて「特定の国を想定していない」って方向転換したってことです。こんな具合に答弁がころころ変わるところが、安保法制=戦争法案がいかに無理筋かってことの証でもあるわけなんだね。

 で、昨日の答弁では相も変わらず、集団的自衛権行使容認はこれまでの憲法解釈と矛盾しないから「法的安定性は確保されている」ってほざいてるんだが、そんな口からでまかせの違憲総理の本音を代弁するかのように、火事の例え話を少女に論破されて逃げ出した首相補佐官の礒崎君が「(安保法案に)法的安定性は関係ない」ってぬかしたってね。続けて、「(集団的自衛権行使が)わが国を守るために必要な措置かどうかを気にしないといけない。わが国を守るために必要なことを憲法が駄目だと言うことはあり得ない。『憲法解釈を変えるのはおかしい』と言われるが、時代が変わったのだから政府の解釈は必要に応じて変わる」ってさ。

 さすが、「立憲主義という言葉を聞いたことがない」ってドヤ顔しちゃう虚けだけのことはある。二枚舌の猪八戒・枝野君か「行政や法の支配のイロハも分かってない首相補佐官をいつまで使い続けるのか」って息巻いたそうだが、そりゃそうだ。白昼平然と「憲法なんか関係ねえ」って喚いちゃったんだからね。その時点で、政治家としてアウトです。でも、レレレのシンゾーのお稚児さんたちによる一連の暴言・妄言・方言ってのは、おそらく仲間内では日常的なことなんだね。つまり、レレレのシンゾーのご意向そのものってことで、まったく悪びれるところがないのは「親分がそう思ってんだから、何が悪い」っていう慢心ゆえのことなのだ。

安保法案「法的安定性関係ない」 補佐官発言を与野党が批判

 どなたかが、「学歴が低くてもいいです。弁論が下手でもいいです。『憲法』と『立憲主義』と『法的安定性』を重視する政治家に権力を握って欲しいです。」ってつぶやいていたが、ここまで劣化した政治屋ばかりだと、そうも言いたくなろうというものだ。

 そんな風潮に危機感を抱いてるからなのだろうか、レレレのシンゾーの「戦後70年談話」に先駆けて、今上天皇が「お言葉」を出されるかもしれないという噂がある。レレレのシンゾーはそれを最も警戒してるってんだが、この国の腐りきったジャーナリズムが頼りにならないいま、そんなウルトラCに希望をつなげなければいけない現実のなんと悲しいことだろう。参議院が「良識の府」ってんなら、今上天皇の手を煩わせるのではなく、自ら立ち上がって戦争法案を「廃案」に追い込んで、クーデター政権をぶっ叩いてみろってんだ・・・なんてことを我が家のドラ猫につぶやくも、冷たくそっぽ向かれた雨模様の朝であった。

安倍談話と真逆の天皇談話出れば国際的には上位の声明となる

|

« 自家用機発着の自粛要請。米軍機が落ちても文句ひとつ言えないくせに、ったく&参議院戦争法案特別委員会の委員長はあの鴻池祥肇。もっとましなのはいないのか。だめだ、こりゃ。 | トップページ | 「攻撃国の意思は総合的に判断する。『日本を攻撃するつもりはない』と言いながら、意図を隠している場合もある」(安倍晋三)。「やられる前に叩くぞ」って喚き始めたようだ。すごいことになってきた。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

国会前7万人デモ、日比谷野音集会、渋谷の子育て中ママの会デモ・・・レレレのシンゾーは庶民の抗議など屁のカッパ、デモの最中に役者と高級寿司をつまんでいたそうだが、シンゾーは裸の王様だ。
ナンミョー党バックの宗教団体一部が安保法案反対デモまでやってるが、レレレのシンゾー一派は、なんちゃって法曹資格おにぎり高村だけでなく、10代アマッコに論破された礒崎とかいう間抜けを含む稚児集団がレレレの足引っ張ってんだから、野党はここが攻めどころだろ。

投稿: アル中 | 2015年7月29日 (水) 08時57分

謝ればいい、ってもんじゃねェって。

いえ、ね。磯崎陽輔ってェいう火事と戦争の区別がつかねェ
首相補佐官のことでさァー。

謝った先が、参院特別委の理事会。謝ったら責任取るのが
政治家の最低の矜持でしょうが・・。

こんなヤツが政治家面しているんだから、国民は不幸。

一方、新国立競技場の担当者として、サメの脳と不道徳な文科相のもとで働いていたスポーツ・青少年局長が、定年まで2年半を余してクビになっちゃいました。

正に、トカゲのシッポ切り。サメの脳も不道徳文科相も、ついでにJSCの河野も責任とって辞めなさい。

投稿: 岡目五目 | 2015年7月28日 (火) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「安保法案に法的安定性は関係ない。時代が変わったのだから政府の解釈は必要に応じて変わる」(礒崎首相補佐官)。「憲法なんか関係ねえ」っていう安倍晋三の本音を代弁したってことです。:

» 猿でもわかる、、、「法の安定性」とは? [岩下俊三のブログ]
これは僕が以前から思っていたけれども最近木村草太というひとが(若すぎて僕など知る由もないが)似たようなことを言ったらしいから、オーソライズされたかと「解釈」し安保法制 ... [続きを読む]

受信: 2015年7月29日 (水) 10時00分

« 自家用機発着の自粛要請。米軍機が落ちても文句ひとつ言えないくせに、ったく&参議院戦争法案特別委員会の委員長はあの鴻池祥肇。もっとましなのはいないのか。だめだ、こりゃ。 | トップページ | 「攻撃国の意思は総合的に判断する。『日本を攻撃するつもりはない』と言いながら、意図を隠している場合もある」(安倍晋三)。「やられる前に叩くぞ」って喚き始めたようだ。すごいことになってきた。 »