« 「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」はずだったのに、大筋合意が近いそうだ。政治家に「嘘」はつき物とはいえ、こうまで舐められると殴ってやりたくなるね。 | トップページ | 「東京オリンピックの選手村で使う食材に福島県産品を」(遠藤五輪大臣)。筒井康隆じゃないけど、狂気の沙汰も金次第ってか。 »

2015年7月25日 (土)

国会前を埋め尽くす世代を超えた「怒り」は、「政治とは何か」という根源的な問いかけでもある。だから、「刹那的な世論」なんて言わせない。

 日比谷野音も国会前も、世代を超えた熱気でうだっていた。日比谷野音に足を向けたのは何十年ぶりのことだろう。でも、あの時代との大きな違いは、そこに結集した人々の年代が実にヴェラエティーに富んでいたことだ。素晴しい。それだけで感動ものだ。

 その熱気をそのままに国会前へ移動。ここも人人人、人の波。何かが確実に変わろうとしている、変わるだろうという予感にしばし酔ってしまったほどだ。安倍晋三とその仲間たちは、しばしば「反知性主義」と揶揄され、批判される。でも、国会前の人の波は極めて理性的で、だからこそ「静かな怒り」がひしひしと伝わってくる。

Photo

Photo_2

Photo_3

 ・・・なんてリポート風に書いちまってるけど、ようするに国会前を埋め尽くした一般大衆労働者諸君ってのは、元霊感商法の顧問弁護士・高村君の言うような「刹那的な世論」ではないってことです。さらに、ママチャリ野郎・谷垣君は「60年安保の時ほど激しくない」とタカをくくっているようだけど、「暴力」とは無縁な「静かな怒り」がどれほどのパワーを秘めているか、そのうち嫌というほど教えられることになるだろう。

 安倍晋三が政権の座を再び手に入れてからというもの、政治の要諦である「議論」がどっかに行っちゃって、国会はさながらお子ちゃまの言い合いになっている。一般大衆労働者諸君が国会前に足を向けざるを得ない気持ちにさせるのは、そうした「議論」なき国会への憤りや危機感を感じるからこそなんだね。それは、安保法制=戦争法案に賛成・反対以前の問題で、安倍晋三一派が口にする「理解が進んでいない」ってのはとんでもない勘違いなのだ。ようするに、「ちゃんと議論をしろ」ってことです。すべてはそれからだ。

 そこをねぐってしまう安倍違憲政権の「反知性主義」こそが、「静かな怒り」の対象なんだね。だからこの動きは止まらないだろうし、止めてはいけない。思想ではなく、人としての道の問題だ。それは、政治とは何か、というとても根源的な問いかけでもあるのだと思う。

 それほどの大きなうねりが国会前に押し寄せているってのに、その時間に安倍晋三は津川雅彦とホテル・ニューオータニの高級すし店「久兵衛」で舌鼓だとさ。やっばり、殴らなくちゃだめだな、こいつは。

|

« 「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」はずだったのに、大筋合意が近いそうだ。政治家に「嘘」はつき物とはいえ、こうまで舐められると殴ってやりたくなるね。 | トップページ | 「東京オリンピックの選手村で使う食材に福島県産品を」(遠藤五輪大臣)。筒井康隆じゃないけど、狂気の沙汰も金次第ってか。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

今日の中日新聞に「安保法制、止める道は」と題した特報記事が載ってましたが要点は3つ。
・世論の喚起(今の規模ではまだまだでしょう)
・自民党総裁選の対抗馬出馬(これは石破がもう出馬しないと宣言したようですから駄目)
・反対野党、全議員が辞職(これも民主党が一枚岩じゃないから無理)
となると世論の喚起しかないのですが、これにも限界がありますからね。
ま、結局は数の力or60日ルールで法案可決でしょう。
あとは違憲判決or参議院選挙で安倍退陣を迫るしか道はないように思います。

投稿: オクやん | 2015年7月25日 (土) 16時09分

そういえば関西の方のデモで、創価学会員もデモったらしいね。
「バイバイ公明党」「仏罰→公明党」とか書いたプラカード掲げていたらしいです。
ただ盲従すると思っていたんですが、さすがに学会員も堪忍の緒が切れたようですね。
公明党は党を守ることだけで精一杯やっているようですが、票(学会員)を動かせなくなったら党はなくなるんですが、この動きも注目ですね。

投稿: 土瓶蒸し | 2015年7月25日 (土) 13時11分

お疲れ様でした。
警備は先週より多く、結構きつかったみたいですね。
車道に出るな。
この先は行けない。とか・・

昔、高校生の時「ベ平連」のデモによく参加したが数寄屋橋あたりで車道いっぱいに拡がってフランスデモをやったのが思い出される。
あのころはまだ、車道に拡がることができた。(本当は違反だったのかな)
「ベ平連」といえば鶴見俊輔さんが亡くなった。
合掌。

あのころよく反戦デモに行ったが、やっぱりどこか他人事だったね。
まさか自分が戦争に行くことはないって・・・

くろねこさんが感じたように、今回は静かながらも、みんな確かな危機感を持って駆け付けてるんだね。
それだけに、強いぞ。今回は。

もう安保法制反対だけでなく、「アベ辞めろ!」という倒閣運動になりつつありますね。

まぁ、当然でしょうね。

追伸
渋谷はゲリラ豪雨があったそうだが
国会周辺は雨大丈夫でしたか?

投稿: こなつ | 2015年7月25日 (土) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国会前を埋め尽くす世代を超えた「怒り」は、「政治とは何か」という根源的な問いかけでもある。だから、「刹那的な世論」なんて言わせない。:

» 今、日比谷野音です。 [f-kafkappaの日記2  〜 緑と青の風に乗って〜]
PCばかりか、カメラの調子も悪い。 お天気も雷後のクソ暑さ。 それもこれもみ〜んな安倍ゲリぞ〜の所為だ!!! 雨あがりの日比谷公園。セミ時雨の中にたくさんの方々が集まっています。 空にはヘリが飛び、アベ撃沈を願う夏祭りを中継しているようです。 そ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月25日 (土) 16時04分

« 「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」はずだったのに、大筋合意が近いそうだ。政治家に「嘘」はつき物とはいえ、こうまで舐められると殴ってやりたくなるね。 | トップページ | 「東京オリンピックの選手村で使う食材に福島県産品を」(遠藤五輪大臣)。筒井康隆じゃないけど、狂気の沙汰も金次第ってか。 »