« 「将来は憲法9条を改正し、一部集団的自衛を認め、今回の(安保法案の)措置を当てはめることをやれば、わかりやすくなる」(船田元)。「クーデター」の仕上げってわけか。 | トップページ | 「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」はずだったのに、大筋合意が近いそうだ。政治家に「嘘」はつき物とはいえ、こうまで舐められると殴ってやりたくなるね。 »

2015年7月23日 (木)

安保法制=戦争法案はほんの足がかり。自民党憲法改正草案による国づくりこそが本丸ということをしっかりと認識すべきだろう。

 ひと雨降れば少しは涼しくなるかと思ったら、とんでもない。蒸し暑くってたまりませんの木曜の朝である。

 ところで、北朝鮮が10月にも弾道ミサイルの発射実験しそうだとか、東シナ海で中国のガス田が新たに12基になったとか、いまさらのように危機感煽るようなニュースが流れ、なんともわかりやすいメディア工作です。生肉まがいの火事場模型が仲間内からも不評を買って、それどころか説明すればするほど墓穴を掘っちゃってるもんだから、レレレのシンゾーも必死なんだろうね。なんてったって、アメリカと約束した通りに、この夏に安保法制=戦争法案成立させないと、自分の首が飛びますからね。

 新国立競技場をゼロベースで見直すことにしたのはいいけど、まったくと言っていいほど支持率回復には役立たなかったこともあって、おそらくこれからは中国だ北朝鮮だとかまびすしいことになってきますよ。なんてったって、気心の知れた記者集めた酒席で、オフレコとはいえ「安保法制は、南シナ海の中国が相手なの。だから、やる(法案を通す)と言ったらやる」って喚いちゃうような男ですからね。法案通すためなら何だって仕掛けてきますよ。

戦争やる気満々安倍オフレコ発言全部書く

 レレレのシンゾーの広報機関に成り下がった新聞・TVは、ことさらのように中国や北朝鮮がらみのニュースを流して世論操作に手を貸すだろうことは目に見えてます。そんなプロパガンダに乗っちゃうひとも一定数いるんだろうね。だからこそ、いまだに30%超える支持者がいるわけだ。でも、そういうひとたちは、今こそ自民党の憲法草案にじっくりと目を通していただきたい。ちょいと影の薄くなった小沢のイッチャンもツイッターでこんなことつぶやいてます。

 自民党の憲法改正草案をぜひ見ていただきたい。第九条の二と称し、「内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する」としっかり明記されている。だから、テレビで何を言っても、模型を使っても、嘘にしか聞こえないのである。総理は今こそ自身の歴史観も含めて、テレビで本音を語るべき。
https://twitter.com/ozawa_jimusho/status/623716542744674304?s=04%EF%BC%89%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF

 アメリカの要請という背景があるとはいえ、それに乗っかった形で集団的自衛権行使をテコにして、この国を「いつか来た道」に引きずり込もうとしているのがレレレのシンゾー一派ということです。このことをちゃんと認識すれば、そうやすやすと安保法制=戦争法案を成立させるわけにはいきません。とにかく、中国だ北朝鮮だと危機感を煽るニュースの裏側には、自民党の憲法草案という一般大衆労働者諸君を奈落の底に突き落とす陥穽がパックリと口を開けて待っていることをお忘れなく・・・てなところで、今日のところはお後がよろしいようで。

自民党憲法改正草案全文

|

« 「将来は憲法9条を改正し、一部集団的自衛を認め、今回の(安保法案の)措置を当てはめることをやれば、わかりやすくなる」(船田元)。「クーデター」の仕上げってわけか。 | トップページ | 「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」はずだったのに、大筋合意が近いそうだ。政治家に「嘘」はつき物とはいえ、こうまで舐められると殴ってやりたくなるね。 »

憲法改正」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

ネットから拾った見出し→「30万人国会包囲網が始まる」(サンデー毎日)、「壊憲 自公政権瓦解の道」(週刊朝日)、「平成の岸信介 国会デモで爺ちゃん思い出して自己陶酔中」(フライデー)・・・
ヨイショ新聞TVでも軒並み支持率下落中のレレレのシンゾーは、9月電撃訪朝で支持率回復の皮算用だそうだ。北のお子ちゃまも日本から経済援助を引っ張れるとかいろいろ噂があるが、お子ちゃまシンゾーがいくら悪あがきしたところで、全国に広がった庶民の怒り爆発は超ド級だ。

投稿: アル中 | 2015年7月24日 (金) 12時31分

「歴史歪曲政策詐欺師毒宰違憲和製ヒトラー」が、仮想敵国とする中国から3条件付きで「抗日戦争勝利記念日」(9月3日)に招待されました。

その3条件は
1、日中間の4つの政治文書の順守。
2、村山談話の精神の踏襲。
3、首相が靖国神社に参拝しない。
ことだと(毎日新聞)。

3条件を受け入れて出席すれば「違憲・安保法制」いらないじゃん、となるし。
かといって、そんなもん受け入れられるかって欠席したら、仮想敵国が本敵国になっちゃうし・・。

さあ、どうするどうする、って言うところだ。

昨日、公明党・戦争推進主義者・遠山清彦で取り上げた「大石幹夫」は、現在ブルネイ大学准教授(国際関係論)、です。念のため。

投稿: 岡目五目 | 2015年7月23日 (木) 15時17分

あの模型、炎だったんですか。
血塗られたポパイの腕かと思いました。

投稿: さやこ | 2015年7月23日 (木) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制=戦争法案はほんの足がかり。自民党憲法改正草案による国づくりこそが本丸ということをしっかりと認識すべきだろう。:

« 「将来は憲法9条を改正し、一部集団的自衛を認め、今回の(安保法案の)措置を当てはめることをやれば、わかりやすくなる」(船田元)。「クーデター」の仕上げってわけか。 | トップページ | 「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」はずだったのに、大筋合意が近いそうだ。政治家に「嘘」はつき物とはいえ、こうまで舐められると殴ってやりたくなるね。 »