« 「圧力」か? それとも「誤報」か? 官房長官の「マスコミの洗脳」発言が、いつのまにか「マスコミの宣伝」に修正されてたそうだ。 | トップページ | 世界株安でざまあみろなんだが、そんなことより株高演出するために注ぎ込んでいた年金資金がスッカラカンにならないか心配だ。 »

2015年8月24日 (月)

相模原の米軍施設で爆発!&「(法案は)他の国のために一緒に戦争するものではなく、日本の自衛のためだ」(官房長官)。だったら、個別的自衛権だろ。戦争法案なんかいらないじゃん。

 ボルトはやっぱり強かった。準決勝までの走りを見てると、ガトリンのほうが勢いがあったかけどね。それにしても、織田裕二はどうにかならんもんだろうか。

 そんなことより、相模原の米軍施設で爆発があったてね。おそらく、日米地位協定で真相は闇の中なんでしょう。沖縄だけでなく、首都圏の市街地にだって米軍関係の施設はあるわけで、これで安保法制=戦争法案成立して自衛隊が海外に出張ってごらんなさい、そんな施設がテロの対象にならないとも限らない。今回の爆発だって、ひょっとしたらひょっとしますよ。

相模原の米軍施設で爆発火災 JR駅付近の倉庫

 ところで、昨日のエントリーで貧相顔の官房長官・菅君の「洗脳」発言を紹介したんだが、青森の陸奥新報は「平和国家としての歩み、専守防衛などの基本方針は全く変わらない。戦争法案だとか徴兵制復活だとか、全くありもしないこと。一部野党やマスコミから洗脳されているが、誤解を解くべくしっかりと説明したい」ってハッキリと書いてますね。講演があった青森県の新聞だから、ちゃんと会場を取材してた可能性が高いから、時事通信が「洗脳」を「宣伝」と書き換えたのはやっぱり圧力があったからかもしれない。

・陸奥新報
官房長官が弘前で講演「戦争、徴兵制は誤解」

 その真相も、米軍施設爆発と同じで、これまた闇の中なんだろうけど、青森での貧相顔の官房長官の発言で、ちょいと気になるのが、「朝鮮が今年何回もミサイル実験をし、核開発が進んでいる。今は韓国との間で数日間緊迫状況が続いている。法律が成立することで国民の平和な暮らしを守れる」「(法案は)他の国のために一緒に戦争するものではなく、日本の自衛のためだ」ってくだりだ。

 朝鮮と韓国がちょいと揉めているのをいいことに、危機感煽ろうってことなんだろうが、なんか変な話だよね。そもそも、朝鮮と韓国で一朝事が起きたら、アメリカがまずは黙っていないわけで、米韓連合軍と北朝鮮との戦争ってわけです。てことは、日本にある米軍基地も攻撃の対象になるってことで、それはまた基地を提供している日本への攻撃も意味している。てことは、個別的自衛権が発動されるってことで、なにも安保法制=戦争法案がなくったって対処できることなんだね。

 だから、「(法案は)他の国のために一緒に戦争するものではなく、日本の自衛のためだ」ってのは、理屈にもなっていなってことになる。つまるところ、集団的自衛権の意味を、実はレレレのシンゾー一派は誰も理解してないってことなんだね。「日本が攻撃されたらどうするんだ」ってヘソで茶が沸いちゃうほどプリミティブなご意見吐いてくれちゃうひとがたまにいるんだが、おいおい、そのために自衛隊があるんじゃないの、日米安保があるんじゃないの、ってなもんです。

 「洗脳」発言はもちろんなんだが、この講演を報じている新聞・TVが「(法案は)他の国のために一緒に戦争するものではなく、日本の自衛のためだ」っていう法案そのものの意味すらわかっていない事実を追求しないのはどうしたわけなんでしょう。

安保法制は韓国にも適応可能!首相官邸は朝鮮有事の自衛隊派遣も想定か?菅官房長官「朝鮮半島緊迫、安保法案成立を」

 「朝鮮半島有事とは、米韓連合軍と北朝鮮が戦争状態に入ることで、それは即、在日米軍基地有事であり、その際にわが国は自動的に個別的自衛権に基づき出動せざるを得なくなる。だから、出撃を正当化するための国連決議はもとより必要ない。ということは、今回の新法制は、その他の海外紛争に国連決議なしで参戦する準備なのであろう。憲法9条はどこへ行ってしまったのか?」って小林節慶大教授も言ってるように、そうした矛盾を報道しない新聞・TVは、それこそ法案成立のための「洗脳」をしているってわけです。

 決戦は日曜日。というわけてべ、今夜は飲むぞ!の月曜の朝であった。

|

« 「圧力」か? それとも「誤報」か? 官房長官の「マスコミの洗脳」発言が、いつのまにか「マスコミの宣伝」に修正されてたそうだ。 | トップページ | 世界株安でざまあみろなんだが、そんなことより株高演出するために注ぎ込んでいた年金資金がスッカラカンにならないか心配だ。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

集団的自衛権の短絡的考察。

日本国内には、沖縄を始め佐世保・横田などにアメリカ軍基地があります。しかし、アメリカ軍基地は日本の領土でありながら日本の支配権が及ばない治外法権の領域です。

従って、アメリカ軍基地が攻撃されても、日本の個別的自衛権では、基地や駐在するアメリカ兵を守ることは勿論敵を攻撃することはできません。

従って、基地(同盟国)が攻撃された時は、日本が攻撃されたとみなして、集団的自衛権を発動し反撃することができる。というわけで、そのために、集団的自衛権が必要になるのです。

決して、地球の裏側のことではなく、ついお隣の基地のために集団的自衛権が必要なのです。

って、違うかな?

以下は、マガジン9より、東京外語大教授・伊勢崎賢治のPKOに関する論考。

http://www.magazine9.jp/article/other/19942/

投稿: 岡目五目 | 2015年8月24日 (月) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相模原の米軍施設で爆発!&「(法案は)他の国のために一緒に戦争するものではなく、日本の自衛のためだ」(官房長官)。だったら、個別的自衛権だろ。戦争法案なんかいらないじゃん。:

» もずが枯れ木で by シュリークス [f-kafkappaの日記2  〜 緑と青の風に乗って〜]
反戦歌 これ知っています#10067; 戦争といえば兵隊さん。 田舎の貧しい若者が先ず召集される。都人が赤紙召集で・・・なんてずっと後の話です。 家族を食わせるために、田舎の若者がすすんで軍人になり、戦地に行ったのです。 それしかなかったのです。 私の母の家系...... [続きを読む]

受信: 2015年8月24日 (月) 19時45分

» 風に吹かれて・ボブデュランと中山ラビ [f-kafkappaの日記2  〜 緑と青の風に乗って〜]
Blowing In The Wind (Live On TV, March 1963) WIKIから 1962年に雑誌「シング・アウト!」に掲載された、ディランのコメント。 「この歌についちゃ、あまり言えることはないけど、ただ答えは風の中で吹かれているということだ。答えは本にも載ってないし、映画やテレ...... [続きを読む]

受信: 2015年8月24日 (月) 21時14分

« 「圧力」か? それとも「誤報」か? 官房長官の「マスコミの洗脳」発言が、いつのまにか「マスコミの宣伝」に修正されてたそうだ。 | トップページ | 世界株安でざまあみろなんだが、そんなことより株高演出するために注ぎ込んでいた年金資金がスッカラカンにならないか心配だ。 »