« 歴史修正主義の持論テンコモリよりは、このくらいインパクトのない談話に落ち着いたのは皮肉をこめて評価したい。でも、だったら緊張感煽るような大騒ぎしなけりゃいいのに。やっぱり、この男の存在自体が「存立危機事態」ってことです。 | トップページ | ろくでもない談話だったけど、それにコロっと騙されちゃうひとたちもいるんだから世話ありません。 »

2015年8月16日 (日)

「深い反省」という言葉は尊いが、それを利用する新聞・TVはあざとい。自らの言葉で権力と戦うのがジャーナリズムってもんだろう。

 桜島の噴火警戒レベルが4(避難準備)から5(避難)に引き上げられそうだ。東京でノホホンとしているわが身には、周辺住民の不安は計り知れないものがあるんだが、同時に心配なのが川内原発だ。九電は特別な対策を講じる気配がないようで、確かに桜島の噴火がダイレクトに川内原発を襲うことは現実離れしているとは思う。でも、イッチャンの問題は、こうした自然のシグナルに対してどう謙虚に取り組むかってことなんだね。心のどこかに「たかが桜島の噴火くらいで・・・」なんて驕りがあるとすれば、それが一番怖い。なんてったって、「最大で15センチの降灰が積もるだけで原発の安全性には何の影響もない」なんて能天気なこと言ってるのが原子力規制委員会委員長ですからね。

・レベル5、全域避難も想定=桜島、従来規模上回る噴火で―火道拡大か・気象庁

 それはともかく、昨日の全国戦没者追悼式での天皇のお言葉に「深い反省」という表現があったというので、新聞・TVはそのことを鬼のように報道してます。それはそれでいいんだけれど、それにしたって天皇のお言葉にこんなにもスポットが当てられるってのはちょいと異様だね。で、予想通りに、一昨日のレレレのシンゾーの談話と対比することで、グチャグチュ言っとります。

 でも、こういう報道のあり方ってどこかいびつだ。考えようによっちゃ、メディアが天皇のお言葉を利用して政権批判しているようなもので、本来なら自らの言葉で政権と戦うことがジャーナリズムってもんじゃないのか。毎日新聞は「終戦の日:きょう 自戒を胸に報じる=主筆・伊藤芳明」の見出しで、新聞の戦争加担、戦争責任などに言及した紙面作りをしていたようだけど、すべてのメディアが自分たちの戦争責任を見つめ直すことこそが最優先事項で、「深い反省」はまずメディアがすべきことなんだね。

「大戦 深い反省」 天皇陛下 踏み込んだ「お言葉」

終戦の日:きょう 自戒を胸に報じる=主筆・伊藤芳明

 秘密保護法の時だって新聞・TVはまるで役に立たなかったどころか、その危険性を真摯に報道せずに、へたすりゃ意図的にミスリードしたふしもある。安保法制=戦争法案またしかり。憲法学者の「違憲」表明を待つまでもなく、集団的自衛権行使容認閣議決定の時に新聞・TVがしっかりとこの法案の本質を突いていれば、ひょっとしたら安倍政権そのものを退陣に導くことだってできたかもしれない。少なくとも、レレレのシンゾーが国会審議前にアメリカと法案成立を約束するなんて事態にはなっていなかっただろう。

 60年安保では、在京新聞7社が「暴力を排し議会政治を守れ」と題する共同宣言を掲載して、反対運動に水を差したことがあったけど、いまこそ「安倍政権は議会政治を守れ」「アベ政治を許さない」と声を高らかに宣言してみやがれ・・・って悪態ついたところで、お後がよろしいようで。

|

« 歴史修正主義の持論テンコモリよりは、このくらいインパクトのない談話に落ち着いたのは皮肉をこめて評価したい。でも、だったら緊張感煽るような大騒ぎしなけりゃいいのに。やっぱり、この男の存在自体が「存立危機事態」ってことです。 | トップページ | ろくでもない談話だったけど、それにコロっと騙されちゃうひとたちもいるんだから世話ありません。 »

戦争」カテゴリの記事

コメント

本当に一度、痛い目に遭わないといけないのかもしれません。>

ほんとそうですね、ていうか一度痛い目(そんな軽々しい話ではないが)にあってるんですけどね。東京大空襲、広島、長崎、沖縄、玉砕、特攻隊(志願という名の強要、要は殺人)書ききれるわけがない。
いやいや戦後70年経ってるとはいえ、上記に至るまで指導した国家犯罪者達と安部ファミリーの類似性など見透かして当然と思ってる人間からすると日本人て馬○なの?と思ってしまいます。

投稿: けん | 2015年8月17日 (月) 19時53分

各年代各層庶民怒り爆発デモ拡大でも、“安っぽい三文芝居”(森田実)
レレレのシンゾー・イカサマ談話に愚民がコロッと騙され、共同通信調査で支持率上昇貢献でレレレに塩送ってんだからアホかいなだ。
↓全日本おばちゃん党の戦後70年談話プロジェクト
https://t.co/FcnDKyCnW2

投稿: アル中 | 2015年8月17日 (月) 16時14分

国策に殉じて命を、、、高市さんよ、その国策を企て、人を死に至らしめた者たちと一緒に祭祀させられてる胸糞のわるさを考えたことあるのでしょうか。今の安倍同様「嘘」ばかり言い、国民には言論弾圧した輩たち。佛教徒なので、靖国から出してほしいと言つても「ノー」。こちら頼んだわけでもないのに、自動で祭祀して、何様と思つてるのでしょうか。信教の自由を犯す、憲法違反ではないかと考えます。仄聞でキリスト教徒は靖国に祭られてることに、大変な苦痛を感じておられるとか。兄の戦死71年の命日、今でも涙と口惜しさが、胸にこみ上げてきます。

投稿: hanazono | 2015年8月17日 (月) 08時19分

共同通信世論調査( )内は7月17.18日調査

・安倍内閣支持率
 支持する  43.2(37.3)
 支持しない 46.4(51.6)

・安保法制に賛成ですか
 賛成 31.3(27.5)
 反対 58.2(61.5)

・自民支持率
 支持 35.0(31.9)

一か月で、この有様
はっきり言って、この国は終わってます。
本当に一度、痛い目に遭わないといけないのかもしれません。

投稿: オクやん | 2015年8月16日 (日) 13時06分

15日、「安倍っ娘三人娘」と揶揄される高市総務大臣、山谷国家公安委員長・有村女性活躍担当大臣が、靖国神社に参拝した。

高市「国策に殉じてかけがいのない命をささげられた・・」
山谷「国のために尊い命をささげられた・・」
有村「戦後、遺族の方々が塗炭の苦しみを・・・」

などと述べたらしいが、もっとも大事な
「誤った国策のために命を奪われた」という政治家としての反省の弁はない。

さすが「評論家的談話」の70年前のことは知らんよ、という「歴史歪曲政策詐欺師毒宰違憲和製ヒトラー」の「安倍っ娘」だけのことはある。

ところで、くろねこ指摘のマスメディアのいい加減ぶりにはほとほと呆れるが、特にNHKのヘナチョコぶりが俎上に上がるたびに、戦後のNHK初代会長の「権力に屈せず、大衆とともに歩み、大衆に一歩先んずる」を提唱した高野岩三郎を思い出す。

投稿: 岡目五目 | 2015年8月16日 (日) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/61193174

この記事へのトラックバック一覧です: 「深い反省」という言葉は尊いが、それを利用する新聞・TVはあざとい。自らの言葉で権力と戦うのがジャーナリズムってもんだろう。:

« 歴史修正主義の持論テンコモリよりは、このくらいインパクトのない談話に落ち着いたのは皮肉をこめて評価したい。でも、だったら緊張感煽るような大騒ぎしなけりゃいいのに。やっぱり、この男の存在自体が「存立危機事態」ってことです。 | トップページ | ろくでもない談話だったけど、それにコロっと騙されちゃうひとたちもいるんだから世話ありません。 »