« ヘリが墜落したのは米軍特殊部隊「グリーン・ベレー」の訓練中だってさ。そこに陸自の特殊部隊所属の隊員が同乗してたってことは、やっぱりねです&「晋三君、君はおかしくなっている」(週刊ポスト) | トップページ | 「深い反省」という言葉は尊いが、それを利用する新聞・TVはあざとい。自らの言葉で権力と戦うのがジャーナリズムってもんだろう。 »

2015年8月15日 (土)

歴史修正主義の持論テンコモリよりは、このくらいインパクトのない談話に落ち着いたのは皮肉をこめて評価したい。でも、だったら緊張感煽るような大騒ぎしなけりゃいいのに。やっぱり、この男の存在自体が「存立危機事態」ってことです。

 あっにもいい顔、こっちにもいい顔、右往左往しているうちに、誰が誰に向かって何を言いたいのかまったく不明瞭になっちまったってのが、昨日のレレレのシンゾーの戦後70年談話を聞いての感想だ。正直なところ、あんな内容だったらわざわざ談話を出す必要はありません。しかも、「同じ言葉を入れるなら、コピーして名前だけ書き換えればいい」って村山談話を否定するようなこと言って、いたずらに中国や韓国を刺激しちゃったあげくのこの談話だもんね。

 そういう平素の言動や行動があるから、「歴代内閣の立場は、今後も揺るぎない」って言ったって、ホンマかいなって懐疑的に受け取られちゃうんですね。もっとも歴史修正主義者としての持論テンコモリの談話出されるよりは、このくらいインパクトのない、一般論満載の談話に落ち着いたってこと自体は評価してもいいかもね。って、皮肉ですよ、これ。

 それでも、談話には「らしいなあ」って表現が随所にちりばめられていて、「日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました」なんて冒頭のくだりは、新日鉄住金/八幡製鉄所を視察した時の「(西欧)列強が競う中で、日本は何とか植民地にされないように、列強に伍(ご)して、という当時の明治人の気概をその風景から感じた」なんて発言に重なります。

 さらに、「日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」ってのは、まさにレレレのシンゾーが言いたくてウズウズしてたことなんだよね。朝日新聞の記者が「そこは被害を受けた側に言ってもらうこと」ってツイートしてたがまさに通り。

 今年の1月、アウシュビッツ強制収容所の解放70年を前にドイツのメルケル首相は、「若者が、わが国の歴史の最も暗い一章と向き合っている。彼らは過去が現在に語りかけてくる警告を知っており、記憶にとどめることの重要性も知っている」と演説した。これに比べれば、レレレのシンゾーの「謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」ってのは、「お詫び、お詫びって、もういいかげんにしてくれよ」って心情の吐露みたいなもんで、「世代を超えて、過去の歴史に正面から向き合わなければなりません」ってくだりとはまったく裏腹なんだね。

 談話全体に流れるのは、あくまでも他人事という空虚感。主語がよくわかんないし、結局のところ自分では「お詫び」してないんだね。「これまで謝罪してきたし、それは認めるけど、これからは謝罪は必要ない」って言ってるようなもんです。

安倍首相70年談話 「反省・おわび」継承 「日本の侵略」明示せず

 重箱の隅をつつきだすときりがないんだが、今回の談話でひとつ意味があるとすれば、空疎ではあるけれどとりあえず「不戦の誓い」を言い方を変えて何度も繰り返しているわけで、それはレレレのシンゾーから言質をとったってことにもなるんだね。だから、これからの安保法制=戦争法案を軸にしたアメリカとの一体化に対しては、この談話の文言を盾に攻め立てるってことも大いに期待できるってことです。今回の戦後70年談話が、逆にレレレのシンゾーを縛ることにもなりますからね。そのうち、「談話なんか出すんじゃなかった」ってお腹痛くなって退陣ってことになってくれたら、こんなにめでたいことはないと妄想する土曜の朝であった。

70年談話:安倍晋三首相談話全文

|

« ヘリが墜落したのは米軍特殊部隊「グリーン・ベレー」の訓練中だってさ。そこに陸自の特殊部隊所属の隊員が同乗してたってことは、やっぱりねです&「晋三君、君はおかしくなっている」(週刊ポスト) | トップページ | 「深い反省」という言葉は尊いが、それを利用する新聞・TVはあざとい。自らの言葉で権力と戦うのがジャーナリズムってもんだろう。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

>これからの安保法制=戦争法案を軸にしたアメリカとの一体化に対しては、
>この談話の文言を盾に攻め立てるってことも大いに期待できるってことです。

さて、それができるかどうか。
民主党には到底無理でせいぜい共産党の小池くらいにしか期待できないような。
いずれにしても、安倍晋三の自己満足から一歩も出ていない何の価値もない談話であることは間違いありませんが。

投稿: junk_in_the_box | 2015年8月15日 (土) 13時09分

70年談話ねェ。
一言で言えば「評論家的談話」というところか。

確かに、侵略も反省もお詫びも入っているけれど、主語が無く言葉だけが浮遊している感じ、とともに、体言止めが多く、お前ら勝手に考えろ的無責任談話だ。

メルケル首相の言葉もさることながら、ヴァイツゼッカー大統領の「過去に目を閉ざす者は現在も盲目になる」の言葉は、正に「歴史歪曲政策詐欺師毒宰違憲和製ヒトラー」のためにある言葉だが「70年前のことは知らんから責任ないよ」と言っている。

その上に「違憲・安保法制」をゴリ押しし「積極的平和主義」を掲げるんだから、何をかいわんや、だ。

投稿: 岡目五目 | 2015年8月15日 (土) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/61179960

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史修正主義の持論テンコモリよりは、このくらいインパクトのない談話に落ち着いたのは皮肉をこめて評価したい。でも、だったら緊張感煽るような大騒ぎしなけりゃいいのに。やっぱり、この男の存在自体が「存立危機事態」ってことです。:

» 鳩さんの「土下座」でただでさえ意味のない70年談話がさらに霞んでしまった件 [痛みに耐えるのはこれからだ]
 川内原発が再稼働したと思ったら桜島でレベル4の噴火。このレベル4ってのはレベル3までの山に近寄るなというのと違って山から逃げろって話なのでけっこう深刻。折しも帰省ラ ... [続きを読む]

受信: 2015年8月15日 (土) 13時05分

« ヘリが墜落したのは米軍特殊部隊「グリーン・ベレー」の訓練中だってさ。そこに陸自の特殊部隊所属の隊員が同乗してたってことは、やっぱりねです&「晋三君、君はおかしくなっている」(週刊ポスト) | トップページ | 「深い反省」という言葉は尊いが、それを利用する新聞・TVはあざとい。自らの言葉で権力と戦うのがジャーナリズムってもんだろう。 »