« 原爆の日の前日に「核兵器は武器じゃない」と答弁するイカレポンチ&「アメリカの盗聴に「電話で抗議」なんてのは「電話でキス」みたなもんだろう&盗聴拡大、司法取引導入、可視化は限定的・・・刑訴法改悪案で検察・警察が焼け太り。 | トップページ | 新国立競技場問題はつまるところ外苑周辺再開発の利権絡みってことでしょ&またやってくれました。「私が首相としてあり得ないと言っているから間違いない」(安倍晋三)。そう言えば、「間違いないっ!」の一発芸人はオンナでしくじって消えてったっけ。 »

2015年8月 7日 (金)

「侵略」も「植民地支配」も痛切に反省するけど「おわび」はしないよ。で、最後は「積極的平和主義て国際貢献(=集団的自衛権)」で締めくくって、戦争法案をどうにか成立させちゃえって腹に違いない。

 広島の平和記念式典でレレレのシンゾーは「非核三原則」に触れず、被爆者団体からは不満の声も出たそうで、そればかりか式典では罵声も飛んだってね。こうした罵声が日本中いたる所から聞こえてくることを願って止まない金曜の朝である。

 というわけで、レレレのシンゾーの私的諮問機関である「二十一世紀構想懇談会」とやらが、「戦後70年談話」に関する報告書を提出したって大騒ぎです。で、「植民地支配」と「侵略」を明記したってことが、大々的に報じられている。この歓迎ムードはなんか奇妙だ。そのくせ、「おわび」については、「政府の問題だ」ってレレレのシンゾーのお仲間で座長代理の北岡君は言っとります。そりゃそうだ。「おわび」をするかどうかは談話の肝でもあり、レレレのシンゾーが最も避けたいキーワードですからね。

 そんでもって、レレレのシンゾーがこだわる「未来志向」、つまり「積極的平和主義」はしっかりと後押ししてます。「米国の力が圧倒的でなくなり、国際秩序における不安定要因が多様化する」なんて国際情勢の分析は、まさにそのためのものですね。

有識者懇:「満州事変以後、侵略拡大」70年談話へ報告書

 おそらく、「戦後70年談話」ってのは、まず最初に「植民地支配」「侵略」を痛切に反省しつつ、国際情勢の多様化に鑑み、「積極的平和主義」により国際貢献を果たしていく。そのための手段のひとつが「集団的自衛権」なのだってほのめかす・・・なんて筋書きなんじゃないのかね。

 読売の世論調査に集団的自衛権に関する誘導質問ってのがあって、これの手口と一緒なんじゃないのかなあ。その質問ってのはこんな具合です。「安全保障関連法案は、日本の平和と安全を確保し、国際社会への貢献を強化するために、自衛隊の活動を拡大するものです。こうした法律の整備に、賛成ですか、反対ですか」。そりゃあ、「日本の平和と安全を確保し、国際社会への貢献を強化するために」って言われりゃ、それはそうだよねってなりますよ。

 これと同じで、「『植民地支配』『侵略』について謝罪もしますよ。だけど世界情勢が刻々と変化するいま、積極的平和主義で国際社会の秩序安寧に貢献する必要があります」って論法なんじゃなかろうか。そっか、「植民地支配」も「侵略」も認めたのか、って単純に評価するひともいるだろうから、そのあたりの風を読みつつ世論調査をやって、支持率アップを図ろうって腹だと思うけどね。

 国会は会期延長したってのにお盆休みするらしいし、そうなれば新聞・TVから安保法制=戦争法案の言葉も消えるだろうから、お盆明けにはみんな法案のことなんか忘れちゃってるよ・・・なんてタカをくくってるに違いありません、ったく。

戦後70年談話:(1) 21世紀構想懇談会報告書全文
戦後70年談話:(2) 21世紀構想懇談会報告書全文 
戦後70年談話:(3) 21世紀構想懇談会報告書全文 
戦後70年談話:(4) 21世紀構想懇談会報告書全文       
戦後70年談話:(5) 21世紀構想懇談会報告書全文 
戦後70年談話:(6) 21世紀構想懇談会報告書全文 

|

« 原爆の日の前日に「核兵器は武器じゃない」と答弁するイカレポンチ&「アメリカの盗聴に「電話で抗議」なんてのは「電話でキス」みたなもんだろう&盗聴拡大、司法取引導入、可視化は限定的・・・刑訴法改悪案で検察・警察が焼け太り。 | トップページ | 新国立競技場問題はつまるところ外苑周辺再開発の利権絡みってことでしょ&またやってくれました。「私が首相としてあり得ないと言っているから間違いない」(安倍晋三)。そう言えば、「間違いないっ!」の一発芸人はオンナでしくじって消えてったっけ。 »

集団的自衛権」カテゴリの記事

コメント

『馬鹿』の起源、読みました。法的安定性が何故大事なのかわかりやすくかいてありますね。

会社も同じでルールがない会社は業績不振に陥ると思いました。社長の意向でルールがコロコロ変わったら何を目標にすれば昇給するのか出世するのか社員はわからなくなってしまう。依って上司にゴマするだけの無能な社員が出世してしまうことが容易に想像できる。
いやー深いですね『馬鹿』の起源

投稿: けん | 2015年8月 8日 (土) 08時47分

反省と侵略の文言は絶対入れるべきです。
でなければ発表する意味がない。
どうしても嫌なら、わざわざ発表しなくてもいいわけです。
ま、ヒトラー下痢三には、どだい無理な話か。

投稿: オクやん | 2015年8月 7日 (金) 23時57分

広島慰霊式典でレレレのシンゾーに「何しにきた!」「どのツラ下げて来た!」「帰れ!」「安保法案撤回しろ!」罵声が飛びかい、イヌアッチイケーは音声消して炎上のお粗末だった(TBSは漏らさず放送&解説)。
レレレ官邸はデモ拡散に焦り、公安部使って監視・圧力…戦前戦中の言論弾圧モドキだ。トイレの“安倍批判落書き犯”も血眼になって探してんだろ? 今や不安を通り越して怯えの域というレレレのシンゾーはお盆休みはゴルフ三昧か?財界/御用マスゴミ寿司友と癒しの会か?

投稿: アル中 | 2015年8月 7日 (金) 19時05分

今日も安倍は衆院予算委員会で答弁にもならない答弁をしております。

質問する議員のイライラ感が、聞いている方にも伝わってきます。
僕だったらつい「このバカ。そんなこと聞いてんじゃないよ!」って言うところ、議員さんは我慢強く質問を繰り返していました。


ところで、バカといえば。
昨日「法治」「法的安定性」に関して(そして馬鹿についても)大変わかりやすく解説した一文に出会いました。

みなさま、ぜひぜひ、ご一読を。

「馬鹿」の起源・・・法的安定性を損なう「馬鹿」の所業

http://sun.ap.teacup.com/souun/18024.html#readmore

投稿: こなつ | 2015年8月 7日 (金) 13時26分

「70年談話」は、結局のところ、「衣の下に鎧」をガッチリ着込んだ
ことになるようですね。

なんせ、懇話会の中には「太平洋戦争は聖戦だった」などと
吹きまくっている中西輝政なんていう超右翼がいるんだから・・。

ところで、例の「法的安定性はメじゃない」とほざいた磯崎陽輔は、野党時代の2011年3月の参院予算委員会で
「法律を守らない内閣は、一刻も早くやめるべきだ」と
啖呵を切っている。

そうです、法律を守らない内閣は、即刻退陣すべきです。

投稿: 岡目五目 | 2015年8月 7日 (金) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「侵略」も「植民地支配」も痛切に反省するけど「おわび」はしないよ。で、最後は「積極的平和主義て国際貢献(=集団的自衛権)」で締めくくって、戦争法案をどうにか成立させちゃえって腹に違いない。:

« 原爆の日の前日に「核兵器は武器じゃない」と答弁するイカレポンチ&「アメリカの盗聴に「電話で抗議」なんてのは「電話でキス」みたなもんだろう&盗聴拡大、司法取引導入、可視化は限定的・・・刑訴法改悪案で検察・警察が焼け太り。 | トップページ | 新国立競技場問題はつまるところ外苑周辺再開発の利権絡みってことでしょ&またやってくれました。「私が首相としてあり得ないと言っているから間違いない」(安倍晋三)。そう言えば、「間違いないっ!」の一発芸人はオンナでしくじって消えてったっけ。 »