« 「深い反省」という言葉は尊いが、それを利用する新聞・TVはあざとい。自らの言葉で権力と戦うのがジャーナリズムってもんだろう。 | トップページ | 「われわれの詳細な説明に耳を傾けようとせず、提訴するという道を選んだ」(東京五輪大会組織委)。こういうのを盗人猛々しいと言います&GDP1.6%マイナスでも「景気は回復傾向」(甘利経済再生担当大臣)。ああ、チャカポコチャカポコ。 »

2015年8月17日 (月)

ろくでもない談話だったけど、それにコロっと騙されちゃうひとたちもいるんだから世話ありません。

 通天閣のビリケンさんと盗作疑惑のデザイナーが似ているというんだが、そこに出川哲朗も加えたいと思う今日この頃。

 そんなことより、レレレのシンゾーの70年談話直後の世論調査(共同通信)で、談話を評価するが44.2%で、内閣支持率は43.2%だってね。7日のエントリーで、

「『植民地支配』『侵略』について謝罪もしますよ。だけど世界情勢が刻々と変化するいま、積極的平和主義で国際社会の秩序安寧に貢献する必要があります」って論法なんじゃなかろうか。そっか、「植民地支配」も「侵略」も認めたのか、って単純に評価するひともいるだろうから、そのあたりの風を読みつつ世論調査をやって、支持率アップを図ろうって腹だと思うけどね」

って書いたんだけど、ま、当たらずといえども遠からずの結果となりましたとさ。

 お盆休みの真昼間に固定電話にかけての調査なんだもん、この結果は別に驚くほどのものではない。なんてったって、新聞・TVが談話に盛り込むのかどうかってさんざん煽った「侵略」「植民地支配」はとりあえずおさえたし、「我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました」ってことで「反省」「お詫び」もクリアしてるわけで、そうなれば「ああ、やっぱり首領様は寛大な方だ」ってなっちゃうんだよね、この層のひとたちって。

 レレレのシンゾーは異論を唱えるひとは無視するのがいつもの手口で、小泉時代に味をしめたB層を慰撫することに力を注ぎますから、その意味では今回の談話はよくできてたってことです。それでも、支持率43%ってのは低いと言えないこともないんだろうけど、談話後にまたしても支持率急落って危機は避けることができて、さぞかし盆休みのゴルフは楽しかったことでしょう。

安倍談話、世論の4割が支持!韓国大統領も70年談話に一定の評価!政府与党内からは不満の声も

 つむじが右に曲がった仲間たちも好意的で、なかでもネトウヨおばさん・櫻井よしこ君は「安易な謝罪の道をとらなかった」って評価しているってんだから呆れます。実際は、「侵略」「植民地支配」「痛切な反省」「お詫び」なんて文言をB層に媚びるようにちりばめた、それこそ「安易な謝罪」なんだけどね。本来ならこうした文言が盛り込まれたってだけで腰砕けなんだから、つむじが右に曲がった仲間たちはレレレのシンゾーのヘタレ具合を徹底的に追求しなくちゃいけない。

 それともかく、世論向けってことでは、レレレのシンゾーの70年談話は成功していると言わざるを得ないだろう。国会もお盆休みで緊張感が揺るんじまったからね。安保法制=戦争法案の国会審議が再開されても、ひとたび緩んだ緊張感を取り戻すのは容易じゃありません。新聞・TVもひと段落って雰囲気だもんね。

 こうなると、一般大衆労働者諸君がそんな空気に流されず、どれだけ「怒り」を持続させることができるかにかかってくる。8月30日の「国会10万人・全国100万人大行動に集まろう!」が大きなターニングポイントになるかもしれないと気合を入れる雨の月曜日であった。

戦争法案廃案! 安倍政権退陣! 8.30国会10万人・全国100万人大行動に集まろう!

Jpg

|

« 「深い反省」という言葉は尊いが、それを利用する新聞・TVはあざとい。自らの言葉で権力と戦うのがジャーナリズムってもんだろう。 | トップページ | 「われわれの詳細な説明に耳を傾けようとせず、提訴するという道を選んだ」(東京五輪大会組織委)。こういうのを盗人猛々しいと言います&GDP1.6%マイナスでも「景気は回復傾向」(甘利経済再生担当大臣)。ああ、チャカポコチャカポコ。 »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

産経・FNN世論調査 安保法案「必要」が16ポイントも上昇 女性に浸透 全世代で「必要」が多数

いくら政府御用達メディアと言えども、これは操作し過ぎでしょ。
呆れてものも言えんわ。
ま、事実としたら昨日もコメントしたように日本終了のお知らせをしなきゃいけませんな。

投稿: オクやん | 2015年8月17日 (月) 20時02分

ちょっと、間を置いたけれど、毎日新聞・主筆の伊藤芳明の「自戒を胸に報じる」を読んだ。

彼は、最後に「権力を監視する役目を果たすために、われわれは今日も明日も筆をとる」と意気揚々と締めくくっているが、10年も前から「戦争の足音がする」と思っていた者からすれば、今更何言ってんのという感想しかない。

マスメディアの寄って立つところと言えば権力の監視しかないというのに、これまでは権力の監視を怠ってきた、と皮肉のひとつも言いたくなる。

ところで、これまで「村山談話」をもとにした外務省の「歴史に関するQ&A」が「歴史歪曲政策詐欺師毒宰違憲和製ヒトラー」の談話が出た途端に削除されたってね。

「紛争のある地域には日本が武力をもって応援に駆け付けます」とでも書くんでしょうかね。

ついでに、世論調査。
産経・FNN(8.15~16)
内閣支持 43.1%
不支持  45%

NHK(8.7~9)
支持  37%
不支持 46%

これから出てくる各社がお楽しみ。


投稿: 岡目五目 | 2015年8月17日 (月) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314411/61206304

この記事へのトラックバック一覧です: ろくでもない談話だったけど、それにコロっと騙されちゃうひとたちもいるんだから世話ありません。:

« 「深い反省」という言葉は尊いが、それを利用する新聞・TVはあざとい。自らの言葉で権力と戦うのがジャーナリズムってもんだろう。 | トップページ | 「われわれの詳細な説明に耳を傾けようとせず、提訴するという道を選んだ」(東京五輪大会組織委)。こういうのを盗人猛々しいと言います&GDP1.6%マイナスでも「景気は回復傾向」(甘利経済再生担当大臣)。ああ、チャカポコチャカポコ。 »